【金陵】 紅楼夢 【十二釵】

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1名無しさん@お腹いっぱい。2007/05/03(木) 23:19:05ID:ijPkdv6l0
紅楼夢は、清朝の乾隆年間、曹雪芹によって書かれた長編古典小説の傑作。
三国演義、水滸伝、西遊記と共に中国の代表的な古典小説に数えられる。
古くからその熱烈な愛好者は数多く、紅楼夢を専門に研究する学問は紅学と呼ばれるほど。
別名は、石頭記。

853名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/11(木) 20:03:56.54ID:/jmu8DGh0
自分もろくに読みきれてなかったので思い違いがあったらすみません
黛玉が超健康的完全無欠でハルヒ?みたいだったとしても私は好きになっていると思う
なんとなく結婚式ぶち壊して宝玉ぶちのめしてほしい
花葬してるのとか好き です

854名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/12(金) 20:55:42.72ID:IfkjnbcM0
初めの方は黛玉視点で物語が展開するから
そこで感情移入しちゃうんじゃないかな
いい加減情が移ったところにライバルとして宝釵登場だし
途中までは黛玉は宝釵嫌いでしょ

855名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/13(土) 10:10:04.68ID:5yX68u750
>>851です ありがとう
宝釵はたしかに出木杉優等生で別の意味で可愛げないが
後半になるほど黛玉が嫌いになるんだよね
結婚式のあたりではすでにウンザリ
他の訳で読んでみるわ

856名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/15(月) 15:03:51.61ID:wl6EJp/L0
>>855
お化粧や飾り物に興味がなかったり、
宝釵も十分、変わり者ですよ。
頭良すぎな女の子たちの発言をピックアップ
して萌えられたら、幸せかなと拙者は存じます。

857名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/17(水) 11:23:17.19ID:LqNWB58Y0
世界三大ミステリーという表現が
日本だけに存在するけれど

本作を加えて四大ミステリーと
思いたい

858名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/17(水) 13:52:27.47ID:nwl3fvc80
中国三(四)大奇書と言われたりしてますね
金瓶梅と出たり入ったり
本家の国で昔流行したらしい同人誌を読みたかった
今もあるのかな PC?ギャルゲーム的な物は昔見た

859名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 07:45:28.90ID:ztpqV+1N0
西遊記と水滸伝ですか、あと2つは。

8608572018/01/19(金) 11:20:38.47ID:RAqPXnFg0
>>858-859
申し訳ない。「ミステリー」ではなく「ファンタジー」の間違い。
「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並ぶ存在に見える。
中国の古典もので、時代設定そのものを
ぼかしているのは、他にあったのだろうか?
リアリスティックに見えて、夢の世界とか、鏡の向こうの世界とかを
前提にしているし、文明の爛熟の極みともなると、現実がファンタジーと
混淆するような描写になるんだな。

861名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 21:56:38.68ID:XWGQuqdE0
だいたい、実在の時代と関連付けている気がしますね。
平妖伝にしたって、聊斎志異にしたって、剪灯新話にしたって。

862名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/23(火) 10:01:35.52ID:BFffD/wh0
紅楼夢就是中国夢

863名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/30(火) 09:57:28.31ID:GCYZm/D60
漢詩って爺さんのイメージがあるけれど、
高校漢文の授業で、金陵の女の子たちの
作品を萌え画像付きで紹介したら、
進学校あたりで、将来の紅迷や詩作者が
誕生しそうじゃない?

864名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/30(火) 21:42:07.30ID:l2Iesywl0
そういえば、高校の漢文の授業で、一番時代が下った題材はなんだろう。
記憶では唐代くらいまでのような気が…

865名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/02(金) 10:26:47.26ID:BQBrBBrl0
トランプさんの孫娘アラベラちゃんが、紅迷となって

真真国の女子コスプレする日を願いたい。

清代では満洲旗人の女子に、男装好きが結構いたらしいけど、

史湘雲の影響だろうか?

866名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/03(土) 09:19:02.03ID:n2sdpNKl0
男装で女が顔出していけないところに出かけるみたいなのを
中国ドラマでよく見かける

867名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/07(水) 10:06:34.21ID:FImRJiIX0
男装満洲女子の最後にして最高の有名人が
川島芳子さんか

868名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/13(火) 11:41:58.56ID:2Tc7M7hv0
今は亡き尾崎豊が漢詩の愛好者だったけれど、
紅楼夢には興味がなかったのかな?
彼が宣伝してくれていたら良かった

869名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/13(火) 13:17:02.57ID:6Q7BfOrC0
ひっそり楽しみたい
廃れ絶えるものでもないし
うるさく騒がれたくない気もある

870名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 11:52:13.66ID:b9bLuufd0
同感。こういうのは好きじゃない。宝玉もそう思うはず。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2010-05/30/content_20147862.htm

871名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/26(月) 15:13:57.05ID:Ji8Uo7l20
すごいもの見つけた

https://www.youtube.com/watch?v=Zv5o0Q3FUxM

872名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 15:06:55.49ID:PCR254oq0
>>871
中国の子役すげえ
史太君がちょっとだけ福原愛ちゃんに似てる

873名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 20:15:11.94ID:zNdicwKX0
ばあちゃんも子役かww

劉ばあさんのシーンは80年代のドラマを参考にしてないか?

874名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/09(金) 11:35:51.85ID:W7Yvye7K0
そういえば黛玉は一人旅で揚州から北京まで
大運河を伝って、旅してきたんだよな。
あの時代では、結構危ない橋を渡ったんだろうに。

875名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/09(金) 21:49:51.15ID:wXYa5tMa0
一人じゃなくて雨村にくっついて来てたんじゃないかな
雪雁も連れてきてたし

876名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/10(土) 14:15:35.80ID:Nq9BhT190
揚州と聞くと清の軍隊による大虐殺を
イメージしてしまう。
でも作者はそこまで意識してないよね?

877名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/10(土) 22:39:55.29ID:R/foqVft0
黛玉の出身は杭州じゃないの?
なよっとした江南美人の産地

878名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/31(土) 16:43:07.32ID:xuGyn87x0
康熙帝については
原作者はレスペクトしていたはずだね

879名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/03(火) 10:29:36.03ID:vGNATVgw0
黛ちゃんには冬の北京の寒さが
さぞ堪えたんだろうな。
モンゴル草原なんて連れてけないな。

880名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 14:30:13.96ID:/MHY+l8i0
王照君は結構タフだったんだな

881名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 21:17:19.87ID:lhBN+2i60
北京は夏も40℃越すからな

882名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 09:27:22.11ID:4BT1SLse0
京都よりひどいっすね。

883名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/12(木) 16:47:13.61ID:50+NHfnB0
漢詩の愛好者といえば、高杉晋作

884名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 11:21:22.67ID:y/qowvi60
その年代は、ある種の階層では基礎だからなあ

885名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 09:59:40.68ID:AEjL8Id30
紅楼夢の人気について
中国国内とかで地域差は
あるのかな?
少数民族の集住地域とか
別として。

886名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 05:03:32.07ID:oJ8OgCQd0
金陵って、南京?

887名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 10:23:56.38ID:yKf4A2lw0
南京の美名です。

広東語で吹き替えた紅楼夢は
ムードが変わりそう。

888名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 19:57:04.43ID:PwrZdYKC0
うへー。

でも香港をホンコンと読まずにシャンガンって言われたときはわかんなかったっす。

889名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/18(金) 11:12:21.64ID:CG0YorSn0
曹雪芹が年齢的に少なくとも
単独の作者ではないと
思ってたら、HP「紅楼夢雑録」でも
論証されていました。
日本の研究者の方々はどう
受け止めてらっしゃるのでしょうか?

890名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 13:30:07.28ID:21UpMF4C0
なるほど。
高なんたらさんが手を入れたり続刊したりする話とは
また別のレベルの作者像の話ですね。

それにつけても、おねショタ希望。

891名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/13(水) 10:05:51.42ID:6QwLgbrm0
湘雲ちゃん視点の紅楼夢を見てみたい

892名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/13(水) 16:41:51.81ID:yWmLSRK10
湘雲はずっと宝玉たちと一緒にいるわけじゃないから

893名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/17(日) 15:44:18.45ID:Q+WxQe1B0
やっぱり湘雲ちゃん視点の紅楼夢を見てみたい。
大観園の栄華の前後も含めて。
二次創作も兼ねて。詩馬鹿で哲学少女で男装スキー。
現代日本の名門女子高にも馴染みやすいキャラ。

894名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/17(日) 20:21:48.30ID:JD1C2yCX0
日本では出てないけど
中国で紅楼夢研究をしてて、80回以降をオリジナルで書いた周玉清という方が
十二釵一人一人の物語を書いてて、そこに湘雲の物語もある
中国書の通販サイトとかで見つかるかもね

895名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/19(火) 11:08:15.25ID:s8d4+UoV0
>894
thanks !

896名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 10:15:38.20ID:Mqk5Qt7F0
中国豚死ね!!!!

897名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/04(水) 11:01:17.87ID:mR33lOm00
>896
モンゴル好きの方ですか?

898名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/17(火) 09:57:23.92ID:bdJrfs5Q0
黛玉も宝釵も宝玉と一字を共有しているが、
立派な縁ではあっても、兄弟関係みたいで
近親相姦的な感じを中国の人たちは感じないのだろうか?

899名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/22(日) 13:10:48.96ID:ZnIIajtv0
同姓だったら気にするでしょうねえ。

900名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/22(日) 16:56:53.73ID:vzQ+glYs0
姓が違えば問題ないんだよね、確か。

901名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/19(日) 17:59:39.85ID:+G9ETbXq0
じゃあ母方の従姉妹とは結婚できる…?

902名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 11:08:24.92ID:eh2T2bs80
流れブッタギッテすいませんが
湘雲が再婚でもいいから
柳湘蓮と結ばれてほしかった。
一字を共有しているのも
兄が妹を守るみたいでカコイイ。
宝玉には無理だ。

903名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/07(金) 10:31:39.22ID:bxCbwsGR0
むしろ武芸を教えてやってほしい。
纏足じゃないんでしょ?
87版紅楼夢の最終回は悲しすぎた。
男に媚びずとも生きていくだけの才能が
あるのに。黛ちゃんと違って、蒲柳の質じゃ
ないはずだし、強い女として生きて欲しかった。

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する