もしハワイ王国が独立維持していたら・・・? [無断転載禁止]©2ch.net

111Traveler2017/11/01(水) 21:43:23.07ID:JNE6ZOMe
>>110続き

1823年、カメハメハ二世と三世の実母にしてハワイ全島でもっとも神聖な血筋ケオプオラニが、ラハイナで死去した

この高貴な女性が、英国人宣教師ウィリアム・エリスの手でキリスト教式に葬られたのは象徴的事件であった。この
あと、リホリホ即ちカメハメハ二世は英国・米国の訪問を決定。妻カママルおよび王族ポキとその妻リリハ等を同行
させる。かれはエリス師も同行させたがったが、船長スターバックはこれを拒否した。1823年11月27日にホノルルを
出港、1824年 5月22日にポーツマスに到着。だがこの時、王室が自賛していた二万五千ドルは一万ドルに減っていた
船長は不透明な弁明をしたが、かれ自身もしくは出航時に密航して通訳になったフランス人の着服だったと言われる

6月10日、一行の一人が麻疹にかかった。免疫のないハワイ人は次々と感染、二世夫妻も敢え無く罹病した。まず妻
が先立ち、これに落胆した二世も14日に薨去する。1825年5月4日、二世の遺骸は詩人バイロンの従兄弟バイロン卿の
ブロンデ号で、ラハイナ港に帰還。王の葬儀が終わると、直ちに弟カウイケアオウリが即位。カメハメハ三世となる

新着レスの表示
レスを投稿する