【匈奴】大月氏【漢】

1名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/01(金) 00:26:53ID:yaxBEclg0
匈奴と血みどろの死闘を演じた大月氏のスレ

2名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/01(金) 01:00:18ID:8ctQj7yK0
人種的にはどんな感じだったんだろうね?

3名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/02(土) 23:04:34ID:jmIgJ87G0
コーカソイド系もいたのかな

4名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/05(火) 06:20:40ID:N6VG2gvQ0
 月氏(げっし)は紀元前3世紀から1世紀ごろにかけて北アジア、中央アジアに存在した遊牧民族とその国家名。東西交易で
栄え、匈奴と対立し、敗れた後は西に逃れて大月氏と呼ばれるようになる。
 月氏の民族はチベット・モンゴル・トュルク・イランと諸説あり、はっきりしない。自身は記録を残さず、ほとんどが中国の史書に
よる記録が多い。紀元前3世紀ごろからタリム盆地に拠って東西交易を独占し、一時は匈奴を圧倒するほどの強勢となった。
 しかし匈奴に冒頓単于が立つと紀元前206年・紀元前176年と冒頓による攻撃を受けて、西のイリ地方に逃れる。この時に一
部は甘粛・青海に残った。中国の史書では、残ったほうを小月氏、西遷した方を大月氏と呼んでいる。紀元前162年に冒頓の
息子老上単于による攻撃を受けて、王が殺された。この王の首を匈奴は持ち帰り、頭蓋骨をくり抜いて、杯にしたと言う。
 敗れた月氏は更に西のソグディアナに逃れ、この地で大月氏は大夏を征服して大月氏国を立てて、中継貿易で大いに栄え
た。(この大夏はバクトリアのこととする説とバクトリアを滅ぼしたスキタイ系のトハラ人の国だとする説がある。)
 紀元前130年ごろに前漢の張騫が対匈奴の同盟を求めに来たが、すでに安住の地を手に入れた大月氏はこれを断った。
 1世紀初めごろから、トハラ人のクシャーナ侯が強大となり、クシャーナ侯が立てたクシャーナ朝がこの地を代わって支配する
ようになり、東西交易も支配するようになった。しかし中国はこのクシャーナ朝も大月氏と呼んでいた。
 中国への仏教の伝来についての説に紀元前2年に大月氏国王の使者伊存(いそん)が『浮屠教』と言う経典を伝えたと言うも
のがあり、これが諸説の中でもっとも早いものとなっている。

5名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/07(木) 14:35:02ID:LLssZ0AR0
オアシス都市国家の連合体みたいな感じ?

6名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/16(土) 23:59:12ID:1crxYZKJ0
>>3
今のアフガン人あたりと同じような感じかな?

7名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/19(火) 23:55:52ID:sYvBvphZ0
>>4
西遼とかと似た感じだね。
東から西に追われて、新しい国を建てたあたり。

8名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/21(木) 00:07:26ID:U4u6U/CM0
パキスタン〜バングラディッシュにも通じるような?

9名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/21(木) 11:16:43ID:Ph73ZbEd0
中国の北方から西域にかけての、古代の民族が、
どんな人種だったのか興味深いね。
今とはだいぶ違っていただろうし。

10名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/21(木) 13:47:17ID:MbLIK6RK0
大月氏の正体は、スキタイ系のサカ人だろう。
特に、中央アジアからイランにかけてのサカ人の伝承は古いからな。
6000年前にはすでに強大な騎馬軍団を形成して、ギリシャ、インド、ペルシア辺りを荒らし回っていたらしい。

大月氏は多分サカ人の末裔の一派だろう。

11名無しさん@お腹いっぱい。2006/12/25(月) 16:08:40ID:JZsaPP1x0
パルティアの側から見た大月氏ってどんな感じだったんだろう?

12名無しさん@お腹いっぱい。2007/01/11(木) 23:23:40ID:z2Cr7Hb00
安息ことパルティアも、500年近く続いていて、
かなり長く栄えた王朝だね。

13名無しさん@お腹いっぱい。2007/01/14(日) 00:57:21ID:h1BWlmpQO
>>12
ローマとは幾度も抗争を繰り広げた名ライバルだね

14名無しさん@お腹いっぱい。2007/01/20(土) 22:28:02ID:v/ODXrh/0
ローマは研究も進んでいて、かなり馴染みがあるけど、
パルティアは馴染みがないなあ。

15名無しさん@お腹いっぱい。2007/02/02(金) 23:50:36ID:IZtifpwf0
ササン朝の方が印象強いかな。
パルティアは、ローマとの関連でしか連想しないし。

16名無しさん@お腹いっぱい。2007/02/08(木) 12:25:02ID:M8oit8+C0
河西には小月氏も残ったよう

17名無しさん@お腹いっぱい。2007/02/08(木) 17:46:27ID:sjp9EfMl0
【ハニャーン心経】

とにかくみんな空(クウ)なにょな。そう思えばつらいことも何もないにょだYO!
モノが在ると思ってもその実体は無いわけだし、
実体が無いようなモノも在るように見えるものだにょ。感覚知覚するのもそういうもにょなの。
とにかくモノ・感覚・知覚、みーんな実体がないわけだから、生まれもしない滅びもしない、
汚くもならない浄くもならない、増えもしない減りもしない、当たり前の話だゴルァ。
実体がなく変化も無いんだから、縁起なんて表面的なこと、実体など無いわけでして、
無明がどうとか老死がどうとか、もう言うだけ無駄。悟りとか悟りを得るってことも無かったわけだ。
こう思えば何にも考えなくてすむし、考えないから怖いものナシ。
考え違いもないからもう究極だあーヽ(゚∀゚)ノアヒャ 。
ブッダというのはみーんなこんな風な修行をしたわけで(ホントか)、
それで究極の悟りを得たと(なんだ結局得たのかよ)。
まー智慧の修行ってこういうわけのワカランものだから、
もまえら愚民たちは最強のマントラとしてこのお経を繰り返し唱えるぐらいが関の山ってわけだ。
じゃあ唱えるぞ。
「逝ってよし、逝ってよし、もまえらみんな逝ってよし。漏れもなー」
ハニャーン心経

18名無しさん@お腹いっぱい。2007/02/10(土) 23:59:32ID:q7om0rGq0
>>9
移動する過程で混血が進んで人種も変わったんじゃなかろうか。

19名無しさん@お腹いっぱい。2007/02/26(月) 16:14:17ID:THGhnWx10
トルコも元は突厥也

20名無しさん@お腹いっぱい。2007/03/04(日) 23:59:42ID:X6vs+Uuq0
遊牧民は国も移動するんだよな。
定住民国家には考えられない。

21名無しさん@お腹いっぱい。2007/03/10(土) 23:16:18ID:YRiHeE1N0
小月氏の方は、漢民族とかに吸収されちゃったのかな?

22名無しさん@お腹いっぱい。2007/04/09(月) 09:27:31ID:pOag7Fkq0
月氏 月氏

23名無しさん@お腹いっぱい。2007/04/09(月) 14:05:45ID:0U9nnT6P0
クシャーナ朝もそうだったような

24名無しさん@お腹いっぱい。2007/05/17(木) 18:50:11ID:sQfGr5rN0
何ちゅうか、イランからインドあたりにかけての歴代王朝も、
北方の、中央アジアから来襲する遊牧民の脅威に悩まされていたあたり、
中国と共通しているね。

25名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/02(土) 09:15:12ID:ok2nxA5M0
元は北方の遊牧民が建てた国が多いあたりも

26名無しさん@お腹いっぱい。2007/07/08(日) 07:59:04ID:WhgwOPvY0
中国の場合は、モンゴル高原
イランの場合は、アラル海周辺

27名無しさん@お腹いっぱい。2007/08/17(金) 13:44:03ID:nOqB6/yK0
クシャーナ朝と漢朝はどれぐらい人の往来があったんだろう。

28名無しさん@お腹いっぱい。2007/11/01(木) 23:01:43ID:l6au9Yp+0
>>24
その遊牧民が征服王朝を立てるも、
その地の文化に同化されてしまうあたりも似ている。

29名無しさん@お腹いっぱい。2007/11/01(木) 23:26:00ID:MXbvETFD0
インドに軸足を移す前のクシャン朝の首都を発掘したところ、
クシャン朝人の彫像はほぼコーカソイドの容貌をしていたそうな。
月氏はイラン系の人種であったことは間違いないだろう。
対して、匈奴の人種は良く分からぬ。ま、種々混ざってたと思うけど(見かけはあまりに気にしないのが遊牧騎馬民族)。

30名無しさん@お腹いっぱい。2007/12/29(土) 13:22:14ID:RRANy7mo0
中国の近くにいた頃からコーカソイド中心だったんだろうか。

31名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/12(土) 19:04:03ID:v+UYrKFK0
匈奴とか広い範囲で活躍した民族はいろんな種の連合体のような感じじゃないかな

32名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/12(土) 21:52:49ID:2Z8AQ1gx0
タイムマシンで見に行ってみたいな、この時代の諸民族の顔立ちを。

33名無しさん@お腹いっぱい。2008/10/28(火) 02:44:33ID:gSTnJkXl0
漢って武帝以前は匈奴の属国で以後も姻戚関係にあった混合王朝なんでしょ?

34名無しさん@お腹いっぱい。2008/10/28(火) 13:17:07ID:IsinimxNO
>>27
クシャーナ朝の場合はローマとのつながりの方が大きいだろ
香料を原価の1000倍ぐらいに吹っかけてボロ儲け
ローマの金貨がザックザック
それでもローマ商人は郷里に戻って香料売ればかなりの儲け出した
でなかったらローマ商人がわざわざ危険な航海してインド、果てはベトナム南方オケオまで行かんもなあ

35名無しさん@お腹いっぱい。2009/10/24(土) 16:04:40ID:LMeMh7q70
大月隆寛のことかと思った・・・。

36名無しさん@お腹いっぱい。2009/11/03(火) 11:44:56ID:/Gb4iJp40
testestes

37名無しさん@お腹いっぱい。2009/12/13(日) 01:38:40ID:cSm/Jh1Z0
朝鮮に月氏国ていうのがあったような。
あれはなに?
日本には渡来していないのか?

38名無しさん@お腹いっぱい。2009/12/13(日) 03:10:30ID:cv/rnTXPO
山梨になかったか?

39名無しさん@お腹いっぱい。2009/12/14(月) 08:30:42ID:Sfy3abK2O
国破れて山河あり城春にして草木ふかし…大月氏もインドで埋もれて民族的痕跡が不明になったが憂えるのは止めよう、大局的に考えれば民族問題に勝利も敗北も無い

40 【16.1m】 電脳プリオン2012/05/12(土) 21:33:16.35ID:nxAaB8/c0?PLT(12079)
日本人っぽい名前

41名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/16(土) 23:20:42.66ID:JDM1p1Mk0
一年以上レスないんかよ

42名無しさん@お腹いっぱい。2014/03/02(日) 09:43:51.53ID:Yza1K0JR0
2014年名古屋大学(前期)世界史問題
http://nyushi.yomiuri.co.jp/14/sokuho/nagoya/zenki/sekaishi/mon2.html

43名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/09(日) 17:15:27.88ID:HtQ/cFlF0
>>37
馬韓の月支国のことかな。あれは月支じゃなくて「目支」の誤写らしいね。

44名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/17(月) 21:44:30.08ID:mE5SD9Zv0
ほんと過疎板やね

45名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/21(金) 22:25:24.09ID:2JAtQ3190
大月氏はクシャンに乗っ取られて消息不明。
その後のトカラ国になったような気がしないでもない。

46名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/27(木) 21:21:39.20ID:p7T2KK9m0
侮蔑的な漢字を使っていないし、秦や漢は月氏とつながりがあったのだろう。
クシャナを経た後、昭武九姓の時代になるとカブーダンが漢字表記では曹国となったが
こんなメジャーな中国人の姓を異国につけるのはおかしいしな

47名無しさん@お腹いっぱい。2015/10/22(木) 05:18:21.07ID:hTmbjf8e0
面白いスレだ〜

大秦帝国と月氏のつながり ありそう

48名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/06(日) 20:45:19.13ID:5SsZ9Nsm0
大月氏(おおつきし)

49hanasakari2017/01/10(火) 21:10:51.69ID:4VtkyDYc0
>>4 (げっし)違う大月氏読んは(だいげっじ)で(・_・;
>  月氏(げっし)は紀元前3世紀から1世紀ごろにかけて北アジア、中央アジアに存在した遊牧民族とその国家名。東西交易で
> 栄え、匈奴と対立し、敗れた後は西に逃れて大月氏と呼ばれるようになる。
>  月氏の民族はチベット・モンゴル・トュルク・イランと諸説あり、はっきりしない。自身は記録を残さず、ほとんどが中国の史書に
> よる記録が多い。紀元前3世紀ごろからタリム盆地に拠って東西交易を独占し、一時は匈奴を圧倒するほどの強勢となった。
>  しかし匈奴に冒頓単于が立つと紀元前206年・紀元前176年と冒頓による攻撃を受けて、西のイリ地方に逃れる。この時に一
> 部は甘粛・青海に残った。中国の史書では、残ったほうを小月氏、西遷した方を大月氏と呼んでいる。紀元前162年に冒頓の
> 息子老上単于による攻撃を受けて、王が殺された。この王の首を匈奴は持ち帰り、頭蓋骨をくり抜いて、杯にしたと言う。
>  敗れた月氏は更に西のソグディアナに逃れ、この地で大月氏は大夏を征服して大月氏国を立てて、中継貿易で大いに栄え
> た。(この大夏はバクトリアのこととする説とバクトリアを滅ぼしたスキタイ系のトハラ人の国だとする説がある。)
>  紀元前130年ごろに前漢の張騫が対匈奴の同盟を求めに来たが、すでに安住の地を手に入れた大月氏はこれを断った。
>  1世紀初めごろから、トハラ人のクシャーナ侯が強大となり、クシャーナ侯が立てたクシャーナ朝がこの地を代わって支配する
> ようになり、東西交易も支配するようになった。しかし中国はこのクシャーナ朝も大月氏と呼んでいた。
>  中国への仏教の伝来についての説に紀元前2年に大月氏国王の使者伊存(いそん)が『浮屠教』と言う経典を伝えたと言うも
> のがあり、これが諸説の中でもっとも早いものとなっている。

50名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/02(金) 13:22:20.78ID:SwYp+2180
やはり中国人は日本人とは違うね
脚が長くて背も高い昔コーカソイドに塗れた事はあるわ
色も白くて
関西は中国人だらけなので後ろ姿でも日本人と比較してよく分かる

51名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/13(金) 22:18:42.68ID:AWEoPDwg0
匈奴は、本人。匈奴は華夏人であって、樞。匈奴はギャド。つまり、ガド族。

これをフン人と言ってしまう人がいるのだが、フン人は、百済人。
燕、鮮卑が白狄。このフン人が、朝鮮トルコ人。東湖の一種で戦犯。

大月氏は日人の一種で、ダン族。ダビデの系統のヨーロッパ人。
漢は、ダン族と出自が似てるが、コーカサス要素が強い華北のアオルシ。アラン人。アラン人は、日人。

52名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/13(金) 22:32:50.27ID:AWEoPDwg0
アラン人は、漢人である前に、晋人。仏教徒であり和人。

烏桓 (JAGAN、UGAN)が日本らしさと勘違いされやすいのだが、
野蛮(YABAN)の類で、匈奴に日本人の何たるかが全てある。

apaがapar、avarであるからである。apaとはopiumであり、鴉片がJAPANであり、日本国旗の象徴である。
鴉片の華が、匈である。

新着レスの表示
レスを投稿する