【末期戦モノ】幼女戦記 統一暦65年 【劇場版決定】

!extend:default:vvvvv:1000:512
↑冒頭に、コレを2行重ねてスレ立てして下さい
其れは、
   幼女の皮をかぶった
              化物ーーー。 原作:カルロ・ゼン
――――――――――――――――――――――――――――――――
sage進行推奨。メール欄に半角小文字で「sage」と記入。ワッチョイ進行。
次スレは>>980が宣言してから立てる事。無理ならば代理人を指名する事。ワッチョイ導入禁止。
WEB版含めてネタバレ厳禁。荒らしとアンチは徹底スルー。
――――――――――――――――――――――――――――――――
◎関連サイト
アニメ公式サイト:http://youjo-senki.jp/
アニメ公式Twitter:@youjosenki:http://twitter.com/youjosenki
音泉ラジオ「幼女戦記 ラジオの悪魔」 http://www.onsen.ag/program/youjo/
WEB版:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=24734
漫画版試し読み:http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS04000025010000_68/
★その他リンク・過去ログ一覧はWikiで:http://mainet24734.wikidot.com/
◎前スレ
【末期戦モノ】幼女戦記 統一暦64年 【設定資料集】
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/anime2/1514895705/
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

入浴シーンもターニャのはいらんぞ。セレブリャコーフのなら欲しい


11話の水着回の再来確定と聞いて来ました

Amazonプライムのアニメもくっそ評価高いもんなぁ
それでも原作ファンにはもうちょっとこうしてほしい的な欲もあるんだろうけど
そういうところはフルメタに似てる
色々見たけどこれ見てる時が一番釘付けだった

20世紀初頭の女性用水着って、服とスク水の中間みたいなデザインだけどな

放映当時はそんな話題にもなってなかったような気がするが
主にけもフレに話題かっさらわれて
タイトル(とけもフレ)で当時スルーしてたけど改めて見たら面白かったみたいなツイートは結構見た

俺はこの番組で初めてAbemaTVを本格的に視聴したわ
うちはテレビないんだが、それでもリアルタイムにアニメが見られるというのは新鮮な感覚だった

>>153
俺も見たのはプライムで最近だけど
OPとEDがYouTubeで1600万、1300万再生されててビビったわ
ブラック・ラグーンすら何年もかかったのに
外人さんが好きそうな作品ではあるよな

そんな外人さんも「火の試練」には沈黙

異常性のかけらもない作品はぴんとこないしね

PV見て視聴確定でした
今じゃ原作も小説もコミックもどっぷりハマって、、、
あの時PVチェックしておいて良かったと今でも思う

10話でターニャから「寝込みのセレブリャコーフ少尉にいたずらを働くアホは、
誰もいなかったかね?」という台詞はCパートの伏線だったのか
寝相が非常に悪いのは判明するわ、寝ながら演算宝珠は光らせているわ、
寝ぼけてパンチされるわ、残念女子であることが判明したヴィーシャ。

悪魔の副官ですし…

でもおっぱいは大きい

そして声が早見沙織

ターニャの側に立ってアニメ観てると、レルゲンの態度にムカッとする
転生事情とか存在Xの介入は関係ないにしても、有能なせいで戦場で酷使され
無茶無理無謀な作戦で心身ともに疲れ果てているのに
他の部隊から抗議文が届いてるだの揚げ足取る事しか言わない
偉そうに他人を評価するなら最前線で銃とって戦ってみろってんだ
胃が痛いどころの苦しみじゃないぞ戦場は

ゼートゥーアさんは歳を考えずに最前線で戦ったしな

>>163
でも、帝国民は誰もアレで戦争が終わらないことを知らないから、レルゲンの見解が艇庫国民の普通
共和国側だって、徹底抗戦を言っているだけでどれだけ戦えるかも分かっていないレベルで、
連合王国や連邦が反帝国で動いてくれなきゃ、協商連合同様ジリ貧で消えるだけ

そりゃ他の舞台も帝国軍だからなターニャが一番偉い訳はないので

録画してたのまた観てるけどこのアニメやっぱり面白いな

漫画とアニメ見てるけど、アニメくらいウォーモンガーにキャラ振っちゃった方が面白いな
漫画はデグさんの思惑と周りの受け取り方の違いのギャグがあるから仕方ないとは思うが、デグさんが戦争する動機が弱い

マンガ読んでからアニメ見直すとなかなかおもしろい

アニメだけ見るのと感想変わるの?

媒体による解釈が異なる場合があるからな

アニメは幼女の皮をかぶった化け物ってテーマが前に出ていて
勘違い部分の説明がそんなに多くはないが、漫画は勘違い部分の説明が多いので
その部分がわかってからアニメ見ると印象変わるとかそんなんかな

円盤や設定集の監督の話読むと、頭の中で考えてる事は変えて無いらしいからな。
アニメだけを見てウォーモンガーに見えるという事は、周囲のキャラと同じ誤解をしてるという事だ。

全般的に出来のいいアニメではあったけど
飛ばしすぎて細かいところ拾えていない感は割とあったね

アニメでは、アンジャッシュ的スレ違いのお笑いが皆無で
存在Xのせいで苦労してる、という所にしぼってる

アニメの存在Xは、暇を持て余した神々の遊びみたいなコントやってる印象

アンソン大佐の自動小銃奪うところも、アニメだと「これ奪うのかよ鬼畜幼女が〜!」って感が強調されてるが、漫画はなんかサラッと奪ってしまって自動小銃の存在感がない

キャラ絵の違いが激しいけど読めば面白いんだろうなあ

方向性が違うけどどのメディアのも面白いと思うぞ

短機関銃鹵獲のくだりは、支給品のライフルが幼女の身体にはデカすぎて扱いにくいってのを一言入れておけばよかったんだが

漫画はスレ違い描写や戦況解説の解りやすさ
アニメは戦闘や背景のビジュアルと声優の演技
小説はデグさんの脳内描写などの情報量
媒体ごとに切り口が違うから全部見て補完しあうのがベストだと思う

アニメだとそういうのは削られるだろ

実際の戦場でも、あいつラインの悪魔ですよみたいな識別ってできてたの?
リヒトフォーヘンみたいに機体を赤く塗ってりゃ1発だったとは思うけど…

実際も何も魔力識別だし

アニメじゃなくて、現実世界でもネームドの識別は敵から容易にできたのかって話じゃないかな

ルフトヴァッフェのエクスペルテンであれば、
個人識別のマーキングが許されてたので、
敵側から識別されて残ってる記録が結構ある
「黄色の14」ことハンス・ヨアヒム・マルセイユだとか、
「黒いチューリップ」ことエーリッヒ・ハルトマンだとか

アニメでは、ドレイクさんが長距離狙撃された時に魔力波形で認識されている描写があるわけで

何で実際の戦場はどうだったかという話題に魔力がどうのって見当外れのレスが続くんですかねえ

それはスレチだからじゃね?

考証されたものか、思い付きのネタなのか
知りたいのは自然だと考えます

この作品の場合原作小説の性格的に現実世界話はそれほどスレ違いという気がしない

「なんかエグい数の戦車壊されたし今のルーデルじゃね?」

現実世界の戦闘機の個別ペイントはウィキのノーズアートの項に詳しいよ
あと軍用機の塗装のページとか
最近は衰退した文化らしい

エースを持ち上げて周囲の戦意高揚を図るなんて時代じゃ無くなったからね

>>194
いや、ネームドはむしろ敵側が勝手に識別してる件だし、下手したらビビって萎縮してしまう気がする…

士気が上がる場合もある気が「あいつ落としたら名が上がるぜ!」とか

ジャガイモが安いそうで

>>191
カナダ 線路に落とされ男性死亡 日本人の可能性も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180620/k10011487711000.html

新着レスの表示
レスを投稿する