コテ雑法議論スレ

1プラネットヤクザ ◆Astrape/9E 2018/02/05(月) 22:13:41.29
本スレはコテ雑法を見直す為の提案を取り扱うスレッドである。
原則、コテ雑法や提案に関係のない雑談は禁止とし、コテ雑法についての質疑応答や提案についての賛否を出す為の審議をする場とする。


【次スレについて】
・本スレは残り50を過ぎた時点で常任理事コテのいずれかが次スレを立てるものとする。
・次スレを立てる際は本テンプレを必ず>>1へ記載するものとする。
・本テンプレ以外の重要なテンプレが存在する場合、>>2以降へ記載するものとする。

43超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/11(日) 20:01:01.01
その人を候補者として選出した人間にもある程度の責任が伴うわけだし前理事は代理やってくれる可能性高いやん?
辞任=制度に乗っ取った上で自分の意志で辞める方法
不信任=その人に問題があって回りの人がやめさせたいからやめさせる方法
っていう分け方に意味ないってことは絶対ないと思うけどな
それこそズバットの辞め方はある種の不正ルートでの辞め方であって本来不信任案を使ってやる方法ではない


>>42
代理って選出投票決定だけじゃなくて、賛成反対の代理まで出来るのね。
なるほど、それなら理事経験者のみに縛られてるから危ない人に任される確率が低くて良いね。
二週間前まで辞任出来ないと思っていた、ありがとう。

今のところぼくが考えてるのは、理事経験者として見なさないぐらいかな。
それと次回は推薦されないというお手付き制度ぐらい。


これ、次期理事が決まって代理の任期が終わることになったら、その空いたスペースに次期理事が収まるということで良いの?
代理がまた次期理事三人の中から一人選ぶとして。

46超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/11(日) 20:27:32.21
そうわよ


こんな感じね。


現理事は次期理事が決定されたときに辞任することが出来る。
次期理事が決まる前に理事コテとしての義務を果たせない場合は、理事経験者の中から代理を申請することが出来る。
理事経験者がその申請を承諾したとき、その理事経験者は代理現理事となる。
代理現理事の任期は次期理事が決定されるまでとする。
辞任する現理事は次期理事から一人指名し、その指名された次期理事を新現理事とする。
新現理事の任期は現理事の任期と3ヶ月とする。

48超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/11(日) 20:55:46.90
辞任する現理事は次期理事から一人指名し、その指名された次期理事を新現理事とする。

これはちょっとよくわかんないわ

49超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/11(日) 20:58:21.37
ああ、なるほど
基本的なところで違うのか

辞任可決
ただし辞められるのは推薦選出決定の手順を行い次期理事(これは後任って意味であって任期後の理事という意味ではない)が確定してから
その期間中に参加できない場合理事経験者の中かから代理を立てることができる
代理の任期は次期理事が確定するまで
これでええやん

50超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/11(日) 21:00:29.78
つまりだね
辞任を表明してそれが可決された場合すぐに後任の理事を19条3項に準拠した方法で行う
この期間中は辞任が可決されたとしても元理事として扱われ、公認の理事が決まることで辞めることができる

51超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/11(日) 21:12:06.10
元理事じゃねえわ現理事


あー、なるほどね。 勘違いだらけだった、ありがとう。

良いと思います。
やめると表明した理事コテも無責任扱いされないし。

53名無しちゃん…電波届いた?2018/02/12(月) 11:14:02.94
現理事…現在の理事。任期は3ヶ月
次期理事…現理事の任期終了後、理事になる者
後任理事…辞任または不信任決議により退任した現理事の代わりに理事になる者。任期は現理事と同じタイミング
代理理事…後任理事が決定するまでの間に理事の代行をする者。理事経験者に限る。理事代行。

条文にするときは同じ言葉を違う意味で使わないようにして欲しいです

ちなみに上の定義だと、不信任の場合も代理理事を立てられることになるけど
不信任の場合にも代理は立てられるようにしておいてもよいのではという私見が考慮に入っています

54超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/12(月) 21:58:44.83
不信任の時も代理あってええんちゃう?
ちなみに思ったんだけど19条3項に準拠するって言っても実際は後任とか決める時は期間違うだろうし
19条に再選の項目を作ってそれに準拠した方がええんかな


不信任のときも代理あって良いかな。
理事経験者ばかりになるかもしれないけど、やめたのが理事経験者だった場合を考えるとそれをカバー出来るし。

うーん、微妙なところだね。
でも違うのは理事経験者しか選べないところと期間ぐらいだし、3項にいくつか文章を加えれば良いと思う。
「ただし代理再選のときは一週間で行う」とか「ただし、代理再選のときは理事経験者のみ推薦出来る」とか加えれば対応出来ると思う。

56名無しちゃん…電波届いた?2018/02/13(火) 10:30:29.37
後任理事を決める期間は新しく条文に記載した方がいいね
代理理事を決める期間は「速やかに」くらいでもいいといい気はする

57超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/13(火) 13:48:19.30
その新しく条文に記載って19条3項に記載するのと19条4項?(辞任案)に記載するのどっちなん?
正直3項にこれ以上記載するのは無理があるような気がするから辞任案の方に期間について書いてやり方については3項に準拠でいいかなと思うんだけど

58名無しちゃん…電波届いた?2018/02/13(火) 15:23:32.09
わかるようになってればどちらでも

59超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/13(火) 18:17:35.64
じゃあ新しく作ったとこにぶっこむね
もう変えるのめんどいし

60プラネットヤクザ ◆Astrape/9E 2018/02/13(火) 18:50:45.79
ok.

61超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/14(水) 20:26:50.57
え?俺がやるパターン・・・?

62名無しちゃん…電波届いた?2018/02/15(木) 16:49:23.07
うん

63超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/15(木) 17:20:29.30
辞任法案できたらまじで辞任するから覚悟しとけや!!!!

64超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/16(金) 14:19:02.91
ええ・・・
まじで忙しいからプラヤクやっといてよ・・・

65プラネットヤクザ ◆Astrape/9E 2018/02/16(金) 21:45:21.06
代理理事決める投票期間とかは各フェイズ一週間ぐらいで良い?
これぐらい決まっていれば充分形になるだろうから、忙しいならぼくがやっておくよ。

66超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/16(金) 22:04:10.72
一週間だと最低でも推薦選出決定で3週間掛かるから時間的に無理でしょ
任意に期間を設けてでいいよ

67プラネットヤクザ ◆Astrape/9E 2018/02/16(金) 22:22:05.95
おっけー。


19条5項 [辞任]

現理事は後任理事が確定されたときに辞任することが出来る。
後任理事の確定は推薦、選出、決定により定められ、19条3項に準拠するものとする。
但し、各期間は現理事が任意に期間を定めるものとする。
辞任を表明した現理事が後任理事の確定に参加出来ない場合は、その現理事は理事経験者の中から代理を申請することが出来る。
理事経験者がその申請を承諾したとき、その理事経験者は代理理事となる。
代理理事の任期は後任理事が確定されるまでとする。
後任理事の任期は現理事の任期と同様とする。
また、辞任した現理事は、残りの任期が二ヶ月未満の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月以上の場合は理事未経験者として扱うこととする。


こんな感じかなあ。

70名無しちゃん…電波届いた?2018/02/17(土) 08:04:44.23
いきなり後任理事云々って変じゃない?
ベースは>>9及び>>15でいいよ

あと確定とか決定とか同じことを意味する場合は同じ単語を使って欲しい(後任理事の確定→決定)

代理理事は任期だけでなく権限についても書くべきでは?

71プラネットヤクザ ◆Astrape/9E 2018/02/17(土) 13:04:29.29
後任理事のことを最初に書くより、辞任出来る条件をさっと書いた方が辞任法案らしいと感じた。
でも確かにそう言われるといきなりすぎる気がするから調整しておく。

確定と決定は少し意味が違うかなって感じたからあえて違う言葉を使ってみた。
「決定」はコテ雑法上では投票を用いて理事を決める制度という意味を持つから。
でもあまり変わらなさそうだし、確定じゃなくて決定を使っちゃっても良いかな。

代理理事が推薦選出決定にしか携われないなら書くべきだね。
ぼくはその間の賛成反対とかも一応出来るものだと捉えていたけど。

72名無しちゃん…電波届いた?2018/02/17(土) 20:55:21.17
うん、その期間中の賛成反対もできるでいいと思う

だけど代理にたくさん権限を与えるなら
後任はそれこそ迅速に決めるルールにしておかないと
理事だけで決めた代理理事がいつまでも権限を持つのは公平性に欠けるのではないかな

73プラネットヤクザ ◆Astrape..Q 2018/02/17(土) 23:21:31.15
結局決めずにダラダラ代理が最後までやる可能性もありそうだしね。
確かに最大は決めなきゃだめかも。
各フェイズ3日を最大にすれは良いかな。

74超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/18(日) 05:07:57.81
最大値を1週間にすればええんやで

75超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/18(日) 05:10:09.14
と思ったけどやっぱ2週間だな
2週間以内に次の理事を決める(各フェーズは自由)

76プラネットヤクザ ◆Astrape..Q 2018/02/18(日) 21:07:10.65
19条5項 [辞任]

現理事はやむを得ない理由があるとき、辞任を表明することが出来る。
但し、辞任をすることが出来るのは、後述の手順で後任理事が決定されてからとする。
後任理事は推薦、選出、決定により定められ、19条3項に準拠するものとする。
但し、各期間は二週間以内に決定が済まされるように、現理事が任意に定めるものとする。
辞任を表明した現理事が後任理事の確定に参加出来ない場合は、その現理事は理事経験者の中から代理を申請することが出来る。
理事経験者がその申請を承諾したとき、その理事経験者は代理理事となる。
代理理事の任期は後任理事が確定されるまでとする。
後任理事の任期は現理事の任期と同様とする。
また、辞任した現理事は、残りの任期が二ヶ月未満の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月以上の場合は理事未経験者として扱うこととする。

77プラネットヤクザ ◆Astrape..Q 2018/02/18(日) 21:07:18.78
これでどうかな…?

78超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/18(日) 21:38:30.76
やむを得ない事情によって理事としての活動を継続することが困難である場合、現理事は辞任を表明することができる。
但し、辞任には現理事の2/3以上の承知と後任理事の決定を必要とする。
後任理事は19条3項に準拠して決定されるが、推薦、議論、選出、決定の期間は合わせて2週間以内とし、現理事が任意の調整を行う。
辞任を表明した現理事が後任理事の決定に参加できない場合、その現理事は理事経験者の中から代理を申請することができるものとする。
申請を受けた理事経験者が申請を承諾した場合、辞任を表明した現理事は辞任となり、承諾した理事が代理理事として現理事の代わりを務めることができる。
代理理事の任期は後任理事が決定されるまでとし、決定後はすぐに現理事としての権限が後任理事に移るものとする。
後任理事の任期は現理事の任期を引き継ぐものとし、残りの任期が二ヶ月未満の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月以上の場合は理事未経験者として扱われる。
辞任を表明した現理事も同じように残りの任期が二ヶ月未満の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月以上の場合は理事未経験者として扱われる。

79超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/18(日) 21:38:58.58
個人的な文章好き嫌いで変更したけど正直ごっちゃになってどっちがいいかはわからんけどこんな感じやない


なるほど、ありがとうございます。

> 推薦、議論、選出、決定の期間は合わせて2週間以内とし、現理事が任意の調整を行う。

細かいところだけど、列挙するなら告知もここに入れた方が良いかな。


> 後任理事の任期は現理事の任期を引き継ぐものとし、残りの任期が二ヶ月未満の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月以上の場合は理事未経験者として扱われる。

ここは逆じゃないかな? 新理事の任期が二ヶ月以上あるときに、理事経験者とならなきゃいけない気がする。
逆に二ヶ月未満だと、理事未経験者だと思う。

81超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/19(月) 03:43:50.93
ごめんコピペしたからあれだったわ

82みりん ◆minorin/jY 2018/02/19(月) 23:04:18.45
しっかりしろよ!

83名無しちゃん…電波届いた?2018/02/19(月) 23:34:59.66
みりんさんって不信任案出されたがってる節あるよね

84超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/23(金) 19:17:04.22
やむを得ない事情によって理事としての活動を継続することが困難である場合、現理事は辞任を表明することができる。
但し、辞任には現理事の2/3以上の承知と後任理事の決定を必要とする。
後任理事は19条3項に準拠して決定されるが、推薦、議論、選出、告知、決定の期間は合わせて2週間以内とし、現理事が任意の調整を行う。
辞任を表明した現理事が後任理事の決定に参加できない場合、その現理事は理事経験者の中から代理を申請することができるものとする。
申請を受けた理事経験者が申請を承諾した場合、辞任を表明した現理事は辞任となり、承諾した理事が代理理事として現理事の代わりを務めることができる。
代理理事の任期は後任理事が決定されるまでとし、決定後はすぐに現理事としての権限が後任理事に移るものとする。
後任理事の任期は現理事の任期を引き継ぐものとし、残りの任期が二ヶ月以上の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月未満の場合は理事未経験者として扱われる。
辞任を表明した現理事も同じように残りの任期が二ヶ月未満の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月以上の場合は理事未経験者として扱われる。

85超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/23(金) 19:17:24.60
特に問題なければ決定で

86超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/23(金) 19:20:16.97
やむを得ない事情によって理事としての活動を継続することが困難である場合、現理事は辞任を表明することができる。
但し、辞任には現理事の2/3以上の承知と後任理事の決定を必要とする。
後任理事は19条3項に準拠して決定されるが、推薦、議論、選出、告知、決定の期間は合わせて2週間以内とし、現理事が任意の調整を行う。
辞任を表明した現理事が後任理事の決定に参加できない場合、その現理事は理事経験者の中から代理を申請することができるものとする。
申請を受けた理事経験者が申請を承諾した場合、辞任を表明した現理事は辞任となり、承諾した理事が代理理事として現理事の代わりを務めることができる。
代理理事の任期は後任理事が決定されるまでとし、決定後はすぐに現理事としての権限が後任理事に移るものとする。
後任理事の任期は現理事の任期を引き継ぐものとし、残りの任期が一ヶ月未満の場合は理事経験者として扱い、一ヶ月以上の場合は理事未経験者として扱われる。
辞任を表明した現理事も同じように残りの任期が二ヶ月以上の場合は理事経験者として扱い、二ヶ月未満の場合は理事未経験者として扱われる。

87超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/23(金) 19:20:50.90
こうか!

88◆RAVEN..YEA 2018/02/23(金) 20:15:48.16
残りの任期に対しての経験者・未経験者の扱いがわかりづらいから統一して1ヶ月以上経験すれば経験者、任期が1ヵ月に満たない場合は理事未経験として扱うのはどうかな

89超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/23(金) 20:32:00.58
それやな

やむを得ない事情によって理事としての活動を継続することが困難である場合、現理事は辞任を表明することができる。
但し、辞任には現理事の2/3以上の承知と後任理事の決定を必要とする。
後任理事は19条3項に準拠して決定されるが、推薦、議論、選出、告知、決定の期間は合わせて2週間以内とし、現理事が任意の調整を行う。
辞任を表明した現理事が後任理事の決定に参加できない場合、その現理事は理事経験者の中から代理を申請することができるものとする。
申請を受けた理事経験者が申請を承諾した場合、辞任を表明した現理事は辞任となり、承諾した理事が代理理事として現理事の代わりを務めることができる。
代理理事の任期は後任理事が決定されるまでとし、決定後はすぐに現理事としての権限が後任理事に移る。後任理事の任期は現理事の任期を引き継ぐものとする。

90超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/23(金) 20:33:24.03
3項−1 [次期常任理事コテの選出権]
常任理事コテはコテ活動開始後1年以上が経過したコテを有資格者、理事として2カ月以上の活動を行ったことがあるものを理事経験者とし、
理事経験者枠1名と有資格者枠2名の計3名によって構成される(有資格者枠には理事経験者も含まれる)。
次期常任理事コテ(以下、次期理事)の選出は任期中の常任理事コテ(以下、現理事)によって推薦、議論、候補者の選出、告知、決定の手順を踏まえた上で行われるものとする。
常任理事コテ以外の有資格者は推薦権と議論権を持ち、これに参加することができる。名無しでの参加は第19条2項に準拠する。

3項−2 [次期常任理事コテの推薦]
現理事の任期終了1カ月前から3週間前までを推薦期間とし、現理事を含む有資格者はこの期間内に次期理事の推薦を行うものとする。推薦は他薦のみを有効とし、自薦を無効とする。
現理事は理事経験者枠1名以上+有資格者枠1名以上をそれぞれ推薦し、理事経験者枠2名以上+有資格者の枠が3名以上になるまで推薦を繰り返さねばならない。
推薦の際に理由を記載する義務はないが、推薦理由を記載した場合は議論時に考慮されるものとする。

3項−3 [次期常任理事コテの候補者選出]
現理事の任期終了3週間前から2週間前までを候補者選出期間とし、現理事は推薦期間中に推薦されたコテの中から議論の上、次期常任理事コテの候補者を1週間以内に選出しなければならない。
現理事以外のコテからの推薦や議論があった場合、現理事はその内容を加味して選出を行うものとし、選出は選出期間開始から5日以降でなければできない。
意図の有無に関わらずその内容を無視して行われた候補者の選出については、不信任案を提出することができる。
(有資格者選出は初推薦されたコテを優先し、常任理事コテを経験したコテの優先度を任期が近いものから優先度を下げるものとする。尚、この但し書きは推奨であり、法的効力は無いものとする。)
選出人数は、理事経験者枠を2名以上4名以下、有資格者枠を3名以上4名以下とし、現理事が自身を選出することはできない。また、それぞれの枠に同じ候補者を選出することはできない。
選出を行うことができるのは選出期間開始から5日以降とする。

3項−4 [告知]
現理事は候補者の選出結果をコテ雑に告知し、候補者の同意を得なければならない。
コテ雑に告知されてから72時間以内に候補者から同意を得られなかった場合は、その候補者の選出を無効とし、同意を得られた候補者が理事経験者枠1名未満、有資格者枠2名未満の場合、現理事は新たに推薦期間を設け、再度1週間以内に候補者の選出を行わなければならない。
新たに設けられた推薦期間中の推薦については19条3項−2に準拠する。
告知の際に選出理由を明記する必要はないが、候補者より説明を求められた場合、現理事はこれに応える義務があるものとする

3項−5 [決定]
現理事は同意を得られた候補者の中から理事経験者枠及び有資格者枠に順位をつけて投票し、次期理事を決定しなければならない。
投票は付けられた順位に基づき、1位6点、2位4点、3位3点として集計され、点数が大きい候補者から順に次期常任理事コテとして決定される。
但し、点数が同値である場合は、投票された数の多い候補者を次期常任理事コテに決定する。
決定される次期常任理事コテの人数は第19条3項−1に準拠し、任期を3カ月とする。

91超時空ヴィーナス ◆Walkure.vo 2018/02/23(金) 20:37:32.98
3項ー1に理事経験者の定義を入れて不信任と辞任からは消すわ

92プラネットヤクザ ◆Astrape..Q 2018/02/23(金) 23:38:43.10
良いと思います!

93◆RAVEN..YEA 2018/02/23(金) 23:53:11.59
良いと思います

新着レスの表示
レスを投稿する