水滸伝の英雄好漢について語れ 第七位・天猛星

1名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/13(水) 22:54:39.52ID:EZ2S/Y4q0
水滸伝に登場する霹靂火たち英雄好漢について語りましょう。

前スレ
水滸伝の英雄好漢について語れ 第六位・天雄星
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/chinahero/1437722604/

279名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 18:31:32.85ID:XPTG92qm0
項羽!
孫策!
そして周通!

280名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/06(金) 20:51:30.89ID:BczHjcxx0
薛永の出身地が「河南」! 大道芸の拳法の型を打って見せて、宋江は心の中で「上手い!」と感心する!

薛永の弟子が「通臂猿 候健」!

もしやあんたら河南 崇山少林寺通臂拳――!!??

281名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 07:00:10.25ID:OhE1xELu0
三国志演義本編に採用されなかった在野の三国志ネタの中に
関羽が鍛冶屋の湯氏に青龍刀を作ってもらう話があるけど
(湯が関羽の刀を打っていると、天から龍が刀の中に入ってきて、鉄をも斬れる宝刀ができたという話)

もしや鍛冶屋の湯の末裔が、梁山泊の鍛冶屋の湯隆かね?

282名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 18:18:54.15ID:YcLWcWmy0
水滸伝の豪傑将軍が戦争で陣頭に立って敵将軍と一騎打ちって、日本の鎌倉時代の武士みたいだけど

元明清時代の中国水滸伝読者はこういう戦闘描写をファンタジーとして生温かく受け入れていたんだろうか?

283名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/09(月) 12:34:07.80ID:pm4/cP1W0
三国志が創作一騎打ちだらけになってるんだから
生温かくじゃなく燃えどころでしょ
水滸伝は鎌倉時代以前の話だからちょうどいいw

284名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/09(月) 18:52:34.20ID:T3Ng7iZQ0
そもそも語り物なんだから集団戦の描写を語られたって
客(聞く方)はつまらない

285名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/09(月) 22:41:42.31ID:5rfSv50T0
劉備が負けたと聞いて涙を流し、曹操が負けたと聞くや大喜びする

286名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/11(水) 12:12:19.50ID:OGU3pj0+0
水滸伝は戦闘規模小さめで特殊能力持ちだらけなんだから一騎打ちしなきゃもったいない

287名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/11(水) 20:34:05.00ID:repsChFI0
しかも毎回輸送船に化けて潜入、放火するだけだし

288名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/12(木) 04:21:44.13ID:jNOze+dp0
講釈師が得意だったり好む回も違うだろうし
なにより講釈たれる地域の需要もあるだろうし
同じような展開あっても問題ないんでは

289名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 14:00:11.87ID:z7BmJSXh0
>>272
安定した生活の中で天寿を全うできて最高だ
歌の才能をフルに使いながら色々楽しめそう

290名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 16:13:59.37ID:KbBFoJ0z0
百回本のラストで楚州の宋江の廟に参拝した詩人が読んだ詩の二節目「韓彭とも当日また憐れむに堪えたり」って
韓滔と彭玘のことだろうか?
常州で読んだならまだしも、なんで特にこの二人の名を出したのだろうか

291名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 16:15:16.89ID:KbBFoJ0z0
韓信と彭越のことか、多分自己解決しました

292名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 16:27:49.65ID:KbBFoJ0z0
呼延灼→匈奴、韓滔→韓信、彭玘→彭越
みたく、劉邦ビビらせた繋がり説...はねーか
具体的な能力の描写ないので好き勝手言えちまう

293名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 22:30:02.34ID:NpX2H++70
この時代になると慕容とかも普通に漢族扱いやしなぁ

294名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/16(月) 11:45:22.72ID:bvqknGit0
日本の秦さんみたいなものかな。

295名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 00:00:14.27ID:cSq5IjTN0
関勝は関羽に,林冲は張飛に匹敵する名将だったと信じたい。

296名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 01:47:51.11ID:toONA3ke0
名将?

297名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 09:03:02.22ID:TJOmvvi30
名将?

298名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 14:50:44.73ID:cSq5IjTN0
関羽も張飛も人格的にはかなり難があったが,軍事的には名将と評価していいと思う。

正史を読む限り,関羽は個人的な武勇が突出しており,張飛は戦術に巧みだった印象。

299名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 15:18:24.70ID:MHP8f1rS0
林冲は三国志演義のほうの張飛のイメージかな
一騎打ちにめっぽう強いという
顔も一緒みたいだしw
指揮官のイメージは関勝のほうにある

300名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 18:48:57.27ID:d3BybQa70
林さんは泊塞五虎将の中じゃあ一番の慎重派なんやで

301名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 19:01:02.11ID:5AQ6KDZK0
>>299
このスレでも既に散々語られてるが、関勝の統率力は大したことない
自分の武勇で作った勢いに兵を乗せるのはうまいが、不利な局面に収拾付けられない先祖譲りの印象
負け戦の畳み方に関していえば、曽頭市や玉田県で敗残兵をまとめて撤退させた欧鵬や解兄弟のが上手いイメージ

林冲は元禁軍教頭だから統率より武勇、っていったら関勝だって元田舎の警察署長だし

302名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 20:04:30.81ID:eolXfiH80
地位的に一番用兵がうまそうなのは呼延灼だけど普通に雷横やら討ち取られてるという

宣賛の衛門防禦使保義って地位的にはどのくらいのもんなんだろう
四奸に直接目通りできるらしいけど百八星の前職で一番位高いのか?

303名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 20:55:20.58ID:rctr9muQ0
欧鵬や燕順のような他の山で兄弟従えた首領格って結構有能な感じだよね
その中でも欧鵬はすごく頼りになる感じがする

304名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 22:48:13.91ID:5AQ6KDZK0
>>302
衙門防御使は門番、殿前司制置使はボディガードってイメージなので楊志の方が偉そう
あくまでも自分の中ではだけど
でもこいつら地位は高くても軍指揮はする機会なさそう
動かした兵員で言えば都統制の秦明、呼延灼、兵馬都監の董平、張清、黄信なんかの方が上かな
下手したら団練使とかより下かも(さすがに部下の質が違うだろうが)

305名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 23:19:31.80ID:5AQ6KDZK0
徳清県の戦いに関していえば、むしろ呼延灼だからあそこから巻き返して勝てたような気が
盧俊義とか関勝が大将だったら副将がやられただけでも全軍動揺して崩壊する流れになる
まあそもそも五虎将レベルのやつが最初から司行方一騎打ちで倒してればイケイケどんどんで圧勝できたんだけど

306名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 23:39:06.22ID:toONA3ke0
醜郡馬さんやぞ、そら偉いに決まってる

307名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 04:21:54.72ID:ku0Lj1FZ0
郡王の女婿になれる時点で他の好漢と天地の差がある
武功挙げただけじゃこりゃ無理だろうって領域だと思う

308名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 05:50:21.43ID:WJVGOoiI0
宣贊は柴進と並んで好漢の中では名士やからな

309名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 15:14:56.01ID:jUhGtUe20
ブサイクに生まれさえしなければ、宣贊ももう少しウハウハな人生だったんだろうな

310名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 23:47:13.09ID:Ej9M+rUA0
赫思文「関兄、宣賛ときたら次は俺の話やな‼」

311名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/23(月) 01:54:59.17ID:s9lHT5oZ0
母親が星座を飲み込んだ夢を見た以外特に目立ったエピソードのないモブ軍人さん

312名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/23(月) 09:03:54.89ID:xVJLroa50
乱戦の最中脱落したのを後で気づいてもらって翌日さらし首、というのはわりとインパクト強い

313名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/23(月) 21:42:52.90ID:5bKRIF6d0
宣贊は設定が完全にお笑い要員なんだから
もっと王英みたいに活躍させたげたらよかったのに。

314名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 01:17:05.81ID:k2EHU2Bh0
高俅とは不仲でそのため出世していない真面目な名士の好漢だから王英とはまるで存在が違うと思う
実のある男を外見だけで判断して自殺した公主は見る目がない、好漢にそんな女はいらんわっていうポジだろう

315名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 02:26:51.61ID:Yzadg2tI0
>>314
黒三郎「せやな」
楊雄「せやで」
安道全「せやせや」

316名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 11:19:11.14ID:DNS4I+JS0
林冲が張飛的な、っていうのがよくわからないんだよね。
林冲って堅物の頑固者って感じで演義張飛とそんな似てるかな

317名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 14:21:07.61ID:L4l8j3Gp0
>>316
編集スタッフが見逃したせいで残ってしまった企画初期の部分てだけだよ
席次が関羽枠の関勝の次であり張飛と同じく豹頭虎髯で獲物が蛇矛と張飛としてキャラ設定された
林冲単独話の林冲宝剣記を水滸伝に取り込む段階で初期のキャラ設定が捨てられて今の心に闇を抱えた林冲になった

318名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 10:28:09.50ID:aQ5gfIWh0
水滸伝は基本的にはアメコミのヒーロー共演ものだからね

319名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 16:28:49.99ID:Oy8vXY1E0
韓伯龍「」

320名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 20:29:14.61ID:4n8F3S3P0
実は張飛も心に闇があったのかもしれない

321名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 20:49:01.50ID:3Z7ofiUQ0
北方版張飛なら一部重なるところが無いでも

322名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 21:09:00.37ID:NDVkXcow0
しっしっ

323名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:19:09.53ID:USSva9Co0
>>315
女房なんてもう殺したいくらい面倒だわっていう
当時の亭主たちの願望なのかな、こいつらは

324名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 01:06:38.76ID:zHehUjUP0
女ネタで情けない事になったのに史進が出てこないあたり霊圧の低さが伺える

325名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/29(火) 23:08:43.82ID:vniolWsQ0
笑府でも恐妻はネタの一つやし

326名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/01(金) 14:15:08.13ID:PRUsi9KE0
石頭孫立って説話すごい気になる

327名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/10(日) 06:08:25.00ID:Wew/JgsI0
孫立一派の独角竜雛潤が、頭のコブで松の木を折るほど頭突き攻撃が得意という謎設定は
ひょっとして元ネタが「石頭孫立」からきている?

その一方で例えば…水滸後伝だと孫立は役人に復職した後で家族に、山賊に戻った雛潤と付き合うなと
指示していて、弟の孫新に「兄貴の頭は年寄りになった、頭が固い」と嘆かれているが
どうも石頭というあだ名には2つの意味解釈がありそうだわな

328名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/10(日) 10:11:05.20ID:Z9uiPZYe0
鉄頭と名乗ってたのに、折れて飛んできた刀刺さって死んだ人もいますし(七侠五義)

329名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/10(日) 23:42:29.68ID:chF0t5950
宣和遺事の孫立は情けなくて目立つ立ち位置で「石頭」と結び付くところはなさそうだった
案外水滸伝とは無関係な同姓同名の別人説あると思う

新着レスの表示
レスを投稿する