【海賊?】 倭寇 【貿易商?】

1名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/27(水) 13:12:09ID:0vq06EOI0
その正体についていろいろと不明な点も多い倭寇について語りましょう。

51名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/14(月) 23:55:37ID:1hshPL3p0
済州島のモンゴル人の親分と騎馬軍団に、
対馬や松浦の日本人も加担、

ってことはないか。

52名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/28(月) 23:23:48ID:GFbGF8y10
北九州の海賊とモンゴル人って敵対しているんじゃなかったっけ?

53名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/07(木) 23:13:06ID:tkkbL20w0
利害が一致さえすれば、手を組むもんさ。

54中国人の英雄2008/02/08(金) 01:40:01ID:36PI7dOk0
靖国で参拝老人襲った中国人 現地ネット上で「英雄視」 日の丸奪って脚で踏みつける
掲示板では「断固支持」との声が圧倒的だ
 事件が発生したのは2008年1月15日午前11時25分ごろ。仕事で来日していたという中国人容疑者(43)が、靖国神社で80代の男性が持っていた日の丸(縦1メートル、横1.5メートル)を奪って脚で踏みつけ、さおを折った。
さらに、これを止めに入った40代の男性を殴るなどしたとして、警視庁麹町署に暴行と器物損壊の現行犯で逮捕された。調べに対しては黙秘した、という。
容疑者は自動車部品メーカーの副総経理(副社長)を務めたこともあり、自動車業界では影響力が大きい人物なのだという。
このような「重要人物」が、靖国神社で80歳の老人から日の丸を奪ってさおを折るという犯行に及んだというだけでも驚きだが、さらに驚くべきことに、この行為を「英雄的」などとして称賛する声が相次いでいるのだ。

55名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/09(土) 20:36:17ID:Nr3LtDFb0
日本って海に囲まれているわりに、
安宅船みたいな、外洋では役立たずの船が中心だったのな

56名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/09(土) 22:31:35ID:7zEdy8o/0
日本の水軍の場合、沿岸部での活動が中心だから、
浅瀬や岩礁が多く、竜骨のある外洋対応船は逆に使いにくく、
平底の安宅船、関船が中心になった。

倭寇が使っていたのは八幡船などと呼ばれるジャンク船だけど、
沿岸部での活動には不向きだったから、
瀬戸内の村上水軍なんかは用いることがなかったんだと思う。

57名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/11(月) 22:39:23ID:DpjUUazc0
日本が統一された後に海洋国家を目指す場合、
村上水軍なんかは水軍力としてはほとんど役立たずになるだろうな

むしろ松浦党とか、島津の水軍あたりがいいか

58名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/13(水) 13:15:09ID:rNeDd5cb0
村上水軍は瀬戸内海に特化しすぎていたんだよ。

59名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/18(月) 19:25:40ID:w5zWr1g+0
日本は意外と外洋航海も発達していたと思うよ。
江戸時代に鎖国したから伝わらなかっただけで。

東日本の日本海側や、奥州には中世に栄えた港町が結構あって、
普通に上方と船を往来させているし。

60名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/20(水) 00:17:27ID:nT5BLVZz0
昔は渤海使にわざわざ船を造って送ってやった程だしな

61名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/20(水) 23:51:51ID:wgKnyAlw0
江戸時代は外洋向けの船や安宅船は建造禁止令まで出されているしね。

62名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/22(金) 01:08:04ID:06Mk2bvg0
西日本、南日本の海賊が名高いけど、
東日本、北日本はどうだったんだろう?

あまり掠奪するほどの物産はなかったかも知れないけど、
それなりに水運は発達していたはず。

63名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/22(金) 02:28:19ID:PXwfDmTu0
日本海側はつるっとしてるからあんまり海賊勢力できなさそうだな

64名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/23(土) 15:38:53ID:jSsQW48l0
日本の対馬でも交通が劣悪という噂の豆酘(つつ)。北は峻険な峰で塞がれ、東西は長い岬が伸びて、
南西には大韓海峡の荒波が押し寄せる暗礁だらけの海岸に囲まれた人里離れた村だ。日本の民俗学者
が中世社会が残る場所とするほどに隔絶された場所だ。この人里離れた村のある神社に直径79センチ
にもなる大きな'青銅製高麗どら'(写真)がある。普通の高麗どらの直径は30〜40センチ。

李ヤン放送通信大日本学科教授は、豆酘の高麗どらが倭寇研究に重要な糸口を提供すると考えている。
倭寇研究の最大の論点のうち、日本側の研究者たちは「倭寇=日本人」であることを立証する日本側文
献がないことにかこつけて、倭寇が高麗人と日本人の連合集団と言う主張を申し立てて来た。

「対馬豆酘多久頭魂(タクヅタマ)神社所蔵の高麗の金鼓と倭寇」という論文で李教授は、どらに刻
まれた銘文を再解釈する。どらには去る1245年製作当時刻まれた文が残っている。「禅源乙巳五月日、
晋陽府鋳成□福寺飯子一印」。「□福寺」を高麗の武臣政権の最高実力者だった崔忠献(チェ・チュ
ンホン)の願刹、昌福寺(チャンボクサ)と考えれば全体文章の解釈が可能だ。崔忠献の息子である
崔瑀(チェ・イ)が自分の願刹である禅源寺を建てた高麗高宗32年5月(1245年)、武臣政権の核心権力
機構である晋陽府で崔忠献の願刹に使うどらを作って捧げたという。

普通のどらより直径が倍以上大きい、そのように大事などらがどうして対馬の人里離れた村にあるの
か?どらが日本に伝わった1357年、追加でどらに刻まれた銘文に糸口が見える。大蔵スネダネという
人物が同僚たちの業報(ごうほう)を消滅させようとこれを奉納したという内容だ。当時、高麗と日
本両国の間にはモンゴルと高麗連合軍の日本侵攻以後、軍事・政治的緊張が高まった時期だった。
どらを高麗政府が簡単に日本に渡したはずはないだろう。

65名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/23(土) 15:39:18ID:jSsQW48l0
あいにく、どらに追加で刻まれた銘文の日付印1357年10月18日にわずか23日先立って、倭寇たちが高
麗のお寺を最初に掠奪した記録が残っている。恭愍王の代に一番格が高いお寺だった興天寺侵奪だっ
た。昌福寺にあったどらが武臣政権の崩壊で国家に没収され、興天寺に移されてから倭寇たちが掠奪
し、対馬に持って行ったということだ。

大蔵スネダネは当時、北九州の実力者だった少弐頼尚(しょうに・よりひさ)旗下にあった者だった。
結局、倭寇が対馬に限定して活動した無意図的な海賊ではなく少弐頼尚の統制下に対馬を経て計画的
に侵攻した集団だった、という結論に至ることになる。

李教授の論文は今月19日、釜山大で開かれた韓国中世史学会と釜山大民族文化研究所が共同主催した
「中世韓日関係史の中の倭寇」主題の学術大会で発表された。

釜山日報(韓国語)「倭寇、計画的に韓半島侵攻した」対馬豆酘神社の「高麗どら」
http://www.busanilbo.com/news2000/html/2008/0222/060020080222.1025102605.html

66名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/26(火) 22:06:17ID:5MzlSs9n0
>>62 「伊豆水軍物語」でも読んでくれ。面白いよ。

67名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/26(火) 23:57:24ID:y95WSoeE0
近衛前久なんか、海路で薩摩に行ったりしているな。
いろいろ航路が成立していたんだろう。

68名無しさん@お腹いっぱい。2008/03/03(月) 23:42:51ID:HGktECxK0
種子島の鉄砲も、いち早く堺に伝わっているからね。
堺から坊津あたりの港に航路が通っていたんだと思う。

69名無しさん@お腹いっぱい。2008/03/05(水) 22:17:38ID:m0XK3bbQ0
種子島は元々鉄の産地だったからね。
だから、刀の生産が盛んな堺の商人が行き来していた。

70名無しさん@お腹いっぱい。2008/03/06(木) 12:05:23ID:emVa8bCF0
堺から太平洋に出て九州に出る場合、どこにも寄航せずに直接行けたのかな?
四国のどっかに立ち寄りそうなものだけど。

71名無しさん@お腹いっぱい。2008/03/06(木) 13:05:05ID:AVlMERq+0
>>70
だいたい阿波の湊に立ち寄ったあと、一気に土佐沖を通って日向大隈まで行くらしい。

72名無しさん@お腹いっぱい。2008/03/07(金) 23:17:12ID:j+0KaXRd0
土佐の浦戸も中世は港町として栄えたって聞くけど、
堺から南九州へ向かう船の中継港にはならなかったんだろうか。

73名無しさん@お腹いっぱい。2008/07/25(金) 21:01:28ID:/MnXHccu0
>>72
中継する必要がなければ、スルーじゃない。
土佐の港は、上方へ木材を積み出すのに使われていただろう。

74名無しさん@お腹いっぱい。2008/11/09(日) 23:30:26ID:rbs0EzzM0
アキバツってどこ出身だったんだろうな。
個人的にはツングース系もしくはモンゴル系なきがするんだけど。
韃靼疾風録の前半みたいな感じで。

75名無しさん@お腹いっぱい。2008/11/24(月) 23:40:05ID:+SuueAy+0
騎馬軍団を率いていたというから、
高麗に何か利権を持っていたモンゴル貴族の系統だろうな

少なくとも日本人ではないだろう

76名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/04(日) 14:13:04ID:53CBI/kd0
高麗王朝と明王朝を滅亡に追い込んだ倭寇の活躍はもっと評価されてもいい

77名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/04(日) 23:42:27ID:GCksFA9jO
海音寺潮五郎だったかな
アキバツをアキハチロウ(安芸八郎?)の音写じゃないかって書いてたな

78名無しさん@お腹いっぱい。2009/02/09(月) 17:56:24ID:hLbrALbU0
東日本は基地がないぞ。それに房総沖は荒れたら死ねるし

79名無しさん@お腹いっぱい。2010/09/28(火) 13:06:05ID:lJwqax+H0
尖閣諸島は歴史的に明代から倭寇が東インドシナは牛耳っており台湾など日本の海賊の網戸だった

80名無しさん@お腹いっぱい。2010/09/28(火) 16:03:53ID:3u0pHK18O
一般レベルの知識しかない素人ですが皆さん博学で勉強になります。
疑問なんですが、倭寇は海賊で出身地も様々ですよね。
倭寇という一つの大きな組織や統制機構や規律があったわけじゃない。
だとすれば倭寇同士の縄張り争いや利権抗争が倭寇の主な闘いになるはずですがそんな話はききません。
なにか秘密があるのですか?知らないだけですか?

81名無しさん@お腹いっぱい。2010/10/17(日) 21:44:39ID:f5YVveFnO
あげ

82名無しさん@お腹いっぱい。2010/10/18(月) 23:40:50ID:tLc+QXCF0
倭寇かっこいい。

83名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/13(火) 05:58:29.11ID:1we76IPm0
別スレに書いたまとめ資料を

朝鮮寇
  ・そもそも、倭寇という字をプロパガンダ的に使うが、朝鮮寇である。
・記述には過去7世紀からの朝鮮寇、新羅、高麗海賊のことが書いてある。
・逆に、記述性あやしく、また当時記録としての倭寇の記録がない。一切ない
・当時九州北部と朝鮮南部のGDP、単純な石高生産量のひらきが3倍あり、また朝鮮南部は事実上ほぼ農業が普及してないため、当時状況として、朝鮮が襲撃する可能性が高い。
・14世紀の足利の失敗はブロパガンダにはめられたに近い
・また、チョンが、事実上朝鮮南部の朝鮮海賊の襲撃にあるか、もしくは記述がはっきりしないため倭寇だという証拠がない。
・そもそも、日本のほうがGDPが根本高く、あの区域にたいして商業船舶がないため、その襲撃を必要としない。
・また、朝鮮が明白に朝鮮海賊と迎合してる。これをもって朝鮮寇といえる
  ・また、高麗史(資料)そのものが記述性あやしく、偽証性もあるため、偽書の可能性がある。ないし掃討レベルの低い、資料にならない、妄想見聞である
・もしくは自分の朝鮮寇を自分で処理できないで、人のせいにするキチガイといえるだろう。
  ・露梁海戦で朝鮮海賊が全滅するとぴたり海賊が止まってる。その後、あの海域の商船とか海商増えたのにw
・さらに、多数襲撃で朝鮮寇がないとはいえない。

朝鮮寇である。

・さらに、それ移行の各種研究wはクソ朝鮮機構の資料でも証拠でもならない、ただの妄想のすげかえ記録なため資料でも証拠でもならない。
・過去1300年にわたって襲撃してるのである。朝鮮寇

むかついたんで書いた。
ぶっちゃけ足利は、当時日本が大変な混戦、混乱状況なため、見事にはめられた、だまされたよね。
そして、日本側資料だと、当時資料でも朝鮮寇の資料はでてくるのに、倭寇の資料はでてこない。
瀬戸内海賊は別。瀬戸内海賊は旧ちょうそかべとかの朝鮮系海賊wなんだけどw

84名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/25(日) 22:56:20.93ID:CV1g2I3o0
>>1

いや、詳細はわかりきってるんだ。

あれ全部朝鮮、明海賊。

そして朝鮮寇だとわかりきってるのに、意図的にむこうが認めないだけ。

いわゆる倭寇謀略をかました、謀略方侵攻。

朝鮮寇の倭寇ブロパガンダ挿げ替え。なだけ。

85名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/28(水) 10:12:46.97ID:JGvoZ6esO
何だ。朝鮮冦なのか。東日本を荒らし回る倭寇(日本人)の姿に憧れてたのに。日本人が荒らし回ってないとかガッカリ

86名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/16(月) 18:27:51.72ID:p9wcLwST0
まあ普通の賊より本物の倭寇に捕まったほうが安全(?)って話もあるけどな

87名無しさん@お腹いっぱい。2012/05/07(月) 08:28:15.68ID:ZYk1Qljx0
明代後期だと、倭寇には南蛮人も結構居たと記録に残ってるね

88名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/04(木) 09:31:57.59ID:Luo4mlsK0
殆ど朝鮮人や中国人がなりすましてたとか笑えんよな

89名無しさん@お腹いっぱい。2013/09/20(金) 14:17:39.87ID:zm8Pcchx0
>>88
宣祖実録の記録と、小西行長とその将兵から聞き取りしたフロイスの記録に残る、
日本人に成りすまして、略奪暴行する朝鮮人の記録↓(今も昔も変わらないね)

唐武陣 文禄・慶長の役の偏り2 民衆の騒乱
http://town.zaq.ne.jp/u/es1772329/i5eiffcvk4n5gd

90名無しさん@お腹いっぱい。2013/09/28(土) 18:23:33.05ID:86pUDxe6I
首狩り族って答えでとんねん

91名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/27(日) 17:42:45.92ID:hFFLTUR/0
蒙古襲来(著者白石一郎)より

元のフビライカンに朝鮮人が日本遠征を進言

フビライカンその気になって、高麗王へ造船を命じ日本遠征(文永の役)。

第2次日本遠征(弘安の役)。高麗王自ら名乗りを上げ日本遠征を志願。

松浦党(倭寇j海賊)の根拠地壊滅。

松浦党復讐のため高麗遠征、海賊行為。

高麗があまりの被害に音を上げ懐柔策をとったため、倭寇の侵略対象が中国(明)へ。

倭寇の被害を散々言ってるけど言ってみれば自業自得。

歴史を忘れるな。朝鮮。

92名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/12(日) 02:35:28.72ID:VI3qIHQC0
>>40
日本書紀・魏志倭人伝・隋書 東夷伝 ・宋書 夷蛮伝 ・三国史記 新羅本記・三国史記
百済本紀 中国政府外交部英国:オックスフォード大学・米国:コロンビ-ア大学・米国議会図書館…
これだけの歴史書や教科書が、一様に「-新羅や百済は倭(日本)の属国だった」と述べている。

・勾玉=材料となる翡翠が東アジアで日本の糸魚川でしか産出されない。
・全羅南道からは鹿角製刀装具や珠文鏡が出土していてこれも日本の原石から作られている
・土器=日本最古の土器(1万6500年前)がほぼ『世界最古』の土器。
・水田稲作=「@炭素測定法、A品種遺伝子」が日本が朝鮮に伝えた証拠。
・前方後円墳=日本のほうが古い。韓国の前方後円墳の出土物は日本の土器類に酷似。
・4世紀頃(391年、倭が海を越え襲来し百済や新羅を破って服属させた
 「広開土王碑」)から7世紀(白村江の戦い)まで、朝鮮半島は九州などと同様に日本(倭国)の一部。
・百済の「武寧王」も、その父の「東城王」も、日本の九州で生まれ朝鮮半島に渡った。
・東城王(末多王)の百済王即位も日本(天皇)によって決められた。
・武寧王の子「純陀太子」は日本に人質とし

て来て、子孫もそのまま日本に住み着いた。
・「百済とは昔から日本(倭国)の一地方」だったため、百済の王は天皇が決めていた。
 日本生まれの「東城王(末多王)」や「武寧王」等が朝鮮半島に渡って即位していた。
・インド発祥の仏教は中国を経て日本の一部である百済経由で日本本州伝来した。
新羅の王の、王冠の飾り(宝石)も日本産の素材。


全羅道で発見された日本式古墳の遺体のDNAを調べたら、
日本人と極めて近いって判明している。
古墳が日本式で日本の材料を使った装飾品、
王に日本生まれの倭人が出ている、家臣にも倭人が多い、
百済が滅ぼされたとき、半島で言葉が通じなくなって、
意思の疎通が困難になったなどなど。

高句麗も扶余系で 高句麗語も古代日本語との類似点が、
指摘されている。

言ってしまえば、古代の半島は日本系民族が治めていて、
後の朝鮮民族の元になる、新羅系に侵略されて、
半島南部を奪われたと言える。

93名無しさん@お腹いっぱい。2015/06/10(水) 12:20:59.63ID:iI1yvzqr0
数年前まで韓国経済がうまく回っていたのは、
アベノミクス以前、日本の中央銀行がデフレ志
向で金融緩和しなかったからだ。日本と韓国は
輸出構造が似ていて、家電、自動車が輸出の主
力商品。商品の内容、性能も似ているので、最
終的には価格競争力がものをいう。日本が金融
緩和せずに円高傾向だったので、韓国ウォンは
相対的に円にくらべて安く、その分韓国の価格
競争力に寄与したのだろう。その結果、数年前
までは韓国が国際市場において有利だったの
だ。

それが最近は円安なので、日本の自動車・家電
業界は復活し、韓国の自動車・家電は不振に
陥っている。これは国内のデフレ化を防ぐため
に金融政策をどれほどやったかの差であり、為
替競争とはいえない。金融政策をうまくやるか
どうかで、天国と地獄の差がでてしまうという
ことだ。

94國學院研究室2015/08/03(月) 23:09:08.13ID:ljBKNk0lO
和冦の中核は
間違いなく日本人である
真倭であった。

そこに中国沿岸部の
反中央的な海の民たちが
合流して膨れ上がっていったのだ。

95名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/04(火) 00:23:24.72ID:6Rukk/lI0
朝鮮半島ボコってた連中はともかく、石見銀山が栄えてからの倭寇は明の密貿易武装商人だろ

96名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/27(土) 01:03:07.35ID:DfGXfJ9/0
倭寇の船の絵図で、船そのものは小さいながらも屋根付きの部屋があって、その窓から
色白の女の顔が見えるものがある

彼女は何者なのか。慰安婦でも帯同させていたのだろうかと、今でも気になっている

97名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/21(水) 02:11:39.28ID:mFYB8p+n0
倭寇をバイキングみたいに人気を上げれないのか

98名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/21(水) 16:24:49.53ID:2wLagWBW0
和食 和室に行けば倭寇がわかる

海人族 和邇

99名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/21(水) 16:29:23.92ID:2wLagWBW0
日本人は大和系 つまり山を本拠地とする騎馬系の民だが、

和人は海人族。天皇家。

100名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/21(水) 16:31:25.93ID:2wLagWBW0
>>0084 全然違う

和食さとへ行け

101名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/21(水) 16:34:49.43ID:2wLagWBW0
>>1 その勢力は蘇我でちゃうで つまり中華系 クソガが蘇我

新着レスの表示
レスを投稿する