【オーバーロード】クレマンティーヌは元漆黒聖典かわいい6

1名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 02:18:34.42ID:zRGequc30
    /. .  {. . 、. . .i. . {              /  ,  }     i. .{
          , . .    {. .  i\.{. . {             ' / ,. /      }. .| 
       /. .  i 八. . { 斗-八        /  /}/}/ /      ,. . . 
     ,. . .     |   \乂 乂沁_      '  ィぅ芯_ 彡       / . . . 
     . . . .    |    {⌒ ¨¨⌒` \  /}/^⌒ ¨¨^´ /     ,   . . 、   
     . . . .    {    {        ⌒         /       /    . .}  
      {. . . . .  八     {        {:.          /      '       . .,
  __ {. . . . . .    \  乂 、______    ___     /     /       . .    
ニニニニ八. . . . . .     \个  { `ー ─── --  _ >'_ノ   /       . . /
ニニニニニ\. . . . .       圦  `<´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>´ ⌒ア¨´       . . .,      
ニニニニニニ>、.. . . ..    |: :\  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ' /       ' . . / __
ニニニニニニニニ〕iト . . .   |: { : }\   、 __ /   イ: /       / . ../-=ニニ>、
ニニニニニニニニニニ〕iト _{八: j : : : ..    ...::::::::__/: /     /} . ./-=ニニニニニ〉
ニニニニニニニニニニニ\⌒: } : : : : ><: : ィi〔ニニ7 __   ィi〔ニノ/-=ニニ=- __-=/ 
ニニニニ=- ィi〔  ̄ ̄ 〕iト-=ニ\ノ: : : : : : : : : /-=ニニニニ〕iト -=ニニニニニニニニ=- _
ニニニニニニニニニニニ≧==-------  ̄ ̄ ニニニニニニニ〕iト -=ニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ=----- -=ニニニニニニニニニ〕iト -=ニニニニ

クレマンティーヌ(clementine)
(CV:悠木碧)

死を隣人とする魔法詠唱者達からなる邪悪な秘密結社ズーラーノーンの
十二幹部の1人で、元は漆黒聖典の一員だった女戦士。
人を殺すのが大好きで、恋していて、愛している性格破綻者。
刺突武器での戦闘に絶対の自信を持ち、その腕前は英雄の領域に達している。
http://overlord-anime.com/images/character/17.png

前スレ
【オーバーロード】クレマンティーヌは人類最強戦士かわいい5
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/anichara2/1502903452/

545名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/25(月) 21:52:42.72ID:NaSHrqEq0
カジットは薄気味悪い

笑みを浮かべながら、

快く私の問いに答えてくれた。

546名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 22:04:45.20ID:ACZ07zwC0
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (63)

カジットの言うところによると、

クレマンティーヌは、作家になった頃は

郊外の小さな借家暮らしだったという。

547名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 22:05:45.79ID:ACZ07zwC0
しかし、その後、小説が売れるたびに、

次々とランクの上の住宅へと

転居を繰り返していたそうだ。

548名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 22:06:29.72ID:ACZ07zwC0
やがて売れっ子作家となった

クレマンティーヌのもとには、

多くの人々が押しかけてきた。

549名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 22:07:12.71ID:ACZ07zwC0
クレマンティーヌの

異常な人間嫌いは

その当時から始まった。

550名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 22:07:55.43ID:ACZ07zwC0
クレマンティーヌは

いつでも玄関を締め切って、

出入りも裏口を利用していた。

551名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 22:08:54.27ID:ACZ07zwC0
せっかく自宅を訪ねても、

絶対に人とは会わず、

居留守を使っていたのだった。

552名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/03(火) 22:17:07.57ID:8Jozbbxk0
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (64)

クレマンティーヌは、

居留守を使った相手に、

あとから必ずフォローした。

553名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/03(火) 22:17:52.79ID:8Jozbbxk0
それは、メールやFAXで、

「私は人嫌いだから、用件は

 メールやFAXでヨロシク」と伝えた。

554名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/03(火) 22:18:35.89ID:8Jozbbxk0
せっかく足を運んでも、用件はFAXで

とか言ってくるなど、まるで最近一兵卒になった、

相撲の親方かよって、思わずツッコミたくなるものだ。

555名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/03(火) 22:19:15.93ID:8Jozbbxk0
だから大抵の雑誌記者は、

クレマンティーヌの扱いに

へこたれてしまうのだ。

556名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/03(火) 22:19:57.76ID:8Jozbbxk0
よってクレマンティーヌに

直接会って話をした者は、

ほとんどいなかったそうだ。

557名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/03(火) 22:21:12.30ID:8Jozbbxk0
小説家の奇行には慣れてるはずの

雑誌記者たちも、さすがに

クレマンティーヌには閉口していたのだ。

558名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/07(土) 23:33:52.03ID:hykJqEkG0
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (65)

そんなふうだから、

クレマンティーヌは転居しても、

転居先は誰にも話さなかった。

559名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/07(土) 23:34:44.51ID:hykJqEkG0
「クレマンティーヌと話したのは、

 雑誌記者は多くいれども、

 わしぐらいなものだ」

560名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/07(土) 23:35:37.86ID:hykJqEkG0
カジットは、

そう言って、

自慢した。

561名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/07(土) 23:36:34.56ID:hykJqEkG0
「クレマンティーヌは、

 写真で見るとイケメンだが、

 実物もあんなふうかね?」

562名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/07(土) 23:37:18.01ID:hykJqEkG0
私は、だんだん

好奇心を起こして、

こんなことを聞いてみた。

563名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/07(土) 23:38:24.16ID:hykJqEkG0
すると、カジットから

返ってきた答えは、

ちょっと意外なものだった。

564名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/07(土) 23:39:42.60ID:hykJqEkG0
コンプエース8月号のオーバーロード39話はチョッと物足りなかったかも。。。
内容はクライムが娼館襲撃の報告をラナーにするお話でページ数も10頁でした。

一方、不死者のoh!は、恒例のアニメ開始前の前哨戦といった感じで、
高校野球ネタで、最後は校歌まで飛び出して大いに笑かせてくれました。
いよいよ目前に迫った10日スタートのアニメ3期が益々楽しみになりました♪

565名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/10(火) 21:27:59.66ID:L3gyahn10
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (66)

「いや、どうもあの写真は、

 合成や修正したインチキな

 まがいもののようだ」

566名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/10(火) 21:29:01.44ID:L3gyahn10
「本人が言うには、

 若い頃の写真ということだが、

 どうもあやしいのだ」

567名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/10(火) 21:29:51.57ID:L3gyahn10
「クレマンティーヌは、

 あんなハンサムな

 好青年ではないのだ」

568名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/10(火) 21:30:44.42ID:L3gyahn10
「なんとも貧相かつ、こそ泥のような

 目つきの悪い犯罪者タイプで、

 生気も感じられない小人物だぞ」

569名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/10(火) 21:31:32.15ID:L3gyahn10
「それに、非常に話し下手で、

 無口なのだ。あんな男に、

 どうしてあんな素晴らしい小説が

 書けるのか不思議でしょうがない」

570名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/10(火) 21:32:41.51ID:L3gyahn10
「さらに、あの男は、大の無精者で、

 しょっちゅう寝て過ごしているという。

 事実わしと話すときも寝ながら話していたぞ」

571名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/11(水) 23:19:57.74ID:ag/MUE8E0
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (67)

「ところが、妙なこともあるものだ。

 大の人嫌いで、年がら年中、

 寝ている男にも意外な一面があるらしい」

572名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/11(水) 23:21:03.63ID:ag/MUE8E0
「なんでも、深夜になると、

 時々、変装しては、

 盛り場あたりをうろつくそうだ」

573名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/11(水) 23:21:54.58ID:ag/MUE8E0
「その変装というのも滑稽で、

 噂によると女戦士のような

 格好で亡霊のように出掛けることもあるとか」

574名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/11(水) 23:23:03.43ID:ag/MUE8E0
「わしが思うに、

 クレマンティーヌとは、

 極端なはにかみやなのだ」

575名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/11(水) 23:23:51.29ID:ag/MUE8E0
「つまりあの貧相な

 自分の醜い容姿を

 人に見せたくないのだ」

576名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/11(水) 23:25:04.15ID:ag/MUE8E0
「探偵小説家としての名前が

 売れれば売れるほど、

 自分のみっともない容姿が、

 ますます恥ずかしくなってくるのだろう…」

577名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/13(金) 20:26:01.27ID:xgr1peLx0
mt

578名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/14(土) 21:36:38.07ID:mUdmpw400
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (68)

「そこで友達も作らず、

 訪問者にも会うことも無く、

 身を隠しているのだろう」

579名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/14(土) 21:37:27.87ID:mUdmpw400
「で、その反動として、

 深夜こっそり変装して、

 雑踏の巷を彷徨うのだ」

580名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/14(土) 21:38:20.89ID:mUdmpw400
「クレマンティーヌの気質から、

 どうもそんなふうに

 感じてならないのだ」

581名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/14(土) 21:39:15.35ID:mUdmpw400
カジットはなかなか雄弁に、

クレマンティーヌの面影を

形容するのであった。

582名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/14(土) 21:40:03.26ID:mUdmpw400
そして、カジットは

最後に実に奇妙な

事実を報告したのである。

583名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/14(土) 21:41:55.33ID:mUdmpw400
「ところがだ、ついこのあいだのことだが、

 行方不明のクレマンティーヌに、

 わしは会うことが出来たのだ……」

584名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/16(月) 23:45:14.87ID:Jl3YqCd80
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (69)

「あまりにも様子が変わっていたから、

 挨拶もしなかったのだが、

 確かにクレマンティーヌだった」

585名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/16(月) 23:46:13.64ID:Jl3YqCd80
「どこで会ったのですか?」

私は、はやる気持ちを抑えながら、

カジットに聞き返した。

586名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/16(月) 23:47:22.64ID:Jl3YqCd80
「近所のタコ公園だよ。

 実はそのとき、わしは、

 朝帰りの途中だった」

587名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/16(月) 23:48:18.20ID:Jl3YqCd80
「なので、わしはまだ、

 酔いがさめきって

 いなかったのかも知れんが…」

588名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/16(月) 23:49:21.75ID:Jl3YqCd80
そう言いながらカジットは、

ニヤニヤしながら、

頭をかいた。

589名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/16(月) 23:50:44.38ID:Jl3YqCd80
「タコ公園の近くに、中華そば屋があるだろ。

 その店のチラシを配っていたサンドイッチマンが、

 何を隠そうクレマンティーヌそのひとだったのだ」

590名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/17(火) 22:53:35.55ID:5UYAC59O0
もしもクレマンちゃんが探偵小説家だったら… (70)

「わしはハッとして、

 その場に立ち止まり、

 声をかけようか迷っていた」

591名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/17(火) 22:54:30.83ID:5UYAC59O0
「そうしているうに、

 相手のほうも

 こちらに気がついた」

592名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/17(火) 22:55:20.26ID:5UYAC59O0
「くるっと後ろ向きになると、

 そのまま大急ぎで、

 向こうの路地に逃げ込んでいった」

593名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/17(火) 22:56:12.08ID:5UYAC59O0
「わしはよっぽど後を追いかけて

 やろうかと思ったが、奴の身なりも

 身なりだったので、思いとどまったのだ」

594名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/17(火) 22:56:57.15ID:5UYAC59O0
クレマンティーヌの異様な生活を

聞いているうちに、私は悪夢でも

見ているような不愉快な気分になった。

595名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/17(火) 22:58:04.22ID:5UYAC59O0
そして、クレマンティーヌがタコ公園で、

中華そば屋のサンドイッチマンをしていると

聞いたときには、なぜかギョッとして、

総毛立つような感じがした。

新着レスの表示
レスを投稿する