浄土宗ネラー坊主の会【第59願】 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
スレ立て時は1行目に「!extend:checked:vvvvv:1000:512」をコピペして立てて下さい
荒らし対策のために強制コテハン表示&コピペミス防止
http://info.2ch.net/index.php/BBS_SLIP

宗内専門スレです。
._______
|法.  .   .  然| 談話を中心にしていきましょう。
|  /   ̄ ヽ.  | 「きっといつかはネラー会オフ」の実現も目的です。
| /   2.   ' . | 下地を作る意味もこめて、皆で明るく正しく仲良くマターリいきましょう。
| .{0}! / ¨`ヽ. {0}! | 南無阿弥陀仏
|.l   ヽ._.ノ   ', |
リ   `ー'′   ',|
|共          生|
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★sage進行推奨★
※荒れる原因となりますので、一般の方及び、他宗派のブログリンク等を貼ることを禁じます。
※神社仏閣板の有名荒らしヨウニン・キムベン・聖染、スピ・占い関連板の荒らしゴキブリ精子ヒス婆(キチガイ詐欺占い師の竹下宏)の書き込み禁止。

前スレ
浄土宗ネラー坊主の会【第58願】
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1474714041/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

>>947
それこそ師資相承じゃね。

卒塔婆は楷書でないとダメだろ

今月、中旬以降、台湾へ急げ w

https://gigazine.net/news/20180306-acer-smart-beads/

955名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ 7f76-lay+)2018/03/07(水) 00:03:26.25ID:rMEo+WrX0
スマホと連動する「スマート数珠」がAcerから登場、マントラの数を数えてくれる機能などを搭載

956名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ ff08-TFIS)2018/03/07(水) 15:12:03.46ID:fEgQzF8z0
く、くだらねぇ…

>>953
等級30前半の大寺に見合いで婿入りして来たヤツ。
在家な割には珍しく志しが高いワケでもなく
人間も下衆。
字が下手なのも当然で、それを誤魔化そうと
篆書を囓って「それ風」で塔婆を書いているが
所詮素人でも「篆書風」とわかるレベルで
檀家の声は総じて良かないなw

>>940
卒塔婆って楷書で書かなきゃいけないじゃなかったけ?
いくら書道に通じていても崩しちゃダメ、って実践仏教か加行で教わった気がする。

959名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ ff08-TFIS)2018/03/07(水) 21:35:23.96ID:fEgQzF8z0
カイショ無し

慈雲寺の宗派について Part1
http://jiunji.hatenablog.com/entry/2018/02/13/124658

 さて、慈雲寺は浄土宗の西山派に属しています。西山派は明治時代に三つに別れ今に続いています。
慈雲寺は西山三派の中で、総本山を京都府長岡京市にある光明寺に置いている「西山浄土宗」に属しています。
西山三派は、共同で教学の講習会を行ったり、いろいろと親しい交流関係にあります。

 日本で浄土の教えを確立したのは、鎌倉時代の僧侶、法然房源空です。
今は、一般に法然上人と呼ばれている方ですが、本来は僧侶としての名である源空上人という方が良いのではないかと思っています。

 法然上人にはたくさんの優れた弟子がいましたが、現在まで続いているのは、三つの流れだけです。

 最も有名なのは親鸞聖人の流れである浄土真宗でしょう。また、聖光房弁長上人から始まるのが、浄土宗の鎮西派です。
現在、知恩院を総本山として「浄土宗」を名乗っているのは、この鎮西派の流れをくむ人々です。

 最後の一つが、浄土宗西山派です。西山派は善慧房証空上人を流祖としています。

 弁長上人も親鸞聖人も法然上人の直弟子ですが、御一緒に過ごした期間はそれほど長くありません。
一方、証空上人は、最初に出家したときから法然上人の弟子であり、法然上人が亡くなるまで、20年以上にわたっておそばにいた方です。

 法然上人の最も円熟した宗教思想に直接学んできたのが証空上人と言ってよいでしょう。

慈雲寺の宗派について Part3 流祖善慧房証空
http://jiunji.hatenablog.com/entry/2018/02/17/105139

 真宗の親鸞聖人も、浄土宗鎮西派の弁長上人も、もともとは比叡山で修行し、後に法然上人を訪ねた方々です。
しかし、証空上人は、僧侶になる第一歩から法然上人の教えを受け、最後まで師僧のおそばに仕えていました。
法然上人の最も円熟した、最晩年の教えを直接授けられたのです。

慈雲寺の宗派について Part2
http://jiunji.hatenablog.com/entry/2018/02/15/215650

 一番典型的な違いは、「往生の正因」の解釈です。正因とは、極楽往生と決定するのは何か?ということです。
親鸞聖人は阿弥陀様からいただいた信心が正因と教えています。
また弁長上人は阿弥陀仏が私たちのために用意して下さった行であるお念仏が正因と教えています。

 しかし、証空上人は、往生の正因は、全ての衆生を一切の条件をつけずに救い取るとお誓いになった、
阿弥陀仏の本願であると教えています。

 私たちは、阿弥陀仏がなぜ、どうのようにして阿弥陀仏となられたのかということを聞かせていただくだけで良いのです。
阿弥陀仏に願われている身の上だと知ったとき、「ああ、そうだったのか!」と嬉しさのあまり口からこぼれ落ちるのが、
南無阿弥陀仏のお念仏なのです。

 証空上人は全分他力、すなわち100%他力の教えです。
いったん、阿弥陀仏のいわれを聞かせてもらったら、あとは何も必要ではありません。
「極楽なんてあるのか?」とか「本当に阿弥陀仏はおられるのか?」などという疑問がおきてさえも、
けして阿弥陀仏は私たちを見放したりしません。

 証空上人は「疑いの心が起きるのは凡夫の本性だ」とおっしゃっています。
信心が揺らいだ時こそ、阿弥陀様の御慈悲が胸にせまってくるのです。

 阿弥陀仏に願われている身の上を喜ぶ暮らしが始まれば、
「善いことをする、悪いことを避ける、他人のためになることをできるだけさせてもらう」という、
仏教徒本来の穏やかな人生を歩むことができるようになるでしょう。
そうなれば、日常生活の全てがお念仏になっていくと証空上人は教えてくださっています。

お念仏は何回申せば良いのでしょうか?
http://jiunji.hatenablog.com/entry/2018/02/28/213850

 先日、ある浄土系の宗派の僧侶の方とお話ししていて、勤行の時間の長さのお話しになりました。
その方のお寺では、毎日、1時間以上お念仏が続くので、勤行が二時間にわたることも珍しくないとか。

この問題は、法然上人の直弟子の間でも問題になっていたようで、「念仏はできるだけ多く」とする多念義の人々と、
「阿弥陀仏の救済にあずかるには一回の念仏で良い」とする一念義の人々との間で論争がありました。
その論争は、ある意味では今も続いていると言って良いでしょう。

あるとき、宮中の女官の一人が深刻な表情で法然上人に問いかけました。
「お念仏を百万遍となえ、それを百回繰り返せば、極楽へ往生できると聞いたことがあります。
しかし、その数だけお念仏ができないうちに命が終わってしまったら、どうなるのでしょうか?」

 これに対して法然上人は「そのような考え方は僻事です。」とやさしくお答えになりました。
お念仏を数で考えること自体が間違えだというのです。「100回でも、10回でも、1回でも往生できます。」と法然上人はおっしゃいました。

 大切なのは、阿弥陀仏は、「生きとし生けるもの全てを一切の条件を付けずに救う」とお誓いになり、
その為に必要な(本来なら私たちが自らしなければならない)修行と懺悔を全て成就して下さった仏だということです。

 阿弥陀仏は法蔵菩薩だった時代に立てた誓願の全てを成就したので、阿弥陀仏になられたのです。
阿弥陀仏がおられるということは、私たちの救われが成就したということなのです。

 ですから、私たちは法蔵菩薩が阿弥陀仏になられた由縁を聞かせてもらい、
「ああ、そうだったのか!」と阿弥陀仏のお慈悲を喜べば良いのです。
法然上人の高弟、善慧房証空上人は、この阿弥陀仏の願い(本願)を聞かせてもらい、
嬉しさのあまり口からこぼれ出るのがお念仏だと教えてくださっています。

 つまり、お念仏のするから救われるというわけではないのです。
私たちの救われは、もう阿弥陀仏の方で全て用意して下さっているのですから・・・それを喜ぶだけで良いのです。

 ですから、お念仏は1回でも100回でも、百万回でも良いのです。

法然上人の教えをどう解釈するか、どのお言葉を重視するか、それによって派が別れてしまうのは仕方ないことです。同じ派でも個人差はあるでしょう。
ただ、お念仏で救われないと明言するのはどうかと思いますね。それは、法然上人の教えを偏って解釈しているのかなと、同じ浄土宗として少し残念に思いますね。

法然さんがなんで称念を勧めたかをいつも考える。理想と現実の違いなのかなと思ってる。

せやろか

法然上人開宗直後に教えを学んだお弟子さんと、
晩年に学んだお弟子さんでは、正因の解釈に違いあるのではなかろうか?

末代念仏授手印と一枚起請文の邪義をめぐって〔論文〕
http://archive.fo/E1p0V

以上、「邪義」を巡る二つの資料を提示したが、確認をしておきたい事は、
聖光房は、三門(行門、観門、弘願)について「西山証空の邪義」と決めつけていることである。

法然の行実はどうかというと、流罪から帰って勝尾寺に滞在中、
飛躍的な思想進化を遂げ(日蓮の佐前、佐後の思想進化と酷似)、
『選択集』で到達した「異類の助成・同類の助成・念仏一行」の教判論を更に発展させて、
「自力行門・仏力観門・願力之念仏」という弘願他力理論を樹立した。
すなわち法然は念仏三昧の証果を深め、勝尾寺で再度の廻心を遂げたのである。
この思想が『醍醐本法然上人伝記』三心料簡、『述成』、
私の発見した『輪円草』や『歎異抄』における全分他力を表明した「口伝」などに記されてある。

「三門」は流罪赦免後、法然が大阪箕面市の勝尾寺で、
これ迄表明する事の無かった「他力信仰の真髄」を初めて、側近の弟子に残した「口伝」の一つであった。
証空が講じ実信房が記載した『述成』にのこる「口伝」と勝尾寺でなされた「口伝」(勝尾寺の法門)は
同じ内容であると『中外日報』に報道して久しいが未だに反論はない。

また論文「証空の三門(行門、観門、弘願)は法然晩年の教説|法然が駆使した与奪門|」に
対する反論も六年近くを経過した現在皆無である。
ということは、認められたと判断してもよいのではなかろうか。

聖光房弁長が「三門は西山証空の邪義」と『末代念仏授手印』裏書で自から書いたことは、
彼の師匠・法然上人の最晩年の法門を知らずに難じたことになると云い得るのである。

【一】聖光房弁長の誤解

九州に於ける聖光が、以上述べて来たように「三門」が法然の教義であることを理解せず、
証空が新しく創った教義と勘違いし、「法然上人ハ仰セ候ハザリシコト」と憤慨したのは、
このような京都に於ける新しい動きが全く掴めていなかった為に起きてしまったのであろう。

大本山善導寺前執事長故花田玄道著『鎮西教学成立の歴史的背景』によれば、
聖光は、太宰府、原山の無量寺で教線を張っていた証空の上足・聖達から情報を得ていたとされている。
しかし、受け入れていないどころか、全く理解しようとした努力の跡が見えない。
法然の『選択集』撰述の時代に受け継いだ法門が、唯一と固く信じ込み、法然と別れて以後、
法然の信仰が進み発展したことなど全く眼中になく、また流罪から帰った法然のもとに面会した形跡もない。
したがって不幸なことに、聖光房弁長には法然晩年の教説が伝わらなかったのである。

聖冏は南北朝時代の大学者である。
禅僧・虎関師錬が『元亨釈書』の中で浄土宗を「寓宗」「附庸宗」と呼んだり、
天竜寺の夢窓疎石が『夢中問答』の中で浄土宗は小乗で大乗ではないと過小に評価したので、
切瑳琢磨して天台、真言、倶舎、唯識、禅、神道、和歌、など広範に学び、
聖光房弁長、良忠から「はみだし」たとの謗りを受けつつ、勇壮な「聖冏教学」を完成させた。
後世、檀林教学の教科書『釈浄土二蔵義』三十巻など多数の著書を著し、浄土宗が諸宗超過法門であることを誇示した。

注目すべきは、聖冏が「五重相伝」を編み出したことである。
「五重相伝」は、証空の三門、(行門、観門、弘願)を邪義と扱い、これに対抗して造られた「伝法」である。
聖光房弁長の西山邪義思考にかこつけ「滅後の邪義」と嘆いて、此を法然に仮託した人師である。
だから聖冏あるいはその周辺が「添書」の作者であるかも知れない。

まとめ

今回の研究とこれまでの研究を個条書きにまとめて、『一枚起請文』に「添書」が付加された経緯を概観してみる。

1. 法然は『選択集』で末代の衆生が実践できる唯一の行として、
あらゆる仏道修行の中から、阿弥陀如来から衆生に与えられた「念仏一行」を抽出した。
『選択集』では、念仏は仏から与えられたものであっても、衆生の側から行う「行」であることに変わりはなかった。

2. 勝尾寺で法然(七八歳)は善導の『観念法門』の「示観縁」に関する「願力三念仏」を契機として、
「念仏」から衆生の側の計らいの意義を否定(奪釈)した。そのことによって必然的に、
『選択集』の「異類助成・同類助成・念仏一行」という教判は「自力行門・仏力観門・願力三念仏」へと発展した。

3. 法然の勝尾寺の法門を知ることができた門弟は安心派となった。
それを知ることができなかった門弟は「起行派」に留まった。
証空の教義は法然の勝尾寺の法門そのものである。

4. 『選択集』を付属されて早く九州に帰り、晩年の法然に逢わず、
勝尾寺の法門を信じることができなかった聖光房弁長は安貞二年、
『末代念仏授手印』を著して、安心派の教義を法然の教説ではないと批難した。
だから弁長が法然の晩年の教義である証空の三門「行門・観門・弘願」を批判したことは、
法然の『選択集』時代の教義でもって法然の晩年の教義である「勝尾寺の法門」を批判したことになる。

5. 聖光弁長の誤解に基づく批判を正当化するために、
鎮西義の系統の人師によって『一枚起請文』に「添書」が付加された。
その人の名を敢えて挙げるならば、聖冏がもっとも疑わしい。


【筆者】稲吉 満了(いなよし まんりょう)
昭和15年生まれ、崇福寺・萬福寺住職、浄土宗西山深草派の宗学院長、
平成25年曼荼羅相承会の助講を拝命、法然上人念仏の真実を追究している。

970名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ ae08-qjkd)2018/03/08(木) 15:38:34.10ID:t+NoBpGg0
長い。
3行くらいでたのむ。

知恩院と西山浄土宗の違い
http://blog.livedoor.jp/library9016590115/archives/66185456.html

一方の証空上人は、流罪に遭うことを逃れ、そのまま京に留まることになりました。
実は、証空上人と弁長上人の違いが、その後に影響を残します。

それは、「勝尾寺の法門」という法然上人の2度目の回心と呼ばれるものであります。
法然上人は1年足らずで流罪を解かれますが、入洛がなかなか許されず、
摂津の国で留まることになりましたが、その中で思想的変革を迎えるのです。
これが「勝尾寺の法門」というものでありますが、法然上人のこの2度目の回心は、
西山義において相当な影響を及ぼしたみたいであります。
詳しいことについては、割愛しますが、親鸞聖人の浄土真宗の教学に類似しているのです。
というのも、真宗の側では触れられていないのですが、親鸞聖人と証空上人は交流が深く、
証空上人が関東に赴いた際、「勝尾寺の法門」について親鸞聖人に伝えたという伝承が残っているのです。

一方、弁長上人は、法然上人の言葉を深く心に留め、九州で積極的な布教活動をし続けます。
当然、「勝尾寺の法門」について知る由もありませんし、「選択本願念仏集」の正当な伝承者と自負していましたので、
後世に西山義や真宗の教学が確立されていくことが、宗祖門弟による背私自立の異議続出と見られたのでしょう。
そのため、弁長上人の教学も著述も「選択本願念仏集」への回帰というべき方向性で進んでいきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/namoamidabutsu18/53395020.html

そして、証空は師匠・法然のことについても、重大な“情報”を親鸞に提供した。それが「勝尾寺の法門」であるというのだ。

「勝尾寺の法門」とは、法然2度目の「回心」のことである。
法然は流罪が解かれた後、再び京都を目指したが、入洛が許されずに摂津国(現在の大阪府と兵庫県東南部)の勝尾寺に長らく逗留した。
法然はそこで改めて他力本願の真髄について、今一度「思想的変革」があったというのである。

この「勝尾寺の法門」は、流罪という波乱を経た後の出来事であり、これを親しく聞いた弟子は極めて少数に過ぎなかった。
親鸞は証空から、師匠のそんな一大変革を聞かされ、我が身を振るわせながら証空の語るところにを聞き入ったのかも知れない・・・。

972名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ ae08-qjkd)2018/03/08(木) 20:31:39.15ID:t+NoBpGg0
ID:i8yiEjFx0
おまえウザいな

長すぎ

私は普段から西山派の僧と仕事をしているのですが、特にその長文の事で討論になる事はありません。
私達が実際に檀家様や信者様に話をする時に、その相手の機根に合う方向で説き、その人が安心を得られるようにする事が大切だと思うのです。

西山派教学頑張ってるな。
時宗内の一向俊聖派も、頑張ってる。
近いうちに、時宗から一向俊聖宗として、独立するんじゃないか?

https://i.imgur.com/nAsvN5m.jpg

草津正高寺とラーメンブロガーと
バンド活動の掛け持ちって大変ですね

>>975
既に一向派が浄土宗に転宗しているのに?

>>977
そやな。でも、まだ判らんで。
小学生の頃、おてつぎで、
ババンババンバンバン蓮華寺〜〜
言うてたら、白いジーンズ履いたお兄さんに頭グリグリされたの思い出すわ〜〜orz

>>962
僧侶を誹謗中傷したとか殺したとかは救われないという例外規定が浄土宗にはあるはず。

>>979
ひょっとして「唯除五逆誹謗正法」のことを言ってる?
それらについては「抑止門」「摂取門」でググれば浄土系各宗派それぞれの立場で
様々な答えが得られると思うが、浄土宗の立場はこちらがわかりやすいと思う。

総研叢書 第6集 よりそう心 ―現代社会と法然上人―(平成22年3月発行)
第一篇 法然浄土教〈浄土門〉の立場とは?
・抑止門・摂取門と法然上人/曽根宣雄
http://jsri.jodo.or.jp/archive/souken.html

同じ浄土宗総合研究所のサイトでこんなのも読める。

総研叢書 第4集 念仏信仰の諸相 ―法然上人とその門流U―(平成19年3月発行)
第一章 阿弥陀仏の浄土をどのように理解しているか
・西山浄土宗の立場に立って/中西随功
第二章 本尊としての阿弥陀仏をどのように理解しているか
・西山浄土宗の立場に立って/中西随功
第三章 極楽浄土に往生するために何をすべきか
・西山浄土宗の立場に立って/中西随功

中西 随功(京都西山短期大学 学長)
CiNii − 中西 随功
https://ci.nii.ac.jp/author?q=%E4%B8%AD%E8%A5%BF+%E9%9A%8F%E5%8A%9F&count=20&sortorder=1

日曜に御忌会があって導師やんなきゃいけないんだけど、長キで柄香炉持つのは、香偈と送仏偈だけで良かったよね?

そうやね。
導師やらなきゃ、どうしよう?って感じ?

大正大学の仏教学部、志願者爆裂で今年の一般入試とセンター落としまくっているな。

詳しく

詳しくは大正大学HP志願者速報【入試へ】

了解!

988名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ ae08-qjkd)2018/03/11(日) 07:55:56.87ID:tC8Z288x0
次スレ立てろや。
ハゲども。

次スレ立てました

浄土宗ネラー坊主の会【第60願】(c)2ch.net
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/kyoto/1520729584/

990名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ ae08-qjkd)2018/03/11(日) 10:45:15.15ID:tC8Z288x0
よくやった。ハゲ。

991名無しさん@京都板じゃないよ (ワッチョイ be76-NNN3)2018/03/11(日) 16:49:22.81ID:pUtgo9jn0
まだ禿ちゃう!

ちお
んいん
こもん

うめ

まだ埋まらんのか

4月8日はお釈迦様の誕生日。拠ってみんな、カレーを食べよう!

そこは乳粥で…


ume

埋め

1000だったらウンコもらす

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 241日 3時間 21分 7秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。