古い料理本を見て料理をする。

1ぱくぱく名無しさん2011/08/28(日) 13:34:08.70ID:qrTdNSZr0
祖父母や親の買った料理本とか愛用してる奴ら、集まれ

大昔に母の買った、「きょうの料理・昭和54年4月号」に載ってる土井勝先生の
お弁当特集の鶏そぼろやら卵焼きやらしぐれ煮の作り方を今も愛用してる。

110ぱくぱく名無しさん2016/08/04(木) 07:10:47.41ID:e6750aNc
1974年の分厚い本見てて、作りたいのが
1つもなかった。
やっぱり多少は洋食が混ざってないと。

クレープの作り方が載ってた。

昔は、そういうの食べたかったら自分で
作るしかなかったのかな。

今だったらやたらお店がある。

食が変わったから病気が増えたんだろうな。

111ぱくぱく名無しさん2016/08/06(土) 13:12:36.24ID:dqW/jsUm
>>69
古本屋で見つけて見た目の可愛いらしさで
即買いしたよ
クリスマスのじゃないけどね
洋食、洋菓子のロマン半端ないー

112ぱくぱく名無しさん2016/08/10(水) 11:22:57.84ID:CmeygUe1
ちょっと前までは婦人の友の本にはまってたけど
今はnon・noの料理本
年代的にはいろいろ夢見てた小中の頃のが懐かしい('80〜90年)
そんなにレアじゃないからブックオフにあれば安いし

113ぱくぱく名無しさん2016/08/31(水) 18:21:03.36ID:TdncLq4m
読売新聞家庭面の100年レシピって本を見つけたよ。

実際の古い本では作る気が起きなくても、今の人が作りやすいものを厳選して載せてるみたいだから見やすい。

シンプルなおやつのページが切ない。昔は今みたいにイオンモールの1Fとかでクレープとかアイスとか気軽にホイホイ食べれる時代じゃなかったんだろうな。

114ぱくぱく名無しさん2016/08/31(水) 18:25:14.31ID:TdncLq4m
大手チェーンとかフードコートの1Fとかじゃなく
昭和のおじいさんがやってる個人商店みたいな食堂に入ってみたい。

オムライスとか当時は画期的でナウい食べ物だったんだろうな。

あと何年そういう店があるんだろう。切ない。

115ぱくぱく名無しさん2016/08/31(水) 18:27:33.24ID:TdncLq4m
コメダコーヒーのように、現役バリバリで上場してる企業の、あえての昭和感もいいけど、やっぱり本物の昭和の食堂がいい。

116ぱくぱく名無しさん2016/09/01(木) 19:06:25.74ID:hmVzD+EW
自分昭和四十二年生まれ。

幼児の頃は、気軽に買えるような食べ物と言えば
パン屋さんのパン(コロッケパン、カレーパン、焼きそばパン、ほかアンパンクリームパンチョコレートパンなど)
たこ焼き、お好み焼き、タイ焼き程度。うちではこれすら母の手製だったけど。
コンビニももちろんないしマクドなどのファストフードが身近になったのは確か昭和50年代以降。

母は自分が十歳の頃胃ガンで亡くなったが、美味しいものはみんな母の手製だったなあ。
卵液を蒸して作るプリン、幼児の口サイズに切ったサンドイッチ、ドーナツ、ぜんざい、お餅を揚げたおかき、
缶詰めの果物とゼラチンで作ったゼリー、ミルクに砂糖とバニラエッセンス入れて凍らしたアイス、
砂糖を煮詰めて作るキャンデー。牛乳に卵の黄身と砂糖とバニラエッセンスを入れるミルクセーキ。
ハンバーグ、コロッケ、筑前煮、カレーやシチュー、ほぐした焼き魚、お餅を入れた粥、海老フライ、豚カツ、オムレツにオムライス。
後年は、マドレーヌや生クリームの乗ったケーキ、クッキー、パンやシュークリームも家で上手に焼いてくれた。
使ってたかどうかは知らないが母が持っていた料理本は大辞林みたいな分厚さで表紙には小豆色の布が貼ってあった。
母亡き後、兄とのぞいてみたが
ドーナツ→ドウナッツまたはドウナット
オムレツ→オムレット
シチュー→ステュウ、または煮込み料理
コロッケ→コロツケ、またはクロケット
メニュー→お献立
ヒレ肉→フィレ肉…などなど、旧かな遣い?みたいな表記だった。
発行年月日は確認しなかったが、もしかしたら明治大正末期が初版だったのかもしれん。
ハンバーグなんて、ハンブルク風ステエクだかなんだか、変わった名前が付いてたよ。
それからオムレットは、味付けして炒めた挽き肉、人参、玉ねぎが卵に入ってた。
今時のフワフワオムレツとは全く別のご飯のおかずになる「お献立」だった。

最近仕事でステークホルダーと耳にして、ハンブルク風ステエクを思い出したわ。

117ぱくぱく名無しさん2016/09/01(木) 19:19:51.18ID:hmVzD+EW
それからパン屋さんは敷島パンだったか、看板は出てるんだけど
店に入ると幼児の目の高さにガラスの板が並んでいて、セロファンを巻いた焼きそばロールなどが並んでいた。
今みたいに袋詰めされてなくて、乾かないよう軽く表面を覆ってるだけだから食べる日の朝にパン屋さんに買いに行った。
一番好きだったのは、固いアルミカップがついたケーキだかマフィンだか。
今みたいにシットリしてなくて、ポロポロ崩れるのが良かった。

それから、母の作ってくれたホットケーキは絶品だった。
これも料理本では、パンケーキだかパンケエクだかと書いてあった。
ミックスじゃなく、薄力粉だか強力粉だかとベエキングパウダー、または膨らし粉、砂糖、塩、卵、バタのシンプルな材料。
焼きたては外はカリカリ、中はフワフワ、甘くて温かくて最高だったなあ。

118ぱくぱく名無しさん2016/09/01(木) 22:32:47.98ID:LcTyOHxT
10歳までに、こんなにまで母の味を子供に刻み込んだお母様は素晴らしいですね。

昭和のいい時代が頭に浮かんできて、幸せな気分になりましたよ。お店の人とか通行人もみんな
優しかった。

お母さんが作らないと食べれない、昭和における
このスイーツ感にハマりそうです。
健康の為にも、そう簡単にやたら食べるものじゃないという昭和みたいな認識に戻して行かなきゃなぁ。

カタカナの読み方からして、相当古くて貴重な本
という気がします。

砂糖、塩、しょうゆ、ケチャップなど昭和の頃からある基本的な材料だけでシンプルでおいしいメニューを見つけていきたいなぁ。

119ぱくぱく名無しさん2016/09/21(水) 21:06:03.70ID:9xSpGoRU
1982年版の
「沢崎梅子の家庭料理の基礎」を手に入れた
82年だからそんなに古くないけどね
辰巳浜子「手しおにかけた私の料理」は読んでて眠くなったけど
これはちょっと参考になることが書いてあったりして読める

120ぱくぱく名無しさん2016/10/03(月) 20:56:32.07ID:jeOkt98c
今、流行っているのか?

121ぱくぱく名無しさん2016/10/03(月) 21:31:33.92ID:jeOkt98c
『地元菓子』若菜晃子著、

1,600円、そこに行かなければ出会えない、「地元菓子」をめぐる旅。
新潮社、

122ぱくぱく名無しさん2016/10/03(月) 21:35:41.11ID:jeOkt98c
『豆腐百珍』

福田浩、杉本伸子、松藤庄平著、1,400円、新潮社、

江戸のベストセラー料理書、詳細レシピ付き。

123ぱくぱく名無しさん2016/10/03(月) 21:43:29.53ID:jeOkt98c
『江戸の献立』

福田浩、松下幸子、松井今朝子、
1,600円、新潮社、

江戸の人々はどんな献立を食べていたのか。
「なべ屋」主人が正確に再現。レシピも充実。

124ぱくぱく名無しさん2016/10/04(火) 10:56:01.40ID:W887x/w9
どうしたいきなり

125ぱくぱく名無しさん2016/10/05(水) 12:59:56.46ID:ok8+/2zD
婦人之友社編、
「魔法の鍋帽子」
、、、かぶせておくだけ、ふっくら保温調理、

1,620円、

鍋帽子を使ってつくる料理。

126ぱくぱく名無しさん2016/10/05(水) 13:05:45.72ID:ok8+/2zD
「私がつくったお食事どうぞ」

お料理ホップ、ステップ、ジャンプ、

石原洋子指導、
切り方、だしのとり方、おいしい調理法が身に付く本。
1,468円、婦人之友社、

127ぱくぱく名無しさん2016/10/06(木) 14:00:24.96ID:KP10lMik

128ぱくぱく名無しさん2016/10/06(木) 14:52:17.31ID:handqzlK
ブックオフで買った昭和の喫茶店用のレシピ本持ってるよ
昭和54年刊、柴田書店のケース付きハードカバーの専門書
持ってるのは飲み物類の一冊だけなんだけど、料理のも買えば良かったなあ
数年前ブックオフで揃いで出てたんだけど
調理技術は今のほうが進歩してるだろうと思って買わなかったんだよね
チェックして見ればよかった

129ぱくぱく名無しさん2016/10/10(月) 23:17:52.76ID:4e0NLWV2
>>
古本屋の本は一点ものだからね。私もよくあの時かばよかった・・・
はあるよ。

昭和の喫茶店系の本、私もBOOKOFFでみつけて買った。
ミルクセーキとかプリンアラモードとか
今どきのカフェじゃ出てこないメニューの作り方が載っていて面白い。
実際作るとタイムスリップ気分

130ぱくぱく名無しさん2016/10/12(水) 21:20:14.08ID:oWU+UU95
その頃のレシピ本の方が今のと比べて丁寧に作られているらしいよ

131ぱくぱく名無しさん2016/11/07(月) 21:13:49.51ID:Up668ap8
佐川すすむのお料理塾1987年

という本をゲット 
最近古い料理本ばっかみて作ってる

132ぱくぱく名無しさん2016/11/08(火) 13:41:50.44ID:oxrFpfkv
佐川先生子供の頃よくテレビで見てたなぁ
肩幅が狭かったことしか覚えてないけどw

133ぱくぱく名無しさん2016/11/09(水) 12:52:06.27ID:3eiqheKV
「向田邦子の手料理」も1987年初版で古いんだけど
売れてて今もあるからなんか食指が動かない

134ぱくぱく名無しさん2016/11/09(水) 14:19:12.01ID:0rCyf3PI
>>133
持ってるけど結構いいよ

135ぱくぱく名無しさん2016/11/09(水) 16:39:55.64ID:dNyKM+VT
>>133
一度絶版にならなかった?
数年前までAmazonに中古しかなくて、図書館で借りてた
最近見たら新品が売ってたので買った

136ぱくぱく名無しさん2016/11/09(水) 19:19:10.40ID:3eiqheKV
同じ講談社で1986年の「平野レミ 料理大会」は持ってるんだよね

この頃のnon・noの料理本も持ってるけど
ひとつの料理の写真にシチュエーション決めるような
小道具・飾りもいっぱい写ってる
今のレシピ本って料理のお皿だけしか写ってないこと多い気がするが
やっぱ景気のよかった時代だからかなーと思う

137ぱくぱく名無しさん2016/11/12(土) 22:06:49.37ID:k6LsE7m3
1970年代までのはブックオフにもちょくちょくあるけど
それ以前のはみないね

138ぱくぱく名無しさん2017/01/21(土) 08:58:07.03ID:ZScc5EPI
S57年の、綺麗な本を見つけた。ほぼ新品。
年配の料理の先生たちとお話しできた。
モチベーション上がる。
先人の知恵を教わっておきたい。

139ぱくぱく名無しさん2017/02/18(土) 11:09:40.58ID:xkDnNlWS
1986年の
ベジタリアンクッキングという本がbookoffで
200円であった。美品。
内容的にもサイドメニューに、かなり使えそう。

本の前の方のページに写真のオンパレード。
作り方は後ろの方にまとめて、文字だけで
箇条書きしてある。

140ぱくぱく名無しさん2017/02/18(土) 11:17:23.51ID:xkDnNlWS
80年代って、そんなに古くないか。
でも見つけた時は嬉しくて、古本あさりにハマる。
だから私も家にある昭和50年代の本とか
きれいな状態のものは売っている。
ずーっと本棚で眠ってた本が、外にデビューするのが嬉しい。服も。

141ぱくぱく名無しさん2017/02/22(水) 17:12:24.72ID:7u+VgVVc
オウム真理教に殺害された坂本弁護士が住んでいた団地の他の住人(7世帯)は、
全員事件の起こる半年前より後に越してきた人たちだった。

そのうち5世帯が創価会員。
神奈川県警は失踪事件当初、この住人達全員に行動確認をかけていた。
その矢先に当時の城内康光県警本部長のレイプ疑惑や
生活安全課幹部がノミ屋を張っていた疑惑が突然次々と出始め、
行確をはずしたら、マスコミからの疑惑追及も止まった。

それで勢付いたオウムは脱会信者の家族らを次々とVXガス(今回の金正男殺害で使われたのと同じもの)で襲撃。
当時の官房長官だった野中広務は
北朝鮮詣でから帰ると出所不明の大量の金を政界にばらまき始め、自民党の実質的な党首となって
公明党を政権与党に引き入れた。

ネトウヨもまだいないし、韓流ブームもまだ無い頃だったけど、この頃から俺達の国はもうおかしかった。

142ぱくぱく名無しさん2017/03/06(月) 13:27:42.55ID:K9/PyCco
>>137
うちの近所のブックオフは古いのなかった
どれも2000年以降の雰囲気
園山の料理本が2冊もあった

143ぱくぱく名無しさん2017/06/21(水) 20:49:33.25ID:63MliUM1
古い本は新しいわ

144ぱくぱく名無しさん2017/07/02(日) 14:13:33.27ID:HMkd4ECK
本が古いというわけではないが、日本海軍のレシピ集という新潮文庫を買ってきた
カレーばかりが有名だが、いろいろと試してみるつもり

145ぱくぱく名無しさん2017/08/15(火) 16:23:47.14ID:rgoBJ+sg
>>87
超化石だけど、昨日のきょうの料理でレミが40年ぐらい前は豆板醤は日本で売ってなくて
台湾や香港に行った時に買ってたって言ってた

まあ、40年前でも中華街や輸入食品を売る店にはあったと思うけど、入手しづらかったんだろうね

きょうの料理で陳建民がはじめて麻婆豆腐紹介したのが昭和46年2月
レシピには「豆瓣醤(トウバンジャン)」があって、「豆瓣醤(とうがらしみそ)が手に入らないときは、とうがらしを刻んでいためて使うとよい」と注釈あり

調味料はその他、八丁みそ、しょうゆ、砂糖、酒を使っている

以上、「きょうの料理が伝えてきた昭和のおかず」より

146ぱくぱく名無しさん2017/08/16(水) 20:26:22.29ID:2tfCA4dI
>>145
約30年前のバブル期では余裕で
本格的な味が楽しめるCookDoの3種の麻婆豆腐とか 豆板醤もスーパーで普通に見かけたから
この間に日本の食文化が急変したんだろうな
昭和61年の正月料理の本はオマール海老とか黒オリーブとか材料にあった

147ぱくぱく名無しさん2017/08/22(火) 15:20:25.76ID:sFfMlyk2
きょうの料理のレミ回、45年前の結婚当時のことをいろいろ話してたね
和田さんがアボカドが大好きだけど、当時は青山の輸入品売るスーパーまで買いに行ったとか(紀ノ国屋?)
パクチーはベトナム人のご近所さんに種をもらって自家栽培したとか

パクチーっていうか香菜は向田邦子も好きで、中華街で買って新聞紙にくるんで保存していたんだってね
あと、森村桂がネパールに行った時(たしか昭和40年代)、コリアンダーの種を持ち帰って育てたって話もあったっけ

148ぱくぱく名無しさん2017/08/22(火) 20:06:40.74ID:kW7LvQHE
>>147
きょうの料理2000年4月号に「作家の食卓」ていうページがあって
向田邦子の料理の1つ「炒め豆腐香菜風味」

当時は日本に香菜などなかっただろうと思ってたけどそういうことだったのか
そのころから香菜に魅了されている人々っていたんだな 檀一雄もたしか使ってた気がする

149ぱくぱく名無しさん2017/09/22(金) 19:25:23.34ID:0Uw8lRy2
檀一雄もよく使ってる。家の庭で栽培していたそう。

150ぱくぱく名無しさん2017/09/24(日) 22:16:00.35ID:3nLXA+OU
うちにも40年位前の料理本あるけど、何か今の料理本とは違うよね。昔のはもっと手間掛けた料理が多い。

今田美奈子さんのお菓子本も大事に置いてる。

151ぱくぱく名無しさん2017/09/25(月) 20:20:18.58ID:jRhrJxwU
>>150
今田美奈子さんと言えば 昭和60年ごろのきょうの料理の「スワンシュー」 確かこの人だった
材料とか器具とかは普通に手に入った時代だけど 一般家庭でこの技術は…無理

152ぱくぱく名無しさん2017/09/25(月) 20:24:23.35ID:jRhrJxwU
↑と思ってググってみたら最近のスワンシューは冠とかかぶっててクオリティ高!

153ぱくぱく名無しさん2017/09/25(月) 22:44:07.02ID:NIX2u+4i
最近のはココア入りの黒鳥スワンとかあるよねww

154ぱくぱく名無しさん2017/09/26(火) 19:44:46.41ID:Vb8vuUTJ
スワン以外にもいろんな動物シュ―があるね 最近のはとにかくデザインが可愛くなっている

昔のは格調高いイメージ 昭和61年のきょうの料理12月号 山本麗子先生の「ホワイトケーキ」
普通のショートケーキの形状だけど 中はケーキ生地とバタークリームが縦の層になって、周りをホワイトチョコの格子で覆う
上にはこれでもかと言う位削りホワイトチョコが載っていた

155ぱくぱく名無しさん2017/09/26(火) 23:09:20.48ID:0etTfxII
最近のはインスタ映え重視だからね。

156ぱくぱく名無しさん2017/09/27(水) 19:46:03.36ID:R7k5i5FV
土井勝先生が昭和54年のきょうの料理でまさかのキャラ弁?紹介してた
幼稚園のお弁当で、「汽車で飾って」
ご飯の上に人参グラッセとかいんげんのソテーとかソーセージの車輪で簡単な汽車を作って載せていた

たぶんスタイリストさんが用意したであろう弁当箱も袋も サンリオか何かの汽車の絵柄だった

157ぱくぱく名無しさん2017/09/28(木) 10:45:33.44ID:/w2H4ipF
40年くらい前は料理本でも料理番組でも
「料理は体感で覚えろ」的な表現だった
粉をこねる時の目安は
耳たぶくらいの硬さ、赤ちゃんの耳たぶくらいの硬さだったし
昔のオーブンは温度計も予熱完了ブザーもなかったので予熱中の庫内温度の目安は
予熱中のオーブンを開けて中に手を入れてかざし、2秒我慢できるくらいが180度だったし
煮豆が中まで火が通ったかを確かめる時は
人さし指と親指で豆を潰すと力が入りすぎて煮えてなくても潰れてしまうので
力の入りにくい薬指と親指で潰せれば煮えた証拠とかそういう表現が多かった

158ぱくぱく名無しさん2017/09/28(木) 10:55:34.78ID:/w2H4ipF
長いので分けます
オーブン料理の時は「何分焼く」ではなく
「オーブンからいい匂いがしてきたら出来上がりです」というのが多かった
また、揚げ物をする時も「何分くらい揚げる」ではなく
油のパチパチという音がシュシュシュに変わったら出来上がりとか
泡が小さくなったら出来上がりとか
とにかく五感で覚える表現が多かった

159ぱくぱく名無しさん2017/09/28(木) 11:04:00.71ID:/w2H4ipF
ごめん
書いててもう一個思い出したので書かせて下さい
40年くらい前の料理番組で割烹着を着たおばちゃん先生が料理を作りながら
「最近の若いお嫁さんはお嫁に来るのに前掛けも持ってない人が多いって言うでしょう?
もう嫌になっちゃうんですよねえ」と嫁いびりの愚痴を吐きながら作ってました
初めてこのスレを見つけてみなさんの書き込みを見ながら
色々と大雑把な時代だったなと懐かしくなって書かせていただきました

160ぱくぱく名無しさん2017/09/28(木) 19:57:19.20ID:Unvyqfrg
>>おばちゃん先生
阿部なを先生かな 着物に割烹着がトレードマークだった
登紀子ばあばも同じような格好だけどそんなことは言ってなかったような

新着レスの表示
レスを投稿する