【日暮里】一由そば 9杯目【最安転落】 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/30(日) 17:22:51.87ID:F9Js+j60
HP
http://ichiyoshisoba.com/

Twitter
https://twitter.com/ichiyoshisoba

前々スレ
【日暮里】一由そば 7杯目【謹製ガチゲソ】
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/jnoodle/1458521292/
前スレ
【日暮里】一由そば 8杯目【名物ガチゲソ】
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/jnoodle/1469104349/

2名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/31(月) 02:32:16.38ID:YGJRds9b
知ったかのくせに次スレなんて立てるなよ

3名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/31(月) 02:54:18.13ID:J7uhiXxX
>>1
こいつ勝手に悪意のあるタイトルに変えて知ったか以前に荒らしじゃねーか

4名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/31(月) 08:19:47.69ID:EkDgxxUV
名物ガチげそやめたのかよ

5名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/31(月) 09:21:49.06ID:RHY/qpNO
立て直しだな

6名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/31(月) 09:54:00.62ID:BO3r9aiI
ここは知ったか荒しが立てたスレなので却下です
今後書き込みしないようにお願いします
次スレを立てる時は
【日暮里】一由そば9杯目【名物ガチゲソ】で立てる事

7名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/31(月) 11:33:16.96ID:YJW+HCRB
誘導
こちらが本スレになります

【日暮里】一由そば 9杯目【名物ガチゲソ】
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/jnoodle/1477879476/

8名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/02(水) 19:52:50.47ID:Dt5EwNkF
糞スレ



――――――――糸冬了――――――――

92ちゃんねる ☆2016/11/03(木) 03:56:54.83ID:LQqXHSPh
このスレッドは過去ログです。
2ちゃんねるプレミアム会員に登録すると続きを読めます。

───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

───────────────────
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。

10名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/03(木) 04:27:32.41ID:V99mT8ZE
ガチゲソだってゲソ天をディスってるんだからこっちのスレタイでもどっちでもいいよ
こっち先にたったんだから消費すればいいんでないの?

11名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/04(金) 15:43:05.62ID:hMcNDGft
なんだか向こうのスレ荒れてるから居心地悪い
こっち人いる?
いまだにジャコ食えねえ

12名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/05(土) 04:14:47.86ID:goDbrbp3
荒らしは退治した
今は逃げたからいなくなった
こっちのスレはスルーで

13名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/06(日) 21:35:40.60ID:+UvwWZJV
この間、紅葉そば食ってきた
人参の存在感薄いし、いまいちだな
ちょっと高いけど、かき揚げBはよく出来てる

14名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/09(水) 21:40:05.28ID:CrUnjm8P
今日ようやくジャコ桜エビ食えた
ちと塩辛いな
煮詰まった汁に入れられるとキツイわ

15名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/11(金) 00:29:09.21ID:HyYKtHSl
過去に作った天ぷらの一覧ってあるのな
もう1回やってくんねーかなーとか思う天ぷらがあって面白いわ

しかし、ここも人来ねえな
向こうはワケわからんスレになってるし…

16名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/12(土) 00:52:53.66ID:0EZffFa9
あー牛丼食おうかそば食おうか悩む

17名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/13(日) 12:03:35.09ID:WNxYHFhH
久しぶりに俺以外の書き込み見たわw

それより紅葉そば人気ないんだな
あれって紅葉天そばじゃね?
でもそれだと紅葉の葉の天ぷらだと思うか

18名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/13(日) 12:29:25.49ID:nZeCFQO7
こっちは自演スレですのでね

19名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/13(日) 21:00:08.61ID:Cgf/kDvR
日本のヨハネスドンキン

20名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:18:33.09ID:/yGaGaWU
我建超世願 必至無上道(がごんちょうせがん ひっしむじょうどう)
斯願不満足 誓不成正覚(しがんふまんぞく せいふじょうしょうがく)
我於無量劫 不為大施主(がおむりょうこう ふいだいせしゅ)
普済諸貧苦 誓不成正覚(ふさいしょびんぐ せいふじょうしょうがく)
我至成仏道 名声超十方(がしじょうぶつどう みょうしょうちょうじっぽう)
究竟靡所聞 誓不成正覚(くきょうみしょもん せいふじょうしょうがく)
離欲深正念 浄慧修梵行(りよくじんしょうねん じょうえしゅぼんぎょう)
志求無上道 為諸天人師(しぐむじょうどう いしょてんにんし)
神力演大光 普照無際土(じんりきえんだいこう ふじょうむさいど)
消除三垢冥 広済衆厄難(しょうじょさんくみょう こうさいしゅやくなん)
開彼智慧眼 滅此昏盲闇(かいひちえげん めっしこんもうあん)
閉塞諸悪道 通達善趣門(へいそくしょあくどう つうだつぜんしゅもん)
功祚成満足 威曜朗十方(こうそじょうまんぞく いようろうじっぽう)
日月戢重暉 天光隠不現(にちがつしゅうじゅうき てんこうおんぷげん)
為衆開法蔵 広施功徳宝(いしゅかいほうぞう こうせくどくほう)
常於大衆中 説法師子吼(じょうおだいしゅちゅう せっぽうししく)
供養一切仏 具足衆徳本(くよういっさいぶつ ぐそくしゅとくほん)
願慧悉成満 得為三界雄(がんねしつじょうまん とくいさんがいお)
如仏無礙智 通達靡不照(にょぶつむげち つうだつみふしょう)
願我功慧力 等此最勝尊(がんがくえりき とうしさいしょうそん)
斯願若剋果 大千応感動(しがんにゃっこっか だいせんおうかんどう)
虚空諸天人 当雨珍妙華(こくうしょてんにん とううちんみょうけ)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーーぶー)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
願以此功徳 平等施一切(がんにしくどく びょうどうせいっさい)
同発菩提心 往生安楽国(どうほつぼだいしん おうじょうあんらっこく)

21名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:19:11.18ID:/yGaGaWU
摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五

蘊皆空度一切苦厄舎利子色不異空空不

異色色即是空空即是色受想行識亦復如

是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄

不増不減是故空中無色無受想行識無眼

耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至

無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死

亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無

所得故菩提薩埵依般若波羅蜜多故心

罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切顛倒夢

想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故

得阿耨多羅三藐三菩提故知般若波羅蜜

多是大神咒是大明咒是無上咒是無等等

咒能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜

多咒即説咒曰

掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦

菩提薩婆訶 般若心経

22名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:19:43.38ID:/yGaGaWU
二 外 国 に お い て 、 学 校 教 育 に お け る 12年 の 課 程 を 修 了 し た 者 又 は こ れ に 準 ず る 者 で 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者
三 文 部 科 学 大 臣 が 高 等 学 校 の 課 程 と 同 等 の 課 程 を 有 す る も の と し て 認 定 し た 在 外 教 育 施 設 の 当 該 課 程 を 修 了 し た 者 。
四 専 修 学 校 の 高 等 課 程 ( 修 業 年 限 が 3 年 以 上 で あ る こ と そ の 他 の 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 基 準 を 満 た す も の に 限 る 。 ) で
文 部 科 学 大 臣 が 別 に 指 定 す る も の を 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 日 以 後 に 修 了 し た 者
五 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者 。
六 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 規 則 に よ る 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 に 合 格 し た 者 ( 旧 規 程 に よ る 大 学 入 学 資 格 検 定 ( 以
下 「 旧 検 定 」 と い う 。 ) に 合 格 し た 者 を 含 む 。 )
七 学 校 教 育 法 第 90条 第 2 項 の 規 定 に よ り 大 学 に 入 学 し た 者 で あ っ て 、 当 該 者 を そ の 後 に 入 学 さ せ る 大 学 に お い て 、 大 学
に お け る 教 育 を 受 け る に ふ さ わ し い 学 力 が あ る と 認 め た 者
八 大 学 に お い て 、 個 別 の 入 学 資 格 審 査 に よ り 、 高 等 学 校 を 卒 業 し た 者 と 同 等 以 上 の 学 力 が あ る と 認 め た 者 で 、 18歳に達
し た 者
( 入 学 の 出 願 )
第 13条 入 学 志 願 者 は 、 本 学 指 定 の 書 類 を 提 出 し な け れ ば な ら な い 。
2 提 出 の 時 期 、 方 法 、 提 出 す べ き 書 類 に つ い て は 、 別 に 定 め る 。
( 入 学 者 の 選 考 )
第 14条 入 学 志 願 者 に 対 し て は 、 別 に 定 め る と こ ろ に よ り 選 考 を 行 う 。
( 入 学 手 続 き 及 び 入 学 許 可 )
第 15条 前 条 の 選 考 に よ り 合 格 の 通 知 を 受 け た 者 は 、 所 定 の 期 日 ま で に 誓 約 書 そ の 他 本 学 所 定 の 書 類 を 提 出 す る と と も に 、
第 35条別表 4 に 定 め る 入 学 金 を 納 入 し な け れ ば な ら な い 。
2 学 長 は 前 項 の 入 学 手 続 き を 完 了 し た 者 に 入 学 を 許 可 す る 。
( 再 入 学 )
第 16条 本 学 を 退 学 し た 者 ま た は 除 籍 と な っ た 者 が 再 入 学 を 願 い 出 た 場 合 、 欠 員 の あ る 時 に 限 り 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 許
可 す る 。
2 再 入 学 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 別 に 定 め る 。
( 休 学 )
第 17条 病 気 そ の 他 の 事 由 に よ り 6 ケ 月 以 上 学 習 を 中 止 し よ う と す る と き は 、 休 学 を 願 い 出 る こ と が で き る 。
2 前 項 の 休 学 願 い に つ い て は 、 病 気 の 場 合 は 原 則 と し て 本 学 学 校 医 又 は 保 健 所 長 そ の 他 の 医 師 の 診 断 書 を 添 え 、 そ の 他 の
場 合 は 詳 細 な る 事 由 書 を 添 え て 提 出 し 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
( 復 学 )
第 18条 前 条 に よ り 休 学 の 許 可 を 受 け た 者 が 、 そ の 事 由 の 止 ん だ と き は 、 復 学 す る こ と が で き る 。
2 休 学 者 は 学 年 の 始 め で な け れ ば 復 学 す る こ と が で き な い 。
( 休 学 の 期 間 )
第 19条 休 学 期 間 は 通 算 し て 2 年 を 超 え る こ と が で き な い 。
2 休 学 期 間 は 第 6 条 第 2 項 の 在 学 年 限 に 算 入 し な い 。
( 転 学 )
第 20条 他 の 短 期 大 学 に 転 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
2 本 学 に 転 学 を 志 願 す る 者 が あ る と き は 、 選 考 の 上 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 相 当 年 次 に 入 学 を 許 可 す る こ と が あ る 。
( 退 学 )
第 21条 退 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 の 許 可 を 受 け な け れ ば な ら な い 。
2 但 し 、 疾 病 の た め 退 学 し よ う と す る 者

23名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:21:26.72ID:/yGaGaWU
二 外 国 に お い て 、 学 校 教 育 に お け る 12年 の 課 程 を 修 了 し た 者 又 は こ れ に 準 ず る 者 で 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者
三 文 部 科 学 大 臣 が 高 等 学 校 の 課 程 と 同 等 の 課 程 を 有 す る も の と し て 認 定 し た 在 外 教 育 施 設 の 当 該 課 程 を 修 了 し た 者 。
四 専 修 学 校 の 高 等 課 程 ( 修 業 年 限 が 3 年 以 上 で あ る こ と そ の 他 の 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 基 準 を 満 た す も の に 限 る 。 ) で
文 部 科 学 大 臣 が 別 に 指 定 す る も の を 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 日 以 後 に 修 了 し た 者
五 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者 。
六 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 規 則 に よ る 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 に 合 格 し た 者 ( 旧 規 程 に よ る 大 学 入 学 資 格 検 定 ( 以
下 「 旧 検 定 」 と い う 。 ) に 合 格 し た 者 を 含 む 。 )
七 学 校 教 育 法 第 90条 第 2 項 の 規 定 に よ り 大 学 に 入 学 し た 者 で あ っ て 、 当 該 者 を そ の 後 に 入 学 さ せ る 大 学 に お い て 、 大 学
に お け る 教 育 を 受 け る に ふ さ わ し い 学 力 が あ る と 認 め た 者
八 大 学 に お い て 、 個 別 の 入 学 資 格 審 査 に よ り 、 高 等 学 校 を 卒 業 し た 者 と 同 等 以 上 の 学 力 が あ る と 認 め た 者 で 、 18歳に達
し た 者
( 入 学 の 出 願 )
第 13条 入 学 志 願 者 は 、 本 学 指 定 の 書 類 を 提 出 し な け れ ば な ら な い 。
2 提 出 の 時 期 、 方 法 、 提 出 す べ き 書 類 に つ い て は 、 別 に 定 め る 。
( 入 学 者 の 選 考 )
第 14条 入 学 志 願 者 に 対 し て は 、 別 に 定 め る と こ ろ に よ り 選 考 を 行 う 。
( 入 学 手 続 き 及 び 入 学 許 可 )
第 15条 前 条 の 選 考 に よ り 合 格 の 通 知 を 受 け た 者 は 、 所 定 の 期 日 ま で に 誓 約 書 そ の 他 本 学 所 定 の 書 類 を 提 出 す る と と も に 、
第 35条別表 4 に 定 め る 入 学 金 を 納 入 し な け れ ば な ら な い 。
2 学 長 は 前 項 の 入 学 手 続 き を 完 了 し た 者 に 入 学 を 許 可 す る 。
( 再 入 学 )
第 16条 本 学 を 退 学 し た 者 ま た は 除 籍 と な っ た 者 が 再 入 学 を 願 い 出 た 場 合 、 欠 員 の あ る 時 に 限 り 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 許
可 す る 。
2 再 入 学 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 別 に 定 め る 。
( 休 学 )
第 17条 病 気 そ の 他 の 事 由 に よ り 6 ケ 月 以 上 学 習 を 中 止 し よ う と す る と き は 、 休 学 を 願 い 出 る こ と が で き る 。
2 前 項 の 休 学 願 い に つ い て は 、 病 気 の 場 合 は 原 則 と し て 本 学 学 校 医 又 は 保 健 所 長 そ の 他 の 医 師 の 診 断 書 を 添 え 、 そ の 他 の
場 合 は 詳 細 な る 事 由 書 を 添 え て 提 出 し 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
( 復 学 )
第 18条 前 条 に よ り 休 学 の 許 可 を 受 け た 者 が 、 そ の 事 由 の 止 ん だ と き は 、 復 学 す る こ と が で き る 。
2 休 学 者 は 学 年 の 始 め で な け れ ば 復 学 す る こ と が で き な い 。
( 休 学 の 期 間 )
第 19条 休 学 期 間 は 通 算 し て 2 年 を 超 え る こ と が で き な い
2 休 学 期 間 は 第 6 条 第 2 項 の 在 学 年 限 に 算 入 し な い 。
( 転 学 )
第 20条 他 の 短 期 大 学 に 転 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
2 本 学 に 転 学 を 志 願 す る 者 が あ る と き は 、 選 考 の 上 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 相 当 年 次 に 入 学 を 許 可 す る こ と が あ る 。
( 退 学 )
第 21条 退 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 の 許 可 を 受 け な け れ ば な ら な い 。
2 但 し 、 疾 病 の た め 退 学 し よ う と す る 者

24名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:23:11.16ID:/yGaGaWU
一  当該政治団体に所属する衆議院議員又は参議院議員を五人以上有するもの

二  前号の規定に該当する政治団体に所属していない衆議院議員又は参議院議員を有するもので、直近において行われた衆議院議員の総選挙
(以下単に「総選挙」という。)における小選挙区選出議員の選挙若しくは比例代表選出議員の選挙又は直近において行われた参議院議員の通常選挙(以下単に「通常選挙」という。)若しくは当該通常選挙の直近において行われた通常選挙における比例
代表選出議員の選挙若しくは選挙区選出議員の選挙における当該政治団体の得票総数が当該選挙における有効投票の総数の百分の二以上であるもの

2  前項各号の規定は、他の政党(政治資金規正法第六条第一項 (同条第五項 において準用する場合を含む。)の規定により政党である旨の届出をしたものに限る。)
に所属している衆議院議員又は参議院議員が所属している政治団体については、適用しない。

(政党に対する政党交付金の交付等)

第三条  国は、この法律の定めるところにより、政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律 (平成六年法律第百六号。以下「法人格付与法」

という。)第四条第一項 の規定による法人である政党に対して、政党交付金を交付する。

2  政党交付金は、議員数割(政党に所属する衆議院議員及び参議院議員の数に応じて交
付される政党交付金をいう。以下同じ。)及び得票数割(総選挙の小選挙区選出議員の選挙及び比例代表選出議員の選挙並びに通常選挙の比例代表選出議員の選挙及び選挙区選出議員の選挙における
政党の得票総数に応じて交付される政党交付金をいう。以下同じ。)とする。

(この法律の運用等)

第四条  国は、政党の政治活動の自由を尊重し、政党交付金の交付に当たっては、条件を
付し、又はその使途について制限してはならない。

2  政党は、政党交付金が国民から徴収された税金その他の貴重な財源で賄われるものであることに特に留意し、その責任を自覚し、その組織及び運営については民
主的かつ公正なものとするとともに、国民の信頼にもとることのないように、政党交付金を適切に使用しなければならない。

   第二章 政党の届出

(政党交付金の交付を受ける政党の届出)

第五条  政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年の一月一日(同日が前年において行われた総選挙又は通常選挙に係
る次条第一項の選挙基準日前にある場合には、当該選挙基準日とする。以下「基準日」という。)現在における次に掲げる事項を、基準日の翌日から起算して十五
日以内に、総務大臣に届け出なければならない。

一&#160名称(略称を用いている場合には、名称及びその略称)

二  主たる事務所の所在地

三  代表者、会計責任者及び会計責任者に事故があり又は会計責任者が欠けた場合に
その職務を行うべき者それぞれ一人の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

四  会計監査を行うべき者の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

五  所属する衆議院議員又は参議院議員の氏名、住所及び衆議院の小選挙区選出議員若しくは比例代表選出議員又は参議院の
比例代表選出議員若しくは選挙区選出議員の別並びに当該衆議院議員又は参議院議員が選出された選挙の期日

六  次に掲げる得票総数

25名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:25:20.44ID:/yGaGaWU
1.
ひとは誰でも持っている みんな心に持っている
遥かな無始の過去から 持っている
ひとに誰でも隠れてる みんなの心に隠れてる
無明の闇を越えて 超越神力だ
功徳によって サマディによって 修習によって 得る世界
悟りによって 解脱によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
無明の闇を越えて 超越神力だ

2.
ひとに誰でも必要だ まさかの時に必要だ
あなたの少しの努力が 実を結ぶ
ひとに誰でも役に立つ まさかの時に役に立つ
苦悩の波を超えて 超越神力だ
善行によって 寂止によって ダルマによって 得る世界
思念によって 観慧によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
苦悩の波を超えて 超越神力だ


超越神力、それは、ヒナヤーナ、マハーヤーナ、タントラヤーナ、ヴァジラヤーナそして、テーラヴァーダの実践により、すべての魂が身につけることのできる最高の力である。
これ以外の方法により身につけられた超越神力は、必ず欠陥があるのだ。


3.
心のなかに現れる 心のなかに聞こえる
遥かな神秘の国から やってくる
宇宙を越えてやってくる 光を超えてやってくる
タマスの無智を越えて 超越神力だ
布施によって 奉仕によって 調気によって 得る世界
持戒によって ムドラーによって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
タマスの無智を越えて 超越神力

4.
ひとは誰でも必要だ みんなのために必要だ
真実の救済のために 必要だ
覚者は誰でも持っている 済度のために持っている
悪魔の軍勢を破って 超越神力だ
慈悲によって 覚支によって 五力によって 得る世界
念処によって 如意足によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
悪魔の軍勢を破って 超越神力

26名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:26:52.47ID:/yGaGaWU
兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。

わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。

最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。

死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。

死のとげは罪であり、罪の力は律法です。

わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

27名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:28:03.92ID:/yGaGaWU
摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五

蘊皆空度一切苦厄舎利子色不異空空不

異色色即是空空即是色受想行識亦復如

是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄

不増不減是故空中無色無受想行識無眼

耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至

無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死

亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無

所得故菩提薩埵依般若波羅蜜多故心無

罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切顛倒夢

想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故

得阿耨多羅三藐三菩提故知般若波羅蜜

多是大神咒是大明咒是無上咒是無等等

咒能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜

多咒即説咒

掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦

菩提薩婆訶 般若心経

28名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:28:33.21ID:/yGaGaWU
我建超世願 必至無上道(がごんちょうせがん ひっしむじょうどう)
斯願不満足 誓不成正覚(しがんふまんぞく せいふじょうしょうがく)
我於無量劫 不為大施主(がおむりょうこう ふいだいせしゅ)
普済諸貧苦 誓不成正覚(ふさいしょびんぐ せいふじょうしょうがく)
我至成仏道 名声超十方(がしじょうぶつどう みょうしょうちょうじっぽう)
究竟靡所聞 誓不成正覚(くきょうみしょもん せいふじょうしょうがく)
離欲深正念 浄慧修梵行(りよくじんしょうねん じょうえしゅぼんぎょう)
志求無上道 為諸天人師(しぐむじょうどう いしょてんにんし)
神力演大光 普照無際土(じんりきえんだいこう ふじょうむさいど)
消除三垢冥 広済衆厄難(しょうじょさんくみょう こうさいしゅやくなん)
開彼智慧眼 滅此昏盲闇(かいひちえげん めっしこんもうあん)
閉塞諸悪道 通達善趣門(へいそくしょあくどう つうだつぜんしゅもん)
功祚成満足 威曜朗十方(こうそじょうまんぞく いようろうじっぽう)
日月戢重暉 天光隠不現(にちがつしゅうじゅうき てんこうおんぷげん)
為衆開法蔵 広施功徳宝(いしゅかいほうぞう こうせくどくほう)
常於大衆中 説法師子吼(じょうおだいしゅちゅう せっぽうししく)
供養一切仏 具足衆徳本(くよういっさいぶつ ぐそくしゅとくほん)
願慧悉成満 得為三界雄(がんねしつじょうまん とくいさんがいお)
如仏無礙智 通達靡不照(にょぶつむげち つうだつみふしょう)
願我功慧力 等此最勝尊(がんがくえりき とうしさいしょうそん)
斯願若剋果 大千応感動(しがんにゃっこっか だいせんおうかんどう)
虚空諸天人 当雨珍妙華(こくうしょてんにん とううちんみょうけ)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
願以此功徳 平等施一切(がんにしくどく びょうどうせいっさい)
同発菩提心 往生安楽国(どうほつぼだいしん おうじょうあんらっこく)

29名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 08:34:01.15ID:9vlGm1LX
目には目を
荒らしには荒しをか

向こう荒らしたら、こっちも同じ事されるオチ

30名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 09:01:12.67ID:nerIAxL8
何だか知らんけど書き込み増えとる…
NGすれば見えんし、スレ落ちなくて良いからウェルカム

31名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 09:25:25.65ID:/yGaGaWU
二 外 国 に お い て 、 学 校 教 育 に お け る 12年 の 課 程 を 修 了 し た 者 又 は こ れ に 準 ず る 者 で 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者
三 文 部 科 学 大 臣 が 高 等 学 校 の 課 程 と 同 等 の 課 程 を 有 す る も の と し て 認 定 し た 在 外 教 育 施 設 の 当 該 課 程 を 修 了 し た 者 。
四 専 修 学 校 の 高 等 課 程 ( 修 業 年 限 が 3 年 以 上 で あ る こ と そ の 他 の 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 基 準 を 満 た す も の に 限 る 。 ) で
文 部 科 学 大 臣 が 別 に 指 定 す る も の を 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 日 以 後 に 修 了 し た 者
五 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者 。
六 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 規 則 に よ る 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 に 合 格 し た 者 ( 旧 規 程 に よ る 大 学 入 学 資 格 検 定 ( 以
下 「 旧 検 定 」 と い う 。 ) に 合 格 し た 者 を 含 む 。 )
七 学 校 教 育 法 第 90条 第 2 項 の 規 定 に よ り 大 学 に 入 学 し た 者 で あ っ て 、 当 該 者 を そ の 後 に 入 学 さ せ る 大 学 に お い て 、 大 学
に お け る 教 育 を 受 け る に ふ さ わ し い 学 力 が あ る と 認 め た 者
八 大 学 に お い て 、 個 別 の 入 学 資 格 審 査 に よ り 、 高 等 学 校 を 卒 業 し た 者 と 同 等 以 上 の 学 力 が あ る と 認 め た 者 で 、 18歳に達
し た 者
( 入 学 の 出 願 )
第 13条 入 学 志 願 者 は 、 本 学 指 定 の 書 類 を 提 出 し な け れ ば な ら な い 。
2 提 出 の 時 期 、 方 法 、 提 出 す べ き 書 類 に つ い て は 、 別 に 定 め る 。
( 入 学 者 の 選 考 )
第 14条 入 学 志 願 者 に 対 し て は 、 別 に 定 め る と こ ろ に よ り 選 考 を 行 う 。
( 入 学 手 続 き 及 び 入 学 許 可 )
第 15条 前 条 の 選 考 に よ り 合 格 の 通 知 を 受 け た 者 は 、 所 定 の 期 日 ま で に 誓 約 書 そ の 他 本 学 所 定 の 書 類 を 提 出 す る と と も に 、
第 35条別表 4 に 定 め る 入 学 金 を 納 入 し な け れ ば な ら な い 。
2 学 長 は 前 項 の 入 学 手 続 き を 完 了 し た 者 に 入 学 を 許 可 す る 。
( 再 入 学 )
第 16条 本 学 を 退 学 し た 者 ま た は 除 籍 と な っ た 者 が 再 入 学 を 願 い 出 た 場 合 、 欠 員 の あ る 時 に 限 り 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 許
可 す る 。
2 再 入 学 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 別 に 定 め る 。
( 休 学 )
第 17条 病 気 そ の 他 の 事 由 に よ り 6 ケ 月 以 上 学 習 を 中 止 し よ う と す る と き は 、 休 学 を 願 い 出 る こ と が で き る 。
2 前 項 の 休 学 願 い に つ い て は 、 病 気 の 場 合 は 原 則 と し て 本 学 学 校 医 又 は 保 健 所 長 そ の 他 の 医 師 の 診 断 書 を 添 え 、 そ の 他 の
場 合 は 詳 細 な る 事 由 書 を 添 え て 提 出 し 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
( 復 学 )
第 18条 前 条 に よ り 休 学 の 許 可 を 受 け た 者 が 、 そ の 事 由 の 止 ん だ と き は 、 復 学 す る こ と が で き る 。
2 休 学 者 は 学 年 の 始 め で な け れ ば 復 学 す る こ と が で き な い
( 休 学 の 期 間 )
第 19条 休 学 期 間 は 通 算 し て 2 年 を 超 え る こ と が で き な い 。
2 休 学 期 間 は 第 6 条 第 2 項 の 在 学 年 限 に 算 入 し な い 。
( 転 学 )
第 20条 他 の 短 期 大 学 に 転 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
2 本 学 に 転 学 を 志 願 す る 者 が あ る と き は 、 選 考 の上 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 相 当 年 次 に 入 学 を 許 可 す る こ と が あ る 。
( 退 学 )
第 21条 退 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 の 許 可 を 受 け な け れ ば な ら な い 。
2 但 し 、 疾 病 の た め 退 学 し よ う と す る 者

32名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 09:28:02.74ID:/yGaGaWU
一  当該政治団体に所属する衆議院議員又は参議院議員を五人以上有するもの

二  前号の規定に該当する政治団体に所属していない衆議院議員又は参議院議員を有するもので、直近において行われた衆議院議員の総選挙
(以下単に「総選挙」という。)における小選挙区選出議員の選挙若しくは比例代表選出議員の選挙又は直近において行われた参議院議員の通常選挙(以下単に「通常選挙」という。)若しくは当該通常選挙の直近において行われた通常選挙における比例
代表選出議員の選挙若しくは選挙区選出議員の選挙における当該政治団体の得票総数が当該選挙における有効投票の総数の百分の二以上であるもの

2  前項各号の規定は、他の政党(政治資金規正法第六条第一項 (同条第五項 において準用する場合を含む。)の規定により政党である旨の届出をしたものに限る。)
に所属している衆議院議員又は参議院議員が所属している政治団体については、適用しない。

(政党に対する政党交付金の交付等)

第三条  国は、この法律の定めるところにより、政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律 (平成六年法律第百六号。以下「法人格付与法」

という。)第四条第一項 の規定による法人である政党に対して、政党交付金を交付する。

2  政党交付金は、議員数割(政党に所属する衆議院議員及び参議院議員の数に応じて交
付される政党交付金をいう。以下同じ。)及び得票数割(総選挙の小選挙区選出議員の選挙及び比例代表選出議員の選挙並びに通常選挙の比例代表選出議員の選挙及び選挙区選出議員の選挙における
政党の得票総数に応じて交付される政党交付金をいう。以下同じ。)とする。

(この法律の運用等)

第四条  国は、政党の政治活動の自由を尊重し、政党交付金の交付に当たっては、条件を
付し、又はその使途について制限してはならない。

2  政党は、政党交付金が国民から徴収された税金その他の貴重な財源で賄われるものであることに特に留意し、その責任を自覚し、その組織及び運営については民
主的かつ公正なものとするとともに、国民の信頼にもとることのないように、政党交付金を適切に使用しなければならない。

   第二章 政党の届出

(政党交付金の交付を受ける政党の届出)

第五条&政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年の一月一日(同日が前年において行われた総選挙又は通常選挙に係
る次条第一項の選挙基準日前にある場合には、当該選挙基準日とする。以下「基準日」という。)現在における次に掲げる事項を、基準日の翌日から起算して十五
日以内に、総務大臣に届け出なければならない。

一  名称(略称を用いている場合には、名称及びその略称)

二  主たる事務所の所在地

三 代表者、会計責任者及び会計責任者に事故があり又は会計責任者が欠けた場合に
その職務を行うべき者それぞれ一人の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

四  会計監査を行うべき者の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

五  所属する衆議院議員又は参議院議員の氏名、住所及び衆議院の小選挙区選出議員若しくは比例代表選出議員又は参議院の
比例代表選出議員若しくは選挙区選出議員の別並びに当該衆議院議員又は参議院議員が選出された選挙の期日

六 次に掲げる得票総数

33名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 09:29:03.62ID:/yGaGaWU
1.
ひとは誰でも持っている みんな心に持っている
遥かな無始の過去から 持っている
ひとに誰でも隠れてる みんなの心に隠れてる
無明の闇を越えて 超越神力だ
功徳によって サマディによって 修習によって 得る世界
悟りによって 解脱によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
無明の闇を越えて 超越神力だ

2.
ひとに誰でも必要だ まさかの時に必要だ
あなたの少しの努力が 実を結ぶ
ひとに誰でも役に立つ まさかの時に役に立つ
苦悩の波を超えて 超越神力だ
善行によって 寂止によって ダルマによって 得る世界
思念によって 観慧によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
苦悩の波を超えて 超越神力だ


超越神力、それは、ヒナヤーナ、マハーヤーナ、タントラヤーナ、ヴァジラヤーナそして、テーラヴァーダの実践により、すべての魂が身につけることのできる最高の力である。
これ以外の方法により身につけられた超越神力は、必ず欠陥があるのだ。


3.
心のなかに現れる 心のなかに聞こえる
遥かな神秘の国から やってくる
宇宙を越えてやってくる 光を超えてやってくる
タマスの無智を越えて 超越神力だ
布施によって 奉仕によって 調気によって 得る世界
持戒によって ムドラーによって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
タマスの無智を越えて 超越神力だ

4.
ひとは誰でも必要だ みんなのために必要だ
真実の救済のために 必要だ
覚者は誰でも持っている 済度のために持っている
悪魔の軍勢を破って 超越神力だ
慈悲によって 覚支によって 五力によって 得る世界
念処によって 如意足によって 自由自在に 君は使える
天耳 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
悪魔の軍勢を破っ超越神力

34名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/14(月) 09:30:36.72ID:/yGaGaWU
兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。

わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。

最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。

死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。

死のとげは罪であり、罪の力は律法です。

わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

35名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/15(火) 03:46:28.60ID:egDhUM19
【草食男子が増えた原因を理解できない女達】
バブルの頃に女達は自分の価値を過大評価し過ぎて実態の無い価値を生み出して敷居を高くした。
恋愛の新規参入を行い難くした事で男達の間では恋愛は衰退した。

新規参入が減れば「なにが良いんだ?あんなもの?」と価値を感じない者が増えるのは当たり前の事。
ましてや恋愛は、中高生の時点で経験しなければその後は利害関係でしか恋愛しなくなる。
男達は社会に出て働いて仕事を覚える迄は恋愛に感ける暇など無いのが実情だろう。
男達が純粋に恋愛に没頭出来る期間は僅か4年間「中1〜中2と高1〜高2」だけです。
(文系に進学しても更に二回生迄の2年間を追加しても合計6年間)

社会に出て数年経って経済的に余裕が出る頃の男達は「女に労力と金を費やしても良い結果は出ない」という事に気付く。
既にその頃には性欲も減退する頃なので「恋愛にも結婚にもメリットを感じなくなる」
なのに女達は社会人の恋愛では更にハードルを上げたのである。

女達は男達が恋愛にメリットを感じなくなっても「○○しないやつは馬鹿」とか言い出して男達を煽って詰って貶す事しか出来ない。
男達を見下して選民思想でいる自分達のナルシスト振りで自分で慰め始める始末だ。
それを見て「馬鹿らしい」と感じた男達が更に女達から逃げ出していく。(これはサイレントクレーマーの挙動と同じ原理)
恋愛は良いという事を中高生の男達(特にモテない方の男達)に徹底的に仕込まなければ女の需要価値はもう上がらない。
数的に一番多い底辺層や一般層の求める意識が高くなければ恋愛も結婚も衰退するだけ。

結果、女達に失望して自分から狩りをする事をやめた「草食男子」達の誕生である。

人は思春期に影響を受けたものに長く影響される。
中高生の時代に恋愛の影響を受けない男が増えれば恋愛をしない男性達が増えるのは当然の結果だ。
だけど女は「周りの女に自慢できる男」にしか目が行かないので一部の恋愛強者の男と恋愛部外者の男だけを
作りだした結果、恋愛からあぶれる者が激増した結果が現在の男女関係の基本構造だ。

女達は自省が出来ないマスコミ同様「なぜ男が恋愛に消極的なのか」を全く理解すらしない様だ。
女バブルの終了時代到来だけど、当事者には許せないんだろうね。

36名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/15(火) 03:53:19.87ID:mEwJVskJ
レスありがとうございます。蛇足はないほうがいいという方もおられますが、一度きめたことなので投下させてください。
反対してくれた方、本当にごめんなさい。

【閲覧注意】

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

【閲覧注意】蛇足

実はこのSSは僕の7年間の遠距離恋愛がベースになっています。もちろん、秒速5センチメートルと絡ませるためや特定を防ぐために、無理やり時系列や場所、内容はいじっています。
でも各キャラの言い回しなどは当時のをそのまま使っています。そしてこのSSに登場するキャラにも全てモデルがいます。ちなみに男はSSの内容を盛り上げるためにモテる設定でしたが、
僕は一度も告白されたことがありませんし、告白したのも小学生の時からずっと好きだった幼馴染のモデルになっている女の子に中学の時に告白をしたのが唯一です。
そしてこれからもずっと死ぬまで好きでい続けたい子もその子です。ちなみにイケメンのモデルの奴も本当にあんなくそ野郎で幼兄のモデルになった人にボコられました。

じゃあ何でこんなことを蛇足で書くかというと、『あの映画』だけが遠距離恋愛の結果じゃないということを知って欲しかったからです。すごく上からな発言になってしまっていますが、
『距離』に負けなかった『二人』が少なからず実在するんだってこと、そしてその『距離』に勝つためには、このSSでもキーワードになっていますが、『想いをちゃんと伝え合うこと』、
そして『大事な二人だけの約束を交わし、果たすこと』、これが『距離』に勝つために大切なことなんじゃないかということを僕の実体験をもとにこのSSで皆さんに伝えたかったからなんです。

以上で蛇足は終了です。気分を害された方がいたら本当に申し訳ありません。でもこれから、遠距離恋愛に挑もうとしている方、もしくはすでに途中の方、
そして遠くに好きな人がいる方になんらかの考えるきっかけになればと思っています。また、あの『秒速5センチメートル』という映画には僕自身とても考えさせられました。
確かに僕もあの映画を見て凹みましたが、「あんな結果にならないためにも」と、遠距離恋愛に絶対に負けないという気持ちが逆に強くなったきっかけにもなりました。
そのおかげで僕は7年という年月を乗り越えて彼女と一緒になれました。なので、皆さんにもそういう風にあの映画を捉えてもらえれば、
あの映画を見たことも決して無駄ではないと思えるのではないかと思います。

では長々と書いてしまいましたがこれで本当に本当に終わりです。ここまで読んで頂いて本当に本当にありがとうございました。

37名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/15(火) 03:54:16.47ID:mEwJVskJ
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。
弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報
を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので
、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に
関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、
お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により
、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人
情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切
な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的
を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて
使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱い
を第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供さ
れることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限
りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第
三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス
提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し
込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処
いたします。

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合
には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせしま
す。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通
知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提
供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合
には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

38名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/16(水) 22:16:49.31ID:WEfoRktm
最近の天ぷらが少し柔らかくなった気がする
そしてゲソ天は小さく…

39名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:21:08.12ID:4sq0rtYw
二 外 国 に お い て 、 学 校 教 育 に お け る 12年 の 課 程 を 修 了 し た 者 又 は こ れ に 準 ず る 者 で 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者
三 文 部 科 学 大 臣 が 高 等 学 校 の 課 程 と 同 等 の 課 程 を 有 す る も の と し て 認 定 し た 在 外 教 育 施 設 の 当 該 課 程 を 修 了 し た 者 。
四 専 修 学 校 の 高 等 課 程 ( 修 業 年 限 が 3 年 以 上 で あ る こ と そ の 他 の 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 基 準 を 満 た す も の に 限 る 。 ) で
文 部 科 学 大 臣 が 別 に 指 定 す る も の を 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 日 以 後 に 修 了 し た 者
五 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者 。
六 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 規 則 に よ る 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 に 合 格 し た 者 ( 旧 規 程 に よ る 大 学 入 学 資 格 検 定 ( 以
下 「 旧 検 定 」 と い う 。 ) に 合 格 し た 者 を 含 む 。 )
七 学 校 教 育 法 第 90条 第 2 項 の 規 定 に よ り 大 学 に 入 学 し た 者 で あ っ て 、 当 該 者 を そ の 後 に 入 学 さ せ る 大 学 に お い て 、 大 学
に お け る 教 育 を 受 け る に ふ さ わ し い 学 力 が あ る と 認 め た 者
八 大 学 に お い て 、 個 別 の 入 学 資 格 審 査 に よ り 、 高 等 学 校 を 卒 業 し た 者 と 同 等 以 上 の 学 力 が あ る と 認 め た 者 で 、 18歳に達
し た 者
( 入 学 の 出 願 )
第 13条 入 学 志 願 者 は 、 本 学 指 定 の 書 類 を 提 出 し な け れ ば な ら な い 。
2 提 出 の 時 期 、 方 法 、 提 出 す べ き 書 類 に つ い て は 、 別 に 定 め る 。
( 入 学 者 の 選 考 )
第 14条 入 学 志 願 者 に 対 し て は 、 別 に 定 め る と こ ろ に よ り 選 考 を 行 う 。
( 入 学 手 続 き 及 び 入 学 許 可 )
第 15条 前 条 の 選 考 に よ り 合 格 の 通 知 を 受 け た 者 は 、 所 定 の 期 日 ま で に 誓 約 書 そ の 他 本 学 所 定 の 書 類 を 提 出 す る と と も に 、
第 35条別表 4 に 定 め る 入 学 金 を 納 入 し な け れ ば な ら な い 。
2 学 長 は 前 項 の 入 学 手 続 き を 完 了 し た 者 に 入 学 を 許 可 す る 。
( 再 入 学 )
第 16条 本 学 を 退 学 し た 者 ま た は 除 籍 と な っ た 者 が 再 入 学 を 願 い 出 た 場 合 、 欠 員 の あ る 時 に 限 り 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 許
可 す る 。
2 再 入 学 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 別 に 定 め る 。
( 休 学 )
第 17条 病 気 そ の 他 の 事 由 に よ り 6 ケ 月 以 上 学 習 を 中 止 し よ う と す る と き は 、 休 学 を 願 い 出 る こ と が で き る 。
2 前 項 の 休 学 願 い に つ い て は 、 病 気 の 場 合 は 原 則 と し て 本 学 学 校 医 又 は 保 健 所 長 そ の 他 の 医 師 の 診 断 書 を 添 え 、 そ の 他 の
場 合 は 詳 細 な る 事 由 書 を 添 え て 提 出 し 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
( 復 学 )
第 18条 前 条 に よ り 休 学 の 許 可 を 受 け た 者 が 、 そ の 事 由 の 止 ん だ と き は 、 復 学 す る こ と が で き る 。
2 休 学 者 は 学 年 の 始 め で な け れ ば 復 学 す る こ と が で き な い 。
( 休 学 の 期 間 )
第 19条 休 学 期 間 は 通 算 し て 2 年 を 超 え る こ と が で き な い 。
2 休 学 期 間 は 第 6 条 第 2 項 の 在 学 年 限 に 算 入 し な い 。
( 転 学 )
第 20条 他 の 短 期 大 学 に 転 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
2 本 学 に 転 学 を 志 願 す る 者 が あ る と き は 、 選 考 の 上 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 相 当 年 次 に 入 学 を 許 可 す る こ と が あ る 。
( 退 学 )
第 21条 退 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 の 許 可 を 受 け な け れ ば な ら な い 。
2 但 し 、 疾 病 の た め 退 学 し よ う と す る 者

40名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:21:42.57ID:4sq0rtYw
一  当該政治団体に所属する衆議院議員又は参議院議員を五人以上有するもの

二  前号の規定に該当する政治団体に所属していない衆議院議員又は参議院議員を有するもので、直近において行われた衆議院議員の総選挙
(以下単に「総選挙」という。)における小選挙区選出議員の選挙若しくは比例代表選出議員の選挙又は直近において行われた参議院議員の通常選挙(以下単に「通常選挙」という。)若しくは当該通常選挙の直近において行われた通常選挙における比例
代表選出議員の選挙若しくは選挙区選出議員の選挙における当該政治団体の得票総数が当該選挙における有効投票の総数の百分の二以上であるもの

2  前項各号の規定は、他の政党(政治資金規正法第六条第一項 (同条第五項 において準用する場合を含む。)の規定により政党である旨の届出をしたものに限る。)
に所属している衆議院議員又は参議院議員が所属している政治団体については、適用しない。

(政党に対する政党交付金の交付等)

第三条  国は、この法律の定めるところにより、政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律 (平成六年法律第百六号。以下「法人格付与法」

という。)第四条第一項 の規定による法人である政党に対して、政党交付金を交付する。

2  政党交付金は、議員数割(政党に所属する衆議院議員及び参議院議員の数に応じて交
付される政党交付金をいう。以下同じ。)及び得票数割(総選挙の小選挙区選出議員の選挙及び比例代表選出議員の選挙並びに通常選挙の比例代表選出議員の選挙及び選挙区選出議員の選挙における
政党の得票総数に応じて交付される政党交付金をいう。以下同じ。)とする。

(この法律の運用等)

第四条  国は、政党の政治活動の自由を尊重し、政党交付金の交付に当たっては、条件を
付し、又はその使途について制限してはならない。

2  政党は、政党交付金が国民から徴収された税金その他の貴重な財源で賄われるものであることに特に留意し、その責任を自覚し、その組織及び運営については民
主的かつ公正なものとするとともに、国民の信頼にもとることのないように、政党交付金を適切に使用しなければならない。

   第二章 政党の届出

(政党交付金の交付を受ける政党の届出)

第五条  政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年の一月一日(同日が前年において行われた総選挙又は通常選挙に係
る次条第一項の選挙基準日前にある場合には、当該選挙基準日とする。以下「基準日」という。)現在における次に掲げる事項を、基準日の翌日から起算して十五
日以内に、総務大臣に届け出なければならない。

一  名称(略称を用いている場合には、名称及びその略称)

二  主たる事務所の所在地

三  代表者、会計責任者及び会計責任者に事故があり又は会計責任者が欠けた場合に
その職務を行うべき者それぞれ一人の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

四  会計監査を行うべき者の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

五  所属する衆議院議員又は参議院議員の氏名、住所及び衆議院の小選挙区選出議員若しくは比例代表選出議員又は参議院の
比例代表選出議員若しくは選挙区選出議員の別並びに当該衆議院議員又は参議院議員が選出された選挙の期日

六  次に掲げる得票総数

41名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:22:22.30ID:4sq0rtYw
1.
ひとは誰でも持っている みんな心に持っている
遥かな無始の過去から 持っている
ひとに誰でも隠れてる みんなの心に隠れてる
無明の闇を越えて 超越神力だ
功徳によって サマディによって 修習によって 得る世界
悟りによって 解脱によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
無明の闇を越えて 超越神力だ

2.
ひとに誰でも必要だ まさかの時に必要だ
あなたの少しの努力が 実を結ぶ
ひとに誰でも役に立つ まさかの時に役に立つ
苦悩の波を超えて 超越神力だ
善行によって 寂止によって ダルマによって 得る世界
思念によって 観慧によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
苦悩の波を超えて 超越神力だ


超越神力、それは、ヒナヤーナ、マハーヤーナ、タントラヤーナ、ヴァジラヤーナそして、テーラヴァーダの実践により、すべての魂が身につけることのできる最高の力である。
これ以外の方法により身につけられた超越神力は、必ず欠陥があるのだ。


3.
心のなかに現れる 心のなかに聞こえる
遥かな神秘の国から やってくる
宇宙を越えてやってくる 光を超えてやってくる
タマスの無智を越えて 超越神力だ
布施によって 奉仕によって 調気によって 得る世界
持戒によって ムドラーによって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
タマスの無智を越えて 超越神力だ

4.
ひとは誰でも必要だ みんなのために必要だ
真実の救済のために 必要だ
覚者は誰でも持っている 済度のために持っている
悪魔の軍勢を破って 超越神力だ
慈悲によって 覚支によって 五力によって 得る世界
念処によって 如意足によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
悪魔の軍勢を破って 超越神力

42名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:24:37.47ID:4sq0rtYw
兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。

わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。

最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。

死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」

死のとげは罪であり、罪の力は律法です。

わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

43名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:25:06.79ID:4sq0rtYw
摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五

蘊皆空度一切苦厄舎利子色不異空空不

異色色即是空空即是色受想行識亦復如

是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄

不増不減是故空中無色無受想行識無眼

耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至

無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死

亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無

所得故菩提薩埵依般若波羅蜜多故心無

罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切顛倒夢

想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故

得阿耨多羅三藐三菩提故知般若波羅蜜

多是大神咒是大明咒是無上咒是無等等

咒能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜

多咒即説咒曰

掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦

菩提薩婆訶 般若心経

44名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:25:43.09ID:4sq0rtYw
我建超世願 必至無上道(がごんちょうせがん ひっしむじょうどう)
斯願不満足 誓不成正覚(しがんふまんぞく せいふじょうしょうがく)
我於無量劫 不為大施主(がおむりょうこう ふいだいせしゅ)
普済諸貧苦 誓不成正覚(ふさいしょびんぐ せいふじょうしょうがく)
我至成仏道 名声超十方(がしじょうぶつどう みょうしょうちょうじっぽう)
究竟靡所聞 誓不成正覚(くきょうみしょもん せいふじょうしょうがく)
離欲深正念 浄慧修梵行(りよくじんしょうねん じょうえしゅぼんぎょう)
志求無上道 為諸天人師(しぐむじょうどう いしょてんにんし)
神力演大光 普照無際土(じんりきえんだいこう ふじょうむさいど)
消除三垢冥 広済衆厄難(しょうじょさんくみょう こうさいしゅやくなん)
開彼智慧眼 滅此昏盲闇(かいひちえげん めっしこんもうあん)
閉塞諸悪道 通達善趣門(へいそくしょあくどう つうだつぜんしゅもん)
功祚成満足 威曜朗十方(こうそじょうまんぞく いようろうじっぽう)
日月戢重暉 天光隠不現(にちがつしゅうじゅうき てんこうおんぷげん)
為衆開法蔵 広施功徳宝(いしゅかいほうぞう こうせくどくほう)
常於大衆中 説法師子吼(じょうおだいしゅちゅう せっぽうししく)
供養一切仏 具足衆徳本(くよういっさいぶつ ぐそくしゅとくほん)
願慧悉成満 得為三界雄(がんねしつじょうまん とくいさんがいお)
如仏無礙智 通達靡不照(にょぶつむげち つうだつみふしょう)
願我功慧力 等此最勝尊(がんがくえりき とうしさいしょうそん)
斯願若剋果 大千応感動(しがんにゃっこっか だいせんおうかんどう)
虚空諸天人 当雨珍妙華(こくうしょてんにん とううちんみょうけ)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
願以此功徳 平等施一切(がんにしくどく びょうどうせいっさい)
同発菩提心 往生安楽国(どうほつぼだいしん おうじょうあんらっこく)

45名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:26:37.27ID:4sq0rtYw
【草食男子が増えた原因を理解できない女達】
バブルの頃に女達は自分の価値を過大評価し過ぎて実態の無い価値を生み出して敷居を高くした。
恋愛の新規参入を行い難くした事で男達の間では恋愛は衰退した。

新規参入が減れば「なにが良いんだ?あんなもの?」と価値を感じない者が増えるのは当たり前の事。
ましてや恋愛は、中高生の時点で経験しなければその後は利害関係でしか恋愛しなくなる。
男達は社会に出て働いて仕事を覚える迄は恋愛に感ける暇など無いのが実情だろう。
男達が純粋に恋愛に没頭出来る期間は僅か4年間「中1〜中2と高1〜高2」だけです。
(文系に進学しても更に二回生迄の2年間を追加しても合計6年間)

社会に出て数年経って経済的に余裕が出る頃の男達は「女に労力と金を費やしても良い結果は出ない」という事に気付く。
既にその頃には性欲も減退する頃なので「恋愛にも結婚にもメリットを感じなくなる」
なのに女達は社会人の恋愛では更にハードルを上げたのである。

女達は男達が恋愛にメリットを感じなくなっても「○○しないやつは馬鹿」とか言い出して男達を煽って詰って貶す事しか出来ない。
男達を見下して選民思想でいる自分達のナルシスト振りで自分で慰め始める始末だ。
それを見て「馬鹿らしい」と感じた男達が更に女達から逃げ出していく。(これはサイレントクレーマーの挙動と同じ原理)
恋愛は良いという事を中高生の男達(特にモテない方の男達)に徹底的に仕込まなければ女の需要価値はもう上がらない。
数的に一番多い底辺層や一般層の求める意識が高くなければ恋愛も結婚も衰退するだけ。

結果、女達に失望して自分から狩りをする事をやめた「草食男子」達の誕生である。

人は思春期に影響を受けたものに長く影響される。
中高生の時代に恋愛の影響を受けない男が増えれば恋愛をしない男性達が増えるのは当然の結果だ。
だけど女は「周りの女に自慢できる男」にしか目が行かないので一部の恋愛強者の男と恋愛部外者の男だけを
作りだした結果、恋愛からあぶれる者が激増した結果が現在の男女関係の基本構造だ。

女達は自省が出来ないマスコミ同様「なぜ男が恋愛に消極的なのか」を全く理解すらしない様だ。
女バブルの終了時代到来だけど、当事者には許せないんだろうね。

46名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:27:02.32ID:4sq0rtYw
レスありがとうございます。蛇足はないほうがいいという方もおられますが、一度きめたことなので投下させてください。
反対してくれた方、本当にごめんなさい。

【閲覧注意】

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

【閲覧注意】蛇足

実はこのSSは僕の7年間の遠距離恋愛がベースになっています。もちろん、秒速5センチメートルと絡ませるためや特定を防ぐために、無理やり時系列や場所、内容はいじっています。
でも各キャラの言い回しなどは当時のをそのまま使っています。そしてこのSSに登場するキャラにも全てモデルがいます。ちなみに男はSSの内容を盛り上げるためにモテる設定でしたが、
僕は一度も告白されたことがありませんし、告白したのも小学生の時からずっと好きだった幼馴染のモデルになっている女の子に中学の時に告白をしたのが唯一です。
そしてこれからもずっと死ぬまで好きでい続けたい子もその子です。ちなみにイケメンのモデルの奴も本当にあんなくそ野郎で幼兄のモデルになった人にボコられました。

じゃあ何でこんなことを蛇足で書くかというと、『あの映画』だけが遠距離恋愛の結果じゃないということを知って欲しかったからです。すごく上からな発言になってしまっていますが、
『距離』に負けなかった『二人』が少なからず実在するんだってこと、そしてその『距離』に勝つためには、このSSでもキーワードになっていますが、『想いをちゃんと伝え合うこと』、
そして『大事な二人だけの約束を交わし、果たすこと』、これが『距離』に勝つために大切なことなんじゃないかということを僕の実体験をもとにこのSSで皆さんに伝えたかったからなんです。

以上で蛇足は終了です。気分を害された方がいたら本当に申し訳ありません。でもこれから、遠距離恋愛に挑もうとしている方、もしくはすでに途中の方、
そして遠くに好きな人がいる方になんらかの考えるきっかけになればと思っています。また、あの『秒速5センチメートル』という映画には僕自身とても考えさせられました。
確かに僕もあの映画を見て凹みましたが、「あんな結果にならないためにも」と、遠距離恋愛に絶対に負けないという気持ちが逆に強くなったきっかけにもなりました。
そのおかげで僕は7年という年月を乗り越えて彼女と一緒になれました。なので、皆さんにもそういう風にあの映画を捉えてもらえれば、
あの映画を見たことも決して無駄ではないと思えるのではないかと思います。

では長々と書いてしまいましたがこれで本当に本当に終わりです。ここまで読んで頂いて本当に本当にありがとうございました。

47名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 02:27:25.81ID:4sq0rtYw
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。
弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報
を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので
、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に
関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、
お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により
、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人
情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切
な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的
を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて
使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱い
を第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供さ
れることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限
りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第
三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス
提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し
込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処
いたします。

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合
には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせしま
す。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通
知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提
供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合
には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

48名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/17(木) 21:07:27.01ID:y9Oqe3Rj
修羅の国トンキン

49名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/18(金) 03:00:32.55ID:zPyFBvpM
荒らせ荒らせもっと荒らせ

50名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 03:35:24.35ID:5gSsAl9I
移動して下さい

本スレ
日暮里】一由そば 9杯目【名物ガチゲソ】
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/jnoodle/1477879476/

このスレへの書き込みは犯罪です

51名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 07:19:36.55ID:XD2io3jY
タヌキのお持ち帰りというからどんなモノかと見てきた
でかい天かすだね
あれで油さえ切ってあれば買っても良いんだけどなあ
胸焼けしそうだ

52名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:20:08.52ID:5gSsAl9I
材料 (2人分)

買い物リストに追加

ごぼう1本(約150g)人参1/2本☆しょうゆ、酢各小1★白すりごま大2★マヨネーズ大3

 近くのお店のチラシ・特売情報を見る(無料)

ごぼう 98円(税抜) ※商品例

ごぼう、人参はそれぞれ長さ4pくらいの千切りに

熱湯にごぼう入れ2分茹でて、人参加え、さらに1分茹でる。

ザルにあけ、水けしっかり切り、ボウルに入れ、温かいうちに☆を混ぜる。

4



★を合わせる。3に入れ、よく混ぜて、器に盛る。

白いりごまをすった方が風味アップです。

5



2015.1.30話題入り
2015.9.9 2度目の話題入り
つくれぽを送ってくださった皆様、ありがとうござい
★白すりごまを使った包丁いらずの簡単!たたききゅうりの胡麻味噌あえ ID2892340 
話題入
ごぼうのみのゴママヨサラダも。お味噌が隠し味です。
ID2941179 
話題入りレシピです。
いんげんとえびのごまマヨ和え
えびのプリッと感も楽しめます。
ID3094363
9
2016.1.14meshioさんより。コーンと昆布つゆ小1、塩をプラスして♪美味しい!また作ります^^とのれぽ。感謝☆
2018.7.23はんちくたいさんからのコメ何故か反映されず。
ちょい足し作戦大成功ですね。
是非また作ってみてね。
コツ・ポイント
ごぼうは水にさらしてあく抜きをしなくても、熱湯で茹でてあく抜きをするので大丈夫です。白すりごまは多めの方がコクがでて美味しいです。ひと手間かけて、白いりごまをすり鉢ですった方が、香りもよく、オススメです。
レシピの生い立ち
ごぼうサラダが大好きなので、いろいろ作って試しています。細めの千切りなので、味もからみやすく、味見の時点から箸が止まりません。
レシピID:2967
プレミアムサービスなら人気

 ごぼう のレシピをもっと見る

53名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:22:27.88ID:5gSsAl9I
サトイモ
ページの問題点
サトイモ
サトイモの根茎
分類(APG III)界:植物界 Plantae階級なし:被子植物 angiosperms階級なし:単子葉類 monocots目:オモダカ目 Alismatales科:サトイモ科 Araceae属:サトイモ属 Colocasia[1]種
:サトイモ C. esculenta学名Colocasia esculenta (L.) Schott[2]和名サトイモ英名Eddoeさといも、球茎、生の代表値[3]100 gあたりの栄養価エネルギー243 kJ (58 kcal)
炭水化物
13.1 g
食物繊維2.3 g
脂肪
0.1 g
タンパク質
1.5 g
ビタミンビタミンA相当量
(0%)
0 μgチアミン (B1)
(6%)
0.07 mgリボフラビン (B2)
(2%)
0.02 mgナイアシン (B3)
(7%)
1.0 m
パントテン酸 (B5)
(10%)
0.48 mgビタミンB6
(12%)
0.15 mg葉酸 (B9)
(8%)
30 μgビタミンB12
(0%)
(0) μgビタミンC
(7%)
6 mgビタミンD
(0%)
(0) μgビタミンE
(4%)
0.6 mgビタミンK
(0%)
(0) μgミネラルナトリウム
(0%)
0 mg

54名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:23:07.45ID:5gSsAl9I
  ┏┓                 
  ┃┃┏━━┓             
┏┛┗┛┏┓┃      ┏┓   
┗┓  ┏┛┃┃  ┏━┛┻┓ 
┏┛┏┛  ┃┃  ┗━┓  ┃ 
┃  ┃┏━┛┃    ┏┛┏┛ 
┃  ┃┃┏┓┗┓┏┛  ┗┓ 
┗┫┃┃┗┛┏┛┃┏━┓┗┓┃ 
  ┗┛┗━━┛  ┗┛  ┗━┛

┏━━━━━┓          ┏┓            ┏━━┓                    ┏┓
┃┏━┓┏━┛    ┏━━┛┗━━┓┏━━┛  ┏┛                    ┃┃
┃┗━┛┗━┓    ┃┏┓┏┓┏━┛┗━━━┓┃            ┏━━━┓┃┃
┃┏━┓┏━┛    ┃┗┛┗┛┗━┓        ┃┃            ┗━━━┛┃┃
┃┗━┛┗━┓    ┃┏┓┏┓┏┓┃┏━━━┛┗━┓                  ┃┃
┃┏━┓┏━┛    ┃┗┛┗┛┗┛┃┗━━━┓┏━┛                  ┃┃
┃┗━┛┗━━┓┏┛┏━━━━━┛        ┃┃  ┏━━━┓          ┃┃
┗━━━━━┓┃┃  ┃┏┓  ┏┓          ┃┃  ┗━━┓┃          ┃┃
┏┏┏┏┓  ┃┃┃  ┃┃┗┓┃┗┓      ┏┛┃  ┏━━┛┃        ┏┛┃
┃┃┃┃┃  ┃┃┃┏┛┃┏┛┃┏┛    ┏┛┏┛  ┗━━┓┃      ┏┛┏┛
┃┃┃┃┃┏┛┃┃┃┏┛┗┓┃┗┓┏━┛┏┛    ┏━━┛┃┏━━┛┏┛
┗┗┗┗┛┗━┛┗┛┗━━┛┗━┛┗━━┛      ┗━━━┛┗━━━┛
    ┏━━┓          ┏┳┓    ┏┓      ┏┓  ┏━┓    ┏┓      ┏┓          ┏━┓    ┏━━┓
  ┏┛    ┗┓    ┏┓┃┃┃  ┏┛┃    ┏┛┗┓┗┓┃┏━┛┗┓    ┃┃      ┏━┛  ┃  ┏┛┏┓┗┓
┏┛┏━━┓┗┓  ┃┃┗┻┛  ┃┏┛    ┗┓┏┛  ┗┛┗━┓┏┛  ┏┛┃      ┗━┓┏┛  ┃┏┛┗┓┃
┗━┛┏┓┗━┛  ┃┃      ┏┛┃      ┏┛┃  ┏┓  ┏━┛┗━┓┃┏┛      ┏━┛┗━┓┗┛  ┏┛┃
  ┏━┛┻━┓  ┏┛┗━━┓┃┏┻━┓  ┃┏┛  ┃┃  ┃        ┃┃┃    ┏┓┗━┓┏━┛    ┏┛┏┛
  ┗━━━┓┃  ┃┏━━━┛┃┃┏┓┃  ┗┛┏━┛┃  ┗━┓┏━┛┃┗━━┛┃  ┏┛┃        ┃┏┛
        ┏┛┃  ┃┃        ┃┃┃┃┃┏┓  ┃┏┓┗┓    ┃┃    ┃        ┃┏┛  ┃        ┗┛
    ┏━┛┏┛  ┃┗━━━┓┃  ┃┃┗┛┃  ┃┗┛┏┛    ┃┃    ┃┏━━┓┃┃  ┏┛        ┏┓
    ┗━━┛    ┗━━━━┛┗━┛┗━━┛  ┗━━┛      ┗┛    ┗┛    ┗┛┗━┛          ┗

55名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:23:43.01ID:5gSsAl9I
激震トランプ 安倍首相と会談 霧中に踏み出した一歩

毎日新聞 2016年11月19日 東京朝刊

前の回連載一覧

 これを安定的な日米関係を築く一歩にしたい。安倍晋三首相は、ニューヨークでトランプ次期米大統領と会談した。各国首脳の中で、大統領選後にトランプ氏と会談した「一番乗り」となった。

 日本の首相が、就任前の次期米大統領と会談するのは極めて異例だ。だが、トランプ氏が選挙中、日本を含む国際社会の安全保障や経済を揺るがしかねない発言をしてきたことを考えると、理解できる。

 大統領就任前の非公式な会談とあって、詳しい内容は明らかにされなかった。首相は会談後、記者団に「トランプ次期大統領は信頼できる指導者だと確信した」と語った。

 トランプ新政権がどういう政権になるかは見通せず、霧の中にある。

56名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:25:56.62ID:5gSsAl9I
便の水分が異常に増え、液状またはそれに近い状態を「下痢便」、通常より少し軟らかい状態を「軟便」といいます。下痢便や軟便を繰り返し、腹部不快感や腹痛を伴う状態を「下痢もしくは下痢症」といいます。
理想的とされるバナナ状の便の水分量は70%〜80%ですが、これが80%〜90%になると「軟便」、水分量が90%を超えると水様便となり「下痢便」の状態になります。

軟便・下痢のメカニズム
腸の働きが異常な状態になった時に下痢は起こります。
正常な腸では「ぜん動運動」という運動により、腸の内容物を肛門側に送ります。内容物が腸を通過する際に、内容物に含まれる水分が体内に吸収され適度な水分を含む便になります。
この時、なんらかの原因でこの「ぜん動運動」が異常に活発になった時や水分量の調節機能に障害が起きた時に便中の水分が増加して「下痢便」や「軟便」になります。
腸の「ぜん動運動」が過剰になった場合、腸の内容物が急速に通過するため水分の吸収が十分に行われません。そのため、液状の糞便となり下痢便や軟便になります。
また、腸から体内への水分吸収が不十分な時や、腸からの水分分泌が増えると、腸の中の水分が異常に多くなり下痢便や軟便になります。


軟便・下痢のメカニズム
軟便・下痢の原因
軟便・下痢の症状
軟便・下痢のおくすり
軟便・下痢の生活での注意
おなかの悩み相談室TOPへ
製品情報(効能・用法・使用上の注意をよく読んでご利用ください)
[第2類医薬品]正露丸
製品情報ブランドサイト
[第2類医薬品]セイロガン糖衣A
製品情報ブランドサイト
[第2類医薬品]ピシャット錠
製品情報ブランドサイト
[指定医薬部外品]ラッパ整腸薬BF
製品情報ブランドサイト

57名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:29:58.48ID:5gSsAl9I
なりたい」が見つかる職業情報サイト

メニュー
検索
僧侶(住職・坊さん)を目指す人のための情報サイト
僧侶(住職・坊さん)の仕事
トップ仕事内容なるには資格・試験給料・年収
住職になるには
住職は寺院の責任者
住職とは寺院の僧侶達をまとめ、葬儀や法事の責任者となる人のことを指します。いわば寺院の顔であるというわけです。
住職になるために必要な資格はありませんが、ほとんどの寺院は世襲によって住職を継承します。したがって後継者のいる寺院で住職を目指すのは難しいでしょう。
跡取りのいない寺院は本山から推薦された僧侶を住職として迎えます。寺院の生まれでない僧侶が住職を目指す場合は本山で厳しい修行を積み、認められる必要があります。
住職は一寺の最高位の僧侶であるため、常に向上心を持って継承した後も己に厳しく鍛練に励み続けなければなりません。
目標とされる立場に
住職になると、僧侶の弟子を数人抱えることになります。
もちろん、必ず弟子を持たなければならないという決まりはありませんが、寺院の運営を円滑にするため、ほとんどの住職が弟子をとります。
弟子は法事や葬儀の際、住職に同行し、その補佐を行いながらスキルを上げます。
住職は常に弟子たちの見本となり目指すべき存在であるため、生涯を通じて向上心を持って職務にあたる必要があります。
責任の分だけ好待遇
代々受け継がれてきた寺院を次の世代につなぐ大切な役割を担う住職の責任は決して軽いものではありません。
さらに現代のようなものすごい速さで環境が変化する時代における寺院の経営は今までになく困難になってきています。
これからの住職は古いものを大切に守りながら、新しい時代に対応していくことを求められているのです。
住職はこの重い責任の分だけ他の僧侶よりも待遇は良くなっています。当然収入も一般の僧侶より高額です。
しかし住職を目指す人は金銭には代えられない責任と使命が課せられていることを知っておくべきでしょう。
住職のほとんどは寺院の跡取りですが、そうでなくても真面目に学問をし、地道な修行を積み重ね、認められれば住職を目指すことは十分可能です。

58名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:31:26.45ID:5gSsAl9I
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。
弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報
を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので
、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に
関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、
お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により
、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人
情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切
な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的
を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて
使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱い
を第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供さ
れることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限
りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第
三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス
提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し
込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処
いたします。

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合
には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせしま
す。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通
知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提
供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合
には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

59名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 08:33:03.26ID:5gSsAl9I
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。
弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報
を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので
、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に
関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、
お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により
、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人
情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切
な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的
を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて
使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱い
を第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供さ
れることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限
りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第
三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス
提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し
込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処
いたします

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合
には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせしま
す。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通
知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提
供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合
には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

60名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 10:19:35.85ID:EHsU7Qq7
荒らせ荒らせもっと荒らせ

61名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 12:47:10.32ID:RB0r0VaP
兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。

わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。

最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。

死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」

死のとげは罪であり、罪の力は律法です。

わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

62名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 13:26:21.04ID:RB0r0VaP
---__-_-----___-____-_-___-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___----_-___--__------
-__-___-----__-___-_---___---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-_-----_--_____---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-__-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__-___---、

63名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 13:27:44.19ID:RB0r0VaP
---__-_-----___-____-_-___-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___---__--__------
-__-___-----__-___-_---___-__---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-_-----_--_____---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-_、、-_-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__-___---

64名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 13:32:45.10ID:jrybfglL
糞スレ



――――――――糸冬了――――――――

65名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/19(土) 14:03:21.89ID:i2acDRrm
トンキンビトモドキ

66名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/20(日) 13:08:18.13ID:/Icaq2rA
どっちも荒れてるな。

67名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/20(日) 14:44:02.61ID:iUTXMfU/
どっちも同じやつが荒らしてるからなあ
まあ、スルーしとけば問題ないけどね

68名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 14:37:22.01ID:jkxJjs7X
トンキソ弁はオカマ言葉w

69名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:17:00.01ID:VjVoSbE7
---__-_-----___-____-_-___-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___----_-___--__------
-__-___-----__-___-_---___-__---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-_-----_--_____---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-_-_-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__-___---

70名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:18:43.06ID:VjVoSbE7
---__-_-----___-____-_-、__-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___----_-___--__------
-__-___-----__-___-_---___-__---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-_-----_--_____---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-_-_-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__-___---

71名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:19:04.36ID:VjVoSbE7
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。
弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報
を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので
、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に
関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、
お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により
、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人
情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切
な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的
を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて
使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱い
を第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供さ
れることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限
りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第
三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス
提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し
込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処
いたします。

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合
には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせしま
す。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通
知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提
供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合
には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

72名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:19:30.27ID:VjVoSbE7
レスありがとうございます。蛇足はないほうがいいという方もおられますが、一度きめたことなので投下させてください。
反対してくれた方、本当にごめんなさい。

【閲覧注意】

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

【閲覧注意】蛇足

実はこのSSは僕の7年間の遠距離恋愛がベースになっています。もちろん、秒速5センチメートルと絡ませるためや特定を防ぐために、無理やり時系列や場所、内容はいじっています。
でも各キャラの言い回しなどは当時のをそのまま使っています。そしてこのSSに登場するキャラにも全てモデルがいます。ちなみに男はSSの内容を盛り上げるためにモテる設定でしたが、
僕は一度も告白されたことがありませんし、告白したのも小学生の時からずっと好きだった幼馴染のモデルになっている女の子に中学の時に告白をしたのが唯一です。
そしてこれからもずっと死ぬまで好きでい続けたい子もその子です。ちなみにイケメンのモデルの奴も本当にあんなくそ野郎で幼兄のモデルになった人にボコられました。

じゃあ何でこんなことを蛇足で書くかというと、『あの映画』だけが遠距離恋愛の結果じゃないということを知って欲しかったからです。すごく上からな発言になってしまっていますが、
『距離』に負けなかった『二人』が少なからず実在するんだってこと、そしてその『距離』に勝つためには、このSSでもキーワードになっていますが、『想いをちゃんと伝え合うこと』、
そして『大事な二人だけの約束を交わし、果たすこと』、これが『距離』に勝つために大切なことなんじゃないかということを僕の実体験をもとにこのSSで皆さんに伝えたかったからなんです。

以上で蛇足は終了です。気分を害された方がいたら本当に申し訳ありません。でもこれから、遠距離恋愛に挑もうとしている方、もしくはすでに途中の方、
そして遠くに好きな人がいる方になんらかの考えるきっかけになればと思っています。また、あの『秒速5センチメートル』という映画には僕自身とても考えさせられました。
確かに僕もあの映画を見て凹みましたが、「あんな結果にならないためにも」と、遠距離恋愛に絶対に負けないという気持ちが逆に強くなったきっかけにもなりました。
そのおかげで僕は7年という年月を乗り越えて彼女と一緒になれました。なので、皆さんにもそういう風にあの映画を捉えてもらえれば、
あの映画を見たことも決して無駄ではないと思えるのではないかと思います。

では長々と書いてしまいましたがこれで本当に本当に終わりです。ここまで読んで頂いて本当に本当にありがとうございました。

73名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:19:51.08ID:VjVoSbE7
【草食男子が増えた原因を理解できない女達】
バブルの頃に女達は自分の価値を過大評価し過ぎて実態の無い価値を生み出して敷居を高くした。
恋愛の新規参入を行い難くした事で男達の間では恋愛は衰退した。

新規参入が減れば「なにが良いんだ?あんなもの?」と価値を感じない者が増えるのは当たり前の事。
ましてや恋愛は、中高生の時点で経験しなければその後は利害関係でしか恋愛しなくなる。
男達は社会に出て働いて仕事を覚える迄は恋愛に感ける暇など無いのが実情だろう。
男達が純粋に恋愛に没頭出来る期間は僅か4年間「中1〜中2と高1〜高2」だけです。
(文系に進学しても更に二回生迄の2年間を追加しても合計6年間)

社会に出て数年経って経済的に余裕が出る頃の男達は「女に労力と金を費やしても良い結果は出ない」という事に気付く。
既にその頃には性欲も減退する頃なので「恋愛にも結婚にもメリットを感じなくなる」
なのに女達は社会人の恋愛では更にハードルを上げたのである。

女達は男達が恋愛にメリットを感じなくなっても「○○しないやつは馬鹿」とか言い出して男達を煽って詰って貶す事しか出来ない。
男達を見下して選民思想でいる自分達のナルシスト振りで自分で慰め始める始末だ。
それを見て「馬鹿らしい」と感じた男達が更に女達から逃げ出していく。(これはサイレントクレーマーの挙動と同じ原理)
恋愛は良いという事を中高生の男達(特にモテない方の男達)に徹底的に仕込まなければ女の需要価値はもう上がらない。
数的に一番多い底辺層や一般層の求める意識が高くなければ恋愛も結婚も衰退するだけ。

結果、女達に失望して自分から狩りをする事をやめた「草食男子」達の誕生である。

人は思春期に影響を受けたものに長く影響される。
中高生の時代に恋愛の影響を受けない男が増えれば恋愛をしない男性達が増えるのは当然の結果だ。
だけど女は「周りの女に自慢できる男」にしか目が行かないので一部の恋愛強者の男と恋愛部外者の男だけを
作りだした結果、恋愛からあぶれる者が激増した結果が現在の男女関係の基本構造だ。

女達は自省が出来ないマスコミ同様「なぜ男が恋愛に消極的なのか」を全く理解すらしない様だ。
女バブルの終了時代到来だけど、当事者には許せないんだろうね。

74名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:20:12.05ID:VjVoSbE7
我建超世願 必至無上道(がごんちょうせがん ひっしむじょうどう)
斯願不満足 誓不成正覚(しがんふまんぞく せいふじょうしょうがく)
我於無量劫 不為大施主(がおむりょうこう ふいだいせしゅ)
普済諸貧苦 誓不成正覚(ふさいしょびんぐ せいふじょうしょうがく)
我至成仏道 名声超十方(がしじょうぶつどう みょうしょうちょうじっぽう)
究竟靡所聞 誓不成正覚(くきょうみしょもん せいふじょうしょうがく)
離欲深正念 浄慧修梵行(りよくじんしょうねん じょうえしゅぼんぎょう)
志求無上道 為諸天人師(しぐむじょうどう いしょてんにんし)
神力演大光 普照無際土(じんりきえんだいこう ふじょうむさいど)
消除三垢冥 広済衆厄難(しょうじょさんくみょう こうさいしゅやくなん)
開彼智慧眼 滅此昏盲闇(かいひちえげん めっしこんもうあん)
閉塞諸悪道 通達善趣門(へいそくしょあくどう つうだつぜんしゅもん)
功祚成満足 威曜朗十方(こうそじょうまんぞく いようろうじっぽう)
日月戢重暉 天光隠不現(にちがつしゅうじゅうき てんこうおんぷげん)
為衆開法蔵 広施功徳宝(いしゅかいほうぞう こうせくどくほう)
常於大衆中 説法師子吼(じょうおだいしゅちゅう せっぽうししく)
供養一切仏 具足衆徳本(くよういっさいぶつ ぐそくしゅとくほん)
願慧悉成満 得為三界雄(がんねしつじょうまん とくいさんがいお)
如仏無礙智 通達靡不照(にょぶつむげち つうだつみふしょう)
願我功慧力 等此最勝尊(がんがくえりき とうしさいしょうそん)
斯願若剋果 大千応感動(しがんにゃっこっか だいせんおうかんどう)
虚空諸天人 当雨珍妙華(こくうしょてんにん とううちんみょうけ)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
願以此功徳 平等施一切(がんにしくどく びょうどうせいっさい)
同発菩提心 往生安楽国(どうほつぼだいしん おうじょうあんらっこく)

75名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:21:14.05ID:VjVoSbE7
摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五

蘊皆空度一切苦厄舎利子色不異空空不

異色色即是空空即是色受想行識亦復如

是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄

不増不減是故空中無色無受想行識無眼

耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至

無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死

亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無

所得故菩提薩埵依般若波羅蜜多故心無

罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切顛倒夢

想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故

得阿耨多羅三藐三菩提故知般若波羅蜜

多是大神咒是大明咒是無上咒是無等等

咒能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜

多咒即説咒曰

掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦

菩提薩婆訶 般若心経

76名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:21:34.42ID:VjVoSbE7
兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。

わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。

最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。

死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」

死のとげは罪であり、罪の力は律法です。

わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

77名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:22:07.95ID:VjVoSbE7
1.
ひとは誰でも持っている みんな心に持っている
遥かな無始の過去から 持っている
ひとに誰でも隠れてる みんなの心に隠れてる
無明の闇を越えて 超越神力だ
功徳によって サマディによって 修習によって 得る世界
悟りによって 解脱によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
無明の闇を越えて 超越神力だ

2.
ひとに誰でも必要だ まさかの時に必要だ
あなたの少しの努力が 実を結ぶ
ひとに誰でも役に立つ まさかの時に役に立つ
苦悩の波を超えて 超越神力だ
善行によって 寂止によって ダルマによって 得る世界
思念によって 観慧によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
苦悩の波を超えて 超越神力だ


超越神力、それは、ヒナヤーナ、マハーヤーナ、タントラヤーナ、ヴァジラヤーナそして、テーラヴァーダの実践により、すべての魂が身につけることのできる最高の力である。
これ以外の方法により身につけられた超越神力は、必ず欠陥があるのだ。


3.
心のなかに現れる 心のなかに聞こえる
遥かな神秘の国から やってくる
宇宙を越えてやってくる 光を超えてやってくる
タマスの無智を越えて 超越神力だ
布施によって 奉仕によって 調気によって 得る世界
持戒によって ムドラーによって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
タマスの無智を越えて 超越神力だ

4.
ひとは誰でも必要だ みんなのために必要だ
真実の救済のために 必要だ
覚者は誰でも持っている 済度のために持っている
悪魔の軍勢を破って 超越神力だ
慈悲によって 覚支によって 五力によって 得る世界
念処によって 如意足によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
悪魔の軍勢を破って 超越神力

78名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:22:32.78ID:VjVoSbE7
一  当該政治団体に所属する衆議院議員又は参議院議員を五人以上有するもの

二  前号の規定に該当する政治団体に所属していない衆議院議員又は参議院議員を有するもので、直近において行われた衆議院議員の総選挙
(以下単に「総選挙」という。)における小選挙区選出議員の選挙若しくは比例代表選出議員の選挙又は直近において行われた参議院議員の通常選挙(以下単に「通常選挙」という。)若しくは当該通常選挙の直近において行われた通常選挙における比例
代表選出議員の選挙若しくは選挙区選出議員の選挙における当該政治団体の得票総数が当該選挙における有効投票の総数の百分の二以上であるもの

2  前項各号の規定は、他の政党(政治資金規正法第六条第一項 (同条第五項 において準用する場合を含む。)の規定により政党である旨の届出をしたものに限る。)
に所属している衆議院議員又は参議院議員が所属している政治団体については、適用しない。

(政党に対する政党交付金の交付等)

第三条  国は、この法律の定めるところにより、政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律 (平成六年法律第百六号。以下「法人格付与法」

という。)第四条第一項 の規定による法人である政党に対して、政党交付金を交付する。

2  政党交付金は、議員数割(政党に所属する衆議院議員及び参議院議員の数に応じて交
付される政党交付金をいう。以下同じ。)及び得票数割(総選挙の小選挙区選出議員の選挙及び比例代表選出議員の選挙並びに通常選挙の比例代表選出議員の選挙及び選挙区選出議員の選挙における
政党の得票総数に応じて交付される政党交付金をいう。以下同じ。)とする。

(この法律の運用等)

第四条  国は、政党の政治活動の自由を尊重し、政党交付金の交付に当たっては、条件を
付し、又はその使途について制限してはならない。

2  政党は、政党交付金が国民から徴収された税金その他の貴重な財源で賄われるものであることに特に留意し、その責任を自覚し、その組織及び運営については民
主的かつ公正なものとするとともに、国民の信頼にもとることのないように、政党交付金を適切に使用しなければならない。

   第二章 政党の届出

(政党交付金の交付を受ける政党の届出)

第五条  政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年の一月一日(同日が前年において行われた総選挙又は通常選挙に係
る次条第一項の選挙基準日前にある場合には、当該選挙基準日とする。以下「基準日」という。)現在における次に掲げる事項を、基準日の翌日から起算して十五
日以内に、総務大臣に届け出なければならない。

一  名称(略称を用いている場合には、名称及びその略称)

二  主たる事務所の所在地

三  代表者、会計責任者及び会計責任者に事故があり又は会計責任者が欠けた場合に
その職務を行うべき者それぞれ一人の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

四  会計監査を行うべき者の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

五  所属する衆議院議員又は参議院議員の氏名、住所及び衆議院の小選挙区選出議員若しくは比例代表選出議員又は参議院の
比例代表選出議員若しくは選挙区選出議員の別並びに当該衆議院議員又は参議院議員が選出された選挙の期日

六  次に掲げる得票総数

79名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:22:52.68ID:VjVoSbE7
二 外 国 に お い て 、 学 校 教 育 に お け る 12年 の 課 程 を 修 了 し た 者 又 は こ れ に 準 ず る 者 で 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者
三 文 部 科 学 大 臣 が 高 等 学 校 の 課 程 と 同 等 の 課 程 を 有 す る も の と し て 認 定 し た 在 外 教 育 施 設 の 当 該 課 程 を 修 了 し た 者 。
四 専 修 学 校 の 高 等 課 程 ( 修 業 年 限 が 3 年 以 上 で あ る こ と そ の 他 の 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 基 準 を 満 た す も の に 限 る 。 ) で
文 部 科 学 大 臣 が 別 に 指 定 す る も の を 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 日 以 後 に 修 了 し た 者
五 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者 。
六 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 規 則 に よ る 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 に 合 格 し た 者 ( 旧 規 程 に よ る 大 学 入 学 資 格 検 定 ( 以
下 「 旧 検 定 」 と い う 。 ) に 合 格 し た 者 を 含 む 。 )
七 学 校 教 育 法 第 90条 第 2 項 の 規 定 に よ り 大 学 に 入 学 し た 者 で あ っ て 、 当 該 者 を そ の 後 に 入 学 さ せ る 大 学 に お い て 、 大 学
に お け る 教 育 を 受 け る に ふ さ わ し い 学 力 が あ る と 認 め た 者
八 大 学 に お い て 、 個 別 の 入 学 資 格 審 査 に よ り 、 高 等 学 校 を 卒 業 し た 者 と 同 等 以 上 の 学 力 が あ る と 認 め た 者 で 、 18歳に達
し た 者
( 入 学 の 出 願 )
第 13条 入 学 志 願 者 は 、 本 学 指 定 の 書 類 を 提 出 し な け れ ば な ら な い 。
2 提 出 の 時 期 、 方 法 、 提 出 す べ き 書 類 に つ い て は 、 別 に 定 め る 。
( 入 学 者 の 選 考 )
第 14条 入 学 志 願 者 に 対 し て は 、 別 に 定 め る と こ ろ に よ り 選 考 を 行 う 。
( 入 学 手 続 き 及 び 入 学 許 可 )
第 15条 前 条 の 選 考 に よ り 合 格 の 通 知 を 受 け た 者 は 、 所 定 の 期 日 ま で に 誓 約 書 そ の 他 本 学 所 定 の 書 類 を 提 出 す る と と も に 、
第 35条別表 4 に 定 め る 入 学 金 を 納 入 し な け れ ば な ら な い 。
2 学 長 は 前 項 の 入 学 手 続 き を 完 了 し た 者 に 入 学 を 許 可 す る 。
( 再 入 学 )
第 16条 本 学 を 退 学 し た 者 ま た は 除 籍 と な っ た 者 が 再 入 学 を 願 い 出 た 場 合 、 欠 員 の あ る 時 に 限 り 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 許
可 す る 。
2 再 入 学 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 別 に 定 め る 。
( 休 学 )
第 17条 病 気 そ の 他 の 事 由 に よ り 6 ケ 月 以 上 学 習 を 中 止 し よ う と す る と き は 、 休 学 を 願 い 出 る こ と が で き る 。
2 前 項 の 休 学 願 い に つ い て は 、 病 気 の 場 合 は 原 則 と し て 本 学 学 校 医 又 は 保 健 所 長 そ の 他 の 医 師 の 診 断 書 を 添 え 、 そ の 他 の
場 合 は 詳 細 な る 事 由 書 を 添 え て 提 出 し 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
( 復 学 )
第 18条 前 条 に よ り 休 学 の 許 可 を 受 け た 者 が 、 そ の 事 由 の 止 ん だ と き は 、 復 学 す る こ と が で き る 。
2 休 学 者 は 学 年 の 始 め で な け れ ば 復 学 す る こ と が で き な い 。
( 休 学 の 期 間 )
第 19条 休 学 期 間 は 通 算 し て 2 年 を 超 え る こ と が で き な い 。
2 休 学 期 間 は 第 6 条 第 2 項 の 在 学 年 限 に 算 入 し な い 。
( 転 学 )
第 20条 他 の 短 期 大 学 に 転 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
2 本 学 に 転 学 を 志 願 す る 者 が あ る と き は 、 選 考 の 上 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 相 当 年 次 に 入 学 を 許 可 す る こ と が あ る 。
( 退 学 )
第 21条 退 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 の 許 可 を 受 け な け れ ば な ら な い 。
2 但 し 、 疾 病 の た め 退 学 し よ う と す る 者

80名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:34:27.74ID:VjVoSbE7
私は元創価の会員でした。
すぐ隣に防衛省の背広組みの官舎があるのですが、
自分の家の窓にUSB接続のwebカメラを貼り付けて、そこの動画を撮影し続け
学会本部に送っていました。

別に大したものは写っていません。ゴミだしとか奥さんが子供を遊ばせている所とか。
官舎が老朽化して使われなくなってから、今まで法人税(うちは自営業です)をほぼ払わなくても済んでいたのが、
もう守ってやれないのでこれからは満額申告するように言われました。
納得がいかないと言うと、君は自業自得で餓鬼地獄へ落ちる、
朝夕南無妙法蓮華経と三千回ずつ唱えて心をきれいにしなさいと言われ
馬鹿らしくなって脱会しました。

それ以来、どこへ行くにもぞろ目ナンバーの車につけまわされたり大変な日々です。
全部自分の出来心から起きたことで、どこに訴えるわけにもいかないのですが
なんとかあの人たちと縁を切って新しい始まりを迎える方法はないんだろうか。

81名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 22:38:24.62ID:VjVoSbE7
【日暮里】一由そば 9杯目【名物ガチゲソ】 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/jnoodle/1477879476/

     / ̄ ̄\_
    / //ミ))) \
   / / // ̄ ̄ヽ   ヽ
  /   |  /      |   ハ    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |   / /        ヽ ミ |   (        _>
  | //⌒\)(/⌒ \ |.   /\____>ヽ
  |  | ノ●) |  (●ヽ | |   / / ミ\  /彡V .|
  ヽ .|   ̄  |    ̄  | ノ  (V ヽ・ |  (・ノ V)
   |人   (_)    ノ|    (  `ー |__ ー´  )
   | |  ノ__ヽ  | |    ∧   ノ∩ヽ   /
   人ヽ__  ⌒  __ノノ     人 ┌∪┐  ノ
     \_>--- <_/       >ヽ_ノ<
     /      \      /       \  みんなー!!
   /         \    /          \本スレにいくよー!
   /           \  / _,       ⊂二二)
   |  i         ヽ、_ヽl |         |
  └二二⊃         l ∪  |          |
     |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´

82名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/22(火) 10:38:54.85ID:J3RDwnOX
糞スレ



――――――――糸冬了――――――――

83名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/23(水) 10:40:51.76ID:f/dGL74P
俺の日記帳としてポチポチ書こうと思ってたら、いつの間にかスレも80を超えたか
あぼんばっかりで見えないレスだらけだけどな

84名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/24(木) 03:35:56.28ID:0b0hJSbQ
荒らせ荒らせ!もっと荒らせ!

85名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:21:55.85ID:Q/nnXHCC
---__-_-----___-____-_-___-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___----_-___--__------
-__-___-----__-___-_---___-__---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-_-----_--_____---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-_-_-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__-___---

86名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:22:22.99ID:Q/nnXHCC
---__-_-----___-____-_-___-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___----_-___--__------
-__-___-----__-___-_---___-__---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-、_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-_-----_--_____---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-_-_-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__-__

87名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:23:02.47ID:Q/nnXHCC
---__-_-----___-____-_-___-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___----_-___--__------
-__-___-----__-___-_---___-__---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-、___---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-_-_-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__-___---、、

88名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:23:37.07ID:Q/nnXHCC
---__-_-----___-____-_-___-_-__---_-----_--__----_-____-__--___-__--__--__-_
--__--__-_-___-_-_--_----_--_---___-----_-____--___-_-____--_--_--___---____
------_____-----_---__-___-----_-______-_--__-----______--_-__-__-____--_--_
----__-_--_---______--_--__-___--___-----___-__-_-_-_-__--_-_---_---_-____-_
_----_---______--_---___--__---_---_----_--___-_-__-__---__-_______----__-__
-_--_--_-__-------_-___-_______--_-_--__-____-_-_-_-___-___--_-_-----__--_--
-__-_----_-__----_-_-________-_--__-_-_-___-__-_--_-_-___----_-___--__------
-__-___-----__-___-_---___-__---____--____-_--___----___--_-_--_-----__-_-_-
______---_----_---______--__-__-___---____--_-_---__--__-_-___--_--__-------
__-__--_---___-__-__---_-----__---___-__-___-_----____-_-__-_-_---_-__-_-_--
--_---_--_-_-___--_---_--___-----__-__-__--_-_-_-__---____-_-__-__---_____-_
-_--__-__-_-----__-_-____-____-_-___-_----_____---___-_-_-__-__-----_-_-----
__-_-----___-___-__--__---__-_--__--_-_-_-__----_____---___---_----______---
__------_-__--_--___--_--_-_--_-__-__---_-_-____--_-_--__---__-_-____--___-_
--------_----_____-___-__--_--_-__-_---______-_---____-__-------____--__-___
--_-____--____-----_-_____-_--_--_-_--_-_-__-_----__-___-----_-___----__-___
_--_-____-__---_-__--_-_--____--_--_-__---_-_---_---___----_-_-__---_____-__
_-_--_--___--_____----______--_-------______-_--_--_----_--_--____-____----_
-_--___-_----__-------__--__-_---__------__-_-_-_--__-___-__-__________-_-_-
-__-__--___-_-_--__-----__-__-_-__-_--_---_--_-__---_-____--_-___-____-_----
-_-_-_-_-___-____-----____-----_-_--__-_-____--__--____---_----___-_--___---
-_--_-_--_-_--___-_-_--_--____-__----_-_-___--__---___-___-_-_----_---___-__
____---------__-____-__----___---__--_--_-_-_____-_-__-_-___--_-__--_--__---
--_-___--_--_-_-__-_-____---__---_----_--_--_-__-_--___--____-_--__-_-__--__
_--_-___-_____-__-__-__-____--__--_--_--____-__-_-----_-----_--_-___--_-----
--_--__-___---__-_-______---_--_--_-__--__--______-___---__-_--__--_-_------
-____--__--______-__-_---__---_----____-----__--__---_-_-_--____-_-__--__---
___--_----___--_--___----__-__-__---_-_---_-__--___-__----_--__-__-_---_____
_-_--_-_---_---------____---_----_--_-_______----_--_-_--_-____-__________-_
_--_-___-_-_-____--___--__----_-______--_-__-----____--__-_-_--_--_-_---_---
----_-_____-_______---____--_------_-_-____-_--__-_-_--_---_____-_-_-_------
__--_-_--_-_--_-______--___---____-___---__--__-_--__-----_-_-___---_-__----
_--_------__--_-______-_--_____-_-__----___--_----_-_-___-_--___--__-_--__--
___--__-__-__-__----_-_-__-----_-___-___-___--_-__-----__-___-_---__-__-----
_-_-__--_--__-__--___--____---_-------____-_____-_-___--__-_--_--__---_-_---
-_--------_-__--__-__-_--___----___-___-_____-___-_---__-_---__----____--_-_
-------_____-___---_-_-__---_--_-_---_-__-____-__-----____-----___-_-___-___
__-___--_-_-__-___-----___-___-----___-_-_-_-__------_-___--_--_-__-___-_---
-_-__-__-____-__--__-_---__-_-__-----_--_--__-____-----___---_----__--_-____
_---_----------_______------___------_-_-___-__--__________-___-___--_--_--_
_-_-_-_-_--_--__--___--_--_--__-____---__-____-__--_--__--__-___-_------_--_
----_-__--_-___-__---__-____---___-_--_-__-___-_-_--_-_-_-_-___--__-_--_----
-___-__--___-_-_--___-____----_-__--_---_-__--_--___-___-__--------__--_-__-
--_-__--__-____--_---_--__-____--___-__----_--_-__--____---_--_--____-_-_---
_-____---__-__-------_--_--_-_____-----_-__-_-__-----_-_-____-___-_-_-_-_-__
-_--____-_-__----_---__-_-----_--_____---___-__-_--__----__--_-___-_-__--___
---___-__-__-_-__-_---_____------_--__---_-_---___--_-_____-----____-_-_-_-_
___--_--____-_-----__-__----_-_------___---___--__--_-__-_-____--_-_-_--____
__--______--_-__-_--_----_---_--_-_--_----_-_____-_---_--_----__-____-___-__
-___--____---_------__---_--________-__---_-_--_-__--__--__--__-_--__ー

89名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:23:55.90ID:Q/nnXHCC
私は元創価の会員でした。
すぐ隣に防衛省の背広組みの官舎があるのですが、
自分の家の窓にUSB接続のwebカメラを貼り付けて、そこの動画を撮影し続け、
学会本部に送っていました。

別に大したものは写っていません。ゴミだしとか奥さんが子供を遊ばせている所とか。
官舎が老朽化して使われなくなってから、
今まで法人税(うちは自営業です)をほぼ払わなくても済んでいたのが、
もう守ってやれないのでこれからは満額申告するように言われました。
納得がいかないと言うと、君は自業自得で餓鬼地獄へ落ちる、
朝夕南無妙法蓮華経と三千回ずつ唱えて心をきれいにしなさいと言われ
馬鹿らしくなって脱会しました。

それ以来、どこへ行くにもぞろ目ナンバーの車につけまわされたり大変な日々です。
全部自分の出来心から起きたことで、どこに訴えるわけにもいかないのですが、
なんとかあの人たちと縁を切って新しい始まりを迎える方法はないんだろうか。

90名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:24:13.65ID:Q/nnXHCC
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。
弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報
を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので
、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に
関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、
お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により
、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人
情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切
な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的
を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて
使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱い
を第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供さ
れることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限
りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第
三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス
提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し
込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処
いたします。

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合
には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせしま
す。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通
知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提
供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合
には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

91名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:24:52.65ID:Q/nnXHCC
レスありがとうございます。蛇足はないほうがいいという方もおられますが、一度きめたことなので投下させてください。
反対してくれた方、本当にごめんなさい。

【閲覧注意】

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

【閲覧注意】蛇足

実はこのSSは僕の7年間の遠距離恋愛がベースになっています。もちろん、秒速5センチメートルと絡ませるためや特定を防ぐために、無理やり時系列や場所、内容はいじっています。
でも各キャラの言い回しなどは当時のをそのまま使っています。そしてこのSSに登場するキャラにも全てモデルがいます。ちなみに男はSSの内容を盛り上げるためにモテる設定でしたが、
僕は一度も告白されたことがありませんし、告白したのも小学生の時からずっと好きだった幼馴染のモデルになっている女の子に中学の時に告白をしたのが唯一です。
そしてこれからもずっと死ぬまで好きでい続けたい子もその子です。ちなみにイケメンのモデルの奴も本当にあんなくそ野郎で幼兄のモデルになった人にボコられました。

じゃあ何でこんなことを蛇足で書くかというと、『あの映画』だけが遠距離恋愛の結果じゃないということを知って欲しかったからです。すごく上からな発言になってしまっていますが、
『距離』に負けなかった『二人』が少なからず実在するんだってこと、そしてその『距離』に勝つためには、このSSでもキーワードになっていますが、『想いをちゃんと伝え合うこと』、
そして『大事な二人だけの約束を交わし、果たすこと』、これが『距離』に勝つために大切なことなんじゃないかということを僕の実体験をもとにこのSSで皆さんに伝えたかったからなんです。

以上で蛇足は終了です。気分を害された方がいたら本当に申し訳ありません。でもこれから、遠距離恋愛に挑もうとしている方、もしくはすでに途中の方、
そして遠くに好きな人がいる方になんらかの考えるきっかけになればと思っています。また、あの『秒速5センチメートル』という映画には僕自身とても考えさせられました。
確かに僕もあの映画を見て凹みましたが、「あんな結果にならないためにも」と、遠距離恋愛に絶対に負けないという気持ちが逆に強くなったきっかけにもなりました。
そのおかげで僕は7年という年月を乗り越えて彼女と一緒になれました。なので、皆さんにもそういう風にあの映画を捉えてもらえれば、
あの映画を見たことも決して無駄ではないと思えるのではないかと思います。

では長々と書いてしまいましたがこれで本当に本当に終わりです。ここまで読んで頂いて本当に本当にありがとうございました。

92名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:25:12.41ID:Q/nnXHCC
【草食男子が増えた原因を理解できない女達】
バブルの頃に女達は自分の価値を過大評価し過ぎて実態の無い価値を生み出して敷居を高くした。
恋愛の新規参入を行い難くした事で男達の間では恋愛は衰退した。

新規参入が減れば「なにが良いんだ?あんなもの?」と価値を感じない者が増えるのは当たり前の事。
ましてや恋愛は、中高生の時点で経験しなければその後は利害関係でしか恋愛しなくなる。
男達は社会に出て働いて仕事を覚える迄は恋愛に感ける暇など無いのが実情だろう。
男達が純粋に恋愛に没頭出来る期間は僅か4年間「中1〜中2と高1〜高2」だけです。
(文系に進学しても更に二回生迄の2年間を追加しても合計6年間)

社会に出て数年経って経済的に余裕が出る頃の男達は「女に労力と金を費やしても良い結果は出ない」という事に気付く。
既にその頃には性欲も減退する頃なので「恋愛にも結婚にもメリットを感じなくなる」
なのに女達は社会人の恋愛では更にハードルを上げたのである。

女達は男達が恋愛にメリットを感じなくなっても「○○しないやつは馬鹿」とか言い出して男達を煽って詰って貶す事しか出来ない。
男達を見下して選民思想でいる自分達のナルシスト振りで自分で慰め始める始末だ。
それを見て「馬鹿らしい」と感じた男達が更に女達から逃げ出していく。(これはサイレントクレーマーの挙動と同じ原理)
恋愛は良いという事を中高生の男達(特にモテない方の男達)に徹底的に仕込まなければ女の需要価値はもう上がらない。
数的に一番多い底辺層や一般層の求める意識が高くなければ恋愛も結婚も衰退するだけ。

結果、女達に失望して自分から狩りをする事をやめた「草食男子」達の誕生である。

人は思春期に影響を受けたものに長く影響される。
中高生の時代に恋愛の影響を受けない男が増えれば恋愛をしない男性達が増えるのは当然の結果だ。
だけど女は「周りの女に自慢できる男」にしか目が行かないので一部の恋愛強者の男と恋愛部外者の男だけを
作りだした結果、恋愛からあぶれる者が激増した結果が現在の男女関係の基本構造だ。

女達は自省が出来ないマスコミ同様「なぜ男が恋愛に消極的なのか」を全く理解すらしない様だ。
女バブルの終了時代到来だけど、当事者には許せないんだろうね。

93名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:25:34.58ID:Q/nnXHCC
我建超世願 必至無上道(がごんちょうせがん ひっしむじょうどう)
斯願不満足 誓不成正覚(しがんふまんぞく せいふじょうしょうがく)
我於無量劫 不為大施主(がおむりょうこう ふいだいせしゅ)
普済諸貧苦 誓不成正覚(ふさいしょびんぐ せいふじょうしょうがく)
我至成仏道 名声超十方(がしじょうぶつどう みょうしょうちょうじっぽう)
究竟靡所聞 誓不成正覚(くきょうみしょもん せいふじょうしょうがく)
離欲深正念 浄慧修梵行(りよくじんしょうねん じょうえしゅぼんぎょう)
志求無上道 為諸天人師(しぐむじょうどう いしょてんにんし)
神力演大光 普照無際土(じんりきえんだいこう ふじょうむさいど)
消除三垢冥 広済衆厄難(しょうじょさんくみょう こうさいしゅやくなん)
開彼智慧眼 滅此昏盲闇(かいひちえげん めっしこんもうあん)
閉塞諸悪道 通達善趣門(へいそくしょあくどう つうだつぜんしゅもん)
功祚成満足 威曜朗十方(こうそじょうまんぞく いようろうじっぽう)
日月戢重暉 天光隠不現(にちがつしゅうじゅうき てんこうおんぷげん)
為衆開法蔵 広施功徳宝(いしゅかいほうぞう こうせくどくほう)
常於大衆中 説法師子吼(じょうおだいしゅちゅう せっぽうししく)
供養一切仏 具足衆徳本(くよういっさいぶつ ぐそくしゅとくほん)
願慧悉成満 得為三界雄(がんねしつじょうまん とくいさんがいお)
如仏無礙智 通達靡不照(にょぶつむげち つうだつみふしょう)
願我功慧力 等此最勝尊(がんがくえりき とうしさいしょうそん)
斯願若剋果 大千応感動(しがんにゃっこっか だいせんおうかんどう)
虚空諸天人 当雨珍妙華(こくうしょてんにん とううちんみょうけ)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)
南無阿弥陀仏(なーまーんだーぶー)
(鐘一打)
願以此功徳 平等施一切(がんにしくどく びょうどうせいっさい)
同発菩提心 往生安楽国(どうほつぼだいしん おうじょうあんらっこく)

94名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:26:17.46ID:Q/nnXHCC
摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五

蘊皆空度一切苦厄舎利子色不異空空不

異色色即是空空即是色受想行識亦復如

是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄

不増不減是故空中無色無受想行識無眼

耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至

無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死

亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無

所得故菩提薩埵依般若波羅蜜多故心無

罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切顛倒夢

想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故

得阿耨多羅三藐三菩提故知般若波羅蜜

多是大神咒是大明咒是無上咒是無等等

咒能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜

多咒即説咒曰

掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦

菩提薩婆訶 般若心経

95名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:26:38.77ID:Q/nnXHCC
兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。

わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。

最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。

死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」

死のとげは罪であり、罪の力は律法です。

わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

96名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:27:12.94ID:Q/nnXHCC
兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。

わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。

最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。

死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」

死のとげは罪であり、罪の力は律法です
わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

97名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:27:51.36ID:Q/nnXHCC
1.
ひとは誰でも持っている みんな心に持っている
遥かな無始の過去から 持っている
ひとに誰でも隠れてる みんなの心に隠れてる
無明の闇を越えて 超越神力だ
功徳によって サマディによって 修習によって 得る世界
悟りによって 解脱によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
無明の闇を越えて 超越神力だ

2.
ひとに誰でも必要だ まさかの時に必要だ
あなたの少しの努力が 実を結ぶ
ひとに誰でも役に立つ まさかの時に役に立つ
苦悩の波を超えて 超越神力だ
善行によって 寂止によって ダルマによって 得る世界
思念によって 観慧によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
苦悩の波を超えて 超越神力だ


超越神力、それは、ヒナヤーナ、マハーヤーナ、タントラヤーナ、ヴァジラヤーナそして、テーラヴァーダの実践により、すべての魂が身につけることのできる最高の力である。
これ以外の方法により身につけられた超越神力は、必ず欠陥があるのだ。


3.
心のなかに現れる 心のなかに聞こえる
遥かな神秘の国から やってくる
宇宙を越えてやってくる 光を超えてやってくる
タマスの無智を越えて 超越神力だ
布施によって 奉仕によって 調気によって 得る世界
持戒によって ムドラーによって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
タマスの無智を越えて 超越神力だ

4.
ひとは誰でも必要だ みんなのために必要だ
真実の救済のために 必要だ
覚者は誰でも持っている 済度のために持っている
悪魔の軍勢を破って 超越神力だ
慈悲によって 覚支によって 五力によって 得る世界
念処によって 如意足によって 自由自在に 君は使える
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
天耳 他心 宿命 天眼 漏尽
悪魔の軍勢を破って 超越神力

98名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:28:10.25ID:Q/nnXHCC
一  当該政治団体に所属する衆議院議員又は参議院議員を五人以上有するもの

二  前号の規定に該当する政治団体に所属していない衆議院議員又は参議院議員を有するもので、直近において行われた衆議院議員の総選挙
(以下単に「総選挙」という。)における小選挙区選出議員の選挙若しくは比例代表選出議員の選挙又は直近において行われた参議院議員の通常選挙(以下単に「通常選挙」という。)若しくは当該通常選挙の直近において行われた通常選挙における比例
代表選出議員の選挙若しくは選挙区選出議員の選挙における当該政治団体の得票総数が当該選挙における有効投票の総数の百分の二以上であるもの

2  前項各号の規定は、他の政党(政治資金規正法第六条第一項 (同条第五項 において準用する場合を含む。)の規定により政党である旨の届出をしたものに限る。)
に所属している衆議院議員又は参議院議員が所属している政治団体については、適用しない。

(政党に対する政党交付金の交付等)

第三条  国は、この法律の定めるところにより、政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律 (平成六年法律第百六号。以下「法人格付与法」

という。)第四条第一項 の規定による法人である政党に対して、政党交付金を交付する。

2  政党交付金は、議員数割(政党に所属する衆議院議員及び参議院議員の数に応じて交
付される政党交付金をいう。以下同じ。)及び得票数割(総選挙の小選挙区選出議員の選挙及び比例代表選出議員の選挙並びに通常選挙の比例代表選出議員の選挙及び選挙区選出議員の選挙における
政党の得票総数に応じて交付される政党交付金をいう。以下同じ。)とする。

(この法律の運用等)

第四条  国は、政党の政治活動の自由を尊重し、政党交付金の交付に当たっては、条件を
付し、又はその使途について制限してはならない。

2  政党は、政党交付金が国民から徴収された税金その他の貴重な財源で賄われるものであることに特に留意し、その責任を自覚し、その組織及び運営については民
主的かつ公正なものとするとともに、国民の信頼にもとることのないように、政党交付金を適切に使用しなければならない。

   第二章 政党の届出

(政党交付金の交付を受ける政党の届出)

第五条  政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年の一月一日(同日が前年において行われた総選挙又は通常選挙に係
る次条第一項の選挙基準日前にある場合には、当該選挙基準日とする。以下「基準日」という。)現在における次に掲げる事項を、基準日の翌日から起算して十五
日以内に、総務大臣に届け出なければならない。

一  名称(略称を用いている場合には、名称及びその略称)

二  主たる事務所の所在地

三  代表者、会計責任者及び会計責任者に事故があり又は会計責任者が欠けた場合に
その職務を行うべき者それぞれ一人の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

四  会計監査を行うべき者の氏名、住所、生年月日及び選任年月日

五  所属する衆議院議員又は参議院議員の氏名、住所及び衆議院の小選挙区選出議員若しくは比例代表選出議員又は参議院の
比例代表選出議員若しくは選挙区選出議員の別並びに当該衆議院議員又は参議院議員が選出された選挙の期日

六  次に掲げる得票総数

99名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:28:33.19ID:DaICJEso
二 外 国 に お い て 、 学 校 教 育 に お け る 12年 の 課 程 を 修 了 し た 者 又 は こ れ に 準 ず る 者 で 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者
三 文 部 科 学 大 臣 が 高 等 学 校 の 課 程 と 同 等 の 課 程 を 有 す る も の と し て 認 定 し た 在 外 教 育 施 設 の 当 該 課 程 を 修 了 し た 者 。
四 専 修 学 校 の 高 等 課 程 ( 修 業 年 限 が 3 年 以 上 で あ る こ と そ の 他 の 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 基 準 を 満 た す も の に 限 る 。 ) で
文 部 科 学 大 臣 が 別 に 指 定 す る も の を 文 部 科 学 大 臣 が 定 め る 日 以 後 に 修 了 し た 者
五 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 し た 者 。
六 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 規 則 に よ る 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 に 合 格 し た 者 ( 旧 規 程 に よ る 大 学 入 学 資 格 検 定 ( 以
下 「 旧 検 定 」 と い う 。 ) に 合 格 し た 者 を 含 む 。 )
七 学 校 教 育 法 第 90条 第 2 項 の 規 定 に よ り 大 学 に 入 学 し た 者 で あ っ て 、 当 該 者 を そ の 後 に 入 学 さ せ る 大 学 に お い て 、 大 学
に お け る 教 育 を 受 け る に ふ さ わ し い 学 力 が あ る と 認 め た 者
八 大 学 に お い て 、 個 別 の 入 学 資 格 審 査 に よ り 、 高 等 学 校 を 卒 業 し た 者 と 同 等 以 上 の 学 力 が あ る と 認 め た 者 で 、 18歳に達
し た 者
( 入 学 の 出 願 )
第 13条 入 学 志 願 者 は 、 本 学 指 定 の 書 類 を 提 出 し な け れ ば な ら な い 。
2 提 出 の 時 期 、 方 法 、 提 出 す べ き 書 類 に つ い て は 、 別 に 定 め る 。
( 入 学 者 の 選 考 )
第 14条 入 学 志 願 者 に 対 し て は 、 別 に 定 め る と こ ろ に よ り 選 考 を 行 う 。
( 入 学 手 続 き 及 び 入 学 許 可 )
第 15条 前 条 の 選 考 に よ り 合 格 の 通 知 を 受 け た 者 は 、 所 定 の 期 日 ま で に 誓 約 書 そ の 他 本 学 所 定 の 書 類 を 提 出 す る と と も に 、
第 35条別表 4 に 定 め る 入 学 金 を 納 入 し な け れ ば な ら な い 。
2 学 長 は 前 項 の 入 学 手 続 き を 完 了 し た 者 に 入 学 を 許 可 す る 。
( 再 入 学 )
第 16条 本 学 を 退 学 し た 者 ま た は 除 籍 と な っ た 者 が 再 入 学 を 願 い 出 た 場 合 、 欠 員 の あ る 時 に 限 り 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 許
可 す る 。
2 再 入 学 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 別 に 定 め る 。
( 休 学 )
第 17条 病 気 そ の 他 の 事 由 に よ り 6 ケ 月 以 上 学 習 を 中 止 し よ う と す る と き は 、 休 学 を 願 い 出 る こ と が で き る 。
2 前 項 の 休 学 願 い に つ い て は 、 病 気 の 場 合 は 原 則 と し て 本 学 学 校 医 又 は 保 健 所 長 そ の 他 の 医 師 の 診 断 書 を 添 え 、 そ の 他 の
場 合 は 詳 細 な る 事 由 書 を 添 え て 提 出 し 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
( 復 学 )
第 18条 前 条 に よ り 休 学 の 許 可 を 受 け た 者 が 、 そ の 事 由 の 止 ん だ と き は 、 復 学 す る こ と が で き る 。
2 休 学 者 は 学 年 の 始 め で な け れ ば 復 学 す る こ と が で き な い 。
( 休 学 の 期 間 )
第 19条 休 学 期 間 は 通 算 し て 2 年 を 超 え る こ と が で き な い 。
2 休 学 期 間 は 第 6 条 第 2 項 の 在 学 年 限 に 算 入 し な い 。
( 転 学 )
第 20条 他 の 短 期 大 学 に 転 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 決 定 す る 。
2 本 学 に 転 学 を 志 願 す る 者 が あ る と き は 、 選 考 の 上 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 が 相 当 年 次 に 入 学 を 許 可 す る こ と が あ る 。
( 退 学 )
第 21条 退 学 し よ う と す る 者 は 、 そ の 旨 を 願 い 出 、 教 授 会 の 議 を 経 て 学 長 の 許 可 を 受 け な け れ ば な ら な い 。
2 但 し 、 疾 病 の た め 退 学 し よ う と す る 者

100名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/25(金) 02:28:50.04ID:DaICJEso
【日暮里】一由そば 9杯目【名物ガチゲソ】 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/jnoodle/1477879476/

     / ̄ ̄\_
    / //ミ))) \
   / / // ̄ ̄ヽ   ヽ
  /   |  /      |   ハ    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |   / /        ヽ ミ |   (        _>
  | //⌒\)(/⌒ \ |.   /\____>ヽ
  |  | ノ●) |  (●ヽ | |   / / ミ\  /彡V .|
  ヽ .|   ̄  |    ̄  | ノ  (V ヽ・ |  (・ノ V)
   |人   (_)    ノ|    (  `ー |__ ー´  )
   | |  ノ__ヽ  | |    ∧   ノ∩ヽ   /
   人ヽ__  ⌒  __ノノ     人 ┌∪┐  ノ
     \_>--- <_/       >ヽ_ノ<
     /      \      /       \  みんなー!!
   /         \    /          \本スレにいくよー!
   /           \  / _,       ⊂二二)
   |  i         ヽ、_ヽl |         |
  └二二⊃         l ∪  |          |
     |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´

新着レスの表示
レスを投稿する