★☆★中国の歴史小説2★☆★

1名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/09(金) 18:51:29.89ID:lj1YWelE0
中国の歴史小説全般について語りましょう。
内容は、重厚な歴史小説から、ファンタジー色の強いライトノベルまで、何でも可です。

↓とりあえずは思いつく限りの中国歴史小説の作家の名前を並べます。

司馬遼太郎 井上靖 陳舜臣 宮城谷昌光 塚本史 酒見賢一 伴野朗 駒田信二 田中芳樹 井上祐美子
狩野あざみ 安西篤子 森福都 藤水名子 真樹操 岡本好古 辻原登  森下翠

他にも何人も中国の歴史に絡んだ小説を書いている作家はいると思いますし、
翻訳された外国人作家の小説などもあると思います。

それらも含めていろいろ語りましょう。



前スレ
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161755752/

44名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/24(木) 23:48:34.36ID:ZBLGToX10
「王道の樹」個人的にすごく良かった。
泣きそうになった。

「趙匡胤」はなんか悪い意味でラノベっぽいなーって感じ(たぶん趙光義のキャラのせい)で、あんまり個人的評価は高くなかったんだが。

村松 暎「五代群雄傳」ってこの時代の知識無くても楽しく読めますかね?

45名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/25(金) 14:54:39.28ID:5xyS0R2T0
陳舜臣も短編で時代小説っぽいけど煬帝の時代を書いてた気が
たしか「中国任侠伝」あたりにあった様な

46名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/27(日) 00:05:01.91ID:8vncNE1Y0
小説ではないが、
宮崎市定「煬帝」は読みやすいし、面白い

47名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/27(日) 11:57:04.65ID:0d2H1Kgn0
俺も相当前だけど読んだ
読みやすい、わかりやすい、面白い
しかも手軽でよかったわ

48名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/27(日) 12:39:35.75ID:TsEDcLd40
塚本煬帝は兄貴への復讐の過程にエキサイトした。

49名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/27(日) 14:08:48.55ID:RV45yCJq0
塚本氏は五胡北朝ヒャッハー時代でこそ本領発揮できそう

50名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/28(月) 18:57:47.81ID:s1VuGSb0O
万城目さんの中国物が出てたけど、買った人いる?

51名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/03(日) 20:28:55.19ID:DJsgPwE7O
初宮城谷で管仲読んでるけど、地の文で延々と思索というか妄想を繰り返していくのがちょっと……
もっと即物的に乱世を描写した小説ない?

52名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/03(日) 23:03:09.80ID:8CTzPSEJ0
安能努「春秋戦国史」

これも異論は多いと思うけど、
少なくとも宮城谷氏よりは展開は早く思索は少ない

53名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/04(月) 18:37:18.72ID:+09u7i410
>>43
その本なら「苻堅と王猛: 不世出の名君と臥竜の軍師」っいうタイトルに変わって
祥伝社の文庫で出てるよ

自分はその文庫で読んだ
史実にかなり忠実に書いてるのにラノベっぽい感じがするのが不思議
特に苻堅と王猛の主従がラノベの登場人物っぽい

54名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/04(月) 23:09:58.15ID:Njg8rwF00
>>51考察とか歴史についての知識などの余談も売りの人だから、まあ合わなかったって事なんだろう

55名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/06(水) 09:49:28.22ID:ihvATQXG0
岳飛伝でもなく水滸伝でもなく
韓世忠が活躍する小説が読みたいんだが、何かないだろうか?

56名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/06(水) 13:55:33.02ID:8HMVA6VK0
田中芳樹の「紅塵」は?
主人公は息子の韓彦直だけど

57名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/08(金) 10:09:16.87ID:PDJUtLX80
あれは息子が主人公ときいたので
微妙に時代がずれてると思ってスルーしてたんだけど
韓世忠の活躍もあるんだ?

それなら読んでみる、ありがとう

58名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/08(金) 20:58:01.49ID:s38Hrnze0
主役というか語り部的な感じで、過去シーンに入って韓世忠とか粱紅玉の活躍が語られてるよ。

59名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/27(水) 20:07:22.41ID:w1bXoMZk0
野村胡堂文学賞受賞おめでとォ

60名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/30(土) 17:31:00.79ID:xRUuTDj00
風野真知雄

陳平はいまいちだったけど
馬超はそれなりに面白かった

61名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/11(土) 02:15:40.84ID:j8I6C8m/0
泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部 酒見 賢一 (2014/11/21)

62名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/28(火) 11:12:39.21ID:o1toaFYq0
井上祐美子の包青天ものが出ている
小前亮の康熙帝ものが出ている

63名無しさん@そうだ選挙に行こう2014/12/13(土) 19:45:00.13ID:ocOgJGRM0
宮崎氏の「隋の煬帝」読んだけど凄い読みやすいし面白かった
もう寝よう寝ようと思いつつも次の項までとおもってそのまま読んでしまう
こういう本に巡り合えた時は本当うれしい

64名無しさん@そうだ選挙に行こう2014/12/14(日) 17:40:43.90ID:Kfwg04ZI0
なんかひと昔前の俺みたいな感想じゃないか

65名無しさん@お腹いっぱい。2014/12/28(日) 03:00:53.83ID:bIQmUD5d0
上海・蘇州・杭州を舞台にした小説を教えてもらえませんか?
来月末に旅行するので、雰囲気に浸りたくて。

66名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/21(水) 18:41:41.14ID:xpruwvQz0
陳舜臣さん亡くなってしまったのか…

67名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/21(水) 23:22:27.21ID:/RGHfHQt0
本当に残念だ
小説十八史略を読まなかったらここまで中国史にハマらなかったかもしれないわ

68名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/31(土) 21:29:15.68ID:b+3ZqkKCO
中学高校と歴史が苦手だったけど
陳舜臣先生の「小説 十八史略」が面白かったので、
元以降も読みたくて「中国の歴史」を読もうとしたが、
小説でない為か、いまいち読みずらくてギブアップしてしまった。

69名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/05(木) 12:50:19.25ID:+JAofC670
小前亮が新作出したな。
舞台が明末清初で呉三桂が主役っぽい。

70名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/20(金) 21:47:31.42ID:wHU22HSZ0
司馬遼太郎の街道を行くシリーズの中国編はどんななのかな?

71名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/10(火) 10:45:21.87ID:xh7WhLgx0
中国よりもモンゴル紀行が面白かった

72名無しさん@お腹いっぱい。2015/04/15(水) 13:02:27.36ID:ehKL9LWb0
魏晋十六国時代の小説が読みたい

73名無しさん@お腹いっぱい。2015/04/18(土) 23:14:20.75ID:pNJWg1Wf0
>>72
安西篤子の「洛陽の姉妹」とか?

74名無しさん@お腹いっぱい。2015/04/19(日) 14:46:01.44ID:XFRJVOYT0
>>72
陳舜臣の『中国美人伝』に羊献容の話が入ってる
井上祐美子の『柳絮』は謝玄の姉妹の謝道蘊が主人公

75722015/04/20(月) 17:27:09.14ID:8FK0kAGj0
>>73-74
ありがとう!
陳さんの美人伝は読んだ!
やっぱこの時代面白いよなあ

安西何とかさん。
名前はよく聞くけど読んだことはなかったわ
検索してみたけど悪くなさそうだし>>73の本を探してみます!

76名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/04(金) 01:35:20.25ID:wMlNdhbt0
劉邦の宦官
誰か読んでないか?
地雷派と絶賛派でレビュー割れてて買うべきかどうか分からん
妖異金瓶梅みたいなのやったらええんやけど

77名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/04(金) 14:44:50.86ID:CYdSC53k0
後宮もの好きなら読んで損ないんじゃない

78名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/06(日) 21:22:52.36ID:ED/Olvjl0
「1949年に成立した国がなんと1945年に戦勝国となった。
この国が建国から66年目となる年に、なんと勝利70年を祝う軍事パレードを行った」 

79名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水) 20:34:00.24ID:3X+0b9mJO
中国史初心者の俺は小前氏の本が読みやすくて助かる

80名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/10(木) 15:54:49.59ID:VnJcB39C0
>>79
最近、フビライ出てるね

81名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/21(月) 23:36:49.29ID:H2Y19ViJ0
仁木英之氏はどうでしょうか?
「朱温」「李嗣源」「耶律徳光と述律」など五代十国というマイナーな時代を扱っている

82名無しさん@お腹いっぱい。2015/10/12(月) 21:29:14.14ID:Qr2EdfVz0
仁木英之は、あんなマイナーな時代を題材にして
出版できるのがスゴイわ。

僕僕先生がヒットしてるからなんだろけど、読者としては有難いかぎり

朱温は流石に冗長すぎたけど、李嗣源、耶律徳光と述律あたりは
適度な長さで読みやすかった。

83名無しさん@お腹いっぱい。2015/11/17(火) 20:56:25.36ID:lnMtSFzdO
李嗣源読んだ。主人公の出番が少ないよぉ…

84名無しさん@お腹いっぱい。2016/08/09(火) 15:44:30.52ID:hSRt/w3MO
小前氏の始皇帝あげ

85名無しさん@お腹いっぱい。2016/08/09(火) 19:45:57.73ID:kCw05YwDO
安能版始皇帝

前半分はちょー面白かったけど最後の方は個人的な主観話しばかりで飽きてしまった…。

86名無しさん@お腹いっぱい。2016/08/11(木) 13:40:04.42ID:rNU2JRRx0
                    【プーチン】      アメリカ包囲返し      【エルドアン】



「1920」番  ” Lock Her Up ! ” 「 ヒラリーを逮捕せよ、 投獄せよ !」 の嵐が アメリカ全土でわき起こっている。
2016.8.11 副島隆彦記


5.7月15日に起きた、トルコ・クーデターそして10時間で失敗、のことも書いておく。

私は今もトルコで起きたことをずっと調べている。 本当は何が起きていたか。公表された西側の英文の記事とかを根拠にするしかない。

はっきりしたことは、首都アンカラで、銃撃戦で2千人ぐらいが死んでいる。
警官隊(エルドアン大統領側)と軍隊(クーデター軍)で激しく撃ち合ったようだ。死者は公表された4百人ではない。
英SASのようなトルコ軍の精鋭の特殊部隊が、主力になってクーデターを実行した。空軍の司令官が実行部隊のリーダーだとされる。

この将軍は、ピストルを突きつけられながら、アンカラのエルドアン大統領の大統領警護隊 Presidential guard =政治警察=国家秘密警察官たちに反撃されて、捕まって、
そのままテレビに出て、「反乱は失敗した。投降せよ」と言わされたあと、射殺されたようだ。 
空挺部隊と戦闘ヘリコプター部隊(メカナイズド・キャバルリー mechanized cavalry 空の騎兵隊)は動いていない。

プーチンはNATOの将軍たちの中に送っていたスパイから、この不穏な動きを知ったようだ。
アメリカの特殊部隊(ヒラリー、ネオコン系)が背後で引いている。プーチンは、エルドアンに緊急で電話して、「殺されるぞ。危ないぞ、逃げろ」と言った。
エルドアンは、記者たちの居る前で、声明文を読み上げて、その冒頭で、
「クーデターが起きた直後に、プーチン大統領から、電話をもらって有り難かった」と憮然(ぶぜん)とした表情ではっきりと言った。
エルドアンは、プーチンから命を助けられたのだ。命の恩人の言うことを人は聞く。

ということは、西側同盟(ザ・ウエスト)が、「ナブッコ計画」以来、トルコを、ロシアから自分たちの側に取り上げて、ロシアの収入の生命線を断ち切る、
という大きな戦略で動いていたのだが、西側同盟と アメリカのヒラリー派は、決定的な大失敗をした、ということだ。
 
田中宇(たかかさかい)氏が、書くとおり、これで、シリアもトルコも、北イラクも、ロシア・プーチンの支配圏、勢力圏に入った、
ということだ。アメリカはもう、手出しができなくなった。

87名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/05(土) 03:00:50.69ID:+uqqEgDy0

88名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/05(土) 08:10:19.81ID:0YDiNvvG0
酒見すれとかない?

89名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/25(水) 22:53:54.93ID:MKWqLRsV0
岡本好古の漢の武帝を読んでみた
章ごとに話が纏まってて、独自設定も少ないのでかなり読みやすい
が、やっぱりというか若い頃の話が大半を占めてて晩年の耄碌した武帝の姿にあまりスポットが当てられていないのが残念だった
東方朔とかも全く出てこないし

個人的には晩年の耄碌→輪台の勅 のあたりが武帝人生の最高に熱い場面と思ってるんだけど、異端かな?
あるいは漢武故事や捜神記などを参照しまくったファンタジー武帝像とか、そういうのも見てみたいな

90名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/26(木) 11:29:10.25ID:39AkUgrt0
武帝を描いた小説といえば、伴野朗、塚本史、北方謙三あたりもいるな
塚本史は「霍去病」と「霍光」に登場する扱いだけど、二作に跨ってほぼ即位から
薨去までを描かれてる

91名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/03(日) 16:12:34.56ID:pVqghYSt0
☆ 日本の核武装は早急に必須です。総務省の、『憲法改正国民投票法』、
でググってみてください。現在、衆参の両議員のそれぞれで、改憲議員が
3分の2を超えています。私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。
憲法改正国民投票法、でググってみてください。お願い致します。☆☆

92名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/15(金) 13:40:10.45ID:0dYLySXR0
小前さんの賢帝と逆臣との文庫本出てたね
この板では作家スレもたてて貰えないけど、こういうマイナーな時代を書いてくれる所は素晴らしいと思う

93名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/23(土) 11:12:55.37ID:wRocrsN50
小前亮は
蒼き狼の血脈、中原を翔る狼
この2つはすごく良かった

ただそれ以外は何となくイマイチ感がある

ぼくは千葉県松戸市六高台の長谷川亮太や!
尻まんこがばがば!乳首ビンビン!チンポビンビン!腹筋パキパキ!

新着レスの表示
レスを投稿する