孫策伯符は本当に覇王か

1孫策伯符大好きさん2007/12/07(金) 20:43:28ID:p18JAmhj0
最近ゲームじゃすっかり定着した孫策伯符・・・・でも実際の所
史実では本当に覇王だったのかそこを皆で話し合おうと思う

183名無しさん@お腹いっぱい。2008/08/10(日) 00:34:33ID:mJD7i8U+O
結局なんで死んだの?
于吉の呪いじゃ納得いかん

184名無しさん@お腹いっぱい。2008/08/11(月) 05:17:39ID:fRorwSYa0
矢傷が元で死んだ。

185名無しさん@お腹いっぱい。2008/08/19(火) 20:16:02ID:PPqTveni0
>>183
董卓の殺人拳

186名無しさん@お腹いっぱい。2008/10/13(月) 00:14:49ID:P+IFIF/aO
呪いで死んだってのは流石に演義の作り話だろ

187名無しさん@お腹いっぱい。2009/12/09(水) 19:46:28ID:qw7O7Ski0
ふむ

188名無しさん@お腹いっぱい。2010/03/13(土) 04:54:36ID:0mpz4mDb0
調子乗って死んだだけ
親父と似たような性格だったんだろうな

189名無しさん@お腹いっぱい。2011/04/08(金) 22:24:49.12ID:wi7VJEWu0
「覇王」項羽は劉邦に負けて死んだわけで、「小覇王」なんて称号は皮肉でしかない。
実際孫策もあっけなく死んだしな。

190名無しさん@お腹いっぱい。2011/04/08(金) 23:40:00.10ID:GvzTSgPx0
名士を余り尊重しないタイプのような印象があるな

191名無しさん@お腹いっぱい。2011/04/09(土) 17:04:38.18ID:N/rPoRWk0
陸氏を攻めたのは袁術の命令か。やりすぎな感じは否めないけど、孫策は好きだ

192名無しさん@お腹いっぱい。2011/05/04(水) 04:35:31.58ID:ySS6osvu0
孫策>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>郭嘉
孫策建立吳国 三分天下開国之君
郭嘉?曹操一幕僚

193名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/05(日) 01:53:25.21ID:JtkY0VUj0
>>146
孫策の強引過ぎる平定と犠牲がなければ、孫呉政権樹立は先延ばしになっただろうし、
そうなると曹操の南下に対抗出来たかどうかも疑わしくなって来る
時勢から見て、江東の平定は急務だったから孫策も強攻策に出た可能性もある
暗殺されなければ、曹操の中原平定前に荊州獲得して天下二分とか考えてたかもね
それと、孫策を避けた者も多かったが、彼の元に集まった者も多かったはず

194名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/05(日) 05:56:15.83ID:wiqSIZcB0
>>189
後世に至るまで長く絶対的な武勇の象徴だけどな、覇王項羽は

孫策は明朗快活な性格で多くのものが彼を慕ったとあるから人望はあっただろう
孫策が生きてれば曹操の背後を取ることを計画してたようだから
官渡は曹操の完敗で終わってた可能性高いな

195名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/05(日) 20:53:21.80ID:hiv4pubb0
死んだタイミングから言えば、曹操側が暗殺に絡んでいたとも考えられるな

196名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/07(火) 09:53:27.62ID:MN9eu+ci0
孫策が死んだ後、離れていった武将も少なからずいたらしいから
かなり人望はあったんだろうね

197名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/23(木) 16:49:38.71ID:S2n7KKHE0
孫策は戦いの際自分を死んだと見せかけ敵を油断させ大勝
よく知らんが知力70位あったぞ某ゲームで

198名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/23(木) 20:50:02.48ID:IXX5Tc6w0
春秋の覇者・斉の桓公のやり方を踏襲した策だな

199名無し2011/06/24(金) 04:37:26.19ID:emn5mS6fO
197〉某ゲームとは多分コレかな?
http://regnumtria.net/friend/check.php?c=k2qWMNgM1t1Ts

200名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/25(土) 20:00:29.30ID:BsLexG9PO
官渡で北上ならどのルート?
徐州なら臧覇、ケイ州なら誰だ?

201名無しさん@お腹いっぱい。2011/07/04(月) 23:21:48.93ID:wp9jiQWpO
許貢の件は郭嘉の謀略と好意的解釈
なんたって許都に貢ぐさん
名前が宜しくない
孫策が謀殺したのもわかる
魏を延ばすさん
劉氏を封じ込めるさん
粛清対象です

202名無しさん@お腹いっぱい。2011/07/08(金) 17:40:03.60ID:8dDQVWVhO
官渡の時点じゃ
曹操からしたら劉表の方が圧倒的に脅威
動けば、の話だけど

203名無しさん@お腹いっぱい。2012/01/23(月) 21:21:38.00ID:VIAEy3KPO
早死にして神格化された人物

204名無しさん@お腹いっぱい。2012/01/23(月) 22:31:15.40ID:BF+exDD80
>>203
日本だと特にこの傾向が強いからね。
大体孫策人気自体が基本日本オリジナルだと思うし。

205名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 04:26:57.49ID:mf5AP17p0
日本だと人気が有るのか?

206名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 14:39:18.91ID:NR4QaGJe0
なんで息子が後継がなかったのかな
若すぎただけが理由??

207名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 15:38:51.75ID:6ObcE0ML0
>>206
流石に磐石が整ってない状況で
数え1〜2才の乳幼児を主君に推戴できんよ
仲謀すら20になってない若造でぎりぎりって感じだし

208名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 17:15:27.50ID:vGRGFUDV0
>>205
日本でしか人気が出得ないと言うべきかと。

>>206
この頃には息子はまだ生まれていないか、
生まれていたとしても乳幼児だったんじゃないかと。

209名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 17:50:56.24ID:gP/9w9aYO
司馬師は直系じゃなくても帝号を追尊されてるのに
孫策は「長沙桓王」なんだよな

210名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 18:44:43.19ID:vGRGFUDV0
>>209
「当主なのに死後1ランク下の追尊」のその他の事例の代表例は、
金の第4代皇帝海陵王完顔亮。
猜疑心が強く残忍で粛清と贅沢大好きなトンデモ暴君。
しかし金は12世紀から13世紀の王朝。

本来なら「皇帝」の所を「王」という事例は恐らく孫策が最初じゃないかと。

211名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 18:48:26.38ID:6ObcE0ML0
兄と伯父では立場が違うから
しかも、その兄が建国の足がかりを築いたとなればそうそう認められないのでは?
下手したら兄の子を皇太子になんて画策する輩も(滅多にないだろうが)でかねないから

司馬師に子がなかった事も大きいのかもな

212名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 18:53:07.39ID:vGRGFUDV0
210追記
そして「当主なのに死後1ランク下の尊号」には
「当主の位を死後剥奪」という意味も必ず伴う。

213名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/18(土) 22:00:49.49ID:HA3HkHeXO
完顔亮は廃帝だけど、孫皓が孫策の再来と期待されて
擁立されたわけだからある程度敬意を払われてはいたんだろう

214名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/19(日) 20:43:01.51ID:XkdmvId7P
覇王じゃないよ小覇王

215名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/29(水) 15:41:13.67ID:2CnSP4Bn0
age

216名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/10(土) 23:05:58.03ID:/wvH6AKk0
孫策の孫の孫奉は一時期皇帝候補になったな

217名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/22(日) 23:06:55.81ID:1Z3+5HQ/0
孫皓には警戒されていたようだが、孫策の子孫はいまいちパッとしない。

218名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/27(月) 08:48:03.55ID:yFkuZ6pMO
孫皓や晩年の孫権のことを考えると
孫策にも暴君の素質があったように思う。

219名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/27(月) 17:02:44.45ID:pxEIfJ310
>>218
というか当時の清流派士大夫界では袁術並みかそれ以上に
暴君呼ばわりされてほぼ総スカンされてますがな

220名無しさん@お腹いっぱい。2013/02/15(金) 22:25:00.78ID:vxlGJwYM0
結論言っちゃっていいかな?

孫策は早死にしたため後世の特に日本人に過大評価された人物
むしろ彼の唯一の功績は良い時に早死したこと
もしもう少し長く生きていたら公孫サンと同じ末路を辿っていたことは必至

221名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/09(金) 02:29:59.42ID:sPvXEy4H0
>>218
孫家の血の気が多いところは嫌だね

222名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/10(水) 01:14:16.92ID:rP40bJ8w0
孫策は国を広げる力は曹操に匹敵する。しかし、負けることを知らなかったために、国内で恨みがつのり国内の反乱で死んだ。
そうゆう意味では織田信長は、曹操より孫策に似ているのではないか、と最近思うようになった。異論はあるだろうけど。

223名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/10(水) 18:51:33.35ID:aqgE1/kB0
信長の短所+義経の短所=孫策じゃないかと

224名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/10(水) 23:44:08.04ID:eg+5hGKa0
>>222雑魚にしか勝ってないから、本当に国を広げる力が曹操と匹敵するかは疑問がある
徐州の陳登に負けた疑惑があるしなあ

225名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/12(金) 18:46:31.36ID:+6c9fmi30
>>224
×負けた疑惑
○ボロ負け

226名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/13(土) 02:10:57.34ID:1eXYmx6o0
>>225陳登と戦ったのって孫策じゃない呉の別の人間の可能性もあるらしい

227名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/16(木) 17:33:25.92ID:IyRAIfI70
たしかに、信長のほうが孫策より強敵と戦ってるな

228名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/16(木) 22:03:13.82ID:N9N3Epnt0
>>227
信長ばかりではなく源義仲・義経、楠正成、新田義貞だって
孫策より余程強敵と戦ってますがな

孫策って京都時代絶頂期頃の新撰組レベルじゃね?

229名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/30(月) 16:21:33.08ID:27+UIQwEO
孫策自体が弱小だったから、相手が雑魚とも思えないけど
光栄的には雑魚ばかりだけど

230名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/31(火) 23:51:25.26ID:fcC7hp/e0
孫策なんて所詮江南版公孫瓚だもの

雑魚に毛が三本生えた程度でしかないと思えば
光栄の対孫策勢力の扱いも解る気がしなくもない

231名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/08(金) 00:58:18.02ID:v7ozUh350
孫策に親でも殺されたんか?っていうやつばっかだなこのスレ
英雄偉人への嫉妬とあら捜しは2chの華だけど
ここまでどぎついスレはそうそう無いぞ

232名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/03(火) 19:41:14.43ID:cJzeveuk0
孫家というしょぼい軍閥と地方にもとから存在する名家たちとの権力争いってだけ

233名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/03(土) 00:30:40.87ID:oBjKrvHD0
>>231
極論宣って悦に入ってるような連中は無視無視

新着レスの表示
レスを投稿する