日本刀の材料

1名前なカッター(ノ∀`)2008/07/08(火) 02:45:37ID:UPAMPYnR
って何?
包丁と同じ?
じゃあ包丁の材料って何?

43名前なカッター(ノ∀`)2010/01/19(火) 15:04:34ID:1B7CsqsR
昭和の刀匠はがんばって自家製鉄して作刀したもんよ。
今でもやってるところがあるけど、昭和のものと比べると
良質とは言えないな。結局玉鋼ってのはなかなか優れたもんだよ。

44名無しBJ2010/01/19(火) 15:28:16ID:Jsf6cwAi
玉鋼も結構ですが現在の科学力ならライトサーベルくらい作れるかもねっっっw

45名前なカッター(ノ∀`)2010/01/19(火) 19:53:54ID:wP1uxeHe
アメリカでスターウォーズを科学的に検証する番組があったとかでテレビで紹介されていたけど
現代の技術でライトサーベルを作ると電池が笑ってしまうくらいにデカ過ぎて実用出来ないらしいよ。

46名前なカッター(ノ∀`)2010/06/14(月) 23:38:17ID:2SEzd0k2
山陰の海岸って砂鉄が多いよ。場所に拠っては真っ黒な部分もある。バケツ一杯
くらいなら、潮の状態にも寄るけど(引き潮という意味です)5分くらいで簡単
に取れる。安来の場合は砂鉄を採掘したみたいだけど、個人の刀鍛冶が自作用の
砂鉄を集めるのはこの辺では、すごく楽なんだよね。YTのビデオでは大田川の河口
でとっていたけど、斐伊川でも日の川でも同じことさ。

47名前なカッター(ノ∀`)2010/06/17(木) 23:25:52ID:v211ohaX
巨大バッテリーカバーするなんてやっぱジェダイのフォースって凄いんだな

48名前なカッター(ノ∀`)2010/08/09(月) 03:55:04ID:qPzXPWLi
オリハルコン(真鍮)は錆が侵食しなくていいが
刃物としてはどーかな
古代の銅剣(青銅)並じゃね?

49名前なカッター(ノ∀`)2010/08/13(金) 19:57:52ID:2gI+Nx8V
平成の刀は昔の刀と比べ、比較にならない程綺麗です。
自分の為にのみある刀で家宝にする刀です。
出所不明の事件現場に残る安売刃物を考えてみて下さい。家宝にはなりません。
子供の守り刀として、短刀など昔の刀を買ってはいけないのも納得の行く事です。
古物商が扱う刀と現代刀を比べれば、同価格の現代刀ははるかに良い刀です。
昔の刀が600万とすれば、同じ質の現代刀は、200万前後で買えます。
昔の刀を騙されて買い続け、マニアをやめた人を何人も知っています。
100万前後の刀は、
ほとんどが疑問です。由来も鑑定書も無意味です。
本物は研ぎだけで40万はしますから、どんな刀なのか考えてみて下さい。
昔の通人の多くは、古物商をやり負かして買うのが 粋でした。落語等にこうした話 はいくらでもあります。
従って騙されるのは当たり前、
やられる方がヘボでした。
有望視されている刀匠の、比較的求めやすい刀を買い、刀匠の成長を共に楽しむという方も  いらっしゃいます。
なかなか粋な方だと思います。
国宝刀を扱う研ぎ師によれば、現代刀の最高ランクの刀匠は、
刀が最も隆盛を極めた  新刀時代の最高峰に匹敵すると言います。
.昔の鋼が良いと言う話をよく聞きます。それは国宝級の刀の写しを研究する時に、
刀匠が気  にするレベルのもので、
今の玉鋼は昔の玉鋼に優るとも劣らない質の良いものが作られてい  ます。
つまり刀商から買う古い刀を買う事は現代刀匠の妨害で技術の衰退をいみし ます。

50名前なカッター(ノ∀`)2010/09/25(土) 16:37:20ID:BUCZD9hg
http://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_030.htm

51名前なカッター(ノ∀`)2011/01/01(土) 15:34:03ID:WP3+P87x

52名前なカッター(ノ∀`)2011/01/01(土) 16:21:41ID:iKX7Wb2y
平成の刀は昔の刀と比べ、比較にならない程綺麗です。
>それは結諸来歴がまっさらと言うこと
自分の為にのみある刀で家宝にする刀です。
>守り刀は新作、家宝は来歴が有る方が家格が増す
出所不明の事件現場に残る安売刃物を考えてみて下さい。家宝にはなりません。
>事情によりけりで世間では無価値と言えども詰まらん物でも家宝に成り得る
子供の守り刀として、短刀など昔の刀を買ってはいけないのも納得の行く事です
>守り刀は一代限り自決用なら無問題
古物商が扱う刀と現代刀を比べれば、同価格の現代刀ははるかに良い刀です。
> 現代刀も古物商から買えば三分の一で買えますが?
昔の刀が600万とすれば、同じ質の現代刀は、200万前後で買えます。
>200万の現代刀は古物商なら70万以下です
昔の刀を騙されて買い続け、マニアをやめた人を何人も知っています。
>その程度で止めちゃう人はマニアとは言いません
100万前後の刀は、ほとんどが疑問です。由来も鑑定書も無意味です。
>気に入れば個人の自由でしょ、楽しめる刀なら100万前後でも有る
本物は研ぎだけで40万はしますから、どんな刀なのか考えてみて下さい。
>やすがたなに40の研ぎを掛ける奴はイねえよ
昔の通人の多くは、古物商をやり負かして買うのが 粋でした。落語等にこうした話 はいくらでもあります。
>昔はお出入りと言って檀那の手先になって働いた 対立関係じゃなく互恵
従って騙されるのは当たり前、
>長いお出入りは実績がある
やられる方がヘボでした。
>互恵関係が無いんだろ
有望視されている刀匠の、比較的求めやすい刀を買い、刀匠の成長を共に楽しむという方も いらっしゃいます。
>無鑑査格の影打ちを安く買っても駄目 物は成長をしない
なかなか粋な方だと思います。
>親切な方だ
国宝刀を扱う研ぎ師によれば、現代刀の最高ランクの刀匠は、
>なるほど同じ人間国宝同士としてね
刀が最も隆盛を極めた  新刀時代の最高峰に匹敵すると言います。
>太刀とは言わんのね  
.昔の鋼が良いと言う話をよく聞きます。それは国宝級の刀の写しを研究する時に、
>国宝級の刀・・・現代刀匠も認めてるのかぁ
刀匠が気  にするレベルのもので、
>気になるなあ
今の玉鋼は昔の玉鋼に優るとも劣らない質の良いものが作られてい  ます。
>確かに純良で精美な素材でしょうが皆同じ様な作品ばかり
つまり刀商から買う古い刀を買う事は現代刀匠の妨害で技術の衰退をいみし ます。
>自らの技量不足を古物刀商に押し付けているうちは滅んでも仕方ないぜ


53名前なカッター(ノ∀`)2011/01/04(火) 14:29:26ID:ghWVE+Mh
玉鋼=弾鋼

54名前なカッター(ノ∀`)2011/01/04(火) 20:12:44ID:LPHro9KR
平安時代の刀には石英も使われてたと、師匠が言っていた。

55名前なカッター(ノ∀`)2011/01/04(火) 21:51:08ID:wZELbf/z
後の石器である

56名前なカッター(ノ∀`)2011/01/05(水) 20:52:00ID:QDe1HE8q
>>54
その師匠は「石英」って何か理解して云ってるのか?
石器にすらならないぞ。

57名前なカッター(ノ∀`)2011/01/05(水) 21:24:40ID:HUdbfK8F
石英って黒曜石の代わりにならんのか?
モース硬度違うけど成分一緒じゃん。
まぁ赤熱した鉄に当てたら溶けて不純物になるだけだから、
ネタだろうけどあるとすればただの細石器だな。

58名前なカッター(ノ∀`)2011/01/05(水) 22:13:59ID:QDe1HE8q
水晶割ったことない?

59名前なカッター(ノ∀`)2011/01/05(水) 23:03:47ID:HUdbfK8F
ない。でも両方共貝殻断口だし、割れ方って黒曜石となんか違うの?

60名前なカッター(ノ∀`)2011/02/24(木) 21:38:08.18ID:FxA2Fc9c
中国は鉄の鍛錬の時、人間の骨使ったんだけどね。

61剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU 2011/02/28(月) 02:05:07.12ID:z0AyUMln?2BP(3200)
>>60
>人間の骨
まぁこれはおかしくはないな。貝殻で十分だが

62名前なカッター(ノ∀`)2011/09/04(日) 21:31:48.24ID:qvSnIEjX
変なサイトが増えてきたのはロス茶の
せい?↓のようはことをロス茶は長い歴史の
なか考えてきた。

英数字の比率が多すぎるためスパムと判定されてしまった。いかにもロス茶のしそうな少しずつ言論を
制御しようとする手口?って感じられる。今のマスコミのほとんど狂ったようにオカシナところは、
ロス茶に支配されているからだ。韓流もロス茶、尖閣諸島もロス茶なのだ。好き放題のロス茶にかつていた
日本の古い神々はどう答えたか?それが東日本大震災だ。つまり大地母神イザナミの判断によることが
大きいのではないだろうか?

http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=video&cd=4&ved=0CD4QtwIwAw&url=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DXG1ee-cdiBc&ei=aW1jToOIMM-NmQWu_aSICg&usg=AFQjCNG-ArWqRnINYujkors14-s14GNjPQ&sig2=ku1uROPhZz2d2rwDsuUSjg

63世界市民2012/02/10(金) 23:19:19.23ID:JY+i6rNB
日本人が、アイヌの剣も、お辞儀も、腹切りも自分の文化にした
http://japanese.ruvr.ru/2012/02/06/65448380.html
【北方領土】ロシアの声「刀も腹切りも元はアイヌ文化」「我々は650年間日本の侵略と戦ってきた」「クリル諸島はアイヌのもの」[2/7]★2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1328654283/

64名前なカッター(ノ∀`)2012/02/11(土) 11:47:26.77ID:46x8v5C/
この時代、ステンレス鋼もありだと思います。
文部科学省には日本人が日本刀を持つことの正当性を御理解いただきたい。

65名前なカッター(ノ∀`)2012/02/12(日) 22:53:27.91ID:YBvEDZyQ
お前は模造刀か居合い練習用でも買って眺めていろ。

66名前なカッター(ノ∀`)2012/02/13(月) 00:21:37.97ID:Y0twJlzk
日本刀が玉鋼じゃなきゃ駄目なんて文化小か何かが決めたんだろ
外国のサーベルは日本刀に負けず劣らずの芸術性有るやつが有る、何でも
日本が1番と自己満足マスカキ日本人のアホな所だ。
そーやってマス書いている内に、チョン.チャンに抜かれ
ちゃった、TPPでアメリカが日本刀の材質は玉鋼じゃないと
認め無いにクレーム。

6729歳童貞、低所得対人恐怖症2012/02/13(月) 18:59:37.28ID:ESrO97AE
左記ページの軍刀マニアさんが言っているような、ttp://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_034.htm
古来、刀に使う鉄は主に輸入品であり、地金は鉄の練りあわせで決まるという説が真なのか、
いやいや今も用いられているタマハガネを極限まで責め抜いて鍛えることが古刀再現の道という説のどちらが正しいの?

通人さんとか、刀匠さんの間ではどんな議論があるの?俺は対人恐怖症なので聞きにイケマセンorz詳しい人、教えて下さい。

6829歳童貞、低所得対人恐怖症2012/02/13(月) 19:01:04.46ID:ESrO97AE
左記ページ→右記の

どれ。
裏の納屋さ行って、漬物石ふたつ運んでくるべぇか。
裸にひん剥いて縛り上げた>>1
縮こまった包茎チンチンの下に大きな方の石をあてがい、
手ごろなほうの石を振りかぶって・・・

ベチーン!
オオゥ!オオオオオオオゥ!!!!!!!

>>1の肉が潰れる感触が腕にズシィィンと響くゥ!
断末魔の絶叫がこだまするゥ!


さてと。
ミンチになったチンチン肉に葱と生姜と大蒜を臭い消しにつき混ぜ、
片栗粉も加えて団子にして、
鍋料理にしたてて食うべぇか。


↓此の物語はフィクションです。実在する人物、団体等とは一切関係が御座いません。



今、>>1を殺してきた。つまらない屑スレを立てた罪を
泣いて悔いていたが、後悔は地獄でしてもらうことにした。
柄の長さが90cmはある大きな斧を振りかざし、>>1を峡谷の岸壁に追い詰める。
>>1の引き攣った醜い泣き顔から完全に血の気がうせたところを見計らって一挙に
>>1の 両手両足を切断。柄を通して斧の無骨な刃が肉を裂き骨を断ち切る感触がズンと伝わる。
『しまった、河原の岩で刃を痛めたぞ!』>>1などより刃物が大事だ。
切り口から噴出すコレステロール過剰の鮮血。すかさず焚き火の焼け石で傷口を焼いて止血する。
慈悲からではない。>>1の苦しみを長引かせるために。
>>1の断末魔の苦しみだ。谷間に苦悶の声が延々と響き、異様な効果を醸し出す。
>>1は自業自得だが、 さすがにこちらの鼓膜が辛い。
この間に川の水を掬い、マッチョな俺の上半身とイケメン顔を汚したけがらわしい返り血を洗い流し、
ついでに斧を研ぎなおした。 作業が終わっても>>1の叫びは続いたが、次第に途切れ、
醜く肥えた腹が痙攣するのみ。
それでは仕上げ。>>1の首を刎ね飛ばす。絶叫が止み、首が川原石の上で不規則に転がる。
追って流れ出る鮮血が静かに河原に染み渡る。
その転がった首、おまけにザクリとぶち割ってみた。中はやはり予想通り生き腐れだ。

>>1よ。地獄で苦しめ。これはお前が自ら望んだ結末なんだ。
めでたしめでたし。


↓この物語はフィクションです。実在する人物、団体等とは一切関係がありません。


返り血にまみれた俺の足元で、>>1はバラバラ死体と化して泥にまみれている。
四肢はそれぞれの切り口から赤い帯を延ばしている。
達成感に包まれ新たな血の臭いを嗅ぎ、俺は最高潮に興奮した。
呼吸は荒くなり血は下半身に集中し、
俺の肉体美を引き立たせる競泳用パンツの股間は突き破られんばかりに盛り上がっている。

もう我慢できねぇ!

血にぬらつく手で苦労しながら前紐を解いてずり降ろすと
チンチンはビクビク震えつつたちまちのうちに20cmはあろうかという長さに成長した。
隆々と盛り上がった血管が鼓動にあわせてビクビクと蠢いている。

香具師の打ち落とされた挙句ブチ割られて、テニスボール大の小さな脳味噌を露出させ
眼窩から神経節の付いた目玉が垂れ下がったぶさまな生首。
前かがみになって取り上げると
そのまま口の中に自慢の巨根を一気にぶちこんでやった。

ハッハッハ!生フェラだぜぃ!
まだ体温が残るクチャクチャした口腔。
ザラリとした舌に、なめらかな歯の感触がたまらねぇ!
いいぜ!オゥ!オゥ!オゥ!
腕の筋肉と股間をびくつかせながら、俺は最高にハイな気分だゼェ!

アヒャ!アヒャ!アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!

>>1の生首の切り口から、
赤黒い血を混ぜて苺ミルク色に染まった精液が
ドロリと流れ出した・・・


72名前なカッター(ノ∀`)2012/03/23(金) 22:07:56.77ID:eucqU+jS
鉄+微量のモリブデン+微量のタングステン→(゜Д゜)ウマー

73名前なカッター(ノ∀`)2012/06/10(日) 14:07:35.10ID:14na0Hnk
>>18
鎌倉時代の刀も輸入鉄なんだがおられちゃうの?

74名前なカッター(ノ∀`)2012/06/10(日) 17:06:11.51ID:BSE95wkK
輸入は否定しないとして鎌倉時代にどこの国から輸入してたんだ??
輸入輸入といっても何処から来たとか文献がないのなら妄想でしかないぞ。

75名前なカッター(ノ∀`)2012/06/10(日) 18:06:05.73ID:z9m26MNy
鎌倉時代となると宋〜元の頃だね

76名前なカッター(ノ∀`)2012/06/10(日) 18:18:23.86ID:UxBM+1Xe
鉄質が地方ごとにちがうしねえ

77名前なカッター(ノ∀`)2012/06/10(日) 18:30:10.45ID:UxBM+1Xe
ここのところ古刀の材料が輸入鉄としたい人がいるようだけど
愉快犯なのか
それとも朝鮮刀の延長上なのかな
ウリナリ起源なのかいな

78名前なカッター(ノ∀`)2012/06/10(日) 18:32:11.90ID:z9m26MNy
少なくとも成分解析で得た組成で産地を割り出すのは難しいよ。
製造工程で除去されたりするし、そもそも日本の砂鉄や鉄鉱石にも銅や燐は含まれてるからね。
文献史料の裏付けが無い限り根拠の無い発言になるんじゃないのかな?
ましてや当時の刀の殆どが輸入鋼で作られてたなんて主張はね。
明代の舶載鉄や南蛮鉄のソースは
・倭寇が好んで略奪したものの一つに鉄鍋や鎖があった。
・明人が「日本の火縄銃は東南アジアから輸入した鉄で作ったものがある」という記録を残してる
・南蛮鉄が大名に献上された記録がある
・実際に南蛮鉄を使用した刀匠がいる
辺りが根拠だったはず。

79名前なカッター(ノ∀`)2012/06/12(火) 23:05:36.18ID:xh9mvtmO
実家のすぐそばに湖沼鉄[なんと今も商業採掘されてる]、今住んでいるところのそばに清麿が使ったという廃鉱山があるのだが、、
こういうところで50kgくらい材料確保したらたたら製鉄して短刀にしてくれる刀匠はいるのだろうか。

ブログが非常に面白くフォローしている祐定さんならやってくれそうな気がするが、、ちと遠い。

80名前なカッター(ノ∀`)2012/06/12(火) 23:42:14.95ID:OoT9wTCy
>中国は鉄の鍛錬の時、人間の骨使ったんだけどね。

これはインドでも日本でもそうらしい。呪術的な意味の方が強いかもね

81名前なカッター(ノ∀`)2012/06/12(火) 23:43:40.41ID:OoT9wTCy
>>77
ウリナリじゃなくてウリナラな
恥ずかしいからニュースちゃんと読もうな

82名前なカッター(ノ∀`)2012/06/13(水) 22:17:18.03ID:LAFNhrL9
ニュースよりチョン語習えばOK
瓜成はわが祖国の意味だろ。

83名前なカッター(ノ∀`)2012/08/29(水) 19:40:53.38ID:tK/8Ie4B
>>81
こういうやつをうち等の地方じや裏成りと言う

84名前なカッター(ノ∀`)2012/09/11(火) 20:56:57.66ID:P4vIKS0s
四国高松です

85名前なカッター(ノ∀`)2012/11/26(月) 12:16:41.23ID:2SNW8qNy
>>17
敗戦後日本政府は米国傀儡政権だから
どうしても日本刀や剣術を圧迫してまげてしまう。

86名前なカッター(ノ∀`)2013/09/03(火) 05:31:15.91ID:m5IrnRaP
昔のは隕石でしょ
鉄を採掘出来る様になる前は。

87名前なカッター(ノ∀`)2013/09/03(火) 13:38:22.53ID:uHZ3b7vF
>>77
輸入鉄は基本西洋で、しかも鋼だけ。
地金は中国の場合もある。
後、輸入鉄の日本刀はちゃんと南蛮鉄と表記されてる。

88名前なカッター(ノ∀`)2015/02/03(火) 00:07:33.50ID:8klGtS8M
http://hakubun.ddo.jp/~sophia/ug/oscar/o16.swf

89名前なカッター(ノ∀`)2015/04/20(月) 11:50:49.82ID:K3zgyqBa
>>86
隕石じゃなく隕鉄ね

90名前なカッター(ノ∀`)2015/07/12(日) 00:41:52.70ID:HNVS2V1R
日本は隕鉄利用する前に、製鉄技術が入ったから趣味的なもの以外での隕鉄の使用例は無いと思うぞ。

91名前なカッター(ノ∀`)2015/08/05(水) 11:36:56.74ID:VSvS7NkC
>>1

92名前なカッター(ノ∀`)2015/08/25(火) 22:16:27.03ID:N3xrib8n
日本の作刀も終わったんだろ

93名前なカッター(ノ∀`)2018/02/19(月) 11:26:54.24ID:Z4jjuWYY
?

新着レスの表示
レスを投稿する