埼玉でカブクワ取れる場所は?★9

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1:||‐ 〜 さん2018/07/12(木) 04:45:21.77ID:R+EXqBHp
前スレ
埼玉でカブクワ採れる場所は?★8
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/insect/1512027732/
-
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

141:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:04:15.27ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

142:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:04:29.76ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

143:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:04:44.25ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

144:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:05:01.15ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

145:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:05:14.32ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

146:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:05:41.03ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

147:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:05:56.19ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

148:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:06:21.76ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

149:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:06:43.83ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

150:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:07:05.09ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

151:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:07:29.03ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

152:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:07:46.16ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

153:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:08:00.67ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

154:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:08:15.29ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

155:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:08:30.40ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

156:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:08:54.24ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

157:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:09:14.29ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

158:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:09:34.61ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

159:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:10:01.28ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

160:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:10:22.98ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

161:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:10:49.48ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

162:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:11:20.95ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

163:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:11:36.14ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

164:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:11:52.72ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

165:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:12:10.72ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

166:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:12:32.84ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

167:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:12:54.45ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

168:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:13:13.32ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

169:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:13:33.40ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

170:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:13:55.64ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

171:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:14:25.36ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

172:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:15:02.75ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

173:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:15:21.46ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

174:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:15:38.59ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

175:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:15:54.46ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

176:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:16:18.37ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

177:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:16:45.06ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

178:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:17:07.60ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

179:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:17:28.83ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

180:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:17:50.63ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

181:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:18:15.24ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

182:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:18:30.66ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

183:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:18:47.00ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

184:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:19:03.45ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

185:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:19:18.52ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

186:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:19:42.57ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

187:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:19:59.22ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

188:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:20:21.65ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

189:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:20:44.10ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

190:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:21:05.19ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。

191:||‐ 〜 さん2018/07/15(日) 14:21:29.08ID:qVxp5jFG
全パが2連勝を飾った。前夜、球宴初勝利を飾った工藤監督にとっては、うれしい連勝となった。
地方球場でのオールスターは5年ぶり、熊本での開催は初。
試合前には2016年4月の熊本地震の犠牲者に黙とうがささげられた。
最優秀選手賞には先制打を放った西武源田壮亮内野手が初受賞。
敢闘選手賞はアルバース(オリックス)浅村(西武)宮崎(DeNA)。
工藤監督は「(全パが2連勝)投げる投手がすごくて。ホレボレする球投げていた。ベンチで頼もしく見ていた。
(先発岸は2回0封)地をはうようなボール投げる投手はそうそういるものではない。お客さんも満足してくれたのではないか。
(リリーフ陣は)シーズンの疲れがたまっている中、よく投げてくれた。
(前夜の森に続き源田がMVP。リーグ戦の勢いを象徴する西武勢の活躍)その通りです。ホークスも頑張ります。
(地震災害の被災地熊本でオールスターを開催できた)復興復旧が1日でも早く進むように。
ホークスも九州は1つということで選手が(野球教室などで)子供たちを励ましに回っているし、オールスターを熊本で開催できて良かった。
★少しでも元気になってくれれば、と。選手も頑張ってくれた」と話した。
本人もビックリの受賞だった。
先制打を放った全パの源田壮亮内野手がMVPに輝き、賞金300万円をゲット。
前日の森友に続き、2試合連続で西武勢が選ばれた。
「森の体をいっぱい触ったんで、運気が来たのかなと思います」と、おどけながら喜んだ。
持ち味が出た。5回無死三塁で全セ内野陣は前進。
「取りあえず、前に飛ばそう」と、岩貞の低めスライダーをバットに当てた。
ボテボテだったが、しぶとく中前に抜ける適時打。
さらに、一塁を回っても「行ける」とスピードを緩めなかった。
送球の間で、一気に二塁へ。リーグトップタイ25盗塁の足を生かすと、次打者の甲斐の左前打で2点目のホームを踏んだ。
隣県の大分出身で、熊本はなじみ深い。
父親の実家があり、小さい頃は、よく訪れていた。
両親をはじめ、10人以上の親戚が応援に駆け付け「良いところを」と臨んだ。
2年前の地震の時は「親戚がたくさんいて、心配でした」。
招待された、たくさんの子どもたちにも格好良い姿を見せると「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞いて、
ご飯をいっぱい食べて頑張って下さい」と呼び掛けた。
前日の第1戦は、出場した西武野手陣6人のうち、唯一無安打だった。
周りから「打っていないのは源田だけ」と言われてしまったが、第2戦でしっかり打った。
「みんな調子良い。このまま、後半戦に入れればいいですね」と明るく言った。
首位西武がオールスターを最高の形で締めくくり、後半戦に向かう。
ずっと、待ち望んでいた。地元・熊本での初球宴。
オールスター選手として、生まれ故郷に帰ってきた阪神岩貞祐太投手(26)が、胸をなで下ろした。
「震災がありましたけど、ここの景色は変わらない。大勢の熊本の方の前で思い切って投げられて、本当に幸せでした」
16年4月14日。熊本地震でふるさとが甚大な被害を受けた。「野球以外でも、どういう形でも協力したい」。
1勝につき10万円、1奪三振につき軟式球1ダースの寄付を始めた。
熊本市内に実家があり、修繕工事中の熊本城を目にすると、あの悪夢がよみがえってくる。
「やっぱりつらいですよ。言葉にできないです。あれだけのことが起こったので…。忘れたことはありません」。
震災時は熊本にはいなかったが、伝え聞いたり、写真を見たり…。悲惨な現実を、ただ受け入れることしかできなかった。
「絶対に、熊本で投げたかったんです」。大きな目標を胸に秘めて今季に臨んだ。
「自主トレのときから徹底的に投球フォームを見てもらった。能見さんには感謝しかないです」。
同じ左腕のベテラン能見を頼った。日頃のキャッチボールでも気づいたことは指摘してもらう。
ボールの回転、軌道、修正したフォーム。シーズンでの奮闘が実り、監督推薦で出場を決めた。
試合では思いが募り過ぎ、力が入った。0−0の4回から登板したが、2イニングで5安打2失点。
黒星もついた。「苦い思い出のままでした。点を取られて悔しい気持ちが9年前と変わらなかった」。
「プロ野球は何万人という人が一致団結して応援してくれる。その人たちが熊本に来てくれることは本当にうれしい」。
この日は、両親と祖母が観戦。「これからも熊本のために、熊本出身のプロ野球選手として頑張っていきたい」と心を新たにした。
「まだまだ、これから。時間はかかると思うけど、この時間を大事にしていきたい」。
復興がすべてに行き届くまで…。岩貞が全力で腕を振り続ける理由が、熊本にある。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています