ピザーラおと○け! [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1バカは氏んでも名乗らない2017/09/25(月) 20:37:26.70ID:???
            /\     /\
            \  \_/  / ._| ̄|__       _  _ / ̄/_
 __| ̄|__     \    /   |_  __|     / / /_  _/
 |        | ○   / / ̄      |  l  ___   / /   / /
  ̄ ̄|  | ̄ ̄     |  |        !  ! |__|   / /   / / ___
   /   ̄ ̄\.   |  |___   |  | __   / /   / / |___|
  / /|  | ̄\  ヽ  \______|   |_| |__| /__/   / /     /
 {  し  |   |_|       ,.,.,.,.,.,.,.,..,.,.        /     ̄      /
  \_ノ     ヽ     .,;f::::::::::::::::::::::::T    /         /
   \        ヽ    i:::/'" ̄ ̄ヾ:::i             /
      \       ヽ    |/ ノ..  .⌒_ヾ|   〈〈〈 ヽ    /
  ..     \          |=(へ)=(へ)=|   〈⊃  }   /
         \        { 、/( ,_、)ヽ .|    |   | /
        .  \       ',  .,ィェエヲ  ',   ..,/  /
               /⌒ヽ\___ /  ィ   /
               / rー'ゝ           /
              /,ノヾ ,>         /
               | ヽ〆         |

465バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:20:39.38ID:???
あの芸術家は処分予定の犬達を救うために
こんな展示を始めたんじゃないだろうかと。

しかしある時、芸術家は突然展示をやめた。
ブームの最中だったから人々は不思議がった。
そしてとある記者が尋ねた。

「噂では処分予定の犬を救うために
この展示をしていたとのことですが本当でしょうか?」

「いいえ違います。
それにもしそれが目的ならば展示をやめるなんておかしいでしょ?」

「では何のために展示をして、そして何故展示をやめられるのですか?」

「それはこれからわかります。
そして私の準備はこれで終わったので展示をやめます。
どうぞ皆様これから行われる出来事をお楽しみください。」

展示は終わった。
謎めいた発言は一時的に話題にはなったものの、
その後も特に何かが起こるわけでもなかったので、
すぐに忘れ去られた。

そして数ヶ月後。奇妙な現象が起こり始めた。
全国各地の公園などに痩せ衰えた犬が次々と放置され始めたのだ。

「助けたい人がいたらご自由に。」

と書かれた言葉と共に。

引き受けたはいいものの、流行と偽善の気持ちから挙手した人が殆どで、
数ヶ月もする頃には飼うことが嫌になっていた。

どうしたものかと考えつく先は皆同じで、
それが芸術家と同じような手段だった。

直接捨てたり保健所に連れて行くよりも心が痛まない。
悪いのは助けることができたのに、助けることなく見ていたやつだと。

かくして「犬の餓死」は完成した。多くの人の手によって。

466バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:22:27.05ID:???
先程テレビを付けっ放しにしていたら
モーニングバード!のチャンネルになっていて流し見していた

沖縄の基地問題の話をしていて、
取材をしたアナウンサーが最後に、
沖縄に基地を押し付けているようにしか見えない。
これがもし東京だったならどうなるのか。とまとめた

有識者や他のアナウンサーが座るひな壇からは

「もしかしたら東京でも強行突破が行われるのでは。
アメリカには何も言えないから」

という声が

取材したアナウンサーは、
東京だったら都知事が基地を作るのに反対した時点で
東京ではなく他の地域に作るよう政府は動くだろう
という答えが帰ってくるものと思っていたらしい

が、東京でもこんなことがあったら怖い、
と今すでに沖縄で基地が押し付けられていることを
他人事のように答えた有識者やアナウンサーが後味悪かった

もちろん基地は沖縄だけではないので、
もしかするとアメリカが東京に作れと言うのなら作るのかもしれない

けれども沖縄の普天間基地移設の候補が
やはり沖縄の辺野古というのは、やるせない

467バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:23:53.19ID:???
とある人がこんな場面でこんな行動を取った、
みたいな週刊誌記事が出て
その後、たまたまその場にいて
動画を取っていた一般人がネットにあげた

その動画には、週刊誌に書かれていたような行動は
全く映っていませんでしたとさ

記事には出入り口から出て
車に乗るまでの間の行動、と限定されており、
建物の名前もはっきり書かれていたため、
その動画以外の場面、ということはありえなかった

新聞の記事にせよ週刊誌の記事にせよ、
事実なんかどうでもよく、
世論誘導のためにしか記事を書いてないんだろうね

468バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:25:43.18ID:???
最悪だった誕生日の話
食べ物粗末にする話なので嫌な人はスルーでお願いします

小学生の頃の誕生日に学校が終わってから
母親と母親の友達にご飯を食べに連れて行ってもらった
(父親は当時単身赴任)

好きな物をお腹いっぱい食べさせてもらって、
帰りにケーキも欲しいだけ買ってもらった。
二つ上に兄もいたので兄の分も別にお願いして買ってもらった。

家に帰ってから母親が出掛けてしまったので
1人でケーキでも食べようかと、準備してたら兄が帰ってきて、
いきなり私が買ってもらった分のケーキ全部に
指をズボズボ入れ始めた。

私呆然

兄ニヤニヤ

私ギャン泣き

そしたら兄が

「まだ食えんだろーが!」

とケーキ投げよろしく穴の空いたケーキを
顔に向かって投げたりなすりつけたりして、
これでまた買ってこいよと600円投げつけられ、
家を追い出された。

ケーキ屋はバスや電車を乗り継いで行かなきゃ行けなくて
お金が足りないので、近くのコンビニでタオルと水を買って
泣きながら顔や服を拭いてたら、知らないお姉さんに声をかけられた。

向こうは私の事を知ってたみたいで、
あなたのお兄ちゃんの同級生だよと優しく話してくれて
また泣き出した私をお姉さんの家に連れて行ってくれた

お姉さんの家で泣きすぎてなかなか話せない私の話を
ゆっくり優しくきいてくれて、
お風呂に入れてくれ、服を貸してくれ、

「誕生日なんだよね?こんなものでごめんね」

と言ってシュークリームまでくれた。

夜になって、そこのお母さんが
お家に連絡しなきゃ心配してるよと言ったので
母親のポケベル番号を教えて迎えに来てもらって
家に帰ったらケーキ買えって言ったろ!と兄に殴られた。

469バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:26:37.47ID:???
ネット黎明期、毒親持ちが集まるサイトで知り合い、
オフ会を経て仲良くなったABCDの四人がいた。

当時はまだ毒親なんて言葉はなく
「親を愛せない、愛情こじきの万年子供」なんていう
自虐的な言葉を使っていた。

四人のうちAのみが既婚者で20代後半。
Bが最年長で30代後半。CDは20代だった。

BとDの親はDV、Cの親はモラハラ、
Aの親はアル中パチンカスDVのフルコンボだった。

ちなみにAの嫁さんも毒親持ちだった。

四人の中ではAとBが一番仲が良く、
A家でBは週1で御飯食ったりもしていた。
ある日BがCDに相談した。

「Aは嫁さんにモラハラとDVしてるんじゃないか」

という相談だった。
そしてモラハラの内容を説明した。

470バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:27:14.74ID:???
外出禁止令を出しておいて
「なんで働かない」「怠け者」となじるとか
生活費を入れないのに食事に文句つけるとか、
言ってることをコロコロ変えて
「俺は言ってない」「幻聴だ、き○がい病院に行け」と怒鳴るとか。

しかしそれを聞いていたCはAに味方し

「Aさんは間違ったことは言ってない」

と主張した。
そしてCはA嫁に「我慢が足りない」みたいなことを説教しに行った。
A嫁は病んでしまい、Bを頼った。

AとCが「BはA嫁と浮気してる」とギャンギャン責めたて、
A嫁自傷→精神科に入院。
Bは集まりから抜けた。

そしてCがなぜかAの家に住むようになり(AもCも男)、
せまいアパートにA、C、A子供と三人暮らしになった。
のちにA夫婦は離婚して、親権はAにいった。

このへんはよくわからないがA嫁が
精神科に入院していたから不利だったんじゃないかと思う。

471バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:29:46.93ID:???
Dは集まりを完全に抜けることもできず
付かず離れずでウダウダしていた。

ウダウダしているうちA子供(当時小学生)に
「Cさんはいつまでうちにいるんだろう」という話をされた。

Dの知る限りCは暴力的なやつではなかった。
むしろAの方が短気でヤバかった。

だからDは「お父さんに殴られそうになったらCを盾にしろ。
他人がいて気疲れするのはわかる。せめて利用しろ」

とくだらないアドバイスをした。

その後Dは仕事が忙しくなり、
さかんになってきたネットで別のコミュニティを見つけ
そっちに居場所ができてACとは疎遠になった。

そしてある日テレビを見ていて、Cが逮捕されたのを知った。

CはまだAのアパートに住んでいたようだった。
Aの子供が重体だそうで、犯人がCの名だった。

ニュースでは「しつけと称して殴った疑い」とか
その程度の説明しかなかった。

CはAの同居中の友人と言われていた。
でもAはもうそのアパートに住んでいないらしく
「父親の姿は最近見かけられておらず〜」という
すごく曖昧な気持ち悪いニュースになっていた。
Aの子供が回復したかどうかは知らない。

ニュースはそれっきりで続報はなかった。
Cがどうなったかも知らない。
Aがどこに行ったかも不明。
調べればわかるのかもしれないが怖くていまだ調べられずにいる。

472バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:30:59.20ID:???
中学の頃に
父のジサツに巻き込まれて母共々他界、
以後父方の親戚の家にお世話になっている(近畿)

そんな学生時代、幼い頃親しかった母方の従姉妹から
結婚式の招待状がきたので参加した(東北)

交通費も自腹だから、かなり無理して
借りている奨学金から一万だけ包んだけれど、
実際に行ってみたら受付に名前がなかった

なんで来たんだ・よく来れたな
祝儀だけ包んでよこせばいいものを
常識がない・恥知らず・どの面下げてきた
色々と言われた


母はとても優秀で、自慢の氏族だと言われていた
そんな母を結果的に殺した父、
その父の血を引く俺は憎悪の対象だった

そもそも金銭的にみても
祝儀が一万は少なすぎるし、
主役の負担にしかならないから
参加は自粛して祝儀だけを送るのが常識だと責られた

従姉妹も俺の近況は知っていたはずだし、
母方の親族は皆俺の受け入れを拒否したため、
地元を離れ遠くの父方の親戚に引き取られたので
知らない人はいないはず
なぜ招待状自体を送ってきたのかも解らない
ショックのあまり祝儀だけおいて飛び出した

473バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:33:23.12ID:???
娘が誕生日なので娘と友人達で
焼肉食べに行こうって事になり向かっていた

そろそろ店が見えてくるかなーって時に
娘の前あたりに居た地味目な女性がdqnにぶつかられた

早速「なにやってんだおい!!」て怒号

地味女性はテンパったのか「あははごめんなさい」とアタフタ
それがなんとdqnの怒りを誘い「あははじゃねーよボケエゴラアア」
突如地味女性の胸倉をつかみ持ち上げる、
本当に首が締まっているのか
青どころか紫になって行く地味女性の顔

あまりの理不尽ぷりに全員動けなかったが、
これは本当にヤバいと思い
警察に電話してたらdqnは居なくなっていた

その場にへたり込んで動かない地味女性の様子を見ると
周囲の地面が黄色に染まっていた

居たたまれなくて思わず逃げ出してしまった

葬式の様な空気になり結局焼肉は即中止、
娘は帰りの車の中で
「可哀想なのを見せてしまってごめんね」と友達に謝りだす始末

冷静になって考えたら声かけて
ハンカチぐらい差し出してあげれば良かったと思う

それがいまだに心に引っかかって居て辛い、
一番辛いのはその女性だと分かってるんだけど…
dqnを止める事は出来そうになかった。

こちらは女性だしあんなキ○ガイ娘達に危害を加えないとも限らない

474バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:34:34.95ID:???
面接する会社のすぐ傍まで来たとき
前を歩いていた女性が突然倒れた
びっくりしたが声をかけてもうなっているだけだった

会社の目の前という事もあり
社員らしき人たちが遠くから眺めてはいるが
誰も近寄ってこなかった

周囲には俺と同じような就職活動らしき人たちがいたが
こちらをちらっとみるだけで通り過ぎてしまう

救急車を携帯でよんで待っていると
目の前の会社から数人が駆け寄ってきた

事情を説明すると
多分うちの会社に面接に来た子だから自分達で面倒を見る、
と言ったので連絡先を教えた後に面接する会社に行った

すでに面接が始まっていたらしく待合室の入り口で社員に止められた
事情を説明しても多分面接は無理だろうなと思っていた
がその社員は
「君が女性を助けていたのを眺めていたけど
正しい事をしたから面接を遅れてもいいと考えたんでしょ。
君は何様のつもりなの?」
と言ってきた

全く予想外の事をいわれてショックを受けていると
その社員の人にしばらくの間説教をされた

結局面接は受けれずにそのまま帰ったが
社員の「何様のつもりなの」という言葉を思い出して
帰り道に泣いてしまった

しばらくは就職活動が出来なかったが
何とか立ち直ったので一応就職はできた
ただまた同じような場面に遭遇しても助けるか、
と聞かれると答えに戸惑ってしまう

475バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:36:19.34ID:???
女房に早く死んでもらいたいと思ってたら
本当に事故に遭って死んだ。
表立って口ケンカはしなかったがいつも不快を抱いていた。
やることなすこと全て鬱陶しかった。
こいつが死んだらもっと若い女房をもらって、とよく妄想した。

葬式が片付いてからあいつが使ってた食器や
趣味で集めてたガラス細工を片っ端から壊した。
ざまあみろと思った。
へそくりでもしてるかもしれないので
机の鍵付き引き出しも壊して開けた。
ノートが6冊あっただけだった。

何年経っても子供ができないことや
俺が浮気してるかもしれないことについて
延々書かれていた。

子供ができないのは俺のせいだし
浮気もしてなかったのに馬鹿な女だと思った。

一人で悩んで真相を知らず轢き殺された馬鹿。
一回読めば十分なので6冊全部破って捨てた。

あれから何もする気がしない。

476バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:38:47.36ID:???
高校で仲良かった友人4人(以下A、B、C、D)と
私で待ち合わせして会うことに。

みんな少しずつ待ち合わせ場所に集まってきて変わらないなあ…
っと思ってたら元々童顔の可愛らしいAが
二年前結婚前に最後に会った時より異様に年齢より5歳も老けて
元々細いのにもっと細くなって…皮と骨みたいに細くなっていた

みんなその場に居たB、C、Dと私はびっくりしたけど
ここで立ち話するのも…と思いファミレスに入った

友人が集まって話をする訳だから話が盛り上がる。
高校の時の思い出話や最近の話とか愚痴もでてくる。
そしたらAがいきなり泣き出した。

みんなどうしたのか…?と思い聞くことに
Aは二年前に結婚したけど姑さんが嫁イビリがひどく

(旦那さん達は普通なご飯なのにAだけ生ゴミみたいなご飯とか、
女の子を産んだら使えないとか、
姑のいわれたレシピに作ったのに頭からできたての料理かけられたとか
家庭板や生活板で有名なテンプレ通り嫁イビリやら
酷くアレルギーがでる物をわかっているのに
わざと細かく切って食べ物に混ぜて食べさせて
病院行って入院させるやら
あとはもう酷すぎて書けない事色々)

旦那さんに言っても
●●家のしきたりだから〜躾だからって相手にしてくれない。

しかもアレルギーの時は
お前の体が弱いから治してやってるんだ感謝しろ
と言い入院費用がもったいないから帰れないか?
と医者に言ったそうだ

477バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:39:39.01ID:???
しかもAは旦那さん達に洗脳?されたから
私が悪いと思っていたらしい

ただ他のB.C.D.私達の愚痴や生活の話をきいたら
私がおかれてるの…って?
ってなって思い出して泣いたらしい
そんなつらかったんだ…
としか言葉に詰まり私は言えなかったのだけど、

B「そんな旦那さんいないほうが」
C「必要な物持って実家に…」

と2人はなんだか冷静に的確なアドバイスをしていた。

どうやら知り合いにDVでシェルターに逃げて
離婚した人がいたから早く!と考えたらしい
今までDはAの話を聞いて下を向いてプルプルして怒っていたから
Aの気持ちになって怒ってるんだな…
昔から正義感ある人だから…なんて思っていた

Cの「旦那さんと姑はDVをしているから
役所に話してシェルター逃げて!」

の話をした瞬間Dがテーブルをバン!と叩いて衝撃的なことを言った

478バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:40:44.92ID:???
あなた達よく言うよ!女は嫁にもらわれる立場なんだから
実家は旦那様の家族しかいないの!
育てて生んでもらった人たちは家族じゃないの!!!!わかる?
だいたい嫁にもらわれる立場な私達は旦那様たちの言うこと絶対なの!!!!
女の子を妊娠したらおろすのは当たり前!
跡取りうんで尽くすのが私達の指名なの!嫁イビリでもない!!!
躾よ躾!!私もお兄の嫁と☆☆(弟の名前)ちゃん嫁に躾してやってあげてる!!
先輩として教えただけ!!あんたたちと話すとバカうつるから絶交!!」

そう言いながらお金置いて出て行った

A以外、ポカーンとしたし、あんな子じゃなかったのになあ、
とみんな思ったし、AはAで私のせいで…と泣き出すし
Dの置いた金額とDの食べた分の金額があわせても足りないしなんか…
もう色々修羅場だった

479バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:41:54.57ID:???
しまいには帰り際座ってた
反対側の誰もいないテーブルのナフキンと爪楊枝と砂糖を
大量にカバンに入れて行くし
Dから「Aを庇うクズ」という長文メール来るし

「私の味方にならないと世の中渡り歩けない」

とか斜め上すぎる発言で高校の頃の正義感ある
優しい真面目な性格が…どうして?
となんだかショックすぎてしばらく友人てなんだっけ?
と考えるようになった修羅場だった

480バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 19:46:43.41ID:???
彼氏の転勤にくっついて地元から新幹線で半日の距離へ引越し
こちらの暮らしにも随分慣れた頃、
妊娠したので籍を入れることになった。
私のバイトも、主任手当てもらえる位順調ではあったけど辞める事になった。

辞める1ヶ月前に仕事場に報告すると、
何故か職場のA子も辞めると言い出す。

その日からA子、会社の愚痴、家庭の愚痴、私に関係ない愚痴を
メールで毎日送ってくるようになった。日に何通も。

約1ヶ月メールは続いたが、
仕事の連絡の関係で着信拒否できず、メールを放置すれば
何倍ものメールが昼夜関係なく届くので、
取りあえず耐えてたが精神的にマイってた。

私の退社1週間前にA子が仕事に来なくなった。

運が悪いことに夏時期に超忙しくなる職場だったのと
人手不足で上から頼み込まれたことで、私は無理をしてしまった。
本当に馬鹿だった。流産した。

A子には流産で病院に担ぎ込まれる時も、
その後も色々精神的に叩きのめされた。
この辺は自分的胸糞なので今は書きたくないが。
この間が私にとっての修羅場だった。

やっとA子と疎遠になることが出来たので吐き捨て。
でも一生許さない。

481バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 20:49:33.61ID:???
まだ未解決の事件なんだけど、
俺が小学生の時に女の子が誘拐された
帰り道の途中で誘拐されたんだけど、
俺の目の前で誘拐されてた

それを警察に説明しようとしたんだけど、なぜか伝わらなかった

懸賞金も出た事件なのになんで目撃者の証言が無視されるのか謎
自分の言うことが伝わらなくて自分の中では修羅修羅でした

482バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 20:55:24.88ID:???
中学生だった時の修羅場

父親がアル中で、私が小学生の時から両親の喧嘩が絶えなかった。

夜中に二人の怒鳴り声で起きて、

「喧嘩しないで〜」

と泣きながら二人の間に割って入るのもしょっちゅう。
でも父親は所謂

「酒を飲んでない時はとてもいい人」

で、本当に素面の時は母とも仲睦まじく、自慢の両親だった。

私の事もすごく愛してくれて、
いろんなところに家族で遊びに行ったり、
勉強を見てくれたりした。

幼い時は相当なお父さんっ子だった。
だから母親も離婚に踏み切れなかったんだろう。

でも私が中学に入ったあたりから父の酒の量が増えて体調を崩し、
会社を休職、それでも昼から酒を飲むようになった。
(母も普通の会社員で昼はいなかった)

私には5才下の妹と11才下の弟がいたので、
母が会社に行っている間、
学校帰りに弟を保育園に迎えに行って夕食を作ってお風呂に入れて
二人を寝かしつける、という生活をしていた。

隣で酒を飲む父親に絡まれないよう息を殺しながら。

酒が入っている時は何もかもが過剰になり、
ついに(しつけの延長だと思うが)私に手を挙げるようになった。

箸の持ち上げ方が汚いとかで
あつあつの鍋のふたを投げられたこともあった。
小さい弟に手を挙げないように私は必死に庇った。
(そんな私を母が庇ってた)

何度も母、母の友達、父、私で家族会議も開いた。

でも弟が小さかったこと、素面の時の父親が
本当に反省して(いるように見えた)謝り、
なんだかんだ母も父を愛していたんだろう、

「二度と酒を飲まない」

との約束を交わしてその場は毎度収まっていた。
(まぁ悉く破られる約束だったんだが)

483バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 20:56:18.88ID:???
中三の時、遂に父がアル中を治すため病院に入院した。
そこからがひどかった。
鬱を併発したらしい父は、

「自分がいらない人間だから隔離された」
「捨てられた」

と被害妄想を募らせ、何度も病院を抜け出した。

夜中に家の電話が鳴って、
母親が出て

「えっ…!」

と悲痛な声を出す。
病院からの父脱走の知らせだったり、
どこからかアルコールを入手してまた飲んでしまった、
とかの知らせだったんだと思う。

その母の声を布団の中で息を潜めて聞いているうちに、
電話の音が怖くなった。

昼に電話の音が鳴っても
心拍数が跳ねあがるようになった。

二度ほど、夜に父脱走の連絡を受けて母が探しに行っている時、
留守番していると父から電話がかかってきて取ったことがある。

書いてる今でも手が震えてしまうほど弱々しい声で私に謝る。

「死にたい」

と言う。

私や母、弟の事を好きだと言う。
私も酒を飲んでいない時の父は大好きだったので、
弟を抱きしめながら一緒に泣いていた。

そして私にだけ居場所を言って切るから、
真っ暗な中弟を抱っこひもで抱っこして父を迎えに行ったこともある。

484バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 20:57:06.56ID:???
そんな皆が疲弊した生活が続いたある冬の日、
一時退院していた父はジサツした

私と母と妹弟は図書館に行っていて、図書館から病院に駆け付けた。

病院でいろんな手続き?があったのか、
母と弟がいなくなっていて(この辺記憶が曖昧。ごめん)、
身元確認?その遺体を父だと確認する作業を私が頼まれ、
警察の人に付き添われて緊急救命室みたいなところで父の死に顔を見た。

飛び降りだったから、ぐちゃぐちゃに顔が歪んでいた。
未だに脳裏に焼き付いてる。

凄く歪な顔だったけど、
それは確かに図書館に行く私たちを

「いってらっしゃい」

って穏やかに見送った父の顔だった。

確かに父だと証言して救命室を出たら、
母に抱きしめられた。

なぜか一滴も涙が出なくて、ぐちゃぐちゃに泣く母を見て

「これからは私が母と妹弟を守らなきゃいけないんだ」

ってなぜか思った。
たぶん、自分の感情も歪んでたんだと思う。
今思うとここが一番の修羅場だったんだろう。

485バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 20:57:49.05ID:???
それから葬儀を上げて、
色々な手続きをして、ぶっ倒れて、引きこもって、
でも父が死んだ二週間後が高校入試だったから受けてなんとか受かって。
この辺りは今でも記憶が曖昧。

それからも色々あったけど、
今はちゃんと独り立ちして家庭も持ってる。
お酒は好きだけど(多分遺伝でそうとう酒強い)、
普段はビール1本以上は絶対飲まないようにしてる。

母も再婚した。お酒は飲まない人だと言っていた。

弟が今度結婚することになったので、
皆幸せになれるといいなと厄落としカキコ。

でも未だに普通の据え置き型の電話の着信音は怖い。

486バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:33:21.44ID:???
同僚の披露宴に出席した時の事。
各テーブルを回ってそれぞれのテーブル中央のキャンドルに火を灯していく時、
(いわゆるキャンドルサービスってやつ)
ひな壇に一番近い新郎側の友人席のテーブルで、
キャンドルに火を近づけたところで突然ボワッ!と大きく火が上がった。

その火が新郎の友人のひとりの衣装に燃え移って大騒ぎ。

周辺の座席の人たちも騒然となって、
式場の係りの人達も右往左往。

が、友人のひとりが
キッチン用のミニ消火器を何処からか取り出して
冷静に吹き付け、アッと言う間に鎮火。

新郎と新郎友人の間で計画していたドッキリだったんだ。
(どういったカラクリだったのかは知らない)

「ドッキリでしたーーwww」


と本人たちは爆笑してたが、
その爆笑が急にピタッと止まり、ざわつきだした。
新婦が呻き声をあげて蹲ってた。

新婦もそのドッキリの計画を知らなかったらしくて
本気で驚いて、そのショックで流産してしまった。
(流産だったのは後で聞いた)

新婦、妊娠してたんだよね。

いくら披露宴の出し物的なドッキリサプライズとは言っても
火を使うのにホテル側に何も言ってなかったらしいし、
新婦も知らなかったらしい。

途中から新婦不在のお通夜のような披露宴が駆け足で済まされ、
私たちは他の人たちと話をする雰囲気もなく無表情で帰って行った。

後に同僚はその新郎と正式に夫婦になることはなかった。

新郎も新婦も30歳を越えての結婚だったから
何もそんな二十歳そこそこみたいなノリの
悪ふざけしなくても良かったのに。

487バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:36:31.18ID:???
子供の頃、弟が深刻な病気を持って生まれてきて
両親がその看病に集中するため、
私は伯母夫婦の家に預けられていた。

伯母の家には5つ年上の従姉がいて、
本当のお姉さんみたいに可愛がってもらって
私もこの従姉のことが大好きだった。

勉強とかよく見て貰ったし、
ファッションのアドバイスとかしてもらって
伯母の家に居る間、
寂しいと思ったことは殆どなく、むしろ楽しかった。

そして小4の時に両親のもとに戻った。

もう弟が余命が少ないってことで
最後は家族一緒にってなったみたい。

子供なりに事情はよく理解してたし、
あまり一緒に遊べなかった弟とも思い出を作りたい。

そう思ってはいたけど、
両親のもとを離れていた6年余りは私にとって
思った以上に長かったらしくて、
実の親なのに素直に懐けなかったんだ。

仕方がないと分かってても、
両親の目は弟を追ってて私を見ていない。
なんか自分の家なのに居場所がない感じ。

488バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:39:32.58ID:???
弟はお姉ちゃんお姉ちゃんって懐いてくれたけど、
かなり悪くなってきた頃には
「どうして僕ばっかり、どうして僕だけ」みたいな事をよく口にしたので
可哀想だと思うけど、どう返答していいのか分からなくて
それが辛くて弟から少しずつ距離をとってしまった。

そして中学にあがる少し前に弟は天に召された。

四十九日が終わってしばらく経った頃に父から

「長い間親らしいことしてやれなくて悪かった」

と謝られた。

謝るようなことじゃないと思ったけど

「うん」

しか言えなかった。

母はかなり長い間立ち直れなくて、
その頃にちゃんと向き合えなかったからか
その後もずっと、成人してからもずっと、
母との間には何か目に見えない壁を感じていた。
母とは恋愛にしろ、就活にしろ、相談とかもしたことがない。

全部自分で決めて、報告するのみって感じ。

489バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:41:55.76ID:???
結婚する時も彼を連れて来て両親に挨拶してもらったんだけど
父の方はその後、彼とふたりで飲みにいったらしくて
その時に私のことを大事にしてやってくれみたいなことを言ったらしい。

子供の頃、寂しい思いをさせてしまったから
君はそういう思いをさせんでくれ、とか。
母からはワケがわかんないぐらい何も言われなかった。
新居はどうするのとも、披露宴はどうするのとも、
幸せになりなさいよとも、なにも。

今私は40代半ばになった。子供もふたりいる。
昨年、母が亡くなった。

亡くなる少し前に、
今聞いておかないとって焦っていた時期があって
少し具合が良かった時に

「お母さんは私のことどう思ってた?」

って聞いたことがあった。

「さあ、どうだろうね」

って言われて

「私、娘なんですけど」

って言ったら
その後なんの言葉も続かなくて、
いたたまれなくなって部屋を出た。

結局そのまま。

弟の死後、何を思ってきたのか何を聞けないままの別れだった。

母が死んだ日もそのあとも、一滴の涙も出なかった。

数年前に伯母が亡くなった時は、
あんなに涙が止まらなかったのに。

四十九日が過ぎた頃から、
母に対して憎いという感情が生まれ
それが日に日に大きくなっていく。

夫には過去は過去、
昔のことをあれこれ考えても得るものはないと言われた。

寂しかったのなら、子供たちにはそういう気持ちを抱かせないように
愛情を注げばいいって言われて、それはすごく良く分かってる。
なのに気持ちがついていけなくて苦しい。

490バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:43:42.14ID:???
弟はお姉ちゃんお姉ちゃんって懐いてくれたけど、
かなり悪くなってきた頃には
「どうして僕ばっかり、どうして僕だけ」みたいな事をよく口にしたので
可哀想だと思うけど、どう返答していいのか分からなくて
それが辛くて弟から少しずつ距離をとってしまった。

そして中学にあがる少し前に弟は天に召された。

四十九日が終わってしばらく経った頃に父から

「長い間親らしいことしてやれなくて悪かった」

と謝られた。

謝るようなことじゃないと思ったけど

「うん」

しか言えなかった。

母はかなり長い間立ち直れなくて、
その頃にちゃんと向き合えなかったからか
その後もずっと、成人してからもずっと、
母との間には何か目に見えない壁を感じていた。
母とは恋愛にしろ、就活にしろ、相談とかもしたことがない。

全部自分で決めて、報告するのみって感じ。

491バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:44:01.06ID:???
結婚する時も彼を連れて来て両親に挨拶してもらったんだけど
父の方はその後、彼とふたりで飲みにいったらしくて
その時に私のことを大事にしてやってくれみたいなことを言ったらしい。

子供の頃、寂しい思いをさせてしまったから
君はそういう思いをさせんでくれ、とか。
母からはワケがわかんないぐらい何も言われなかった。
新居はどうするのとも、披露宴はどうするのとも、
幸せになりなさいよとも、なにも。

今私は40代半ばになった。子供もふたりいる。
昨年、母が亡くなった。

亡くなる少し前に、
今聞いておかないとって焦っていた時期があって
少し具合が良かった時に

「お母さんは私のことどう思ってた?」

って聞いたことがあった。

「さあ、どうだろうね」

って言われて

「私、娘なんですけど」

って言ったら
その後なんの言葉も続かなくて、
いたたまれなくなって部屋を出た。

結局そのまま。

弟の死後、何を思ってきたのか何を聞けないままの別れだった。

母が死んだ日もそのあとも、一滴の涙も出なかった。

数年前に伯母が亡くなった時は、
あんなに涙が止まらなかったのに。

四十九日が過ぎた頃から、
母に対して憎いという感情が生まれ
それが日に日に大きくなっていく。

夫には過去は過去、
昔のことをあれこれ考えても得るものはないと言われた。

寂しかったのなら、子供たちにはそういう気持ちを抱かせないように
愛情を注げばいいって言われて、それはすごく良く分かってる。
なのに気持ちがついていけなくて苦しい。

492バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:50:37.80ID:???
中学時代、遠くの県から引っ越してきた同級生Aがいた。
俺はAとあまり交流は無かったのだが、Aが医者を目指していて、
県内一の進学校もしくは他県のもっとレベルの高い学校への進学を
希望しているということは知っていた。

ただ、田舎の、正直学力が高いとは言えない中学だったから、
それを実現するためには相当の努力が必要だった。
いつ頃だったかは記憶が定かではないが、
受験前、志望校について担任とAが話してる場に遭遇したことがある。

ちょうど話終え、担任がAにあきらめるなと言って
肩をぽんと叩いているところだった。

それからAは何かに取り憑かれたように勉強を続け、
県内一の進学校に合格した。

当時はその学校への合格者が数年前に一人出たきりだったため、
学校中がお祭り騒ぎになった。

担任を始め何人ものクラスメイトが祝福の言葉を口にする中、
Aの表情は晴れなかった。
そして、突然、Aが乱暴に机を殴り立ち上がった。

「皆して散々人をバカにして、
笑いながら諦めろって言っておいて、
ふざけるな!」

わけがわからなかった。
皆、Aの事を応援していて、誰も諦めろなんて言っていなかったのに。
半ば半狂乱になりながら暴れるAをどうにか制止し、
よくよく話を聞いているうちに担任気がついた。
方言の所為だと。

地域が特定されそうだが、
俺の地元では「〜するなよ」を「〜しなよ」と言う。

極力他県から来たAと話す時は皆、標準語を使うようこころがけていたのだが、
これを方言だと理解している奴は少なかった。

493バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:51:26.58ID:???
普通、会話してるうちに気づきそうなものだが、
Aはおそらく偶然にもその言い回しをされずにいたんだろう。
で、誤解したまま、自分に諦めろと言った皆を見返す為に、
それだけの為に猛勉強をしたとの事だった。

誰も諦めろなんて言ってなかった。
それを知った瞬間、Aは力なくその場にへたり込んだ。

これ以上重苦しい空気に耐えきれなくなったのか、
誰かが

「そんな事で誤解してたのだったら、
もっと早く打ち明けてくれたらよかったのに」

と笑いながら言って、
他の皆も自分達の言葉って変だったんだ、誤解させてごめんと、
なるべく明るく振舞っていた。

だが、それが火に油を注いでしまったんだろう。
Aはそのまま教室を飛び出した。
そして、その日から学校を休み、卒業式にも来なかった。

成人式にも、その後何回か行われた同窓会にも姿を見せなかった。
Aの話題はタブーのようになってしまい、
その後Aがどうなってしまったのか、
誰にも聞けないまま今に至る。

494バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 21:55:10.14ID:???
私がまだ小学生だった頃、
新幹線に一時間以上乗る必要があり、
子供が遊ぶための車両のある新幹線に乗っていた

母親が妹を妊娠していて実家に帰っていたので、
会いに行く最中だった

私の父親は子育ては
男がするものじゃないからと私をほったらかし
代わりに私はゲームボーイアドバンスを与えられていて、
父親が相手をしない間は
ゲームボーイアドバンスを相手に時間を潰していた

新幹線に乗っている時も同じで、騒ぐ子供を尻目に、
端にある保護者が座って遊ぶ子どもたちを見守る場所で
モクモクとゲームボーイアドバンスをしていた

そもそも潔癖のきらいがある私には
よだれなんかで汚れた他人の子どもが触ったものに
触れるのは憚られた

つまり、他人の子どもの触ったものは触りたくもないし、
触れられたくもない

なのに暫くすると、私の前に子どもたちの行列ができていた
何コレ、と思いながら無視してゲームを続けていると

「玩具はかわりばんこで使うんだよ!」

と言って目の前に居た女の子が私のアドバンスを奪い取った

495バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:37:18.36ID:???
「返して!」

というも、小1だった私よりも相手のほうが格段に体格も大きく、

「かわりばんこだよ!」

と言われて持ち上げられた
そうなるともう届かない
汚い手で触られたことも癪に障り、
相手に掴みかかって返せ返せと言っていたら、
保護者たちが私を女の子から引き剥がした

「おもちゃは皆で使うのよ」
「仲良くしなさい」
「遊んだら次の子にわたそうね?」
「また暫くしたら交代してもらえるから」

私のゲーム機は取り上げられ、
乱暴に扱われ、帰ってきた時には画面の保護シールは外れて
ボタンのところに何かベタベタした水滴が付いていて
セーブデータも消えていた

悲しくてせめて綺麗にしてやろうと
父親の居る車両に戻ろうとしたら

「借りたゲームはちゃんと返してね」

と、
その車両を管理する受付の女の人から
ゲーム機を取り上げられた

私のだと主張したが、
先の騒動で私はわがままな子とレッテルを貼られていて信じてもらえなかった

泣きながら父親のもとに帰ってゲーム機を盗られたと話したが、
子供を平気で放置する父親が話をまともに聞くわけもなく

「どうせ何処かに置きっぱなしにしたのを忘れた言い訳だろう」

と私を叱り飛ばした

それから母親に会えはしたが、自分が情けなくて恥ずかしくて
倉庫に一日中隠れて殆ど誰にも顔を会わせなかった

その時の私にとって、
話を聞き入れない周りの人間は全員宇宙人だった

あの子供用車両に乗ってから
私の世界は宇宙人の世界に変わってしまったんだと信じて疑わなかった

先日受験を終えて久々に新幹線に乗り母の実家に帰った際に、
あの異世界に行ったと思い込んだ、
なんとも奇妙な感覚が蘇ったので書き込み

496バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:38:46.12ID:???
元カノ(以下A子)の話。長いです。
フェイクも入ってるんで辻褄あわんかったらすまん。

当時お互い20歳。A子は大学生
(法学部、一人暮らし)で俺は社会人(実家暮らし)。
出会いは友達からの紹介で、知り合ってから割とすぐ付き合った。

A子は大学通いながら居酒屋でバイトしてて、
食器洗いばっかしてるらしく手がボロボロだった。

ハンドクリーム塗ってあげたり、
俺が会社終わってから家に行って
ご飯作ってあげたり(A子が料理苦手だった)。
自分で言うのもなんだけど、結構尽くせてたと思う。

A子も俺のために頑張って料理してくれた日もあったし尽くしてくれて
今考えてもめっちゃ幸せだった。
お互い時間がある日は一緒にいて、
頻繁にA子の家に通ってた。

だけどある日、A子から連絡が来なくなった。
電話しても出ないしメールも返ってこない。
家に行っても留守。

ありゃーこれはフラれたんかーとか思ったけど、
そんなことしないよなって考え直して何回か家まで行ってた。

1か月後ぐらいにA子の家に行ったとき
めっちゃやつれてる感じの知らないおじさんが出てきた。

497バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:39:32.15ID:???
俺「あれ?どなたですか?」
おじさん「悪いけど…君も誰かな」

俺「すいません。前にここ女の子が住んでて
急に連絡取れなくなっちゃったんで…」

ぐらいまで話したら
そのおじさん、めっちゃうぉんうぉん泣いちゃって俺あたふた。

部屋まで入れてあげて気付いたけど
A子が住んでた部屋のまんまだった。

そのおじさん、A子のお父さんだった。

俺が連絡取れなくなったとき
A子は事故にあって亡くなったそう。
俺と付き合ってるの知らなくて連絡できなかったらしい。
その日はA子の荷物を片付けに来たと言っていた。

お父さんが泣きながらA子の事故について話してくれた。

A子を轢いたおっさんは飲酒運転してたら居眠りしちゃったらしく、
A子を轢いたことにも気づかなかったらしい。

なんかもう怒りとか悲しみとか通り越した感情になって、俺も泣いた。
お父さんと二人でずっと泣いてた。

498バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:40:55.67ID:???
なにかできることがないかと思って、
A子の実家にたまに行って仏壇に手を合わせたり、
お父さんお母さんとも何でも話した。
俺の家のペットの話とか、とにかく何でも話してた。

だけどA子のお母さんはA子を亡くしたショックで
精神障害になり、その後首をつって亡くなった。

お父さんは奥さんと娘を亡くし、
からっぽになったみたいに話さなくなって、その後入院した。

なんていうか、A子を轢いたおっさんは、
A子の家族もころしたんだと思った。

A子がいっつもご両親のことを楽しそうに話して、
仲がいい家族なんだなー幸せそうだなーって思ってた。
だけど全部壊れた、というか壊された。

もう何年も前のことだけど、
いまだに思い出すとどうしようもなく怒りで手が震える。

だけど、もしかしたら俺がA子の実家に通うことで、
色々思い出させちゃったんじゃないか、と思う。

なんか俺の中では解決してないし、
することもないだろうけど、どこかに吐き出したかった。
付き合ってくれてありがとう。長文駄文ですまんかった。

499バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:43:14.31ID:???
俺は何処にでもいるもてない大学生で、
この前のバレンタインもどうせチョコもらえないんだろう、と思ってたんだ。

で、バレンタイン当日に大学の講義終わったあとに
友人数人連れて自分のアパートに帰ったんだが、
何か俺のアパートの部屋の前に
丁寧にラッピングされた箱が置いてあるのよ、俺宛で。

最初はバレンタインってこと事態忘れてたからなんだかわからなかったんだが、
友人の一人に「それチョコじゃねぇ?」って言われて
ようやく「あぁ、今日バレンタインだったなぁ」て思い出したんだよ。

でその友人が続けざまに

「俺の経験から言うとそのラッピングの仕方は本命だな」

とか言うんだよ。

そいつかなりモテる奴だったから俺も

「こいつが言うんだから間違いない!本命チョコだ!」

って舞い上がっちゃってさ、
嬉々として友人達の前で空けてみたんだ。

中身は丁寧に作られたチョコレートケーキ。
ただしど真ん中にホワイトチョコか何かで
「義理」って馬鹿デカく書かれた…

この時点で俺は何処かの馬鹿のイタズラだろうと考えるべきだったんだ、
だけど初めての本命っぽいチョコだったから
完全に舞い上がっちゃってて、

「照れ隠しに義理と書いたに違いない」

とか勝手に思って友人達とそのケーキを食べることにしたんだ。

一口食べて、口に甘さが広がったと思ったら直後に謎の激痛。
針か何か入ってたのかと思ったけど、
別に食感は変じゃなかった。

本当に口が焼けそうに痛くて、
一緒に食べた友人達も皆泣きながら悶えてて、
収まるまで大体1時間くらいかかったと思う。

一体何が入ってたんだろう、毒なのだろうか・・・
とにかく食べた次の日も腹が痛いわ尻が痛くて
トイレで死ぬような思いするは滅茶苦茶だった。
皆もバレンタインには気をつけろ

長文乱文スマン

500バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:45:25.65ID:???
闇に葬られたって話。

サイパンのとある岬のゴルフ場の近く、石切り場に続く道の傍らに
とあるモニュメントが建ってる。
そこで供養されてんのは日本人のツアコン。

その場所は彼女のタヒ体が見つかった所らしい。

でも、日本じゃ誰もその話を知らない。
サイパン人が「日本人が来なくなったら貧乏になるから」って
日本政府に泣きついたから。

それで何も知らない日本人どもは相変わらず金を落としにサイパンへ行く。
一般人なんか1人くらい殺されても揉み消されちゃうんだね。

501バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:47:09.01ID:???
猟奇っていうのとはちょっと違うと思うんだけど…

ヤク中だとは知らずに付き合っていた現地人の友だちに
いつものように飲みに行こうと誘われて車に乗ったらしい。

途中で気付いて騒ぎ出したら車の中で首を絞められて
すごい辺鄙な岬の方へ連れてかれて、
それでもどうにか車から逃げ出したら
追い掛けて降りて来たそいつが
両手で持った石で頭を殴りつけたんだって。

で、血ダラダラ流して呻いているその人を
現場の草むらの中に投げ出して逃げたんだって。
クスリ買う金が欲しかったらしいよ。

で、怖かったのはその後。

その場所、地元の人なら皆知ってるらしいんだけど、
野犬の群れがいっぱいいるとこらしいのね。

もちろん犯人もわかってて証拠隠滅を謀ったってことらしんだけどね。

見つかった時、上半身は骨に肉片がちょっぴりついてるだけ、
下半身はチノパンの厚い生地の覆ってる所を残して
やっぱり骨に肉片。

チノパンに守られた腰回りは布の中で腐ってて
頭部にいたっては首から持ってかれて、
ちょっと離れたところで
脳漿と長い髪のついた皮膚の一部が落っこちてて、
顔はめちゃくちゃに犬に食われて誰だかわかんなかったらしい。

呻いてたってことは
死ぬ前に犬に囲まれたのわかったのかなあと思ったら、
どんなに怖かったろうって…なんかかわいそうで怖くって…
そんな思いしたのに誰にも知られずに葬られちゃったのかなあ、その人
って思ったら、なんか悔しくなった。

人伝に聞いた話だし、
英語ちゃんと読めないから詳しくわかんないんだけどね。
長々とカキコすいません。

502バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:47:52.66ID:???
うん。全然知らないでしょ?
でも現地には慰霊塔みたいのもあるらしく…
殺されたのが日本のちゃんとした旅行会社の現地ツアコンで
殺したのがどうやらあっちの政府観光局の日本窓口の役人だったらしくて

「やばいとこだ」

って噂になるのを恐れての箝口令って聞いたんだけど。
報道されなくて知らない事っていっぱいあるんだろうなあと思うと怖い。
北朝鮮とか戦前とかと結局変わってないってことなのかね。

503バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:49:43.66ID:???
ももちゃんとあかねちゃんって児童書が小さい頃家にあって
その本が大嫌いだった



シリーズがある児童書なんだけどその巻は結構ハードで
妹が生まれてお姉ちゃんが我慢するとか
保育園に預けられるとか親が離婚するとかそういう寂しい章で

よく考えても考えなくても自分と状況がそっくりでさみしくなるばかりで
何もいいこと無い

後味が悪いのは、
うちは小さい頃から母親と会話もスキンシップも何もない
毒親家庭だったんだけど
そのあかねちゃんシリーズでも
その部分だけ買い与えて何度も読ませた挙句
何も話さず全てを理解しろみたいな圧力ばかり感じてた

その上保育園で親が進級の時に書く
子供の好きな本ってところでそれを書いてたこと

自分は幼かったんだけど
凄い親の作為みたいのをひしひし感じてこの本思い出すと後味が悪い

あと毒親育ちの子は
これと同じ経験をしたことがあるみたいでなんか虐待親は
同じこと考えるんだなって思ったのも後味悪い

504バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:51:23.10ID:???
数年前にアジアのある国に旅行行ったんだけど、
後ろから突然ストリートチルドレンにアタックされて鞄持って行かれた。

いきなりだったんであっさりやられたんだけど、
多分そんなに大切なものは入ってなかったと思う。(着替えとかかな?)

その子供はしばらく通りをまっすぐ走った後に
角で曲がって消えたんだわ。

追いかけようと思ったけど他にも荷物あったし、
走って追い付けそうにもなかった。
しかも周りの現地人も見てみぬフリだったんで俺も諦めてた。

そんでホテルに戻ろうと考えていたら、
現地人の中から1人のおっさんがこっちに近付いてきて、

「5000円(日本円で言うとそのくらい)と
昼飯奢ってくれるなら荷物取り返してきてやる。」

って英語で話しかけてきた。

なんか怪しいなと思ったけど
鞄取られっぱなしも癪だったので無言で頷いて見せた。

505バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:52:49.43ID:???
そしたらそのオッサンはダッシュで
道をまっすぐに走って子供が曲がった角を曲がって消えていった。

その頃にはもう子供も消えてたし、
どう考えても追い付けないだろなんて考えつつ、
まだ報酬も渡してないので
このままオッサンが戻ってこなくても別に良いかと思い、
気楽に待ってみることにした。

5分くらい待ってたら、
突然曲がり角の向こうで銃声が何発かして、
これヤバいやつだと思って逃げようとした。

でも、周りの人は一瞬音のした方を見ただけで
後は普通にしていたので、
すごく怖かったけどもう少しオッサンを待ってみることにした。

そうしたら割りとすぐにオッサンが荷物を持って帰ってきた。
どうやって取ってきたのか分からんけど、
とりあえず5000円渡して近くの店で飯を奢ってやった。

オッサンも上機嫌だったし俺も荷物戻ってきてホクホクだったから
銃声のことも忘れて軽く談笑してたんだけど、
ふとその事を思い出してオッサンに聞いてみた。

506バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:54:05.24ID:???
そしたらそのオッサンはダッシュで
道をまっすぐに走って子供が曲がった角を曲がって消えていった。

その頃にはもう子供も消えてたし、
どう考えても追い付けないだろなんて考えつつ、
まだ報酬も渡してないので
このままオッサンが戻ってこなくても別に良いかと思い、
気楽に待ってみることにした。

5分くらい待ってたら、
突然曲がり角の向こうで銃声が何発かして、
これヤバいやつだと思って逃げようとした。

でも、周りの人は一瞬音のした方を見ただけで
後は普通にしていたので、
すごく怖かったけどもう少しオッサンを待ってみることにした。

そうしたら割りとすぐにオッサンが荷物を持って帰ってきた。
どうやって取ってきたのか分からんけど、
とりあえず5000円渡して近くの店で飯を奢ってやった。

オッサンも上機嫌だったし俺も荷物戻ってきてホクホクだったから
銃声のことも忘れて軽く談笑してたんだけど、
ふとその事を思い出してオッサンに聞いてみた。

507バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:56:48.11ID:???
オッサン曰く、銃で人が襲われるのはそんなに珍しいことでもないらしい。

そこはスラムの近くだから、そういうことが起こっても
警察もまともに取り合わないんだそう。

そんな感じの話を少しした後に、
オッサンは用事があるから帰ると言い出して立ち上がった。
そしたらオッサンのズボンのポケットに
日本の警察が使ってるような小さな拳銃が入ってるのを見てしまった。

民間人が拳銃持ってるのなんて初めて見たから
ビビって何も言えなかったけど、
オッサンはニコニコしながら礼を言って立ち去った。

その後帰り際に自分とオッサンの食事代を会計しに行ったら、
店員のオバさんに

「ああいう人もいるから気を付けてね。」

と小声で言われた。

その時は意味が分からなかったけど、
今にして思えば銃声や短時間で荷物を持って来たことを考えたら、
もしかしたらあのオッサンは子供を撃ったんじゃないかと思ってしまう。

違う可能性も勿論あるけど、
もしそうなら俺が頼まなければ
子供は撃たれなかったかもしれないと考えたら
凄く後味が悪かった。

しかも平気で子供を撃つオッサンとか、
何事も無かったかのように過ごしている
周りの人達に対しても後味の悪さを感じずにはいられなかった。

その後その国には1回行ったけど、
その時は特に何も無かったし至って安全でした。

508バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 22:59:56.73ID:???
自分が受験生のとき持ってた
参考書にのってた国語の小説が後味悪かった。

戦後の日本が舞台で、
主人公はお坊ちゃま学校に通う男子学生。

主人公の伯父は同じ学校で教師(鬼教師だった気がする)をしていたが、
なんだかんだで辞めさせられ
今はその学校で購買のおじさんとして働いている。

あるとき購買で買い物をすると、
伯父に優しく

「また遊びに来いよ」

と言われ気まずさから
次第に主人公は購買に行かなくなってしまう。

そしてしばらくして、
学校で学祭のようなものが開催されたときに
購買で伯父さんとその奥さんを見つける。

(奥さんは病気がちで元気がないにもかかわらず
夫のためと購買を手伝っている)

「おすすめのものは何?」

と誰かの母親が奥さんに聞く。

「たい焼きです。手作りなんですよ。」

「へぇ、手作りねぇ…」

その空気に耐えられず
主人公は奥さんにたい焼きください!と言う。

たい焼きを食べる主人公を見て、
友人が「それおいしい?」と聞くと主人公はうなずく。

友人も買って食べるが、
「なんだこれ餡子に味がない、不味い」と言う。
そして主人公の

「奥さんがつくったたい焼きだ。不味いもんがあるもんか。」

で終わり。

うろ覚えだし盛ってる部分もあると思う。
小説のタイトルは覚えてない…

509バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 23:01:17.31ID:???
夫の子供の頃の話。

ある日、新聞に折り込まれた広告を見ると、
近所に出来た電気屋さんの開店セールのチラシが入っていた。

そのチラシには
『開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布』
の文字が!

焼きそばが大好きだった彼は、
タダで焼きそばが食べられるのかと、
ワクワクしながら弟を一緒に電気屋の前まで行ったが、
電気屋の近くまで来た時に目にした光景は、
閑散とした客が誰一人としていない店頭で、
一生懸命呼び込みをしながら、
焼きそばを小さなホットプレートで焼きつづける電気店主夫婦・・・

子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので、
『焼きそば下さい』と店の前まで行く勇気が湧かず、
弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、
そのままそそくさと帰宅したそうです。

それから月日は経ち、電気屋は無くなってしまったそうです。

510バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 23:06:35.97ID:???
ほっとんど会った覚えのない
ばあちゃんが亡くなったから葬式に出る事になった。
母親のほうのばあちゃんで、
記憶にあるのは猫を抱っこしてニコニコしてたことくらい。
で、葬式会場に行こうとしたら、
会場じゃなくてばあちゃんの実家に行く事になった。
やっぱり田舎だからか古いけど立派な家で、
庭に鯉がいる池あるのを初めてみた。
玄関開けてご挨拶、と思ったらもうね、
すぐに「うわぁ」ってなったんだわ。
母親はハンカチ取り出して、
俺は我慢しながら家の人を呼んであがらせてもらった。
ぶっちゃけすぐに出て行きたかったけど、
失礼な気がして外の空気もすえなかった。
とにかく臭い。いや臭いとかいうレベルじゃない。
あんな臭い嗅いだ事なかった。
このときに「まさか・・・」とは思ったけど、まさにそのとおりだった。
ざっくり聞いた話だと、
ばあちゃんは長女で分家扱いなんだけど、
ばあちゃんの両親は本家の人。
でも葬式するのは本家の家。
この辺はわけわからないけど、なんかあったんだと思う。
親族に軽く会釈しながら、
母親と一緒に最後の別れを言いに行こうとイ体を拝みいった。

けどね、やっぱり臭いんだわ。
さすがに誤魔化せなくて、何度か嗚咽した。

母親も泣くフリでハンカチ使ってたけど、何度かやばそうだった。
で、遺体がある部屋に通してもらったら案の定、原因がソレだった。

ばあちゃんのイ体がとにかく臭い。
けど、入ってすぐに思ったのはそこじゃなかった。

顔にかける布が真っ黒だったこと。

よくみると布の端に金色の糸で刺繍があって、
それが刺繍の裏面だってのがわかった。

母親が吐き気か悲しいのかわからないけど、
涙ぐみながら布団のそばに座った。

俺もその隣に座ってしばらく黙ってたけど、
我慢できなくて聞いてみた。


「この布はなんで白じゃないの?」

母親は「知らない」ってそっけなく返したけど、
やっぱり悲しいみたいで声が震えてた。

臭いもキッツイし、二人きりにしてあげようと思って部屋を出た。
というかタバコ吸いたかった。ほんと臭いも布もキツかった。

511バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 23:12:11.99ID:???
のんびりタバコ吸ってたら、
いつの間にか来てた叔父さんも一服しにきてた。
世間話をしつつも、どうしてもあの布の事が気になって聞いてみた。

「叔父さん、ばあちゃんに会いました?」

「おーおー会ったでな。えらい小さなってたな」

「なんで顔にかける布が黒いんですか?」

そしたら叔父さんは気まずそうにしながら、
まぁいいかって教えてくれた。

「母さん、えらいくさかったやろ?あれな、わざとや」

そういって叔父さんがアゴで蔵のほうを見てるように促した。

蔵のほう見ると何の用か知らないけど、
明かりがついてて誰かいるみたいだった。

「母さんは分家扱いやろ。
だから黒い布なんや。それが家の習わしだそうでな」

分家の人には黒い布、
本家の人には白い布をかける。元々は見分けるためとか。

「布に刺繍があったのは?」

「あれはな、母さんの名前と、
何代目のどの親の子かっていうのが書いてある」

「なんで・・・そんなことを?」

「化けて出たらわかるようにと、
出たら対処できるようにって俺は聞いたなぁ」

512バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 23:13:16.89ID:???
ごめん気持ち悪くなってきたから端折ると、
黒い布に顔のシミができるまでイ体を放置するらしい。

だからヒドい臭いだったらしく、
その布は蔵の中に保存されるそうだ。
ちなみにやるのは分家だけ。

どういう経緯かは知らないけど、
そういう呪いみたいな習わしを今でも続けてるだと。

叔父さんが歴代のあるし
見てみるかっていうから興味本位で見たんだけど、
それがもうエグくてな。
古いものほど肉染みが濃いんだわ。

モノによっては顔の皮とか毛みたいなのもあって、
どれも人の顔ってわかる。

葬式なのにイ体が棺桶に入ってないのでおかしいと思った。
てかシ体そんな放置していいのかよって。

変な風習とは無縁だった分、
ウチが変な習わしの家系ってのがまた気持ち悪い。

俺も母さんもあの肉染みにされるのかなって思うとキツイ。
話まとまってなくてごめん。

513バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 23:22:06.91ID:???
あるカフェの誕生から閉店までの悲しいドラマを見た

旦那の転勤で数年前に引っ越してきた現住地は
田舎なのでカフェがなかった
喫茶店はあるけど、本当に喫茶店
朝から年よりの溜まり場で16時くらいに閉店

もしくは午後からカラオケ喫茶だかスナックだかわからない店に変わる
そんな田舎町に5年前、カフェができた

自宅から見える場所で改築工事が始まった
「○○cafe 近日オープン」と書かれていたので
私はオープンを楽しみにしていた

実際オープンすると、脱サラしたマスターが経営者
適度な距離での接客も心地よく、小洒落たインテリア、
充満するコーヒーの香り、私は常連客になった

平日は週3〜4回、土日は旦那と通った
近隣にcafeが一軒もなかったこともあり、そのcafeは繁盛して
土日はほぼ満席、平日も8割ほど席が埋まっていた

そして3年前のある日、私が一人でくつろいでいた午後
とある女性客が訪れた

「駐車場はあちらで合ってますか?禁煙席はどこ?」

と質問していたので、その時が初訪問
彼女は私の隣の席に座った

この女性、ものすごい強烈なワキガだった
濃厚なコーヒーの香りを打ち消すほどの威力
最初は「ちょっと臭いな」と思ったけど
数秒後に自分の体が緊急警報のサイレンを鳴らすほどの吐き気を伴う臭い
彼女に悟られないよう、慌てて退店した

514バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 23:23:55.03ID:???
あるカフェの誕生から閉店までの悲しいドラマを見た

旦那の転勤で数年前に引っ越してきた現住地は
田舎なのでカフェがなかった
喫茶店はあるけど、本当に喫茶店
朝から年よりの溜まり場で16時くらいに閉店

もしくは午後からカラオケ喫茶だかスナックだかわからない店に変わる
そんな田舎町に5年前、カフェができた

自宅から見える場所で改築工事が始まった
「○○cafe 近日オープン」と書かれていたので
私はオープンを楽しみにしていた

実際オープンすると、脱サラしたマスターが経営者
適度な距離での接客も心地よく、小洒落たインテリア、
充満するコーヒーの香り、私は常連客になった

平日は週3〜4回、土日は旦那と通った
近隣にcafeが一軒もなかったこともあり、そのcafeは繁盛して
土日はほぼ満席、平日も8割ほど席が埋まっていた

そして3年前のある日、私が一人でくつろいでいた午後
とある女性客が訪れた

「駐車場はあちらで合ってますか?禁煙席はどこ?」

と質問していたので、その時が初訪問
彼女は私の隣の席に座った

この女性、ものすごい強烈なワキガだった
濃厚なコーヒーの香りを打ち消すほどの威力
最初は「ちょっと臭いな」と思ったけど
数秒後に自分の体が緊急警報のサイレンを鳴らすほどの吐き気を伴う臭い
彼女に悟られないよう、慌てて退店した

515バカは氏んでも名乗らない2018/08/25(土) 23:26:10.83ID:???
この女性、私と同じようにこのcafeを気にいってしまった
店内に入ると、彼女が訪れたことがわかるほどの残り香
錯覚ではなく、開店時から満たされていたコーヒーの香りが
なんともいえない人体の変な臭いに変わった

マスターは換気の為、
真夏と真冬以外はドアや窓を開け放すようになった

夏と冬は彼女の車が見えなくなってから全部開けて換気していた
そしてトイレが地獄と化した

彼女が使った直後のトイレに入った女性客が
気絶して倒れて救急車で運ばれた

マスターに「入店をご遠慮いただいたら?」と聞いたこともあるけど
「お客様ですから・・・言えません」と悲しく笑った

そして彼女の初訪問以降、
明らかに客足は減っていった

私の方が先に常連だったこともあり、頑張って通っていたけど
そこに彼女はいないのに、
ドアを開けた瞬間に臭うワキガ臭に耐えられず
週1から隔週、そのうち月1に減っていった

彼女が来るまでの2年間、すごく人気で繁盛していたのに
彼女以外の常連客はほぼ全員離れ、
ガラガラの状態でそれから3年営業してたけど
この3月末で閉店したらしい

この田舎町は、またcafeのない町になってしまった

マスターは現在50歳前後だと思うけど、これからどうするんだろ
強烈なワキガは人の人生を狂わせるね・・・

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています