田中芳樹総合113

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ cf6f-Ef5x)2017/12/24(日) 17:49:06.00ID:QUt4mt3W0
最新刊
・天涯無限 アルスラーン戦記(16) 光文社 カッパノベルス 2017/12/15

☆続刊または完結を待たれるシリーズ(当初からの原案作品を除く)
SF小説:「灼熱の竜騎兵」
架空歴史小説「自転地球儀世界シリーズ」
現代ファンタジー小説:「創竜伝」「薬師寺凉子の怪奇事件簿」


※ラノベ板ですのでアニメの話はほどほどに、長引くときは適切な板の当該スレにて

次スレは>>980が立ててください
SLIPとして本文1行目に下記を入れてください。
!extend:checked:vvvvv:1000:512

前スレ
田中芳樹総合112
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/magazin/1513768482/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

※関連スレ

【アニメスレ】
(懐アニ平成板)
銀河英雄伝説 第144頁 朝の夢、夜の歌Kap.V 
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1513197247/
(アニメ2板)
アルスラーン戦記 (dat落ち)
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/anime2/1460040217/


【漫画スレ】
(漫画板)
【原作:田中芳樹】銀河英雄伝説 #70【漫画:藤崎竜】
http://fate.5ch.net/test/read.cgi/comic/1512040781/
(漫画サロン板)
【藤崎竜×田中芳樹】銀河英雄伝説 ネタバレスレ 3
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/csaloon/1457937762/
(少年漫画板)
【荒川弘×田中芳樹】アルスラーン戦記19【別冊マガジン】 [無断転載禁止]c2ch.net
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ymag/1489490596/
【ネタバレ禁止】アルスラーン戦記・荒川x田中【別冊マガジン】
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ymag/1384063967/


【SF・ファンタジースレ】
銀河英雄伝説 素朴な疑問158
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/sf/1508894054/
【ユリアン】こんな銀英伝は嫌だ!パート34【以外】c2ch.net
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/sf/1505357093/

【二次創作スレ】
(文芸・書籍サロン板)
銀英伝(銀河英雄伝説)の二次創作について語るスレ43
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1512834340/
[重複]
銀英伝(銀河英雄伝説)の二次創作について語るスレ37
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1502762668/


【ゲームスレ】
(ブラウザゲーム板)
銀河英雄伝説 タクティクス page64
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/gameswf/1486291403/


・2ch現行スレッド検索 - re.Find2ch
・2ちゃんねる勢いランキング 
「銀河英雄伝説」で検索すると、上記以外も色々出ます。

・田中芳樹氏所属事務所 有限会社らいとすたっふ公式ウェブサイト
tp://www.wrightstaff.co.jp/
田中氏の秘書・安達裕章氏のブログ
・とある作家秘書の日常
tp://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/
・銀河英雄伝説│公式ポータルサイト
tps://ginei.club/
・銀河英雄伝説 ON THE WEB
tp://www.ginei.jp/
・オーディオブック「銀河英雄伝説」アニメの声優が再集結!新プロジェクト特設サイト
http://gineiden.kikubon.jp/



Twitter
・らいとすたっふ
tps://twitter.com/wrightstaff
・安達裕章(有限会社らいとすたっふ/田中芳樹事務所代表)
tps://twitter.com/adachi_hiro

アニメ「銀河英雄伝説」
tps://twitter.com/ginei_anime
・銀河英雄伝説│公式ポータルサイト
tps://twitter.com/gineiclub
・新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」
tps://twitter.com/gineidenanime
・銀河英雄伝説 公式さんと語ろう
tps://twitter.com/gineiofficial

・アニメ「アルスラーン戦記」公式サイト
http://arslan.jp/index2.html
・アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」公式サイト
http://arslan.jp/2/

・アルスラーン戦記 戦士の資格 さくらソフト
http://www.sakurasoft.co.jp/arslan/

Twitter
・アニメ『アルスラーン戦記』公式
https://twitter.com/arslan_anime

凄い流行っているように見えるが、毎日毎日一人20連投とか
してて、このスレって5人くらいで回ってるよね?

>>1
スレ立て乙です

なら俺もその一人として残り3人か

食し終えた鶏の骨を放り出し 一杯の葡萄酒(ナヒード)を飲むとヒルメスよりは恵まれていると思う



>>1

あとは中国物書いて創竜伝か
完結させるとしたら竜騎兵と地球儀は若手に書かすんだろうから
超優良完結作家になる日は近いね
マンガ封神演義書いたフジリューに創竜伝のエンド考えさせたほうが面白くなるかも

>>1

977 名前:イラストに騙された名無しさん [sage] :2017/12/24(日) 20:07:51.09 ID:DJyWps4x
ちょうど今KADOKAWAの編集が作家の原稿一部勝手に手直ししたって問題になってるけど
これは論外としても編集ってどれくらい作品に関与できるもんなんだろう
いなくなったとたんガタガタになるのはいくらなんでも作家もおかしいと思うんだけど
--
昔は資料が集めにくかったので、資料集めで担当の力量がいかんなく発揮されたらしい。

>>1
乙です。
前スレ最後にもあったけど、天野さんの絵の影響ってやっぱすごいよなあ。
グイン・サーガも、天野さんの絵の時代(ケイロニア篇)が一番面白かった。

当時、「子供がイラストを怖がる」とかいうワケワカラン理由でFFシリーズの絵をデフォルメされたものに変えた、
スクウェアはアホかと思った。

>>1
イシュトヴァーンのゴーラ制服編が一番好きな俺

創竜伝に関しては皆殺しエンドでももう特に文句言われないだろうし完結させるのは楽になったはず

>>1

>>8
……社会情勢や文化風俗、身近な技術や通信インフラまでが盛大に変化した状態で
今更創竜伝を完結させるとか無理筋じゃねえ? あの兄弟にいきなり家族割プランのスマホとか持たせるんか?

そんな細かいこと機にしたらイカン、コナンを見習ってガシガシ現実の変化を取り入れてけ

ホスローにわざと負けるのと、自分の依代の血統を用意するのと、どう繋がるんかよく分からんね
しかもそれを「これ以上ない報復」とか言ってるし意味不明
わざと負けておいて報復だーとか頭おかしいのかな?

作中での時間の経過と現実との乖離がねえ。暴走族とか洋物ポルノビデオとか目頭熱くなるほど古い単語が
平然と出てくる作品やぞ……

>>14
現代舞台の長期シリーズ物の宿命だな・・
夢枕獏のサイコ・ダイバーシリーズ(1984-2010) の終盤で、猿翁がいきなり懐から携帯取り出して連絡とりだしたとき、びっくりしたわ。
初期のころだと学生運動とか日本赤軍の残党の余燼くすぶる時代設定だったしw

まあ、創竜伝は、仙界大戦争で締めれば、そこらへんは上手く避けることできそうだけどね。

>>18
>猿翁がいきなり懐から携帯取り出して連絡

シリアスなギャグにしか見えん字面だなw もういっそ90年代設定のまま書けばいいかもなー。
パソコン通信とかダイヤルアップ回線とか出てきたら腹筋崩壊するかもしれんが……

創竜伝はどうせ仙界大戦やって天界の陰謀みたいな話に落ち着けるしかないんだから
なっちゃんや幕府は強制退場で時事的な話題はいっさい捨てて
主人公側のキャラの結末だけつける書き方するしかない

無茶苦茶ドウデモイイ関わり方しそう
で人界は何かなっちゃんの天下になって後は任せましょうみたいな

現実の政治とか社会とか書かせたらあかん作家だからなあ
また古代中国に行ってそこで決着つけるといいよ

その辺餓狼伝はマシな方か。菊地秀行のトレジャー・ハンターシリーズだと近未来ガジェットに現実が追いつきつつあるしな


>>16
パルス王家断絶してもあれ甦るんじゃなかったのか

4兄弟とヒロインと仲間たちは平凡な日常に戻るエンドでしょう
人界もいろいろあるけど天界もひどい、俺たちは仲間と家族が大事であとは知らない
なっちゃんはあっさり処分される危険性があるかな
魔道や伝奇要素の扱いの下手さを考えると天界の話もあまり深入りしないほうがいいけどね

>>17-19
刑事小説の傑作、新宿鮫1巻より
 鮫島「凶器は死んだ密造銃製造者の仕込み銃なんだが、どんなものに偽装したと思う?」
 鑑識「小口径ならライターとかでもいいんだが、この件はライフル弾を使用している。
    ライフル弾は威力が大きいから、ある程度の重さがあって手で持ちやすい形状でないと駄目だ。」

Q:上記の文を読み、凶器が何に偽装されていたか答えよ。

A:携帯電話。なお文庫版では「ショルダーフォン」とルビがふられている。

>>25
数年前にラジオか有線かなにかで「ポケベルが鳴らなくて」が流れ始めたのを聴いた時のような感覚が襲うな
ふふっ、てなったという奴だが

>>26
宇多田ヒカルのAutomaticで「電話の声だけで相手がわかった」のくだりが今の十代には理解できないそうだから。

来年は明治維新150年だが、

明治維新――――73年――太平洋戦争開戦
太平洋戦争敗戦―73年――現在

らしい。文明が急速に進みすぎw

最終巻でアンドラ蛇王を見たヒルメスが取り乱して株を下げたけど、
あのメンタル崩壊状態で最強騎士ダリューンと互角の死闘を演じた
のだから、やっぱりヒルメスは凄いと思った
ダリューンの冑が飛ぶのとヒルメスの胸甲に深い亀裂が入るのが
同時だったのだから、冑や胸甲がなければ二人ともほぼ同時に
死んでいた可能性が高い、つまりは相撃ち
メンタル面を考慮すれば圧倒的にヒルメスが不利であった

ガイエは絶対そこまで考えて無い

31イラストに騙された名無しさん (オッペケ Sr87-s6U8)2017/12/25(月) 00:46:34.52ID:NS40u5TGr
しっかし猛禽禿鷹

>>29
いやそこはむしろヒルメスのメンタル崩壊してないかと心配になったが…
メンタル崩壊じゃなくてキャラ崩壊か

>>11
怖がるというか
そもそもあの絵をドットや3Dに落とし込むこと自体が無理ゲーなんやししゃーない

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FMDPBVDEL.jpg

皆の中でアルスラーンのビジュアルって誰の絵で再生されるの?
自分はこの前まで劇場版(神村幸子だっけ)の絵だったけど最近は荒川版
天野絵好きだけどイメージはしにくくて…

>>33
いや、カセット(ソフト)の箱(パッケージ)が、最初は天野さんのイラストのままだったのが、
途中から可愛いデフォルメイラストに変更された件のこと。


>>34
読んでる時に具体的に顔をイメージしてる訳じゃないけど強いて言うなら天野絵かな
他の絵がどれもあんまり好みじゃないっていうのもあるけど

>29
ダリューンとの会話見ると冷静にぬってるね

>>36
上のイラスト、なんでみんな無表情で上向いてんの 違う意味で怖いよw

>>33
5はこれリメイク版か?明らかにフィールドグラフィックと合ってなくて草
絵の方は山田章博さんが一番好き

いちおつ
ワッチョイ復活したのね
IDコロコロ荒らしがいるわけでもなし、前スレのようなワッチョイなしの方が
居心地よかったなと一応書いときます

>>28
うええ、まじか、まじだけど感覚的についていけないw

アル戦、完結記念のインタビューとかニコ生放送で
今後どんなお言葉が飛び出してくるのやら
15巻がでた時は石を投げるのは待っててみたいなことを
本人か秘書が言ってたはず

体感的には一部がやってた昭和末期と今の違いって
ネット環境を始めとした通信分野ぐらいだけどなw

43イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 63de-Ehr3)2017/12/25(月) 06:42:38.92ID:1EhIj+m00
>>40
自分も
表紙とか口絵に出てるキャラクター以外のキャラデザ見たかった…
十二国記のイラスト見て脳内補完してるけど

>>39
じゃあマウント・ラッシュモア国立記念碑の4人の大統領像もダメだな

>>34
強いて言えば中村版かなあ?
最初にまとまった量を見た絵があれだったから
でも大体は誰の絵でもないな

>>35
子供が恐がるっていうのは自分には分かる理由だわ、子供のころは確かに恐かった

>>41
自分も
次スレはワッチョイなしで頼みたいわ

>>36
FF4は名前変えられるからアルスラーン達の名前に変えたりして遊んでたのを思い出した

ワッチョイあると例の人を週1回だけNGに突っ込めば良いだけなんでちょっと便利なんだけどね

>>34
具体的にイメージしてるわけじゃないけど強いて言えば神村絵かなあ
絵ではないけど地の文は下山さんの声で脳内再生できるw

メインキャラはほぼ神村版
殿下はアニメのインパクト強すぎてそっち
イノケンだけは天野絵

声はほとんどカセットブックと劇場の方だな

>>48
タクティクスオウガで同じことやってた

第一部完結で8、9巻の内容を外伝としてアレンジ
蛇王復活やタハミーネ実子話は一切なし
ヒルメスやギスカールも生存エンドで問題ないのでは

ヒルメスは王都奪還時点でアルスラーンたちに捕まって自決、ギスカールはボダンと相打ちになりましたで完璧

トゥースの三人嫁とか、それこそ外伝ネタでよさそう。

十六翼将+ルーシャンあたりで、一人づつ短篇ってやり方もあったかもね。
ダリューンの「絹の国」行の短篇みたいに。

>>41
つまりもう石投げていいってことか

銀英伝
アル戦1部
七都市
創竜伝5巻まで
マヴァール
タイタニア
アル戦完結まで
以下略の順かな自分の中では

絵は天野だろ。エルリック・サーガとか、あの頃が全盛だったな。角川は偉大だわ。

銀英言うほどいいか?
宇宙空間が海面になってる戦闘描写で萎える。キャラクター造形とか会話に秀でたところのある作家で、ちょっと設定が増えるとすぐ破綻するのは昔からだ。

ソノラマでも描いているんです
おそらく稿料が恐ろしく安いままだったのかエイリアンの後期とか殴り書き見たいのばっかだったが

バブル景気の頃の漫画とかを見ると、今との違いはやはり経済だね
当時は「サラリーマンにしかなれない平凡な俺たち」とか「万年係長」とか「大手以外の会社の正社員」が負け組扱いされていたからね

61イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ ffa2-+/mr)2017/12/25(月) 10:34:49.45ID:h7VCgIO90
俺は競馬はよくわからんが北島のサブちゃんが
「惜しまれながら去るのも美学」って言ったそうだ
ガイエも銀英伝の頃はキャラについて同じ事言ってたのにな
アルスラーンもそういう風であってほしかったよ

天野さんはDやアルスラーン一部、マヴァールの頃は良かった
あとマニアックだがTRPGのストームブリンガーのパッケ絵なんかも好き
塗りや線の描き方が変わってからはそんなに好きではなくなってしまったな

あまのよしたか名義の絵が好きだ

銀英もいろいろつっこみどころはあるけど敵味方によいキャラがいるし人間模様はアル戦よりは大人むけに書いてある
アル戦は味方は良い、敵は悪いではっきりしてるから痛快ではあるけど深みに欠ける傾向があると思う
マヴァールは終盤駆け足なのが惜しい、タイタニアはああなってしまったし結局代表作は銀英なんじゃない

そりゃそうだろう
実質まともに読者にそう不満はないレベルで終わった長編あれだけだし
実は当時も地球教エピ、ユリアン復讐のため無理やり気味だなー白兵戦決着強引と思ったもんだがこの展開の初回だしキャラの死に見せ場は描き切ったし文句はなかった
マヴァールも同じような無理やり決着白兵戦感あったけどあれもまあ筆力で押し切った
後はもう長期投げ出しの似たようなオチの雑まとめ

竜頭蛇尾の極みとはこの事だなは言い過ぎにしても竜頭蛇尾

>>64
勧善懲悪なのもそうだけど一番は敵と味方に実力差があり過ぎるんだよな
最初の大敗以降アルスラーン陣営が負ける光景は全く想像できなかった
ダリューンナルサスギーヴは反則レベルのチート性能で、他の連中も他国のエース級
ギスカールwithボードワンモンフェラートやヒルメスwithザンデじゃ勝てる訳がない

67イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 03e4-I6sZ)2017/12/25(月) 11:22:39.06ID:pH1ncofT0
「まあ、すんだことはともかくとしてだ、ナルサス…」
「どういう意味だ?おれは何も済ませたりしておらぬ」

ここらあたり好きだったなあ

アル戦は中学生ぐらいが読む痛快でハッピーエンドな7巻完結の娯楽戦記小説として
田中芳樹作品の入り口になるような位置づけになったら良かったのにと思う

>>41
秘書「完結記念インタビューに備えて岩、腐った卵、天涯無限新刊、41おにぎりをご用意しました。
お好きなものをお投げください。」

>>68
一部はそういう色が強かったよね
味方側で死んだキャラがほとんどいない(あえて言えばバフマンとヴァフリーズ)
敵はアルスラーンの引き立て役兼やられ役でしかなかった

>>69
さじをなげてもよろしいですか?

最終巻P167の「その下の眼がきらめく」の描写がよく分からないんですが、
これはどういうことでしょ?

また、P177のアルスラーンの台詞、「気の毒な御仁であったとは思う。だが、
パルスにルシタニア軍を引き入れた罪と、ナルサスを殺した恨みは忘れられぬ。
礼をもって葬ることにしよう。異存はないか」って日本語として変じゃないですか?
「恨みは忘れられぬ」と言いながら、逆接の接続詞を入れずに「礼をもって葬る」
ではものすごい違和感を覚えてしまう
みなさん、読まれた時に違和感を覚えませんでしたか?
それとも、このくらいのことは言葉の綾というか、取るに足らないことなんでしょうかね

>>72
ぶっちゃけ、それ以上に酷い点が多過ぎるんだよね
ここで何度も指摘されてるザッハーク軍が半減した報告からの流れなんてそこ以上に滅茶苦茶なので
相対的にその程度だとまだ許せる範囲としてスルーされてるなw

>>72
それ以上のツッコミどころ満載なんだから、そのくらい赦してあげようよ。

75イラストに騙された名無しさん (アウアウカー Sac7-Ehr3)2017/12/25(月) 12:30:37.49ID:gV0YtJL+a
>>34
ヒルメスは普段は荒川版で想像してるけど、
蛇王にびびって喚いてる場面は神村版で再生された
劇場版Uで自分で倒した松明の火がマントに燃え移ってうあぁぁぁッてなるシーンを思い出す

ニコ生主みたいだなヒルメス

>>73-74
ありがとうございます
ちなみに上段の疑問はいかがでしょ?
いくら考えてもこの文の意味や状況がつかめない・・

>>77

作者の書きっぷりを、好意的に読み解いてあげると、
「マントの下に仕込まれた毒針が、眼のように光った」みたいなことが言いたいのかな、と。

でもまあ、作者の校正ミスだろうな。

>>72
恨みを忘れないから葬るって言ってるんだと普通に解釈したけど

それより酷いツッコミどころ満載でスルーしてた

気になる大きな点を突っ込むのに精一杯
小さなとこまで潰す気概がとてもないよ
それも瞬間湯沸かし的にふざけるなー!と罵倒したくなるけど基本的には虚無感に包まれてる

81イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ f331-fQzT)2017/12/25(月) 13:13:49.92ID:Zo8l7ghs0
>>32
キャラも崩壊したし、メンタルも崩壊しましたね
メンタル崩壊してもなおダリューンと相撃ちレベルで
闘えるヒルメス強い!と思いました
>>38
立ち直っていたとしたら早すぎますよね
ある意味メンタルがすごく強いのか
>>78
ありがとうございます
しかし、普通に読む分にはその解釈はなかなかできませんよね
>>79->>80ありがとうございます

逆接を入れる
一度会話文を切る
他者からの遺体をどうするか?という質問を挟む
どれかを忘れたんだろうな

>>66
あまりにもルシタニア軍がくそザコ過ぎてルシタニアの名有りの将軍すらパルスのモブ騎士に劣る印象があるんだよな。

ヒルメスのルシタニア騎士評の「問題無いッッ!五十人までならッッ!」

これ酷過ぎ

白鬼ことドン=リカルドって、作者の当初の予定ではどういう扱いにするつもりだったんだろう。

エステルがルシタニアに帰国するときに随行してフェイドアウトのつもりだったのか、
それとも最初から「ルシタニア系パルス人」の翼将として活躍させるつもりだったのか・・?

翼将に入れるつもりだったに一票

>>72
おかしくないと思うよ。
「気の毒な点はある」
「でも許せない罪が2つある」
「だから葬る」(つまり罪を減じるなどの処置は取らない)
礼をもってというのは相手が一応皇族であるのと、
死体蹴りしたら自分も同レベルになるから避けた。

>>72
「恨みは忘れぬ。だが気の毒な御仁であった。礼をもって葬ろう」
なら良かったかな

>>88
それだと「気の毒」に重きが置かれない?
この時の主旨ははあくまで、「許せないから殺すよ」だから。

なんだかんだいって結局皆王族を特別扱いしてしまうという

>>89
「礼をもって葬ることにしよう」を処刑宣告として発言したのならそれでいいけど
この場面はダリューンがヒルメスを倒した後なので殺すも殺さないも無いでしょ

>>89
ヒルメスの死後っしょ、これ
殺すではなく、遺体を葬ると言っている

被った

94イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ ffa2-+/mr)2017/12/25(月) 14:33:15.89ID:h7VCgIO90
>>25
あれも絆回廊で止まってるんだよなあ
でも大沢先生はまだ、まだやってくれる・・・!
キャラへの愛も感じるしな
って結局これに帰ってくるんだよな、作者のキャラへの愛の有無

>>91 92
あーそうだね。それなら88が適切か。
許せないから斃した。でも同情する点はある。だからせめて礼をもって〜で繋がるね。

大体ルシタニアなんてギスカール、ボードワン、モンフェラート
この三人以外ぶっちゃけモブだぞ
ヒルメスと尊師の助けだけでよくアトロパテネ勝てたわ

なんでそんなモブの一人が16人の中に入ったかもよく分からんが

>>96
しかもギスカールから直接命令を受けたオラベリアというリーダー格の騎士の、
その僚友という位置づけだからなあ・・

最終巻でドン・リカルドが再会したオラベリアに、「俺もあのころより強くなったで」とつじつま合わせの発言してたのは笑った。

視界の外から飛んできたギーヴの放った矢すら
回避できる尊師が、土星(狼)がいるからイスファーンの死体に近づけない、とか
明らかに描写がおかしい
尊師は毒系の術もあるわけだし、空中浮揚も
あるし、土星など敵にならないはずだろ

小さいころ犬にかまれて恐怖症になってたんだよ

どこのお化けだよ

ぼくらはじゆうなあそびにん

発売日を知ってからずっと昔憧れた人の死刑執行日を知らされた気分でいた
今さっき読み終わりました
パルスの行く末がただただ虚しい
一つ一つは歴史の上ではよくあることだと思うんだけど、大河っつったってこれ読者のいる小説だろうと

恐妻王がご壮健だったのはちょっと安心した

無理やりこの巻で終わらす必要は無かったんだよなー。あと1冊くらい尺をとるべきだったな。

もっと酷くなるのでは

>>98
そもそも魔導師集団の魔術に遠くから呪うとかそういったレパートリーはなかったのかと…

>>98
尊師「イヌを傷つけるなんてとんでもない」

やっと最終巻読んだ

キシュワードを宰相に任命したのはミッターマイヤーのエピソード、
クバードとイルテリシュの対決はマヴァールの隻腕のオルブラヒトの最期の焼き直しというか
セルフオマージュ的なあれなのか?

千年魔王様()のへぼが、パルス以外の国を侵略しなかった理由と
へぼの知名度がパルス国外ではゼロだったのは何故なのかは説明されず投げっぱなし。

二部で猿や鳥頭が跋扈し始めたら、早ければ伝書鳩で数日後、
遅くとも数週間後にはミスル、マルヤム、シンドゥラ、チュルクにそのことが伝わるだろうが!

パルスには多数の外国人が居住していたし、外国との通商も盛んなんだからな。

劣化が進行していたグイン・サーガですら、モンゴールがパロ侵略を計画実行し、
大軍を向かわせていたのに、パロの歴史上トップクラスの予知能力持つリンダ王女や
その他大勢のパロ聖王家に仕える魔道士たちが
その事を予知、感知できなかった理由は、ちゃんと説明されていたぞ!

荒川版ではへぼは外国でも知名度の高い魔王か
魔道を使える暴君として認識されている設定にしてもいいよな。

何しろ原作では、へぼの知名度が海外ではゼロな理由は説明されなかったんだからな。

ライトスタッフはここも見ているんだろ。

来年のイベントでは、原作の設定の矛盾はスルーして
あのラストシーンと完結したことに満足しているファンを楽しませればいい。

だが荒川版では破綻した二部を可能な限りフォローするオリジナル展開を導入して
一部できれいに完結する荒川ヴァージョンで、あんなに悲惨な出来の二部を掴まされ
怒りと悲しみにさいなまれている読者をさりげなく救済するくらいのプロ意識は発揮してくれよ。

原作の特に設定への突っ込みには同意できるが
いちいち荒川版をもちだすのな絡めるな
田中先生やらいとすたっふはコミカライズ許可をしただけでノータッチ
あれは単なる公式二次創作だ、個人的にはヘイト創作ですらあると思ってる

そんなに自分の思い通りの展開を希望するなら
自分で書けばいいじゃん、同人誌にしてイベントにだすなりネットにあげるなり
今の時代発表の場はたくさんあるから、出来がよければ賛同者がつくだろうよ

そうした方がコミックの売り上げだってキープできるだろ

荒川版が売れればライトスタッフにも利益が入ってくる仕組みになっているなら
最終巻の出来に打ちのめされた二十年待ち三十年待ちの読者を荒川版でつなぎとめる経営努力をしろよ。

荒川版やアニメからの新規読者だって最終巻の破綻プリには呆れるぞ。
あんなラストの小説が売れているのは、思春期や青春時代の思い出にけじめをつけたい人が多数いるからだ。
そんな人たちを満足させることが、あの破綻した最終巻でできるとでも思うのか?

秘書氏は、銀英伝はコラボやメディアミックスの企画が何度も実現化しているのに
アル戦では、そういう企画すらあまり来ないとツィートしていたが、
原作があの出来では、メディアミックスやコラボで銀英伝並みの成功は無理だろうよ。

銀英伝並みのコラボやメディアミックスが無理なら
荒川版での原作フォローがアル戦で儲ける一番堅実な手段じゃないすか?

>>107
昔はあったネタの引き出しが少なくなったんだろうね
特に翼将の死に方のバリエーションがなあ…
塾考せずに、なんか簡単な方向に飛びついた印象だ

パルス軍と魔軍が交戦している作中事実を他国はすぐにキャッチし、
国境に軍を動員して、警戒態勢で様子見をするのがフツーだろ。

ところが王道展開がお嫌いな田中先生は、パルスでの異変になぜか外国は気づかず
誇大妄想狂の自称ミスル女王の奴隷女にホイホイ従うミスル軍や
今パルスを侵略するメリットがない新マルヤム軍をギスカール自らが率いるという
説得力がない異色の展開を、クライマックスに選んだのです。

114イラストに騙された名無しさん (JP 0H07-wr7R)2017/12/25(月) 21:32:12.36ID:dmUU3ArNH
ファランギーヴ「狙い打つぜ!」
変態仮面「残念それはわたしのおいなりさんでしだ」
ダリューン「止まるんじゃねーぞ」
アルスラーン「オレがガンダムだ!」
ザッハーク「おまえも連れて行く」
ラジェンドラ「オレはスペシャルで」

>>110
どこかのSNSで「荒川コミカライズはヘイト創作!」と声高に喚き散らして
お仲間に煙たがられてた腐女子を見た記憶があるけど
まさかお前じゃないよな

でも気にくわないなら自分で書いてみればいいじゃん、ってのは防衛機制の一種としてアリだと思うぞ

へぼや尊師にカイ・ホスローとタハミーネの実子について
地の文での説明が乏しいのに過去のエピソードや
設定との整合性が取れていないんだから本当にいらだつ。

へぼは人造人間で、ジャムシード王にとってかわった千三百年後には
人造人間のボディは寿命を迎えると尊師が判断をしていたのか?

だから、そのころへぼに反逆したカイ・ホスローの血筋を依り代にしようとしたのか?

この推測が正しいとしてもへぼのその後の行動と判断は意味不明なんだよな。

尊師に新しい体を作ってもらうか、それが無理なら片八百などせずに
カイ・ホスローを捕らえて、精子を採取後なぶり殺しにすればいい。

人造人間が作れるなら精子採取と人工授精くらい朝飯前だろ?

カイ・ホスローの子種を確保し、ボディが寿命を迎えるまで.宮殿で美食と女色を楽しめばいいじゃん。
三百年間地下で何が悲しゅうて禁欲穴掘り生活をせんとあかんのじゃ?

子種では露骨すぎるなら、オスロエスとクシャーフルを捕虜にし宮廷奴隷にする
成長したら、女を与えて子作りさせる。
こうして生まれたカイ・ホスローの子孫は忠実なへぼ王信徒に育て上げる。

ワイがへぼならこういう報復をやるぞ。

気に食わないなら書いてみればは全然ありだと思うなあ
ここでも前、二部を納得できる展開でハッピーエンドで描いた同人誌が出たら売れるんじゃ?
という話が出てたけど、そのとおりだと思う
というか自分は買うw

>>107
クバードのアレは柳生忍法帖だな

丁度アル戦と同じくらいに発売した殺し屋漫画の最終巻、一人以外敵も味方
も皆殺し、酷いヤツだと敵に犯し殺されたり、準主役が無造作に体真っ二つに
されて殺されたりしたけど尼レビュー読むと殆ど高評価で、自分も同意。
物語そのものが破滅に向かって進んでいってたし、無造作に殺されると云っても
ちゃんとストーリーの中の必然として死んでるから納得できるんだよね。

対してアル戦の皆殺しは
「蛇王様が眼前に現れた→無計画にタイマンして死亡」をひたすら繰り返しただけ。
死に様で格好良かったのは蛇王様相手じゃなかったクバートだけ。
ナルサスいないだけであれだけ脳筋になるパルス軍って一体。。。

少なくとも七巻執筆時は実子女児設定だったろうな。

アル戦読本では、カドフィセスはカルハナやラジェンドラに善戦するようなことを示唆しておきながら
扱いに困ったのと恐妻王設定が気に入ったからガイエは、カドフィセスをあっさり処分した。

実子もこの感覚で同じような処理をしたんだろうよ。

おかげでタハミーネとレイラは無残極まる最期をガイエに与えられた。

お気に入りのアルスラーン陣営以外のキャラなんて
ガイエには処分に困るゴミか設定に矛盾が生じようが
お気に入りキャラの踏み台にしてもOKな存在
あるいはヘイト創作の対象としか認識できんのだろうよ。

当然ガイエのお気に入りキャラ以外のマイナーキャラが好きな読者なんて眼中にない。

タハミーネ実子話はもともと1部の段階でも粗ぽい設定だったからな
女児に王位継承権はないからタハミーネの政治的地位をまもるためにやったことになってるけど
死産した子にかわって騎士階級の両親謀殺して赤子をつれてきてわざわざ王太子にして
王妃には死産した子供は男じゃないからどこかへやった銀の腕輪をつけた3人のどれかだと嘘をついた
そんなバカなことする必要ないしそんな不自然な嘘を信じる女はいない
何人この謀略に関わっているのかわからんが絶対バレるしね

122イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 63de-Ehr3)2017/12/25(月) 22:09:12.49ID:1EhIj+m00
>>109
荒川「すり寄ってくんな」

ヴァフリーズ以外族滅したりして

荒川版のエステル改変は田中芳樹の提案と、光文社文庫版のあとがきに書いてあった。

少年漫画連載するにあたってヒロイン要素と言うかヒロイン枠が必要だろうと言う判断は分かる
連載することで明らかになってるが実際意味のない改変ではあったw

>>113
ラジェンドラ以外の周辺諸国の王族やそれに近しい権力者を軒並み処分しないと、アルスラーンがへぼ王と相打ちになり王位空白の暗黒の50年というプロットが使えなくなるから仕方がない。


……ペッ(唾棄)

127イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 1390-Ef5x)2017/12/25(月) 22:21:01.81ID:gT8uK4Qd0
>>121
三百年続いた王朝の男性王族がたったの二人しかいない設定を考え付くガイエなら
実子取り換えもリアルと信じて初期設定ではそうしたと思うぞ。

その後、王女にも王位継承権を与えれば子供を取り換える必要なんてねーよという
突っ込みを意識したのと、広げた風呂敷を畳むのが面倒くさくなって
設定変更。初期設定では親子だったキャラを他人にして同じ墓に葬るという悪趣味を発揮した。

尊師も直属の配下が7人程度で蛇王復活時には残り一人でしたってしょぼ過ぎだろ
数百年生きてたんならもうちょっと気合入れて巨大地下組織作っとけよ

129イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 63de-Ehr3)2017/12/25(月) 22:29:43.73ID:1EhIj+m00
>>128
魔道を会得するのは難しいんだよ…

>>127
タハミーネの子供が実際姫なら手元においたほうがタハミーネの恨みかわないし
パルス王家の分家か大諸侯から婿もらうのが普通だろうからね
主人公アルスラーンの呪われた王家の血をひかない王太子という根幹設定に関わるから
どんどん嘘が変な方向に発展していって辻褄があわなくなったよね

>>126
原作と同じ結末なら意味の無い改変だが、変更するなら意味があるということだろう。

>>130
実は王家の血を引いていない世継ぎなんて
災いの種そのものだよね。

そんな存在が即位するのを認める人はまずいないし
それを承知の上で即位させるような勢力はろくなものではない。

第一部であれだけアルスラーンの象徴みたいに書かれてた奴隷解放が第二部じゃ
「解放しました
ひとまず成功しました
解放王と呼ばれるようになりました」
で終わってるのがなんだかなあ
誰か書いてたかもだけど、最後に解放された元奴隷たちがアルスラーンの危機に立ち上がるとかすればもうちょっと意味もあったのに

>>121
ヴァフリーズに、真相を知る者を次から次へと処分させてたんでは
一人じゃ無理だろうから信頼できる自領民の臣下使ったり?
カーラーンがあの規模の裏切りを全くバレずに部下達とやってのけられた世界だし

>>134
そのヴァフリーズがバフマンにばらしている意味不明な展開なんだよな

アルフリードがエステルの葬式でよそよそしかったのが悲しかった
パリザードとばったり会ったカーセムが出世の恩人を忘れかけていたのが悲しかった
この二つは巻と巻の間が空いてたし、まあ原作者の記憶に薄い要素だったんだろうで無理にも納得できた

でも一つ前の巻の副題にまでなったゾットの旗の扱いはどうしても呑み込めない
アルフリードが繋ごうとしたもの全部無駄になったじゃないか

たまたま接着剤がはがれて手紙が落ちて来たところに見計らったかのように現れて、しかも中身見てないはずなのに
それがアルスラーン出生の秘密が書かれた密書とわかるタハミーネ何者だよ

>>135
あれは一人で抱えきれなくなったんじゃないんかね
大規模な戦争の前で、自分に何かあった時のためにとかもあるかも?
あとバフマンは多分慎重で口が固い性格なんだろうなと思った

そういえばあの手紙を見つけたキシュワードのところに
王妃が手紙取りにきたけど、アレマジで意味分からん。アンドラゴラスまで付いてきてさw

出産にかかわった罪のない医師や侍女、アルスラーンの父親や乳母を殺し
銀の腕輪偽3王女の偽装に関わった連中も殺していった極悪人ヴァフリーズw
その甥のダリューンとアルスラーンの関係がああなったのも何かの因縁かね

>>137,
アレはキシュワードを監視していたとか思えないな。手紙隠したのも王家に仕える密偵
だろ。

>>135
最終巻を読んでヴァフリーズがバフマンに送った手紙には、タハミーネ王妃が生んだ子供は死産だったと
ちゃんと書かれているのか、それとも、生まれた子供は女の子だったから、アルスラーンとすり替えたと
ある程度ごまかして書いてあるのか分からなくなった
第一部の終了時点では手紙の内容はアンドラゴラスの娘のことだと思い込んでいたからな

>>137-138
無理矢理解釈するなら、敗戦・敗走の最中、ヴァフリーズがバフマンに秘密を打ち明けた事を
アンドラゴラス王に伝えていたとか。
え、なんで隠し場所の事知ってたって?
ああ、いや、ほれ、バフマンが密書を隠す場所をヴァフリーズがしってたんじゃない?(適当)

自分はアレはキシュワードをアンドラ夫妻が試したのだと解釈した。
キシュワードの部屋に、すぐ剥がれそうな状態にしてくっつけといてさ。
ダリューンとナルサスは無論信用に値しないから、キシュワードはどうなのか確認したのだろうと。

密書そのものはバフマンの部屋に有ったと考えるのが自然だけと、主のいない部屋をそのままにしとくとも思えないしな。
そこは謎だが。

むしろ気になったのは、その後キシュワードが退出の許可を得ようとしたこと。
お前の部屋だろ?と。

付け加えるなら、キシュワードが見るか見ないかが重要だったって事であり、
別に本物の密書じゃなくてもいい。

なかみは「うっそぴょ〜ん」とか書いてあっても問題なし。
アンドラもそんなん見られたら恥ずかしいから、すぐ燃やしたのだろう。

あの手紙をもしあのままあのシーンで開いてて
実は死産でしたーとかいう内容だったなら
あの場でタハミーネがアンドラゴラスを椅子で殴りつけるくらいしてたんかな

ぺシャワールの堀に突き落とされても文句言えないと思う。

椅子でアンドラをぶん殴るタハミー……
すごく見てみたいじゃないのw

じゃあもうアルスラーンの他に
女児もどっかで調達してきて
「双子でしたー」じゃダメだったん?

双子は双子でまた「王家に災いをもたらす‼」って
言われたんかな?

>>147
昔それを考えたけど、双子は露骨に怪しいとアルスラーンの出生が疑われるか、
成長の早い赤子だから、発育の差で怪しまれると思ったか、そんな所だろうか?

>>141
ペシャワールでヒルメスを逃がすときに「パスルの正統な血筋が絶えてしまう」と言っていたから死産のことまで書いてあったんだじゃないかな

>>143
>お前の部屋だろ?   ←ワロタたしかにw

確かに自分の部屋だけどさすがに国王夫妻に「出て行け」とは言えないようなw
とりあえず場から逃れたいなら自分から出て行くしかないわけだしね

152イラストに騙された名無しさん (スッップ Sd1f-o+7n)2017/12/26(火) 00:15:47.47ID:1ptYSDB1d
>>151
そうね。どこまでも気の毒なキシュワードであった。

153イラストに騙された名無しさん (JP 0H07-wr7R)2017/12/26(火) 00:31:07.25ID:eoSbLDQYH
1980年代に大人気だったフジテレビ系「オレたちひょうきん族」の中で
鶴太郎とたけしのコントから生まれたと語り始めた。

冬の設定のコントを撮影するために部屋にはこたつやみかん、グツグツの鍋物が用意してあった。
ふと、たけしが鍋のふたを取った時、目がキラッと光ったという。

たけしの目が変わった時には事件、事故が起きていると知っていた鶴太郎は「これやべえな」と思ったが、
たけしが「おばあちゃん(鶴太郎のコントでの役)、おでん好きだろう」と話しかけてきた。
鶴太郎は「私は猫舌だから好きじゃない」と言って拒否するも、たけしは「いや、おばあちゃんはおでんが好き。 特に巾着大好きだろう」と聞かなかった。

鶴太郎がそれだけはやめてと断るも、たけしが熱々のちくわを思いっきり口の中に入れてきたという。
熱いから逃げていたら、それがウケたため、翌週から全然関係ない設定にもかかわらずおでんがいつも置いてあった。

たけし「田中はナスが好きだろう特に秋ナスが

ファ「タナカは羽ぼうきが好きと聞いておるが」

田中「僕はナスが嫌いなわけじゃ無いんです 食べられないだけ」

>>137
あとタハミーネがアルスラーンの出生の秘密を隠す必要性は全くなかったよね。

読本買ったころはまさかこんな蛇尾な完結になるとは思ってなかった
9巻の後だったか出たの

>>136
アルスラーン陣営で一番エステルと仲良くしてくれたのはアルフリードなのにな

ナルサス意味不明犬死問題
タハミーネ実子問題
カイ・ホスロー八百長とパルス王家蛇王憑代問題
蛇王と尊師の正体問題
ルクナバードの設定問題
アルスラーン後継者とエラムたち亡命問題
大きな問題だけ拾い出そうと思ったけど次から次に思いつくので困る

ルクナバードでツイ検したら文句言ってるの腐女子ばっかりだったゾ

ルクナバード問題はアルスラーンのあてずっぽうがあってるとして
蛇王抑制のため蛇王製作者によってつくられた
蛇王はルクナバードに近づくと地震や噴火の魔力が使えないが自分から近づいてる
魔道士によってつくられた剣に善王じゃなきゃ使えないセキュリティーがある?
カイ・ホスローとルクナバードの関係、ルクナバードに宿っている?
魔道士がつくった剣で後継者を選ぶようアルスラーンが言い残した謎、あくまで後付の権威の象徴じゃなかったの?
他にも同じ材質の鎖で鎧とか捨てられた伏線もあるけどこんなとこかな

全体的にフワフワした世界観ならここまで突っ込まれていないだろうね
下手にナルサスやらに現実的な価値観を持たせていたから、こういった設定のアラが際立って見える罠

>>160
あのラストに腐女子大歓喜かと思ってたら違うのかw

奴隷解放も表面的で解放王の治世も短すぎてそんなたいした王かという批判が作者も頭をよぎってるのか
ルクナバード問題だけじゃないけどカイ・ホスローやパルス王家をディスってるようでいて
結局ルクナバード(蛇王抑制魔道器)=カイ・ホスロー(八百長で勝った英雄王)に選ばれたアルスラーンは凄いって
下げと上げを同一設定上でやってるから読んでて訳わからなくなる

>>163
そりゃ自分の妄想と1ミリでも違ってたら原作こき下ろす連中だから当然っちゃ当然

ルクナバートの性能を蛇王が知らないのはホスロー相手に片八百やったからだろうな

血統世襲否定してるのに勝ち組が世襲維持のシンドゥラってのもな
あるいは作者が自身の過去の主張に対する皮肉としてやってんのかね

ラジェンドラ時代のシンドゥラは銀英伝で言うところの「最良の専制政治」に近いしな
仮に国民が自分らで国の代表を選んだら満場一致でラジェンドラだろ

ルクナバードが認める善王の条件てなんだろうな。

アルスラーンを悼んで涙を流してたときのラジェンドラだったら案外ルクナバードを抜くことができたかもね。

>>168
剣にやどったカイホスローの英霊が王の資質を判別してる風潮だけど
作られた経緯を考えると対蛇王の能力があるとか、ルクナバードの力を発揮する触媒としての資質が
判断材料になってそうな気がする
一部でヒルメスに勝ったのも最後蛇王倒せたのも剣が勝手に戦って勝っただけだろうしな
アルスラーンの技量でヒルメスやダリューンを上回る事はありえないのだから

尊師も蛇王とルクナバードの製作者の一人だろうから
ルクナバードの善王選定基準も尊師が設定してたりしてw
余計わけがわからなくなるから作者に口封じで殺された尊師

王位欲しさに封印の宝剣ゲットして蛇王解放したあげく国を滅ぼしたボンクラでも選ばれるんだから基準なんてその日のルクナのノリだろ

設定だと尊師は1300年以上昔から
生きてたってこと?
アルスラーンやナルサスが蛇王造られた説を
検討してた時に、そもそも1000年も
生きていられるわけないか、とか言ってた
くせに尊師1300年なら蛇王以上の脅威やで
ここまで尊師の正体思わせぶりに煽って
説明不足も甚だしいわ
しかも、自分がつくったらしき宝剣で瞬殺とか
なんじゃそれ

ルクナバードは信長の野望だったら武勇+40(+蛇王の魔力封印)くらいの威力がありそう
少年アルスラーン+ルクナバードがヒルメスに勝ってるからな…

174イラストに騙された名無しさん (ササクッテロラ Sp87-sif9)2017/12/26(火) 13:00:16.64ID:y9XMP1N8p
>>173
アルスラーンの野望

>>173
個人的にはFE思い出した

無双じゃなくれ任天堂とでも組んでFE風のゲーム出してくれてりゃ買ったかも

>>175
STR+10
LUK+10
MDF+20
特効:ザッハーク
スキル:見切り、祈り

>>175
ゲームならタクティクスオウガかな…

179イラストに騙された名無しさん (JP 0H07-wr7R)2017/12/26(火) 13:24:17.14ID:eoSbLDQYH
王都奪還作戦はシーズン通してのベスト回だったし、
ルシタニアの圧政に数人で立ち向かうダリューンとアルスラーンたちカッコよかったし、
ナルサスのギミックには驚かされたし、
新たな敵尊師と変態仮面には楽しませてもらったし、
ザッハークの異形の肩双蛇はインパクトあったし、
ザッハーク復活、アンドラゴラスとの合体回、魔人化はカッコよかったし、
16翼将特攻ダンスレイブで無双する族長、まさかのザッハークVSアルスラーンの一騎討ちとか最後まで楽しませてもらったけど本当につまらなかったの?

楽しんだならそれでよかったじゃないか

楽しんだやつを非難するつもりはない

回りの声に関係なくきちんと楽しんだ179も
(自分は楽しくなかっただろうに)楽しんだやつを非難するつもりはない、と言う180も
素晴らしいと思う

>>177
SKL+10
SPD+10
スキル:怒り

このくらい追加しないとヒルメスに勝て無さそう

>>173
光文社文庫の解説で、アルスラーン戦記を信長の野望&ドラゴンクエストに例えていた。

みんな楽しんださ。グダグダ言うのも楽しみのうち。

発売されなきゃグダグダ言う事も出来ないしね
グインや皇国の守護者は永遠にその機会が無くなってしまった

それならよかった
前スレ前々スレ辺りは「いろいろハチャメチャだったけど面白かったし終わってよかったな〜」みたいな感想が言えない空気だったから

じわじわ寂しさを感じてるよ今
もうアルスラーンたちの活躍は読めないんだなあってね
全体として見るとそりゃおかしいよねってところもあるかもしれないけど
自分にとってはどの巻もぐっとくるシーンがいくつかあったからそれだけで十分だった

老化によって質が落ちてるのは事実なんだから
文句や不満が出るのは至極当然
全盛時の文章は全く書けてないからねここ数巻

老いとはそういうもの
誰にだっていつかは訪れる

死んだ子の年を数えるようなものとわかっているがせめて10年前に終わらせとけよと思わざるを得ないんだよ
はぁー

大型書店まわったんだけど1-14巻と16巻はあるのに15巻だけどこもなかった。
添削ミスだらけなんで回収したのか?

アイデアの発想力が歳食って落ちるのはよくある話だが、
文章力が低下するっていうのは不思議だな
しかも最近じゃなくて50代半ばぐらいからもう落ちてたし
80を越えてボケ始めた作家とか、赤川や西村や温帯みたく、
早いうちから大量生産のために?簡易な文章に切り替えた人ならともかく、
ガイエはどっちでもないし、実際まだ50代の現役作家で文章が
凄く劣化しちゃった作家ってあまりいないと思うんだが

尊師がへぼの制作者の一人という設定も
へぼの忠実な信者という設定を変更して、新たに作った後付け設定なんじゃないか?

尊師の言動と思考は、へぼの忠実な信徒のそれであり
マッドサイテンティストでへぼの制作者の一人的な思考描写は全くない。
後付けなら、制作者の一人のはずの尊師のルクナバードに対する解説と対策がおかしいのも当然。

ルクナバードがへぼの超能力を封印するアイテムという設定は、初期設定だと思う。
ルクナバード製作者の設定が土壇場で変わったような気がしてきた。

暗黒神殿は2006年に出版された。

レイラの歓心と愛情を得ようとしているタハミーネが可哀想で仕方がない。

仮にこのころから実子死産設定を考えていたとしたら、ガイエの王侯貴族キャラヘイトは異常すぎる。

ギーヴにタハミーネを恫喝させ、ナルサスは未必の故意で死ねばいいと発言。

カイ・ホスロー朝の王妃は、権力と腕力のあるストーカーの侵略者に拉致監禁されてきた
風評被害者でも、一切の救いは与えず延々となぶり、
後世でも末永く不肖の女として忌まれる結末を与えるとは酷すぎるわ。

せめてあの悲惨な結末は、実子女児設定では畳み切れなかったガイエの苦肉の策と思いたい。
結果は同じでも、そのほうがタハミーネに対してガイエの愛情が多少はあると思えるからな。

195イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 1390-Ef5x)2017/12/26(火) 19:13:22.35ID:PWE5Cc/N0
>>164
なんぼガイエがカイ・ホスローをディスろうと
アルスラーンはカイ・ホスローを超えた王には設定的にならないんだよな。

在位20年で能力的に即位と同時に親政したであろう。
晩年は息子との内戦はあっても後継者をもうけ、
三百年に及ぶパルスの繁栄の礎を築いた。

ナルサスのイエスマンで現実を無視した政治改革を行い
一体多数でかかれば相打ちを回避できたのに
へぼとの一騎打ちにこだわり死んだのがアルスラーン。

ロスタム朝は自己の権威確立とシンドゥラへの配慮から
プロパガンダを頑張ったんだろうなぁ。

>>191
それだと16巻も回収されてるよ

暗黒神殿を読んだ頃は、ガイエはギーヴとナルサスにタハミーネに冷淡な態度をとらせているのは
腹心は冷淡な態度をとったが、心優しいアルスラーンは命懸けでタハミーネの実子を助けました。

こういう作劇でアルスラーンageをするのかと予想していたが、
最終巻でタハミーネとレイラは残酷すぎる結末を設定の辻褄を合わせた結末をつける意思を放棄したガイエに与えられた。

ファランギースageも実子救出にギーヴと対立してまで動き、レイラを救出すると予想していたが
最終巻で、ガイエは間接的にタハミーネを踏み台にして、マンネリの麗しのファランギース様モテ描写をやってのけ、
根深いファランギースアンチを一人誕生させた。

>>192
個人的にはお凉あたりからおかしいと感じ始めた
軽い文体に慣れて、使い分けが出来なくなったよいな

15巻はずっと初版しかみかけなかったけれど最近修正した重版が出たらしいな
あとはまかりなりにも完結したからまとめて買った人とかもいるんじゃね

>>171
せやろな
そもそもアルスラーン程度の人間なら他にいくらでもいそうだし
歳くう毎に凡庸以下な人間にもなっててどこらへんが王の器だったのかと

>>198
確かにお涼は変化=劣化へのターニングポイントだったな
お涼で開眼?したあの文体で書かれた創竜伝13巻は
はしゃぎっぷりが痛々しかった

202イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ cf6f-rEwi)2017/12/26(火) 21:38:27.42ID:XGag1eTM0
だってお涼は骨休み程度でしょ

創竜伝の戦車の時から大分やばかったけど、そこから過去の社会評論焼き直しだとかの
所業繰り返すようになってとうとう文章も手抜きしはじめたよな
やっぱ成功おさめて自分のスタイルはこれでいいって思い込むと人間劣化するものだね

後もう今のガイエじゃ社会評論が無い新シリーズ作るの無理だと思う
体力的にも昔より大分弱ってるだろうし

>>202
「庇を貸して母屋を取られる」って言葉があるが
お涼がまさにその庇だった

コナン・ドイルも本来は歴史小説志望で、ホームズは金稼ぎ程度のつもりだったのが、
そっちがメインになっちゃったという経緯がある
その後に念願の歴史小説も出したがホームズと違って全然売れなかった
そこもガイエと似ているな
ホームズを書いたせいで歴史小説の文体がおかしくなったって事は無いと思うが

>>203
最近のイベント写真みても老け込み方が激しいからねぇ

206イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ b323-Ef/e)2017/12/26(火) 22:17:37.19ID:S0ZKUt2A0
アルスラーン戦記は暗黒神殿までは、先の展開を期待した。
蛇王再臨でのエステルやザラーヴァントのつまらない最期や、全く盛り上がらない十六翼将の集結から急に失望感が強くなったな。

>>190
それ思ったな
せめて15〜10年前の文章と熱量で書いてほしかった
読み終わった跡は悲しいより虚しくなってしばらく呆けてた

>>115
んなわけあるかい
SNSもやってないしそもそも腐じゃない

たとえ原作愛があり原作に忠実だった中村版が今連載中だったとしても
原作の展開の不満点をそっちで叶えろだなんてナンセンスって話
>>122に同意
「ぼくのかんがえたさいこうのアルスラーン戦記」が読みたいなら
「ぼく」自身が書くのが一番手っ取り早いじゃん、むしろかなり本気で書いてほしいくらいだ

当初は「実は女子なんていませんでしたー男子死産でしたー」に
ふざけんな(怒)だったが、アンドラさん「我が娘」とは言ってないし
バフマンは「(ヒルメスを殺したら)王家の血筋が絶える」と言ってたしで
最初からこのオチだったのかもしれないとここを読んで気がついた
「我が子なら実力でのし上がってくる」発言が印象的で見事すぎたよ

大筋は変えないだろう
だが行間は丁寧に埋める可能性はゼロではない
その辺に期待するしか

>>195
そもそも自分の後継者の選定にカイ・ホスローの霊位が宿った宝剣を使っていることから
自分はカイ・ホスローより格下の存在であると認めているようなものだ
カイ・ホスローを超えた名君にするのであれば、せめて後継者選びは宝剣に頼るべきではなかった

アンドラ娘が最初からいない設定だったんなら

尊師「汝の実の子の居場所を知りとうないのか!」
アンドラ「情弱乙www」

って尊師がただのアホの子になってしまう

212イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 63de-Ehr3)2017/12/26(火) 23:35:22.91ID:/VArEfOG0
>>208
中村版も改変あったけどね

>>172
いくらファンタジー要素ありでも、1300年生きてる魔導士がいるとか、
もはやアルスラーンの世界観ではないだろ
完全に超越し過ぎてるわ

いや説明があれば問題ない
説明があればな

>>208
どうせ日付替わったんだしそんなムキになって否定せんでも…と思った

中村地里版は読んだことないが
確か途中まで1巻につき1冊(王都炎上を1冊にまとめる)で
それじゃ無理ってことで後半になると冊数増やして7巻13冊になったんだっけ?
>>212の言う通り読者の好悪にかかわらず
原作完全再現っていうわけにはいかないだろうな

>>214
むしろ余計な説明(蛇王誕生の経緯、等々)を中途半端に入れなければよかった。

どんな設定でも必然性があればいいんだよ
アル戦の終盤は「その設定いるか?」のオンパレードだった

そう? 余も全てを知るわけではない
とか卑怯もいいとこと思ったよ

>>164
第一部で宝剣を拾いに行って普通に手に入れたというならともかく
アルスラーンが王の資格があるかないか宝剣に問うて超常現象が起こって選ばれて
臣下達もそれ見てワースゴイ オツカエシマスーってなってるから
結局全員、あの時点から宝剣(カイ・ホスロー)を崇める僕やんと思ってた

あと、50年シンドゥラ居候って
民を見捨ててるのもアレだが、アルスラーン達の墓や廟もほったらかしやん
副葬品目当てで盗掘されて遺体も荒らされ放題になっててもおかしくない
カイ・ホスローの血も引いていないただの人だから盗掘者は恐れも遠慮もないだろう
遺言で指定してまで臣下と一緒の墓に入ってたが() どうなったやら

>>219
そこのシーンを最初読んだ時は素直に感動したんだけどな
アルスラーンが王になった後が問題だ
一部でナルサスが「王というのは何をしようとしたかではなく何をしたかで評価される」って言ってたけど、
アルスラーンは最終的に国を滅ぼして暗黒時代を呼んでしまったわけで、何でカイ・ホスローに選ばれたのかがわけわかめ

一緒に葬られたダリューンの怨霊が物理攻撃してきそうなのでアルスラーンの墓は荒らしたくないなあ

西風の戦記でも似たような事書いてたな
公正な政とそれに対する民の支持があってこその王って

224イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ b323-Ef/e)2017/12/27(水) 02:17:18.75ID:ScqmPy800
アルスラーンは歴史上の人物としては面白みがない。
名君よりも暴君のほうが不滅の悪名を残せる。

お主をすぐに先代の国王にしてやるぞとトクトミシュに啖呵を切ったり
一夜に一国巡っても一月かかるのか大変だなとかジョークを飛ばしてた
あのころの殿下は輝いていた

国を存続させることより、かわいい部下たちの無事を優先する思考になってしまったからな。
そのわりにやってることは支離滅裂だから、もはやおかしくなってしまってる。

王都を奪還する、っていうような単純で分かりやすい使命が目前にないと駄目なんだろう。

で結局7巻で尊師がアンドラに言ったお主の実の子って誰なんだよ

マジでこれ何だったんだ
尊師は何を信じてたんだ?
https://dl1.getuploader.com/g/Raiko/1132/20171227_063226.png

>>204
コナン・ドイルの歴史小説は売れなかったとなぜか思い込んでる人間が結構いるようだが、
実際には歴史小説家としてもベストセラー作家と称していいレベルだったんだぞ
ホームズと比べると色あせて見えるってだけで

ヒルメスの感嘆もピエロだよなぁ

>>204 >>229
ほれ、ドイル作「白衣の騎士団」 面白かったぞなぜかとあるキャラが女性になってたが
http://www.telescope-ltd.jp/131209wc/

さっき、やっと最終巻読み終えて唖然として、ここ見に来た

ひどかった

ドイルは失われた世界が好き

234イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 8ff8-aRp6)2017/12/27(水) 09:01:47.76ID:y16s0Twp0
>>228
最終巻どおりならまことの我が子はあっさり死産しとるからなあw
実子は死んでました設定はやっぱり後付けやで。フィトナに女王の座を唆したり、フィトナが
あっさり信じたりw もう何もかもおかしくなってるとしか言えない

>>61
競馬の場合は血を残すというのも大事だからなあ。強いからこそボロボロに疲弊させることはしないでしょ

ミステリも歴史物も冒険活劇も書いてるしドイルは多芸だな

>>221
一部のルクナバード入手は自らを大衆に認めさせる手段だったけど
最後はルクナバードの認めた者を探すのが目的になっちゃってたのがなぁ

ドイルは他の仕事やるにしてもシャーロックを一度はきちんと終わらせている点が重要
まあ全く他の仕事に手を出すなとはさすがに言わんが完結させずにシリーズ物ボコボコ手を出すなよ
そして放置
構成の評価で浮気性で根気のない小言家と言われても仕方ない

構成>>後世、、、

>>226
1部のナルサスを始めとするキャラの善王になるべき教えを2部でことごとく覆した結果、理想の政治を実現出来なかった凡庸な王に成り下がってしまった

しかしこうなると、ナルサスたちの過去の発言すらフラグみたいになって、どこか薄っぺらいものになってしまった

作者の当初からの狙いなのかわからんが、物語的にもキャラの魅力的にも逆効果

いくらなんでも、あのヒルメスが「逃げろおー」
なんて絶叫している図が思い浮かばないわ
ヒルメスが気の毒すぎる

まだ温情あったほうじゃないの?

腰抜かして失禁しながら「くるな〜くるな〜」と剣ぶんぶん振り回して抵抗するも
蛇王に「これがカイホスローの末裔とは。パルス王家の血統とやらも堕ちたものだ」と呆れられて
最後はラングよろしく恐怖と錯乱のあまり失神して真っ二つにされる瞬間は苦痛を感じませんでした
これくらい惨めな最期も考えられたわけで

2部のヒルメスやらレイラ、フィトナパートはあんだけページ割いて蛇王戦とはまるで絡んでないのが何とも
ぶん投げたよなーこれ明らかに
何のための引き伸ばしだったのか

ますます1部完結で良かった派の勢いが増すのであった
タハミーネ実子→死産
蛇王復活→復活しません
魔道士の残党やボダンの始末等あるけど全部改変か後日談的外伝で何とかなるレベル

荒川漫画もぶっちゃけ王都奪還で幕引きな気がするな

7巻読んだ後に16巻読むと悲しくなるぞ
あの巻は最初から最後までずっとクライマックスで中身が濃い
ひるがえって今回のは最初から最後までずっとダイジェスト

>>242
温情どころか、ダリューンとの一騎打ちで見せ場もらって、死んでも倒れなかったとか
アルスラーンや仲間達の雑でアホみたいな死に比べたらよほど厚遇されとるよ

248イラストに騙された名無しさん (アウアウカー Sac7-Ehr3)2017/12/27(水) 12:26:44.79ID:ebpmXsGza
>>241
え、あれ心の声じゃないん?

>>242
最期は嫁に逢える事を想って笑って退場したしな

>>246
DIEジェストだぞ。改造マリオでもないのに

>>245
アニメと同じようにザッハーク関係をぼかすなら王都奪還まででいいしな
ザッハークが出ないなら大正義ナルサス軍に勝てる国がおらんし

「お前は俺を殺してくれるんだろうな」っていうヒルメスの台詞は翼将を数人なぎ倒しておかないと成立しないんじゃないかと思うんだが…
キシュワードかドンリカルド辺りをヒルメスの獲物に分けてあげた方がよかった気がする

と言うか16将に入れないまでも人生を狂わされたのが尊師の企みだったとかで蛇王軍に戦いを挑むキャラとかでよかったのに
少年漫画だとこのパターンで最終的に共闘主人公庇って死ぬまであるw

ないわ
あいつは身勝手に勘違いしたまま死んでいいよ

ヒルメスはルシタニア呼び込みの一件だけでも万死に値するからな
それに自分で選んだ道とはいえカーラーン、サーム、ザンデは彼の為に死んだのに
自分だけ心を入れ替えたので翼将の一員になんて展開は誰も納得しない

第一もし改心したら自分の罪深さから自害を選ぶと思うんだ

>>252
シャアどころかベジータにもなれなかったなあ…

ヒルメスは成長する敵ポジションだと思っていた時期が俺にもありました

ヒルメスって後のパルス人からなんて呼ばれるようになるの 売国王子?
あいつがいなけりゃあそこまでパルスは無茶苦茶にならかったんじゃねーの

あの世ではアルスラーンは即位時の姿、老エラムは少年時と
翼将は黄金期の姿になってたけどヒルメスも全盛期の姿になってんのかな
ヒルメス全盛期ってアンドラゴラス確保か王子やってた少年期だろうけど

でも大戦犯過ぎて逢いたい人に会える所か未来永劫成仏出来るんだろうか

一騎打ちでアホ死にして国を潰してても普通に仲間と楽しく成仏できてるんだから
ヒルメスもそこそこ成仏できてんだろw
ギスカールも自国も他国もめちゃくちゃにしてたが、死後はまた美女集めて楽しんでそうやんw

>>257
アルスラーン政権が公にきっちりあいつを裁かなかったから
ほとんど誰も売国のことなど知らんのでは
せいぜい焼死した王子がいました程度で忘れられる哀れな存在

小説は引き延ばしせず作者が熱があるうちに完結させないとダメだな

>>256
一部で他国滅亡の片棒担いだり祖国の民まで傷つけ
死者大量に出して何も得てないのにまた野心復活さえてる時点で
最初から成長などなかったんでは?成長してたら二部での出番無さそうだ

>>258
その辺の悪党より罪重いのもあるがあの世でも楽になれなさそうなイメージあるw
悪霊になって彷徨いそうな気がしないでもない

ヒルメスは一部の終わりでサクッと殺しときゃよかったんだよ
アホが余裕こいて逃がすから後々あんな事に…

物語引っ掛け廻す役がいないと、それより主要人物を雑に殺していった事が問題

王都奪還で捕縛されそうになったけど自力で突破したとかいう描写があればよかったのに

引っ掻き回し役は必要つーのはわかるけど
せめて自力で逃げ出したとかだったらまだマシだった
後の災いになりそうな人間をわざわざ野に放したアルスラーン達は馬鹿としか思えない

>>265
そうそうそういうのなら納得できた

1部終了時じゃまだいじめ足りなかったんだろうよ
血筋のいい奴酷い目にあわせるのが作者の趣味なんだから

ヒルメスがいない場合、ルシタニアによるパルス侵攻は存在しないか、してもおそらく成功しない。
でも蛇王は再臨するわけだから、アンドラゴラス王がザッハーグに倒されて蛇王支配下のパルスによる周辺国への侵略が始まるんじゃないの
パルス国内は案外平和かもしれないが、周辺国は史実より酷いことになるかも

>>269
ルクナバード引っこ抜かなきゃ大丈夫だから……

ヒルメス逃がして「俺がいればどうとでもなる」と豪語してた奴はそのヒルメスに殺されたからなぁ

実はナルサスって出来もしない事を吹聴してただけの無能なのかも知れない
こいつが分を弁えてれば最悪の事態にはならなかったのかもな

272イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 8ff8-aRp6)2017/12/27(水) 16:53:32.46ID:y16s0Twp0
ヒルメスは極悪人だけどヒルメスがそうなった動機はゴタルゼス大王とオスロエスと
アンドラゴラスの所業のせいやからなあ。もっと言うとパルス王家の呪いだわ
アルスラーンがヒルメスを処罰できなかったのはしゃーない。それができる人柄なら
征馬孤影にはならんかった

いくら年老い、傷ついていたとは言え、
ヒルメスはパルスの大将軍を一撃で
葬った猛者
一巻冒頭のあの描写は強烈だった
しかし、最低限の強さはキープしつつも、
徐々にスケールダウンしていった感じ
本当に勿体無い書き方だわ

>>271
人生はハッタリとC調と無責任だって昔の偉い人が言ってた

>>242
このほうがよかったな。

万騎長んは個人の戦闘能力と指揮能力が高くないとなれないってには妙な国だとは思ったよ
まあ国王にライオンとタイマンやらせる国だしね

>>262
アルスラーン陣営って人材揃ってるようで、謀略家タイプが欠如してたよね
オーベルシュタインなら絶対逃がした後にヒルメス謀殺してるだろw
結局良い子ちゃんな仲良し陣営の末路って感じもする暗黒50年

死んだアンドラゴラスではなく、ヒルメスがザッハークになれば良かったんじゃなかろうか。

>>268
初期設定を娘から息子死産に変更したのではなく
最初から実子の真相があれならタハミーネもいじめ
いや虐待枠だな。

当初からあの真相を構想していたなら
ガイエはタハミーネとレイラの無残な最期をさぞ楽しい気分で執筆しただろうよ。

ライトスタッフへの義理でいやいや執筆していた16巻の息抜きになっただろうね!

個人的には、イルテリシュとレイラの間に生まれた子がへぼの代理人としてパルスを統治発言
その後、パルス王家依り代家系設定が披露される。
アンドラを連想させるごつい体格にもかかわらず
タハミーネの劣化版のようなフェロモン持ち(良家の子弟ジャライルとナーマルドがレイラに惹かれていた)で
アルスラーン(養子)と対になるような設定があったレイラは15巻までは実子設定だったと思っている。

>>278
アンドラゴラスの死体ってかなり状態が酷いだろうによく依代にしようとしたなと

銀英伝もキャラが大量死したが、これは戦争物だから当たり前と思えた。
キャラの作中評価がおおむね公正で客観的だったしな。

何より銀英伝は、死んだ主要登場人物の大半は報われたし
ローエングラム王朝が安定し繁栄する時代を生きるより
死んだ方が幸せなキャラ(ラインハルト、メルカッツ、ロイエンタール)すらいた。

ローエングラム王朝は人類社会を統一し、自由惑星同盟は滅んでも
ヤン・ファミリーの活躍で、民主主義は生き残って
将来ローエングラム王朝は立憲君主制になる可能性が示唆されている。

>>278
まったーくだな

だがアル戦は違う。

キャラたちの努力は無駄に終わったどころか、主人公陣営の原理主義と
死の直前のアルスラーンの私情と生き残り組のシンドゥラバックレで
パルスはロスタムが再統一するまで戦国時代に突入した。

しかもへぼが復活する可能性を意識しながら、ルクナバードをシンドゥラに持って行った。
ルクナバードはへぼのそばに置いているだけでも、へぼを封印する効力を発揮しているのは
ヒルメスとギーヴのやり取りで描写されているにもかかわらずだ。

もうアルスラーン戦記は忘れよう。
ゴーストでもいいから自転地球儀を完結させてくれ。

来年からロスタム戦記が連載されるとか

ギーヴのタハミーネ非難はブーメランになったが、ヒルメス非難も巨大なブーメランになったな。

へぼが完全消滅していないならルクナバードはへぼの近くに安置しておくべきアイテムなんだぞ。

ファランギースはエクバターナに残留して、主君と仲間の墓守兼へぼ監視役兼ルクナバード管理人をすべきだろ。

へぼ復活の可能性を描写するのではなく、へぼは完全消滅しルクナバードはへぼ封印の役目は終えたと描写があるなら
ルクナバードをシンドゥラに持ち出してもOKだったけどな。

>>280
アンドラはへぼ好みのビジュアルだったんだろ

何しろカイ・ホスローの末裔にしか憑依できない縛りがあったのではなく
単にへぼのこだわりでカイ・ホスローの子孫を依り代にしようとしていたんだからな(虚脱)...。

うぜえ
何だこいつ

老いは誰にでも訪れるものだし、いまから30年後に自分がいまと同じ文章を書けるとは思えないから描写の衰えには目を瞑る
ただ最低でも設定や伏線の辻褄は合わせておいてほしい
15巻のギーヴの目の色もそうだが既刊を読まずにザーッと書いたんだろうなと感じてしまった

カルカルのイベントではそのへん本人の口から聞けたりするんか?

アルフリードとナルサスが一部と二部の間に結婚して子供を儲け
ロスタムの祖父母になるルートもあり得たんだな。

こういうオチにならなかったこととラジェンドラ大王だけが16巻の救いだった。

>>284
自転地球儀は他の作家さんに任せて再開するので現在交渉中と秋くらいに秘書twitterにあった

自転地球儀は戦力差が酷過ぎてな。ゲートより差がないかあれ

>>291
マジか!
楽しみだわー

物語としては侵略側はあくまでも一企業だから先遣隊が全滅したから諦めるあたりが落としどころか

尊師の技を受け継いでいた弟子どもが
ルクナバードに触ることすらできないなら師匠の尊師も同様なんじゃねーのか?

ルクナバードに触ることすらできないルクナバード製作者???

へぼは尊師についてあいつも偉くなったもんだなとほざいておったが
尊師はへぼとの立場が逆転したのにこのセリフは不自然すぎる。

尊師も設定が大幅に変更されたキャラ臭い。

個人的には製作者は流石にないと思ってる
製作者の一族子孫ってとこなんじゃねーの
まあ推測しかできない程度の説明で畳んでるあたりが最大の問題だが
何だかなー

魔導の設定が詰められてないからこうなる。
カイホスロー自体もなんだったんだよ。
ザッハークの眷属かなんかだったらまだ話が分かるんだが。

>>291
マジか!
それは楽しみ

問題は既刊を手放してしまっていることなんだけど
再開したらまた新しく出るかなあ

まあ部数はともかく新レーベルで1-3巻も出すだろう

地球儀は本当に楽しみ
それこそ薬師寺や創竜伝よりも10倍は続きを読みたい
3巻を代筆した人も結構ガイエ作品の再現度が上手かったんだが
現在消息不明なんだよな…

1〜3を出しなおすならどうせまた講談社か光文社かな
今や完全に音羽グループが彷徨うガイエ本の引き受け先となりつつあるな
そして出しなおした3巻の印税が、消息不明の作家さんに多少なりとも
入るかと思うと胸熱

謎と言えば魔軍(有翼猿鬼とか)って強いのか弱いのかよく分からん存在だった
場面によってすごい強い描写とすごい弱い描写と極端に描かれていた気がする
ペシャワール城だったかで、他国の軍が遭遇した時は魔軍がすごく強くて
他国の軍があっけなくやられたのに、パルス軍は(多少の情報や経験があったとはいえ)
魔軍をぼこぼこに倒していた(それこそ他国の軍よりも簡単に倒していた気がする)
ちょっと描写の差が極端すぎると感じた

11巻も角川で出す予定で入稿までしてたのに、角川お家騒動で出版されなかったって本当か?

その話については真偽は不明
聞いてもタイタニアのとき同様に「大人の事情でゴニョゴニョ」で終わりそう

そうなのか。
タイタニアのアニメ絵が受け入れられなくて未だに4巻以降が読めてないわ。

タイタニアも4巻はまだしも5巻の破綻ぶりはアル戦とどっこいだけど
今から思えばまだ描写しようという気が残ってたんだなー
今回のアル戦は印象に残る文章がなさすぎて
上にあった7巻あたりの文章ならこの筋でも納得させられたかも…さすがに無理か

307イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 0f23-m36a)2017/12/28(木) 08:46:37.71ID:OPlQAsDn0
4巻発売まで22年かかった記録
いつか、これを更新する作品が出るだろうか?

>>303
―― 第一巻が刊行されたのが一九八六年ですので、三十一年目の完結ということになります。なかなかの長さになりましたね。

田中 その間、オトナの事情で書かなかったというか、書けなかった期間が七年ありました。そのあとこちらの都合で六年ほど空いて。実質的にかかったのは十八年でしょうか。


ゴタゴタの内容までは語っていないけど、ゴタゴタの存在は今回、肯定されてしまった

書けなかった期間が9と10の間で
自分の都合で空けたのが10と11の間か
キャラ描写や作風に微妙な変化があったのが後者だな

灼熱の竜騎兵も3巻が4年ぐらい空いたけど
こっちもいい所で中断したままなんだよなw
ある意味俺たたエンドで終わってるとも取れるけど

にしても書けるようになってから年1、遅くても2年に1冊で片付ければこんな無残な結果にはならんかったんじゃ

10は書いたけど出せなかったという噂もあるから
実質7+6で13年近く書いていなかった可能性もあるのでは

312イラストに騙された名無しさん (アウアウカー Sacb-DZyY)2017/12/28(木) 12:23:05.62ID:qJLnso0fa
>>260
インタビューで「どこか救いがあるように書いた」って言ってたから、逢えるんじゃないかなぁ

中国もののあと創竜伝で地球儀も若手に書かせるならアナウンスがないのは竜騎兵くらいか
お涼は現行で完結と言い張れる形だから本当に竜騎兵だけ目途がつけばほぼ完璧

実質かかったのは18年といっても、アルスラーンの執筆ために
原稿用紙に向かってた日はトータルで5年ぐらいじゃないか
書き出すまでが異常に長いのであって書き出せばそれなりに
早いってことは分かってるし

>>308
書けなかった七年はともかく、自己都合で書かなかった六年までカウントしてて草

316イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ ce09-Alka)2017/12/28(木) 15:02:06.93ID:t2Kvd9jM0
地球儀再開はいいけど、
当時は面白い設定だったが、今では使い古された設定になっちゃったのが…

地球儀や西風は今流行りの異世界転生ものの走りだな
でも今再開したら流行りに乗ったと思われるんだろうなw

>>307
トリガーマンとかガデュリンとか

ガルディーンのまちがえだった

>>316
自転地球儀では「異世界から攻めてくる作品は多いが、異世界に攻め入る作品はない」
って書いてなかった?
「GATE」が今はあるが。

>>315
それな。個人的にはもうこいつは火浦功を越えたわ。火浦と違って笑えもしない、というあたりが更にタチ悪い

火浦功だっけ
原稿落とした言い訳がアンケート1位になったってのは

>>317
主人公死んでないから異世界「転生」ではなく異世界「トリップ」かと
まあ同じようなものだけど

>>317
今考えると、自転地球儀は異世界ではなく、地球儀というコンピュータ内部の仮想世界なのかもしれん。
ソードアートオンラインのアリシゼーション編みたいに。

つーかアルスラーンは大人の事情あったとしよう
じゃあ他何で続き書かなかったんだよと
地球儀は同系列だから同じような理由あったんかね

すべて隋唐演義のせい

天蓋無限のインタビュー記事見たわ。

へぼ、尊師、カイ・ホスロー、依り代、ルクナバード、実子、地理、16翼将その他のキャラの設定。

これらに設定の矛盾と伏線未回収な状態で、破綻したラストを突き付けた作家のインタビュー内容とは思えん。


アルスラーンは7巻でタハミーネを母親と呼ぶことはもうないといっておるのに二部では(ry

アンドラのアルスラーンの実父と乳母夫婦殺害の動機は、タハミーネの立場を守るためと
アルスラーンはタハミーネに説明されたんだよな。

実父と育ての両親が殺害された元凶であるタハミーネを
アルスラーンが母と慕う設定にガイエは矛盾や破綻を感じなかったんだろうか?

アルスラーンがこれでは
実父と乳母夫婦の立場がないし、死ぬまで我が子に授乳をしていた実母も哀れだ。

ガイエの好きな中国史では、呂太后に実母を殺されたと知った
少帝恭は、復讐を誓ったが逆に呂太后に殺害されとるぞ。

331イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ c332-0v+6)2017/12/28(木) 19:12:37.01ID:6l42oXj70
インタビュー読んだけど
宿題をやっと片付けた!
っていうのを見て、雑な展開とキャラの扱いに納得しちゃったわ

あれだけ尺を使って、レイラをわが子と信じて接しているタハミーネを描写したら
大半の作家はタハミーネを実子と再会させる展開を選択するだろう。
その後我が子共々幸せに暮らすか、へぼ復活の混乱で死ぬかは別にしてもな。

あの無残極まりないタハミーネの最期はアンドラのタハミーネへの愛と執着も色褪せたものにさせた。

ストーカーの策略で被害者の女性は不幸な生涯を閉じ死後も歪んだ虚像が広まったであろうからな。
タハミーネが実子に再会できていたなら、アンドラの所業にも惹かれる要素を感じれたんだがな。

実子関係と蛇王尊師絡みはどう考えてもかなり大幅に投げっぱなしだと思うけどねぇ
もしあの程度の説明展開処理が最初からの予定だったとかだったら風呂敷だけでマジ呆れるしかないんだが

一方ファランギースはシンドゥラにバックれて、戒律破りのギーヴとの肉体関係の可能性すら示唆された。

ファランギースはへぼが復活する可能性を認識しながらルクナバードをパルス国外に持ち出した女神官でもある。

ファランギースはルクナバード共々エクバターナに残留して、へぼが復活しないようあらゆる手立てをとるべき立場だろうが!

こんなファランギースが16翼将として名声と人気を博し
時代の被害者タハミーネはガイエにとことん虐待されて一切の救済処置無しなんだよな。

ガイエ的にはヘイト創作対象のカイ・ホスロー朝の王妃であるタハミーネに
真相を知らずに死なせ、レイラとともに葬らせたことで、ありがたい恩寵をタハミーネに与えてやったことになるのかね!

イスファーンと尊師の死に方がコントか?
って思うくらいのざまだった
特に尊師なんて物語の中核に絡むキーマン
なのに、なんなんだよ、あれは
作中でさんざん思わせぶりな表現されたのは、
尊師=蛇王創造者、っていう一点のみか?

おかしいな…インタビューと最終巻の内容がかなり食い違っているような気がするぞ

宿題であんなアホウな死に方させられたのかよギスカール

まさにやっつけ仕事って感じだったな

ギスカールというか、マルヤムを2部で絡めたのが無駄だったと思う。
最終決戦にみんな出したくなって予定を変えてヒルメスをミスルでも失敗させてマルヤムに流したように思えるんだが…
ヒルメスはミスルを乗っ取ってエクバターナに進軍して最終決戦に乱入、ギスカールはマルヤムで動かずでよかった気がする

つか、ずーっと前のギスカールとボダンの対決の章辺りで、ギスカールはその後マルヤム王として成功したような示唆がなかったっけか?
ここで死んだら結局5年くらい居座っただけの侵略者でしかないだろ

マルヤムに戦争する国力があるとか有り得ないだろ

ヒルメスのミスル追い出されもヒルメスのギスカール操りもフィトナのミスル掌握もめちゃくちゃ過ぎて笑うしかない
今時のラノベだつてもっと尤もらしい流れつくるわ

乗り遅れちゃって既出だろうが
結局、コレ三国志の蜀をやりたかったのか?
そりゃ統一できずに滅んだし劉備も孔明も最後の方はかなりトチ狂っていたが
あちらは読後感はそんなに悪くないのに、こちらは胸糞なのはなんでだろう

ギスカールがマルヤムでの内政に専念して生き残り、数年後に混乱状態におちいっている
パルスに攻め込んで制圧し、数十年後にエラムやアイヤールたちが立ち上がってパルスから
マルヤム軍を追い出すという終わり方ではまずかったようだな

>>342
アーサー王や水滸伝のように黄金時代を経て最後は全滅で終わる物語
これは銀英伝完結直後次回作についての構想として執筆前から言っている

ハゲも歳だし髪無いし続き描く体力も無いから全部滅茶苦茶にして終わらせたんだろ
死んだ子の歳を数えるような事はもうやめるんだ……

>>343
数十年もギスカールが統治してたらパルスが安定してしまって
エラムやロスタムがシンドゥラの後ろ盾を得てパルスに侵略する立場になってしまうからなぁ…
アルスラーンの側近だったエラムが道を誤ってパルスに混乱をもたらす、というのは皮肉になってて面白かったかもしれないけど

>>339
全方位から敵が同時に襲ってくるぅ!!
パルス一体どうなっちゃうの!?  
というのをやりたかっただけだろう。どうにもならんかったのだが

>>344
最後の方がgdgdになるところまで真似せんでもええのにね

オチ自体に不満のある読者は少ないと思う
問題はそこに至る雑さ、伏線回収説明なし、散々散々散々散々散々散々待たせてこれかよと言う、、、

>>342
劉備と孔明のトチ狂いは史実ベースで矛盾がないからな。
あとは各種三国志作者たちと劣化したガイエの力量の差

>>342
三国志が元ネタなのは銀河英雄伝説の方だよ。

納得いくところが蛇王がホスロー相手に片八百やったってとこくらい

死んだ子というか、ガイエに殺された子だな。別に作者自身が殺すのは勝手だが、こいつにかつて腐女子にキレたような言葉を吐く資格はもう無いわなあ。面倒臭いなら無理に完結させなくていいから、好きなもんだけ書きちらかして晩節を汚しまくってりゃいいと思う

>>334
ファランギースあたりがルクナバードを持っていてもあまり意味はないんじゃないのか
あれは正当な持ち主が装備して初めて効果を発揮するもののようだし
効果を発揮しない以上、パルス国内にあっても蛇王復活を阻止する力なんかないし、
パルス内で混乱によってルクナバードが逸失する危険を避ける方が賢い選択だと思う

>>347
2部におけるヒルメスのページ大量さき、三娘分、尊師暗躍、ナルサス相変わらず無謬からしてパルス包囲網で流石にどうしようもなくなる感じだが起死回生の蛇王対決
でも死んでいく仲間たち
アルスラーン自身も相討ち
エラムと数人残してアーサー王的終わり

何だろうと思っていた読者は多いと思われる
多かれ少なかれこんな感じだったと思うんだが絶対宿題片付けなくちゃと言う無理やり畳ぶん投げしたと思う

作者の愛を疑われて心外とか何だったのか

>>347
エクバターナに集結する前に何本かの矢によって何カ国か脱落していったのは構想通りなのかな

>>353
自分で自分の作品をめちゃくちゃにするのと
萌えの名のもとに他人の作品をめちゃくちゃにするのとでは
天地の差があると思うよ

358イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-Ct3C)2017/12/28(木) 20:51:45.55ID:4grPtAly0
>>354
ルクナバードは生きている使い手不在
ホスローの幽霊が取り付いている状態でも
へぼ封印の効力は発揮するんですよ。

だから尊師はヒルメスを使ってルクナバードを
英雄王の陵墓から取り出そうとしたし、ギーヴの指摘を不本意ながら
認めたザンデがルクナバードをデマヴァント山の地下に放り投げたら
封印が復活したんだよ。5巻ではな。

>>352
ワイは納得してへんで。

本気でへぼを倒す気満々で個人的武勇でも最強クラスの
カイ・ホスローがへぼの超能力を封印できるアイテムを持っていたのに片八百?

へぼが片八百をする動機とメリットが説明されていないし、
15巻までのへぼや尊師の発言は、ガチでカイ・ホスローと戦って敗れた者のそれだったからな。

美食と女色が大好きなへぼが地下で苦節三百年な描写は片八百の真相とは程遠いわ。

地下に豪奢な地下宮殿があって、豪勢な棺にへぼが冬眠してたなら片八百フラグになったんだからな。
ジャライルに鎖を削らせていたのも片八百がガイエが突然思いついた整合性ゼロの後付け設定の証拠になる。

わざと負けたなら自分の力で自由の身になれるだろ。

つか、正当な持ち主をあちこち探していた様子もない
持ち主がパルス国内にいるかもしれない可能性もあるだろうに帰国皆無
50年以内に蛇王が復活したらどうする気だったんだろう
安全な遠くの地で被害者を悼むだけか。簡単なお仕事っすな

>>353
ネグレクトで死んだようなもんだな

へぼが完全にアルスラーンに滅ぼされていたなら
アルスラーンはへぼの脅威から永遠にパルスを解放した王として称えられる資格を得
カイ・ホスロー武勲詩抄の最後の一行も回収され、君主としての業績には大差があっても
カイ・ホスローの後継者的存在にもなれただろう。

ガイエが主人公が退治した化け物がいつかは復活するフラグをラストにした
ホラー映画と同じ感覚で、へぼ復活の可能性を示唆したのは失敗だったな。

363イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-Ct3C)2017/12/28(木) 21:18:23.83ID:4grPtAly0
>>339
>ギスカールはその後マルヤム王として成功したような示唆がなかったっけか?
>ここで死んだら結局5年くらい居座っただけの侵略者でしかないだろ

アル戦でガイエは大半の作家や漫画家ならフラグとして使う手法をフェイクとして使っている。

フラグと思っていたらフェイクでしたという手法が多すぎて
こういう創作法はフェアな手段で読者をミスリードさせているとはとても思えん。

何しろ結末を読んだ後に前の巻を読み返しても
この文章やエピソードがこれはフラグではなくフェイクだと暗示しているのかと納得できる所がなかった。

フェイクとか意図あってのことのように聞こえるから違うだろ
単にぶん投げただけ

>>346
ギスカールは三十年後に死んで
その後継者がイアルダボード原理主義の圧政を20年ほどすればOK

>>360
最終巻で誰が一番酷いって言えば明らかにエラム。
おまえ、一般のパルス国民ほかっておいて50年も何してたんだよって。
キシュワードの子供がいるんだから、真っ先にペシャワール城奪取する大義名分
あるのに、50年間も実行していない。
それどころか、ラジェンドラの息子の至ってまっとうな提案を「体の良い厄介払い」
ってシンドゥラに寄生する気まんまんじゃん。
ルクナバード抜ける人間探していた形跡もないし、かといって、バルスに残された
国民を積極的に助ける気もなく、おまえ、ナルサスから何学んだんだよ状態。

俺は多分エラムより長生きするキャラ作らないためだけに風邪で寂しく死んじゃうこまかいのの扱いが一番ひどいと思う

>>366
ナルサスも自分が気に入らないと投げ出す悪癖があったぞ。

大勢の家臣が路頭に迷うリスクがあるのにダイナムをアンドラに献上
ルシタニア侵略時も当初は傍観し、エラムだけをいざとなれば
海路で外国へ逃げれるギランへ送る予定だった。

エラムは師匠の生き方を真似している。

というか体良く追い出されかねないような悪さしてたんですかエラムさん

つうか、宝剣だかなんだかわからない剣抜けたからパルス王になります、ってルシタニアの侵攻を笑えん。

奴隷の解放だのなんだのと意識高い系主人公サイドだったのになw

>>368
云われてみればそんな話しもあったな。20年以上昔に読んだので忘れてたわ。
考えてみればアルスラーンが明らかに自分の血統の後継者を残そうとしていない
と分かってても対策取らずに放置しておいたんだから、ナルサスも同罪か。
いずれにせよ、作中で「奴隷解放」やら「民のための王」とかいっておきながら
最終的にパルス国民の殆どを放置したわけで、これの何処が「解放王」だっての。
アルスラーンの後継者を自称したロスタム朝のプロパガンダにしか見えんわ。

人造人間制御装置、と言う説明しといてその剣が抜けたら王の資格とか唯物的なのと神秘的なのが無茶苦茶なんだよな、、、

読者はガイエにアル戦をこれ以上けがされたくないと思っとるで。

光文社さんはガイエにアル戦外伝を書かせるのではなく
才能がある作家にラジェンドラ太平記でも執筆させた方がお金儲けができるよ。

結果がすべてとナルサスが言ってたのに、結果が50年の暗黒時代だからなぁ…
せめて後継者がアルスラーンの政策を軌道に乗せました、とかじゃないと解放王の名称はプロパガンダだよな

>>368
おっちゃん!ずっと間違ってるけど ダイラム やから!

>>345
まさに「ちがうだろー!このはげー!」と叫びたい

>>357
ある意味前者の方がタチが悪い気がする
読んでる方に救いがない

378イラストに騙された名無しさん (ササクッテロル Sp03-LIkz)2017/12/28(木) 21:53:24.15ID:efSX9bAOp
聖なる無知の唯一絶対神は大否定したくせにパルスの都市伝説レベルの聖剣のご神託で王を選ぶのはOK という矛盾。アルスラーンが目指した人徳を備えた王の器って何だったの💢?と言いたい

ねえ
宝剣の権威は民のために利用するもののはずで抜けなくたっていいからアルスラーンとナルサスの理想を引き継いでやれるだけやっててくれとかだろうに
なんで剣に選ばれる必要あるの
そもそもアルスラーンしか抜けないとか作品内で明示されたことないぞ

プロパガンダすればするほどアルスラーンの価値が下がりそうw
カイホスローその後の超大国300年の始祖に対して
解放(笑)の元に国をめちゃくちゃにして暗黒時代50年を作ったアルスラーンじゃなー
同じ蛇王討伐でもえらい差だわ、この50年はプロパガンダじゃ騙せないだろし

死ぬ間際にエラムに抜かせようとして、駄目だったからって落胆したアルスラーンが悪い

>>376
今度から気を付けるわ。

魔導士はアンドラゴラスの子供の現在知ってそうだったのに
アンドラゴラスも実子生きてる前提の返事してたのにね

あれだよね
自分で抜いて渡せばよかったのでは……

三百年の栄光の歴史を持つカイ・ホスロー朝の後継者はシンドゥラの手前自称できんよな(´・ω・`)

>>383
尊師→アンドラの子供の所在知らんけど時間稼ぎに適当なこと言っておこう
アンドラ→本当のことをわざわざ教えてやる必要はないから適当なこと言っておこう
って解釈ができなくもないけど、あの会話だとブラフじゃなくて実際に子供は生きてそうな感じだったよね…

いっそ鞘を捨てるべき

血統を否定したいのか、神を否定したいのか、何が何だか分からなくなるのはこの作者にはよく見られることだけど、二部に入って酷くなったキャラの死に様が凝縮されたような最終巻だったわ。
もう書きたい気持ちも無くなっていたんだろうけど、完結させてくれただけ感謝するわ。もう待つ必要がないし、ほかの作家にお金を使える。
やりたくない仕事だけをして生きてる人なんて少ないのにね。

宝剣に選ばれた者がパルスを支配できる、とか下手するとイアルダボート教以上に
排他的な教えになりそうな気がするがパルスがその後どうなったんだろうな
アルスラーンが英雄になってるならロスタム大勝利なんだろうけど

血統主義を否定したアルスラーンが謎の宝剣主義に堕したのも納得いかん
より不可思議な権威主義じゃねーか

>>387
それならエラムも思い悩む必要がなくなったのにな

王権の安定性を考えるとどう考えても血統のほうがマシだからな

そもそも剣に選ばれる>>対蛇王要員になるだけで政の資質とか完全に無関係だからな、、、
意味不明な遺言だよなぁ

394イラストに騙された名無しさん (ササクッテロル Sp03-LIkz)2017/12/28(木) 22:22:20.44ID:efSX9bAOp
>>389
>>390
ホンッとソレ。少年アルスラーンの善き王になりたいとかの葛藤は無駄だった。
それとギスカールの腰巾着 オラベリアって何だったのか?アイツは主君を放り出してトンズラしたのか。パラフータ(リカルド)と彼はデヴァマント山の異変に遭遇してるんだよな。その辺のエピソード回収してないし、ギスカールへの報告も放置。

魔道の時代が終わったんだからルクナバートは砕け散るべきだと思うんだが、何故そうしなかった。

>>390
アルスラーンとしては宝剣抜いた時が仲間もいて理想のシャーオになろう、と人生最高の時だったろうし
仲間の死と自らに迫る死を目前にして美しい思い出に縋り付いて宝剣主義に堕ちてしまったとか?
完全に晩節を汚してるけど

>>394
報告しようとしたけど、今はそれどころではないから下がれって言われたんじゃ仕方ない

動物のお医者さんで宿題の論文の枚数稼ぎに美味しいカレーの作り方書いてごまかす話があったけどアル戦が宿題
だったんなら作者の投げ出しっぷりもわかる
問題はこの場合カレーのレシピが絶望的なまでに不味かったことだ

>>395
解放王といいつつ、魔道の産物である宝剣にエラムやロスタム、それに物語の後はおそらくパルスも
しばりつけてるから、解放王という名称が質の悪いジョークになってるよね…

どう観てもアルスラーンは後々に「解放王」とは呼ばれないよな。
戦乱王とか混乱王とかカイホスロー王朝(パルス)を滅ぼした愚王って評価になるよな。

>>308
これどこの記事?全部読んでみたい……って>>328
ぬるすぎて内容がなかった

>>317
異世界トリップものは昔からわりとあったと思う
漫画なら王家の紋章、小説なら扉をあけて等
ただ今はもう一大ジャンル化してしまったね

カラトヴァ風雲録は面白かった、今でも大好きだ
でも地球儀シリーズは完結したら読むつもり
もう続きが気になるのに何年も待ってがっかりするのは疲れた

悪意のヒルメスが国にもたらした被害を軽く超えていく
善意のアルスラーン一党の国の破壊っぷりよ
到底王の器ではない人間を選んだルクナバードに また王を選ばせたのだから
ロスタム朝もろくでもないことになってんだろ(だから必死でプロパガンダやるしかない?)

国が滅びてるのがキツイよな…
いままでさんざん善き王とはどうのこうの
とかいう話しといてこれかよ!!みたいな
全部茶番になってしまって悲しすぎる

>>401
「取材 らいとすたっふ」
これな

まあなんというか、才覚のない太鼓持ちがバカな金持ちを必死でヨイショしてる構図と全く変わりないのが草

致命的なのが、後半に関して、物語として決して美しいわけじゃないことなんだよなー
だからこそラストのエラムの光景さえ、とってつけた感が出てしまう

蛇王との決戦前夜の飲み会で、
「理想の国をつくろうとして失敗して、かえってひどくなった例はいくつもある」
って皮肉をこめてギーヴが言ってるというこのセリフ、まんま自分達のことなんだけど、やっぱ自嘲してるんだろうか
この期におよんで、またいつもみたいに他人を嘲ってる余裕は無いだろうし

しかしアルスラーンだって死にたくて死んだわけじゃないけど、
理想を持ち、血統を否定して奴隷を解放しても、結果的に国を混乱させた主人公より、
保守的でも安定した世の中がいいよねって思ってしまう最終巻はどうなんだろう

ラストに希望なんて感じない
ガイエだからロスタム政権も統一後はグダグダの糞みたいな事にになるんだろうみたいな白けた気持ちになれる

>>344
てぇことはエステルがアルスラーンと結婚していたら
ダリューンと浮気して十六翼将を殺しまくってたわけか?
うーん…そんな話だと知っていたら最初から読まなかったな

>>362 >>372
16巻を読んだら第二部まるごといらなかったって気分になった
初期の設定丸ごと否定展開とか誰得だったんだ

第一部でルシタニアを追いだし第二部で蛇王を完全に葬り
その過程で奴隷解放にも成功した王
王家の血を引かず、若く、治世が短いながら
解放王として長く国民に親しまれた、と思っていたのに

昔はあんなに楽しませてもらったのにな、本当に残念だ

410イラストに騙された名無しさん (ササクッテロル Sp03-LIkz)2017/12/29(金) 00:12:10.83ID:S5GirlPap
ラストでアルスラーン側の天国で同窓会ネタをやるならヒルメス、 やフィトナ、イノケンとギスカールら地獄堕ち組み版も書いて欲しい笑。

ギスカールのケファルニス朝はどうなったんだよ
数年で終わった超短命の政権にわざわざ後世名前をつけたのか、ギスカール亡き後残された連中が
何故か「ギスカール王の正統な後継者」を争って勝者がケファルニス朝を継いだ形になったのか

>>379
まったく持ってそのとおり

だから最終章でロスタムは剣を抜くんじゃなく
「このようなもので王位の正当性を主張するのではなく、民のために国を治める志を持ったものこそが真に王たるものである」
とかなんとかそれっぽいこといって老いて妄執にとらわれたエラムを叱り飛ばすべきだった。

そうすれば最後の『アルスラーンとは王としてのあり方〜』とかいう締めにちゃんと絡ませられるのに
実際は『でも結局あんたらのやってることってただの王権神授説ですよね』で台無しになってる

>>407
ルクナバード「グダグダになったら我が新たな王を任命するから大丈夫」

>>410
そんなるろうにみたいな

>>401
昔の異世界トリップものだとアニメでダンバイン手塚治虫のプライムローズ尾瀬あきらのリュウとか思い出すな

>>410
地獄で暢気に同窓会なんてやってる余裕は無さそう
長年様々な極悪人を取り締まってきた地獄の鬼や閻魔の前じゃ
連中も無力だろうし、罰を受けてるだろう

>>416
イアルダボート教の地獄に閻魔がいるんだろうか(素朴な疑問)

パラフーダはイアルダボート教の天国には行けてないけどそれはそれで幸せなのかなあとふと思った
エステルはきっとイアルダボート教の天国だねよかったよかった

エステルは死ぬ前にアルスラーン(異教徒)に会いたい、とか
イアルダボート的にまずそうなこと言ってるからイアルダボート神がどれくらい寛容かによるな

エラムはアイヤールやロスタムなど限られた人物にしか宝剣を抜かせるテストをさせなかった
これはうっかり無能な人物が宝剣を抜いてしまったらまずいから、パルス王にふさわしくない人間には
宝剣に触らせないよう気をつけていたんだろうな

>>413
なんかルクナバードが麒麟@十二国記のように思えてきたw

メディアミックス作品に影響されていないといいつつ
15巻ではギーヴの髪や瞳の色が違っていたりと
もう作者の中での真実と客観的事実に乖離がでてきちゃって、
それも萎えた一因だ

>>417
イアルダボード教や○○教専門の各地獄や天国があるのかは謎だが
とりあえずアルスラーン世界では天国があるから地獄もあって
極悪人を裁く番人はいるんだろう多分

パルスを崩壊させて暗黒時代に突入させた自己満連中が天国へ行けたんなら
ヒルメスでも誰でも天国行けるだろうよw

>>419
イアルダボートの神様がボダンのようなやつでないことを祈るしかないね
すべてのキャラの魂がやすらかならんことを

この際イアルダボードが無理だとしても異教徒の部下になり異教徒の嫁を持ち
殺生しまくった白髪の様に別?の天国行きって事で。地獄よりはマシだろうし

>>420
さして有能でもない人間が宝剣を私物化か
まあ宝剣も王の選別精度低いから未来は酷いものだろう

エラムが本気でアルスラーンの遺言実行する気なら、
それこそアーサー王の選定の剣じゃないけど、ルクナバード
岩にぶっ刺して抜きたい人間に抜かせりゃ良かったんだよ。
それもせずに50年も経って唐突に思い立ってロスタムに抜かせる
って、端から見れば完全に出来レースじゃん。

一部でアルスラーンがルクナバード手に入れた場面は当時すごく感動したのにそれを帳消しにした最終巻が許せない

>>412
丸ごと同感

>>408
なんで関係ないエステルがw

431イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 0f23-m36a)2017/12/29(金) 02:32:23.02ID:oI6dikER0
エステルの最期として蛇王の生け贄になる展開はあったのだろうか?
残酷だが物語としては盛り上がりそうな気がする。

生贄といえばなんで蛇たちは男の脳ばかり食っていたんだろうな
物語の結末には関係ないことだけれど

>>431
存在が小物すぎて別に盛り上がらないよ

オリジナルのザッハークがそう言う伝承持ちだから

ダリューンはキシュワードが蛇を一度潰していて、再生していたとはいえ
完全に蛇のパワーが復活しきっていなかったから、命と引き換えに
もう一度蛇を潰せた
そしてアルスラーンは、キシュワードとダリューンが蛇を潰してくれたおかげで
ザッハークと相討ちに持ち込めた

つまりキシュワードもダリューンも無駄死にじゃなかったんだよな!
2人のうち1人でも欠けてたら蛇王の勝利だったって事だよな!

436イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ c6f8-WUar)2017/12/29(金) 05:51:19.69ID:JcZKfIVq0
経済には政治が、政治には戦略が、戦略には戦術が従属するみたいな事を銀英伝で言ってたけど
この作品に当てはめるなら、政治的失敗(奴隷解放他)をしたアルスラーンは、その後どれだけ外敵との戦いに勝利しようが、パルスを守る事が出来なかったという事になるのか?

そういうマクロな話よりも、たまには俺が>>435で書いたような
ミクロな話もしてみねえ?

カイ・ホスロー片八百は必死になってガイエが土壇場で思いついた
整合性ゼロの後付け設定と力説するワイでも
カイ・ホスローの任命責任を追及されると擁護できんわな(´・ω・`)

ガイエのカイ・ホスローディスは、ルクナバード王権神授説で成功している。

多分カイ・ホスローは尊師による陰湿な報復を受けている子孫が
骨肉の争いを激化させているのを見せつけられながら、へぼ封じをしていたので心を病んでしまているんだろう。

こういう存在になったカイ・ホスローをロスタム朝の黒幕にしてロスタム朝打倒の物語でも書いてもらいたいくらいだ。
もちろんカイ・ホスローには何らかの救済がある形で倒されるエンドでね。

ピグマリオのラスボスメデューサはクルトに倒されたが、救いはあった

英雄王とその子孫に解放王と16翼将、蛇王を滅茶苦茶にして
31年目に破綻したラストを読者に押し付けアル戦は終了した。

アンドラの尊厳は実子が娘出なかったことで激減し
タハミーネには全く救いの手が差し出されない二部ラストのせいで
アンドラやタハミーネにレイラが登場する場面を再読すると辛い気持ちにさせられる。

蛇は再生=不死の象徴で黄金は不変=不老の象徴だから蛇王を葬るには先ず蛇を始末する必要がある
ザッハークの設定だとこうだとしか思えんが作中で全く触れられていないという
ホスロー相手に片八百やった時は最初に頭を狙わせたんだろう

過去スレで紹介された大鉄人17のラスボスは人間に作られたロボット
このロボットは宇宙船からスプーンまで作れ、地球環境を改善する能力まで持っている。

こんな存在ならともかく、エネルギー源は人や飛び猿、鳥頭に化け犬が流す血で
最大の能力は火山を噴火させ、地震を起こせる事。

へぼの制作者たちは、何を考えてこんなものを作ったんだ?
実験で地震を起こすのは無意味で他人の恨みを買うだけだし、エネルギー源の補給にも手間暇かかる。

単に作りたいから作りましたといっても、もっとマシな能力とエネルギー源補給手段を持つ人造人間を作れよwww

442イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-Ct3C)2017/12/29(金) 06:38:20.76ID:66ZcxOtY0
>>409
英雄王はガチで蛇王に勝ち
タハミーネは実子に再会し実子は幸せな結婚をし
タハミーネがかわいがった孫はパルスの繁栄に貢献。その孫の余光でタハミーネは不肖の女の
イメージを払拭した。

こんな結末なら、2部の劣化と設定の矛盾も許せたよ…。

アマゾンの低評価レビューが次々と削除されたように
ガイエの天蓋無限刊行記念インタビューも削除されるかもしれんな。

光文社とライトスタッフがこのスレでの反応を知ればそう処置しかねない。

あのインタビューは、ガイエとライトスタッフに光文社への反感を育成させ
今後もガイエの作品を買う読者を減らす効果しかないぞ。

444イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2017/12/29(金) 06:50:47.05ID:bpGbowXd0
>>423
ガチで死んだ方が幸せになれる話だったか…

ヒルメスは地獄で国盗り云々言われる事あるけど、
あの人って結局「パルスの王位」にこだわりがあるのであって、
そうじゃない国の支配権にはノリ良くないと個人的には思う
パルスに侵攻できるなら別だろうけど

あいつの底はミスル獲り失敗した時点で知れてるだろ
自分で言ってたアルスラーンの下でも万騎長ぐらいにはなれる
その辺りが関の山なんだよ器と能力の

アルスラ−ン戦記の最新刊は読んだが
これまでの田中芳樹の作品から考えて、らしい終わらせ方と言えばらしいけど
どうにも釈然としないな

ヒルメスあたりは、パルス侵攻から剣を引いて
亡き妻のためにマルヤマ解放に人生をかけるとか
せっかく魅力的な登場人物たちが多かったのだから
それぞれ別々の人生を歩ませてやっても良かっただろうに

あと、アンドラの遺児が誰だったかってのは
なんとなく納得した結末だった
一方で肩透かしも食らったような印象だったな

>>442
作者の田中芳樹氏は、昔と比較すれば文才も落ちたような気がする
これ以上、よい作品はかけないのではないかね。

質問「東方巡歴の続きの予定は」
田中「まったくありません」
18日の完結記念なんちゃらで次回作については発表するんだろうか。アルスラーンのイベントだから無理か

ヒルメスはなぁ
これまで散々蛇王を倒した英雄王の末裔であることを誇示していたから一太刀浴びせるくらいの気概を見せるとずっと思っていたけれど実際には
「本当に蛇王はいたんだ!」と悲鳴を上げながら一目散に逃走
こんなのが王位についていたらそれこそ千年の暗黒時代再来していたんだろう

アルスラーンの口直しに七都市物語の漫画1巻読んだ。
流石にSF設定は古くさいけど、本文は殆ど原作のままだけど、
今でも十分面白いなあ。
この頃もっと書いていればもっと良い作品が残ったろうに。

>>499
当のパルス王家がコノザマじゃねえ

>>445
能力や器や魅力はヒルメスのが高いだろ
アルスラーンは何もない

能力はともかく他二つはなぁ、狭量だし人望ないしヒルメスさん

>>452
要所で帝王の器の片鱗を見せたと思わせて、実際は有能な臣下頼みで、いなくなったらgdgdな判断しか出来なかったからなあアルスラーン

>>437
自分もそんな感じだと思ったよ

>>454
ユリアンもそうだったけどそこそこ優秀で一応最後まで勤めきったからなあ

当時は銀英伝の後半ってやっぱり叩かれたのかね
ユリアン劣化とかラインハルトがわけわからん病気でいきなり死ぬとか
ロイエンタールが小物政治家殺して力尽きるとか
アルスラーンがこうなってから思い返すと予兆はあったのかと

>>454
昔読んだ水滸伝モチーフなラノベの主人公が「巨大なザル」(穴だらけだが器はとてつもなく大きい、
部下はその穴を埋める存在)と評されていた。
アルスラーンもこういうタイプだけど、穴の大半を埋めてたのがナルサス一人だったから仕方ない。

インタビュー記事のヤフコメが意外と「よう終わらしたなー」みたいなマイルドな感想多いんだよな
一方漫画から入った層にウケが悪かったと分析してた人もいた

結局政治家として一番優秀だったのがラジェンドラ、と言うシニカルなオチは田中芳樹らしくて好きだがね
実際極力戦争に巻きこまれないようにしてるし場合によっては臆面も無く頭を下げ手のひらクルクルだけど領土守って国を富ませてるし

まぁアルスラーンは少なくとも名君とは言えんわ。中興の祖ではあるけど同時に亡国の王なのがね

>>459
ギスカール「俺もアルスラーンと同じ評価になるのか。」

>>457
No.2に権力が集中しすぎると以下略か

器っつーか、のびたとドラえもんがやってたような国づくり
そらドラえもんが死んだら終わるわ

>>449
そんなチキンなヒルメスが目の前に現れたら、それまで威勢よく呼び捨てにしてたのに
ぼそぼそ銀仮面…とか言い出す超絶チキンのダリューンw

トリューニヒト小物扱いなんて原作当時はなかったろ
アニメ化以降のイメージだな

>>435
生き残りの翼将をばらけさせず蛇王を突出させて(落とし穴とかハメれるとなお良い)全員で各個撃破、さらに蛇パーツ分担してアルスラーンがとどめのみ隙を狙うフォーメーションなら犠牲まるで出さずに勝てたんじゃ、、、
何で人外相手にいちいち正々堂々w?の一騎打ちなの

つーか蛇王を最終的に倒さない限りパルスの平和ないの分かってるのに対蛇王戦略戦術ともに無策で蛇王陣営に翼将をむざむざと失っていたナルサスはアホ

>>463
トリューニヒトはアニメでも小物扱いされてなかったけど。

16巻読んだ。とりあえず

【悲報】ヒルメス、ようやく自分が貧乏神である事を自覚する

>>459
ガイエは中国ものでも苻堅disってるように
理想だけ掲げた君主は駄目なんやろね。

【悲報】アルスラーン、ようやく自分が破壊神である事を自覚する…ことすらなく死んだw
いやアルスラーンというよりナルサスか

作者はなんでこんな主人公達を貶めるような最後にしたのかわけわからん
あれでもageてるつもりなんだろうか、最後のお迎えシーンとか

>>468
単に作者の技量の問題かと。

>>460
あーたはヒルメスとか言う貧乏神引いた時点で

ロスタムはルクナバードに選ばれただけで
カイ・ホスローの末裔でもなければアルスラーンの遺児というわけでもないのに
パルスの再興を果たしたとしたらやっぱりパルス暦使うのかな
暦の古さを競い合うシンドゥラにとっては笑止なことだろうけど

>>471
シンドゥラのことをパルスの将軍は一部の頃から「パルスコンプレックス」と笑っていた
のに結局普通にシンドゥラが勝ち組、そもそもロスタムだってパルス系シンドゥラ人と
扱われたって不思議はないわけだしねぇ。

>>470
ヒルメスが没落のきっかけという点も一緒だなw

アルスラーンとファランギースの会話、「蛇王の出生について語ったものがございません。
そもそも1000年も生きていた、ということ自体有り得ないことでございましょう」
ファランギースは比較的蛇王や魔道、神秘的な事柄に詳しい存在であり、その彼女がそう言っていた
つまり、伝説的な怪物(蛇王)ですら1000年も生きていたことなど有り得ない、という世界観の中で
魔道士とはいえ人間(尊師)が1300年以上生きていた、というのは大きな設定破綻になるんじゃ
ないだろうか?
それか魔道士って完全に人外の存在だっけ?

ヒルメスが関わるとどこの国も落ちぶれていく
パルスはその上救世主かと思われたアルスラーン達にとどめをさされた悪夢の国
こいつらと距離置き始めたバレーリイは頭がいい。シンドゥラは今後も安泰だろな

>>475
ヒルメスは五胡十六国で言うところの前燕の慕容垂みたいな疫病神キャラやからな。

冬休みだから積んでたのを読み終えたわけだけど、案の定避難ばっかね

ヘンルーダの果汁を塗った剣で斬られて蛇の復活に影響出るのは避けられない、といいつつ、次の日には復活してダリューンに斬られた
蛇は異様な力の源泉、といいつつ蛇王の力を抑えたのはルクナバードでダリューンやキシュワードが蛇を斬った意味は特に描かれなかった
ザッハーク軍から脱走兵が続出した結果アルスラーン軍が3千まで減った


ストーリー構築や文章の巧拙以前の、事実関係のつじつまのレベルで壊れてて笑えない

編集は何やってたんだろうな
「お仕事お疲れ様です、先生!」ってヨイショするだけなのか

>>478
編集以前にらいとすたっふの人間って一番最初に原稿見ている筈なのに
前巻の動く城にせよ、今巻の脱走兵の下りとか、誰でも気がつく所について
ガイエに何も云わないのかよって。
「先生、私らの給料のために玉稿ありがとうございます」って感じな気がする。

ザハドラゴラスが出てきた途端に反アルスラーン軍が10万規模で起こるとこなんて見たくなかった
シンプルに、アルスラーンの功績と人望がゴラスを凌ぐところを見せる流れだろそこはよぅ

無理に文章をそのまま信じるなら、

メルレインが蛇の目を射抜いて、蛇王の魔力以外の力がちょっと弱くなった

そのおかげでキシュワードが蛇の頭を刎ねられて、蛇王がまたちょっと弱くなった

ヘンルーダのおかげで蛇の再生に必要な時間が半日から丸1日に伸びた

そのおかげでダリューンが蛇の胴体まで斬ることができて、蛇王がまたちょっと弱くなった

そのおかげとルクナバードの力のおかげでアルスラーンが相打ちに持ち込めた


ということになるのか?
多段階すぎだろ

>>479
ぶっちゃけスタッフ食わすために仕事してる印象ハンパない

戦力の逐次投入して被害を拡大させる見本
もうねアホかと
最終戦も結局弓の神技の使い手2人残して援護なし
何だろうこの定められた敗北のためにロボットのように戦ってる感

>>474
ジャムシード王は千年在位しているが
伝説ではなく史実扱いされとるよな。

ジャムシードは錬金術で、条件付きの不老不死をゲットしたとしか思えんのだが
才色兼備のファランギース様は、ジャムシード王の事は覚えておらんのか?

>>420
その二人が有能だとは読めないのだよ。

>>485
有能かどうかじゃなくてエラムの言うことを聞き、アルスラーンの偉大さを称えるような
都合の良いコマを探してるようにしか思えない。後世アルスラーンは英雄になったから
エラムは勝ち組だな

アルスラーン終わったって?

結局誰が生き残って誰がパルス王になったの?それだけ教えて

ルシタニアは元々攻め入る気だったのに乗っかっただけだし
トゥラーンは壊滅した後に残党引き連れてただけだが
ミスルに関しちゃ完全にぶっ壊したようなもんだな

11巻以降があんまり面白くないのは各キャラメインの
短編の集まりみたいな構成も原因だとは思うわ

>>487
ギーブ、ファランギース、エラム。
でもキーブは蚊に刺されて若死にする。
王様はキシュワードの孫。

>>476
そういや、ワイ疫病神かも…ってどこかの巻でぼやいとった気がする

>>481
「日も暮れるし明日にしよか」 「せやな」
ここで集団でどつきまわせば勝てたろうに…

ガイエは完結前にアイヤールには
重要な役目があると言っていたがその重要な役目とは種馬だったね(;^ω^)

荒川版のショタアイヤールを見ると「種馬」の文字が頭に浮かんで草回避www

>>484
記憶曖昧なんだけど、ジャムシード王って単一の王様が1000年在位してたんだっけ?
ジャムシード王朝ってわけではなくて?
もしそうならもうめちゃくちゃな世界観になってまう

>>492
そこら辺の時代は神話とかの話になるだろうからパルス人も話半分に聞いてたか
「神話の時代スゲー」くらいにしか思ってなかったんじゃない?

>>489
ありがとう。


キシュワードの子供じゃなくて孫か。
王不在のまま何十年ほったらかしなんだ。

最終巻の蛇王の台詞に「このザッハークとて万能ではないし、そなた(尊師)以外に
人間の部下も欲しいぞ」というのがあったけど、解釈次第で尊師=人間とも
尊師=人間ではない、とも、どちらにも取れるな

ヒルメスは初期の流れだったら悪くなかったんだが
蕭宝寅に似ているとか言いだしてからおかしくなった気がするなぁ
蕭宝寅は北魏に亡命したからああいう流れになったんだけどそれをヒルメスにやらせたのが大失敗でしょ

>>494
50年。シンドゥラ以外の国は国王全員死亡で暗黒時代と呼ばれる。
エラム達はシンドゥラに逃げ込んで50年パルス放置し、キシュワード孫が宝剣振りかざして
暗黒時代のパルスに攻め込む。老エラムに夢か妄想かわからんけど若いころのアルスラーン達がお迎えに来て終了

アルスラーン死んだあとパルスは実質崩壊
永遠なるエクバターナという7巻最後のサブタイが空しく映る結末

>>494
エラム君が亡命先のシンドゥラで絶賛50年も放置してくれました。
しかも最後はラジェンドラの息子に「兵隊貸してやるからペシャワール城を取れば?」
と云われると「体の良い厄介払いかよ」と逆ギレまでしてました。

うんいろいろありがとう。

アルスラーン戦記は文庫全7巻、王都を奪還して続編を望まれつつも終了したのがよくわかった。

ヒルメスもタハミーネも7巻で終わってればきれいな結末だったのに
どちらもその後晩節を汚しまくったあげくそれぞれ無様と無残な
最期を遂げるからな
しかも実子に関してはなんやねんそれってオチw

>>496
蕭宝寅って六鎮の乱起きてなかったら普通に北魏の重臣で終わってたはずやからね。

>>500
王都奪還は水滸伝の70回目と考えるんや。

アンゴラがあの時点で尊師に嘘つくのおかしいからねぇ
的外れのツッコミに説明するの面倒だったとしても哄笑で十分だからね
逆に蛇王が嘘をついたと言うのも無理がある
実子はレイラだった!とかでも十分動揺の種になるし手間もない
結論としてガイエがアンゴラのセリフ忘れてて元の設定を面倒だから投げた可能性が高い
はー下らんな

ファランギース・アルフリード・ギーヴに会わせる。
タハミーネに我が子と信じさせる。
イルテリシュとの間に生まれた子がへぼの代理人としてパルスを統治する宣言。
ジャライルが懸想する。
ナルサスが抹殺宣言。
ギーヴに命を狙われる展開。
ルクナバードと同じ材料でできた鎖で鎧を作るのを提案。
腕輪娘の中でただ一人中の人がへぼのアンドラとご対面。

これらの描写がレイラ実子フラグではなくミスリードでした。と言われても信じられるかよ!
土壇場で設定を変更してあの無残なラストを読者に押し付けたとしか思えん。

ガイエは王侯貴族キャラに対して差別意識を持っているし、畳み損ねた風呂敷を処理するのに
安易な設定変更とキャラ殺害をするのは、カドフィセスで実証済みだからな。


タハミーネと同じ墓に埋葬されたのも、当初は実子だった名残っぽいしな。

ヒルメスは2部だと糖質か夢遊病みたいにフラフラして支離滅裂な行動をする
大言壮語と誇大妄想と殺人癖で1部のころより病的
ただ目的の重要人物のところに簡単にたどりつく能力は驚異的

>>474
クローンという発想はないのか

確かに・・
たまたまフィトナが色目使ってくれた上に黄金が乱心しました
ヤケクソになってザーブル攻めたらたまたま仇敵がいました
これだけラッキーがあっても成功も満足もしない末路なんて

>>483
他の十六翼将と兵士たちを多少犠牲にしてでも、
万騎長3人、弓の天才2人、そしてルクナバ持ちのアルスラーンの
6人ひとかたまりでザッハークに挑むべきだったよな
そうすれば6人のうち誰も死なずに勝てたと思う
つかダリューン、キシュワード、クバートの前衛三人だけでザッハークを
半殺しに出来たろうし、後はアルスラーンが安全にトドメでいけたでしょ
それを1人1人で突っ込んで殺されてゆくって阿呆かと馬鹿かと
アスターテ会戦の同盟軍三司令官より酷い

>>507
それを匂わせるような描写もないしね〜
何かあればともかく

物事を単純に考えるならパルスの民の安全は蛇王打倒以外になくそのためにはルクナバートで戦うことは避けれない
とすればいかにアルスラーンのリスク減らして必勝の戦略、戦術に持ち込むか、と言う思考をするしかないのに無駄に魔軍に犠牲出し続けたからね
対症療法だけのナルサスは魔軍相手にマジ無能

◇__________
         |F ,、r、─‐ ,wv‐───ミ、
         || んう >{__|       |
         ||─ / ,、 ,、  `\─‐ァ/__
         |「¨7  ,イ j/_」 jノ  ∧7/ ──‐ \
         |i j,ィ リ(リ (り)}   j ,}乙───、_\
         ||  ,|.人 n " / , イ /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ 戦旗不倒!
       Eミ} ̄}┬zヺ7j,ハ K,         ←≡
         ||`¨ ̄Y´ `{ミ___〉し勹___           ←≡
         ||     〉 〈rテ=} `し勹 Z_
         ||   /ミz彡〈〕〔.  ⌒`Y }
         ||  ,/ィ><>{ }.`ニ=‐ァ } }
         ||  ゙7'    (_,ヲ  /} ,jノ
         ||  /       / /
         ||  >、____xく rく
         ||   辷__」   {└┐

>>509
アスターテ会戦は元ネタのサルフの戦いにしてからが各個撃破のテンプレやからな

あのへぼに負けたジャムシードにもガイエならケチをつける設定をひねり出しそうだな。

英雄王は片八百で解放王(笑い)なアルスラーン
そしてショボさを極めた蛇王

聖賢王だけがガイエの魔手を逃れる理由はない。

アルスラーン戦記外伝 ダリューンと姫の物語 やってほしい。
結末は別離になることはわかっているが

絹の国舞台なんてダリューンそっちのけで書くだろうことが想像出来すぎて……

>>515
胸糞な結末読みたいのか?

エステルの犬死にや最終巻でまとめて片付けられる翼将に比べたら
外国人のジムサが一番かっこいい死に方だったかもな

エステル、ザラーヴァント、アルスラーンの死に方は
善意の行動が裏目に出てる結果なのがいやらしい
ナルサスも策が裏目に出た結果みたいなもんだし

>>501
どうしても各国引っかき回し要員欲しいなら二部は尊師辺りに
その役割させれば良かったのにと思う
ヒルメスはクズだけど16年大変だったし世の為本人の為に
イリーナと隠居させてもうほっといてやれよと何度思ったか

あの世でトラウマの炎の中で灼熱ダンス踊らされてるかもと思うと少し気の毒だ

最終的に蛇王との決戦でこれまで運命を翻弄されてたツケを尊師に一矢報いて返し、謎の銀仮面卿としてその一戦のみで後世に16翼将入りする、とか思ったこともあったが全然そんなことはなかったぜ!

>>515
インタビューで外伝はお約束出来ないみたいな事言ってた様な
仮に出るとしても気の長い話だなぁあの執筆ペースだと

>>520
それやるほどガイエが耄碌してなくてよかったよ

もうアルスラーンを書きたくないのに「続編書け」「完結させろ」と圧力をかけた出版社や読者に対しての意趣返しにしか思えないw
あれだけ楽しませてくれた作家は何処かへ行ってしまったのが悲しい。

>>520
絶対ないだろうけどヒルメスが16翼将入りしたら軍の雰囲気が恐ろしそうだ
主にダリューン、アルフリード、メルレインが

でもさあファンヒューリックがいきなりジェスランの助太刀指揮官するよりマシな展開なんじゃ
いや50歩100歩か、、、

526イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ de6f-yd3r)2017/12/29(金) 15:21:08.98ID:j+qUh63Q0
ヤフーにインタビューがあったから読んだ
この人はラスト決めて書いてるうちに脱線するような展開ってないんだろうな

タイタニアはあれ対立構造が完全に内紛化しちゃったからしゃーない
ファンやリーの立場が宙に浮いちゃったんだもの
三つ巴の展開にしたかったんだろうけどフェザーンの扱い見てもマヴァールのgdgd感見てもこの人基本的に三つ巴が苦手っぽいしね

タハミーネの子供は実は死産だった
ってのは何となく、納得できる展開ではあるのだがな
だってさ、幾ら望まなかった女児であっても、アンドラゴラスの実の子供への仕打ちはひどすぎるものね
捨て子にするのだからな
娘を隠すなら出自を偽って、適当な家の養女に密かに出すとか
他に方法はあったでしょうし
アンドラが妻が自害するのを避けるために死産を秘密にする必要があった
それは納得のいく話だった

まあ、アルスラーンを始めとする
それに巻き込まれた人たちには迷惑この上ないが
子供を取り上げた産婆や世話をした侍女など、死産に気づいた人間は皆殺しにされたでしょうからな

>>495
なんとなく人間じゃなさそうな気がするわ
じゃあなんだ?と言われてもわからないけど

>>528
その大量殺人にはアンドラゴラス腹心のヴァフリーズが大活躍したんだろうな
ついでに料理長もアルスラーン父もヒルメス焼殺未遂もあの爺が差配したんだろ
ダリューンは伯父の仇とかほざいていたが殺されて当然の老いぼれだった

>>509
それだとちょっと違う
何万回も言われてることではあるが、
アルスラーンが抜剣してからダリューンにルクナバード渡せば全て解決

532イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ ce09-Alka)2017/12/29(金) 16:02:27.98ID:JOlwl59a0
>>517
でぇじょうぶだ、どんなに胸糞展開だろうと本編よりは胸糞度が低くなるのは確定してるから

近所のブックオフへ行ったんだが、アル戦16巻 天涯無限があって
価格は約半額の410円だった。
まだ発売から一ヶ月経ってない超人気(?)シリーズの最終巻なのに

>>517
別離ではあるが、子孫を残している可能性があるので

抜剣して他人に渡したら鞘が飛んできてスポっと被さるんじゃないか

獣の槍システムなんじゃないかな

>>530
アルスラーンの性格だと実の父親の命を奪ったのがヴァフリーズかもしれないと聞かされても
顔も知らない父親のことだから怒りをあらわにすることはなさそうだ

と言うか一番最初にゲットした時ナルサスが用意してた鞘は何だったのと言う、、、

ルクナバードってなにがどう強いのかよく判らんな
単に蛇王によく効くとか切れ味がいいとかだけだとアルスラーンがヒルメスに勝てる訳ないし

剣、鞘に収めたままぶん殴ればええやん

持ってるとメンタルが強くなるとか肌が潤うとかだろ

アルスラーンの臣下なら剣を持てるとかいうくだりなかったっけ
あれは鞘ごとだっけ

>>536
赤子だった自分を金で売ったような父親だから怒りは無いかも
とはいっても実父なので多少悲しいとは思うんだろうが

>>533
多分全国の古書店で大量に陳列され始めるんじゃないの。俺もついこの前、年末の大掃除がてら古新聞や雑誌と
一緒に町内会の集積所に全巻まとめてポイしてきたもの。部屋の本棚は幾つかあるし、さして小さいものでもないが
コレを置いておくスペースは勿体なさすぎる

>>538
ファイアーエムブレムの神器みたいなものと解釈してた
装備するとパラメーターアップ!ラスボス大ダメージ与える特殊効果付き

本編の描写だと
・装備すると万騎長最弱クラスのアルスラーンがヒルメス以上の使い手になるほどのバフ効果
・近くにいる蛇王がパワーダウンするデバフ効果
・尊師(万騎長クラスの斬撃をはじく)の化けた蛇を一刀両断するほどの斬撃(上記のバフ効果か、蛇王一党への特効効果のどちらかに含まれるかも?)
・ヒルメスにも抜けるが、エラムには抜けない
・有資格者(アルスラーン)が呼ぶと地割れから飛んでくる
・どこからともなく鞘が生えてきて、気付いたらナルサスが持ってる
・ヒルメスが抜いた場合は蛇王弱体化効果は発揮されない可能性がある

良く分かりませんね

>>541
王に二心抱いている者が触れると手が焼けただれるとかじゃなかったっけ

>>521
お約束できないというか、もうやんわりと断ってたな
他のシリーズ待ってる人間からしても「今そっちじゃないだろ」だろうし

ザンデはルクナバードを鞘ごと地中にポイしたんだっけ?
どこぞの蒼猿みたいに、鞘はカイ・ホスローの霊の化身でした説

尊師は蛇王を作った魔術師の一人なの?

魔術師というか錬金術師と表現されてたけどそうらしい
蛇王曰く他の錬金術師は食べてしまったとか

あれ作った錬金術師なの確定してたっけ
どの辺に記述あった?

>>528
ワイは納得しとらんぞ。

ガイエは12歳までアルスラーンが乳母夫婦の元
エクバターナの下町で暮らしていたというトンでも設定を考え付く作者。

他作家ならアルスラーンは赤子の時から宮殿で育てられるか
タハミーネがとりかえっ子と一緒に暮らすのを嫌がっているなら
ヴァフリーズを守り役にして、ヴァフリーズの屋敷で育てさせるだろう。

生まれたはずの王太子が、所在不明で公式行事にも参加しないなんて
不自然すぎるんだが、ガイエはそのトンでも設定をやってのけた。

身分高い人間が一時的に親元離れて乳母の元で育てられるのはアルテでもやってたし定番中の定番なんだが……
と思ったらいつもの改行長文ちゃんだったわ


>>551
そういう場合でも、重臣の家に預けて
王太子の守り役は誰それでこの屋敷で育てていると
世間は周知の形で偽装するだろう。

秘密裏に育てたケースは、実父が身分の高い正室を迎えるから
そのころ手を付けた女が妊娠したのでこっそり臣下に育てさせたとか、
明の万貴妃のように他の女が皇帝に産ませた子供を
殺させるようなとんでもない女が後宮にいた場合だ。

ヒルメスを一時的にせよイリーナの父王が庇護していた展開もあり得ないんだよな。

衰退しているマルヤムの王が、大陸公路の王者と称される友好国の現王アンドラに知られたら
困るのにそんなことをするか?ヒルメスを殺してその首をアンドラに届けて恩を売る程度のことはするのが常識。

確実にそうなるのが予想されるのにヒルメスはマルヤム王を頼り、マルヤム王は一時的にせよ
ヒルメスを保護していた。

なぜこういう事をヒルメスやマルヤム王がしたのか納得できる設定をガイエは一切提示していない。

ヒルメスの母親がマルヤム王家の出身という設定すらガイエは考えていないんだよな。

一時ワイはそう考えて脳内保管したが、それならヒルメスは、
妻より継承順位は低くてもマルヤム王家の王位継承権も持っているはずなのに
そういうことが二部で明示されなかったからそういう事もないだろう。

つーか、正妃の子供なのに頼りにできる外戚が一切登場しなかったヒルメス…。

これもある戦アリエネー設定の一つだな。

劣化進行中のグイン・サーガですら、パロ王家の王位をめぐる兄弟の争いには
兄王子と弟王子にはそれぞれちゃんと後ろ盾がいたし
アルゴスのスカール王子は母方の一族(グル族)が支持層で
スカール王子の才能と人柄に惚れこんでいた
彼らはスカール王子のためならなんだってやった。

同じ人間が同じ内容の文句ループしててホラーなので
そろそろアルスラーン最終巻の話題は専スレ作ってほしい

>>523
片八百設定と実子死産は意趣返しの可能性があるとガチで思っている。

ガイエ本人はネットをやっていなくても
ライトスタッフ経由で2ちゃんで口汚くアルスラーン陣営を依怙贔屓し
レイラやタハミーネに冷淡で、カイ・ホスローはアルスラーンよりずっと才能と実績があり
カイ・ホスロー朝の王の業績をガイエは無視していると
喚いている粘着の事は知っていただろうよ。

だから最終巻のギーヴの詩はアルスラーンだけが
パルスの民に奉仕したような解放王の挽歌の内容から書き換えられた。

完結インタビュー読むと田中御大の書いた作品と
発刊されて我々が読んだ物は別物なんじゃないかとすら思う

>>538
ソード+1(+3vs人造生物)なのかも

来月の渋谷でやる完結イベントに行ってくるかな。

今更気が付いたが、片八百で大空位時代って、タイタニアとアルスラーンのラスト一緒だな。

>>528
一見筋が通っていようが、7巻のアルスラーンとタハミーネの会見シーンが茶番になった上、
ラスボスの口から簡単に説明するだけという全然盛り上がらない描写なのでアウト。
(そんな無駄な事やるなら、ラスボス戦にもっと描写割けばいいのに)

>>561
ホスローは片八百で王国築いたから逆だぞ
高々逃亡奴隷に成し得る業とも思えんから此処でもザッハークの梃入れが有ったんだろうが

今思えばヒルメスのミスル話は要らなかったのではないか
あれをカットしてもっとパルス内部の話に専念させれば
予定通り14巻で終わって内容ももう少しまとまった物に
なったんじゃなかろうか

あれはあれで独立した話としてはまぁまぁ面白いけど
アニメの方だとシャガードの扱いがかなり違ってたから
荒川版は黄金仮面化しないんじゃないかと思った
二部自体やらんのかも知れんけど

えー、タハミーネの実の子そもそも居なかった(事にされた)のか。

電波伝(と言うよりその中でさえ脱線させての政治論)なんかやってたせいでお話を考えるって能力を完全に失ったんだな。

565イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2017/12/29(金) 20:10:47.53ID:bpGbowXd0
荒川版とか関係なく、二部がコミカライズとかアニメ化されたりしたら、原作そのままでやってほしいと思う?

>>562
>>ホスローは片八百で王国築いたから逆だぞ

あ、いや、ほら、片八百やった方が自分の身の破滅を招いた点では一緒ということで(汗)

567イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-Ct3C)2017/12/29(金) 20:19:49.72ID:66ZcxOtY0
>>562
15巻までのへぼと尊師の動向と発言はガチで
カイ・ホスローに負けた者のそれですが。何か。

風呂敷を畳み切れなくなったのとウルサイ読者への意趣返しで
土壇場で設定を変更したんだろうよ。

ジャライルがシコシコと鎖を削るシーンのどこいら辺に
片八百の真相への伏線が盛り込まれているのか教えてほしい。

15巻では予を三百年も地下に閉じ込めていたカイ・ホスローと
片八百で負けた者とは思えんセリフをガイエはへぼに言わせている。

あと尊師の汗血公路と征馬孤影ルクナバードに関する対策は
尊師がへぼの制作者の一人でルクナバード製造にも関わっていた
錬金術師兼魔導士の設定とは完全に矛盾している。

>>565
そんな人がいるなら名乗り出てほしい。

アルスラーンはへぼを完全滅却
50年の戦乱は無しでアルスラーンの政策を受け継ぐものが次のパルス王に即位
奴隷解放は数十年の歳月を経て完全成功

へぼの片親設定なし
タハミーネ実子再会エンド

ギスカールも何らかの形で生存エンドで
ケファルニス朝は最低でも三代くらいは続く設定

ヒルメスは尊師に一矢報いた後死亡

この展開で二部をやり直してほしい。

>>565
望んでいる奴が居たら見てみたい

>>566
アルスラーン相手にはガチ負けでしょあのラスボス

>>593
今となってはと言うより前々からミスル編及び
外部やヒルメス編カットか短めにして早よ蛇王メインに話進めろ思ってたよ
荒川版はあのペースだと長くても精々一部完結だろうし
ヒルメスのデザインからして仮面兵団が成り立たんのでは

>>565
まず2部開始後しばらくアルスラーンが話の軸にならない時点で無理
パルスの崩壊劇にするにしても対応が後手後手すぎて厳しい
上でも指摘されてるタハミーネの実子問題など話のキーになる部分で矛盾が多すぎる

572イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-Ct3C)2017/12/29(金) 20:34:01.42ID:66ZcxOtY0
片八百設定を信じている奴は、へぼを絶対に倒す気満々の最強クラス勇者様が
ルクナバードを持っていたことをどう理解解釈すればいいのか教えてくれよ。

片八百設定は風呂敷たたみを放棄し、ウルサイ読者への意趣返し兼設定の矛盾が発生するのを無視して
意外な真相()をラストに提示したい欲求を持ったガイエの後付け設定だろうよ。

何しろ最初から考えていたなら、一部から15巻までのへぼ陣営の動向とは
完全に矛盾しているなんてありえん事が起きるわけがない。

>>570
仮面兵団成り立たんのは自分も最初見た時に思った
髪の色とか骨格でバレるだろと

タハミーネが死産し自害するのを恐れてアンドラが嘘をついたとしよう。

あれほどタハミーネに愛されたがっていたアンドラなら
タハミーネの要求に応じたふりをして腕輪娘の誰かを実子として会わせるだろう。

「実子」にやさしい父親の演技をし、「実子」に慕われれば
タハミーネの愛を得られる可能性が極めて大きいのにアンドラは何故それをしなかったんだ?

実子死亡は風呂敷たたみを放棄したガイエの設定変更の産物だろう。

アルスラーンは病で死に、王妃の手前隠していた他の女に産ませた子供を
王妃に育てさせますって体裁を整えればいいのに、アルスラーンをタハミーネに押し付けるなんて不可解すぎる。

>>573
身体はゆったりした服で誤魔化せるけど頭はねぇ

ガイエはお涼シリーズの水妖日にはご用心程度の話すら
まとめられず何年も放り投げているんだよなwww

ライトスタッフのためだけに仕事をし、その仕事のクォリティは二の次三の次!

マイナーキャラのファンに恨まれて当然の設定無視の依怙贔屓をやってのけたていたくせに
マイナーキャラへの意趣返しも兼ねた風呂敷たたみ放棄の設定変更をアル戦でガイエはやってのけた!

麗しのファランギース様がレイラより突然強くなったり、
ナルサスがレイラを無意味に侮辱したことや
未必の故意でタハミーネが死ねばいいと願っていたことに、
ヒルメスの悪行には散々報いをくれてやったのに
ゾット族とアルフリードには盗賊稼業の過去がペナルティーなる設定エピソードを
盛りこまなかった身分の高いキャラには厳しいが
身分の低いアル戦陣営キャラには大甘な設定は、一生肯定できんわ!

577イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-Ct3C)2017/12/29(金) 21:17:29.22ID:66ZcxOtY0
マイナーキャラへの意趣返しも ×
うるさいマイナーキャラファンへの意趣返しも 〇

アルスラーン陣営ファンはラストで機嫌を直した人もかなりいたようだが
ガイエはマイナーキャラファン(カイ・ホスロー朝王族ファン)にはそういう対策をしてくれなかったね。

天国で安らいでいるタハミーネとレイラの姿くらい描写しろよ!

片八百設定に実子死亡は風呂敷たたみ放棄とウルサイ読者へのガイエの意趣返しもあったとしか思えない。

16翼将とアルスラーンファンの機嫌を取っておけば、今後ライトスタッフがアル戦関連で仕事をしようとする場合
メリットがあるからするけど、マイナーキャラファンの機嫌は取る必要性が低いもんね!

>>573
髪の色が荒川版のような褐色だったら
トゥラーン人(モンゴルモデル?)と見分けつかんような気がする

>>571
話の軸になれないのは国王になったから自由に動けないんだよ

それ大きい気がする>自由に動けない
アルスラーンもダリューンもナルサスも王都にいなきゃいけない立場なんだし
たとえばギーヴやファランギースやアルフリードみたいな
パルス中自由に動けるキャラをもう少し動かせば良かったのかも
グラーゼ(ギラン)視点の話を入れるとか
せめてパルスの話が中心だったらなあ

>>531
いやー、たぶん駄目でしょ
”ダリューンはルクナバートをそうびできない”状態になると思うよ
アルスラーン以外の人間が抜き身のルクナバを持ってもすべての能力が失われて
鉄クズと化しそう
FEの神器で言うならルクナバート=マルスしか装備できないファルシオンであって、
皆が使えるメリクルソードではないと思う

アルスラーンに王妃ができる時を楽しみにしていたのだが
タハミーネのようにパルスに滅ぼされた国の女性になるとか
何かドラマがありそうで
英雄伝説のパターンとして、最後は近親者と戦い息絶えるってのがある
アーサー王とか
こんな感じの話も期待していたし

>>581
それならべつに「鞘から抜けない」なんてセキュリティかける必要ない気もするけどね

抜けない鞘は剣本体を蛇王一派に害されないための
セキュリティシステムみたいなもんでしょ
ルクナバートも決して完全無欠じゃないと思うよ
例えばヤスリを根気よくかけて真っ二つにするとか…

それだと剣より鞘の方が強い事になってしまう

>>549
蛇王がアルスラーンたちに説明していた
・最後のひとり(尊師)はさっきまで生きていた
・他の連中はオレの身体の中を通って出ていた(喰って排泄したということだろう)

>>585
単純な硬度だけならそうかもしれない

一部でヒルメスにルクナバード抜けたんだからルクナバードは選ばれた者にしか抜けない設定自体ワケワカラン

ヒルメスは選ばれし者だったのだ

てか宝剣が近くにあると魔力が使えなくなる って事らしいから(アルス談)
別に鞘から抜けてなくてもいいような…
デマヴァントで鞘入り宝剣が蛇王を封じ込めていたわけだし。
なので、蛇王の近くで魔力を宝剣で封じてから、他の奴が叩き斬ればいいだけのような…

ダリューンが戦ってた時アルスラーン近くにいたから
実際そのシチュエーションだったんじゃないか

なるほど誰かも言ってたが17のハスラー教授みたいなもんだったんかね尊師
行動原理がまるで不明だけどな

せめてダリューンが戦ってた時にファランギースとギーヴが弓で援護とかできなかったんだろうか

一部同様ルクナバードで切られて肉体を失ったのに
今回は復活せず完全死亡認定されている尊師???

>>591
そうなのよな
だから宝剣持ったアルスラーン(でなくてもいいけど)を近くに立たせといて
数人で一斉攻撃すれば勝てたし
別に50年も宝剣抜ける奴を探さなくても良かったんじゃ

まあダリューンで駄目だったんだから
少なくとも接近戦じゃ何人束になってもダメだったんじゃないか

>>596
ルクナバード持ってればアルスラーンがヒルメスに勝てるんだからアルスラーンが参加してればダリューン死なずに済んだのでは

アルスラーンも参加って条件なら
ダリューンがアルスラーン庇って死ぬ展開だな
アルスラーンは生き残れるかも

そういやヒルメスが宝剣持った時もなんか威力発揮してたし
やっぱダリューンに宝剣渡して戦わせてたら楽勝だったんでは

いやもうね
何度も指摘されてるけど何で伝説の怪物に律儀にタイマン挑むのかと
はっきり言って描写の限りじゃ生き残りの16翼将プラスアルスラーンで余裕で勝てたよ
滅ぶべくして滅びたよ愚かなアルスラーン一党は

作者がキャラクター殺すための展開だからな
アルスラーンたちはガイエの犠牲になったのだ…

>>596
セリカの将軍連れて来て、ダリューンと一緒に戦えば勝てた。

>>599
ヒルメスは自力で鞘から抜ける選ばれし者だから

>>585
エクスカリバー「マーリンに我は鞘の20分の1の価値しかないと言われたぞ」

>>585
エクスカリバーは剣より鞘の効果の方が強力という説があってですね

蛇王本人の言葉とこれまでの描写から推測すると
・通常武器無効化(イルテリシュの全力の斬撃を素手でつかみとり無傷
・ヘルンシーダを塗りこめた武器ならかすり傷くらいなら付けられるが殺すことは不可能
・ルクナバードは有効

こんなところだったよな
描写に一貫性がないようにも思えるので微妙なところだが

そういえば蛇王との最終決戦って、第一部の終わりごろ、
もしくは二部の初期のあたりの頃(要するにまだ角川文庫から出てた頃)だと
どんな感じを想像してた?

俺は完全にうしおととらの白面の者との戦いみたいなのを想像してた
巨大な怪獣vsそれに群がる軍隊 みたいな構図
だから等身大で一騎打ちとかまるで考えてなかったな
15巻でキシュワード隊と巨大ザッハークの怪獣大決戦になりかかったから、
おおっ!と思ったが、それは弱弱しい抜け殻だったという…

>>600
作者より頭の良いキャラクターは存在しない、というのは創作界隈でよく聞く言葉だが、ガイエが無理やりオチ付ける為に
殊更に低知能な選択をしていくキャラクター達には草も生えない。というか、別に今のガイエが知能の高い小説家にも思えない
ので、ある意味では似合いの結末ではある。30年近くもかけてそびえ立つクソをひり出すのはどんな気分なんだろうな

翼将とアルスラーンがまとめてかかってぎり互角って位で良かったんだよ

それかアルスラーンをザッハークに届かせる血路を翼将が必死で切り開く展開

「全ての戦いを勇者のためにせよ」
田中はアバン先生の言葉を100回読み返してどうぞ

>>602
セリカの将軍は
あっちはあっちで蛇王より強い竜王とでも戦ってて忙しいんじゃないか

>>607
白面戦かバーン戦のどっちかのイメージ
全員でようやく倒す感じね

只人はルクナバードを抜けない設定の初出はいつだっけか?

>>607
オーソドックスだが、魔軍の本陣にいる蛇王の所へ如何にアルスラーン含む斬り込み隊を突っ込ませるか、
将兵が戦術と武勇の限りを尽くし、その過程で生き残った16翼将が一人、また一人と打ち取られていく。
ダリューンは蛇王からアルスラーンをかばうか、ルクナバード叩き込む隙を作って死亡。
最終的にはギーヴ、ファランギース、エラム、アルフリードが生き残る。
(ナルサスは生きてると無敵過ぎる上にアルスラーンが自立できないので、最終巻より前に死亡)

>>607
普通にタイマンだと思ってた……

>>608
ガイエの筆力低下に合わせてキャラクターも低脳化したわけか
それならナルサス死んだ途端に脳筋集団になって死んでいったのも納得だな

オフレッサー程度でも策を使ったのに何で蛇王様にタイマン剣で斬りかかるのか、、、
もうねアホかと

そもそも蛇王倒す勇者と国王は兼任する必要無いし、
マヴァールと同じオチを避ける為だけのシンドゥラ行きとパルス暗黒時代にしか思えない。

ヒロイックファンタジーのつもりで読んでたから、アルスラーン以外が蛇王を倒すとは思ってなかったな
総力戦で翼将が犠牲になりながらもアルスラーンが討ち取るんだと思ってた

ナルサスに真の国王とまで言わせといて、アルスラーンまで死なせて全部水の泡にして終わらせるとは思わんかったわ

>>616
作者が蛇王はオフレッサーより弱いと思ったんじゃない?(適当)

>>618
同意
仮にアルスラーンが死ぬとしてももう少し未来に希望が持てる終わりになると思ってた
まさかの暗黒時代突入エンドとは…

>>619
オフレッサーは勇者だからな。

まあゼッフル粒子つかえば蛇王も余裕だろうし

五虎将軍+呂布>蛇王

こんなレベルかな
水滸伝なら林冲レベルが5人くらい揃えば勝てそう

んなこと言ったら公孫勝なら楽勝だわ

>>11
株主の子供が泣いたらしいねw

FFの天野絵に痺れてた厨房工房が、本屋に棚積みされてた
アルスラーンや創竜伝をジャケ買い
それがガイエ作品との出会いってパターン、1990年頃には結構あったと思う
今アラフォーぐらいの奴

銀英伝から入ったのがガイエ読者の第一世代としたら、彼らが第二世代かな
銀英伝もアニメから知ったような世代

スター・ウォーズとこれと立て続けに似たようなグダグダ感で胸糞
あっちのスレでもほぼ似たような批判されててもうね…

どうしてこう、引っ張りすぎるとキャラがぶれたり
脚本上の都合だけで、説明すれば済むことを説明しないで無理に窮地に追い込んだり
説得力も何もなくただ客の意表をつくためだけの不幸どんでん返しを連発したり
それまでの名シーン名台詞を全否定するような言動させたり
伏線貼っといて実は何もありませんでしたー残念!したり
するんだろう はぁ

>>477
15巻の時も、デマヴァント山での描写がよくわからない、
ギーヴの瞳と髪の色が違う、距離や時間に矛盾があるなど
内容以前の問題がぼろぼろあった

技量が衰えたのは地の文を読めばわかるんだから
せめてこういうポカミスは潰してってほしいよね、何のための編集やスタッフなのやら

あれ、これって以前○○じゃなかったっけ?とか数行前の描写を読み直して
どういう場面なんだ?とひっかかりながら読み進めるのは、存外苦痛だった

大作映画は会社がディズニーになったり監督も脚本も変わったりいろいろあるからな
こっちは基本一人で書いてるのにグダってるから……

>>626
現在アラフォーが小学生高学年〜中学生の頃って、
女性はコバルトやホワイトハートとか少女小説の全盛期ど真ん中で、男性はスニーカー文庫創刊と被るから
男女どちらもラノベ第一世代で、天野絵とはいえ一般文庫レーベルだったアルスラーンを手に取る下地も出来てた。

10年位前にタイタニアと薬師寺がほぼ同時期にアニメ化された時に、どちらも原作者が同じと知った若い子が
「作風違いすぎだろwwwwww」ってなる流れから銀英伝おすすめされたりしてたのが第三世代で、
荒川アルスラーンで手に取ったのが第四世代あたりと見た。

アルフリードの中の人か

>>607
翼将たちがどう散っていくかは置いといてアルスラーンが蛇王と相打ちで
ルクナバードを手に入れた時と鏡映しのようなシーンになるのかもと漠然と思ってた
それを成し遂げるには最終的にはナルサスの知略もダリューンの武勇も役に立たないって局面で
「皆のおかげでここまで来れた、ここからは自分一人でやらなくてはいけないこと」とか
あの時と同じような言葉を残してアルスラーンが死に赴くんじゃないかって

アルスラーンがああいう良い子すぎるほど良い子というか
悪く言えばここでも言われてたように空っぽな感じのキャラなのは
蛇王を封じる資質を持ってるからそういう風に描いてるのかと思ってたよ…

アルスラーンがガイエに「1から10まで気に入らないが」なんて言わないからねえ

ナルサスもそれを見抜いたから愕然となって
エラムにああいう誓いをさせたんだろうな
こいつは自分自身が空っぽで生への執着もないんだなと
単にルクナバード使うためだけに生を終えるんじゃないかと

結果的にそのナルサスが訳のわからん途中退場した事で
まさに不安が的中してしまったわけだが

>>624
羅真人「こら修行さぼってないで山に帰るぞ」

アルスラーン原作→銀英アニメ→銀英原作の流れだったかなぁ俺は
多分1.5世代ぐらいだと思うわ
アルスラーンは文庫で手が出しやすかったんだよ

高校の図書館に銀英伝や創竜伝が置いてあって最初は創竜伝の座談会だけ読んでたなあ。で、面白い!と創竜伝本編も読んで
その後銀英伝→アルスラーンと読んだような

この調子だと次回作の中国ものもしょぼい出来になりそう。

創竜伝もあの4兄弟の掛け合いとかは今の作者にはかけないんだろうな、と最近の作品見ると思う

>>612
最終巻ラスボス戦でとってつけたように披露された。

一部でヒルメスが抜いてギーヴ相手に使ったシーンは無かったことになったぞwww

>>634
そう考えると作者はきちんとアルスラーンはそういう子だって自覚して書いてたんだろうけど
もう少し詳しく説明しておいたほうがよかっただろうなあと思うよ

なるほど、だいたい世代は近いと思うけど人それぞれのとっかかりで面白いな
俺は「銀河英雄伝説」って小説とアニメが面白いって噂を中学の友達数人から
聞いていてたが全10巻もあったので手を出しかねていて、そんな折に本屋で
アルスラーンを天野絵お目当てでジャケ買い(田中芳樹なる作家名は聞いたこともなかった)
ストーリーは少し前にロードス島戦記を読んでたんで、その手のファンタジー+戦記なら
面白いだろうって単純に考えたのと、単純に天野絵だからFFっぽいファンタジーなのかなと
(どっちとも全然違ったが)

で、アルスラーンを何冊か読み進めていたら、学校の図書館にあった銀英伝の作者名が
アルスラーンと同じ事にやっと気づいたw
これで10+4冊もあった銀英伝にも手を出す気になったな(アニメ版を観たのもほぼ同時)
だからアルスラーンを天野絵でジャケ買いして「田中芳樹」という作家の
実力を知らなかったら、銀英伝は巻数の多さから読もうとはしなかったかも…

ゾット族の黒旗が後世のパルスでもてはやされているのも、ロスタム朝のプロパガンダだろうなwww

あいつらはルシタニアのパルス侵略時には火事場泥棒に励み
ゾットの雌犬が男欲しさにアルスラーンに帰順した後は
過去の罪を不問に処され、アルスラーン政権から手厚い支援を受けていた。

暗黒時代のパルスでは、ゾット族はモヒカンモード全開で盗賊稼業に励み
弱い者から略奪し、強い者には傭兵として雇われその手下をやっているだろうよwww

>>643
おそらくゾッド族はそのうちパルスの文化に染まって柔弱になるんやぞ。

645イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2017/12/30(土) 08:50:00.14ID:SjQh5fRJ0
>>640
ルクナバード「お、子孫来たやん使わせたるか」
ヒルメス「俺正統の王!蛇王なんて俺がやっつけられるし!!」
ルクナバード「なんかコイツ偉そうで感じ悪いな…せや、次から変なやつ来たらロックかけたろ!(^ω^)」

ポジティブに考えるとこんな感じ?

むしろ十六翼将なしのキシュ孫がどうやって暗黒パルス平定して
その後に続く時代を築いたかの話が見てみたいわw

蛇王の下に集った諸侯の子孫なんぞよりも求心力は高いからギスカールと同じ要領で勝てそう

暗黒時代言われてるからそれほど大きな勢力もなくシンドゥラの後ろ盾を得て
一つずつ敵をつぶしていくとかあまり面白くなさそうな話になりそうだな
後はアルスラーンの武勇伝をプロパガンダ宣伝して民衆の洗脳

そもそも暗黒パルスの住人はアルスラーン残党の事をどう思ってるのかと言うね。
五胡十六国の後趙とか前燕の漢族士大夫が「東晋?守るべき民を見捨てたヘタレやろ?偉そうに中華王朝面すんな」と小馬鹿にしてたみたく暗黒パルスの住人も「アルスラーン?国を潰した暗君やないか!
今更ノコノコ帰ってくんなや!」とか言ってそう。

ロスタム君は比較的有力で統治もまっとうなパルスの土豪と政略結婚する必要があるぞ。
嫁の政子の親兄弟が配流先ののボス侍勢力の一角で有能だった源頼朝と同じ手法を使えよ。

>>649
内心どう思ってても混乱したパルスに秩序をもたらしてくれるならロスタム様マンセーするしかないと思う
ロスタムは武力もあるから逆らえば弾圧される恐れがあるし民衆はロスタムに縋り付くしかない

>>649
そんな中開放奴隷やその子孫が
「でも……あの人らがいたからワイらは自由になれたんやで……」
と控えめに主張してボコボコにされる光景があちこちで見られるんだろうな
「奴隷のままだったほうが食いっぱぐれなくて良かっただろ!」って人も当然いるだろうし

>>652
そういや作中でも解放奴隷が感謝してるとかって描写がないってのがね。

それこそ解放奴隷がアルスラーンになけなしの食料を献上したとかいかにも入れそうなのに

>>653
一応アンドラ(蛇王)陣営の下っ端が
こっちが勝ったら俺達また奴隷になるのではって心配してる描写はあったけど
全体的に見るとさして意味ない描写になってしまったのが惜しいんだよなあ

>>652
「奴隷の方が良かった」はゲームオブスローンズでも出てきてたな。

才能発掘の為なら身分関係ねえぐらいの曹操ばりのドラスティックさがあればまだ説得力があったかもしれんがなぁ

現実の歴史では奴隷制に反対するキリスト教徒たちの存在が
奴隷制度と奴隷貿易廃止に大きな影響力を発揮していたよ。

アル戦もパルスに教義の一つに反奴隷制度を掲げる宗教があり
それが民衆の支持を得ている設定があれば良かったね。

と思ったがガイエは宗教勢力がいい影響を与えるストーリー展開を受け付けないだろう。

>657
「民主主義万歳・自由よ永遠に」的思想なくせに、キリスト教のよい所を創竜伝で挙げたら
教育や医療の普及や道徳の向上くらいで、奴隷解放含む人権という概念の確立について
言及してない御仁だしね。

やっぱエラムが天命は継げずとも志は継げるよう国内で踏ん張るべきだったかなぁ

>>659
(主人公を十代にする都合上やむを得ないとはいえ)統治期間が20〜30年でなく2〜3年なんだし、
アルスラーンの遺志を継ぐと称するなら国内に留まらないと説得力薄いよね。

そもそもアルスラーンしか抜けないとか最終巻で初めて出た設定だからね
もしオチにするつもりが最初からあったんならもっと周到にやっとくべきだろう
ナルサスが用意した鞘でしかないとか笑う

>>659
そうなったらなったでパルスタンの女たちは放置?となるので
やっぱりパルスタンに移住させたのが判断ミスだよなあ

>>627
あっちのスレで「あのキャラがあーなるのは構わんがそこに至る過程がぞんざい過ぎる!」
ってアルスラーンかと思ったよHAHAHA

シンドゥラに移住って読んだ時はエクバターナの非戦人員まるごと移すのかと思ったんだけどなあ
身近な侍女らのみ数百名ぽっちだとは

っていうか史実からネタ拾ったんだろうと思うけどキシュワード領をきちんと整備してじわじわと難民引き上げさせてけばよかったんじゃないの
妻も嫡子もいるんだし残りの人材だけでも5万や10万くらいの領土確保くらい余裕だろうに
逆説的に大混乱でまとまった敵はいない

アルスラーンが抜くとか抜かないとかやだもううふふふ

ふと思ったがサリーナも甘いな
アイヤールの妃に親族あてがうべきだったんじゃ
どう転がるにしても損はない

>>660
統治期間くらい正確に把握しような
4年と8か月だ

エラムたちがシンドゥラに亡命する理由がよく分からんね。そんなに立場弱いんだったっけ?
ゴラスから5名かそこらで放り出されてもあっちゅう間に立て直したじゃん。今回はアルスラーンに相当する旗印がないからキツいんかな

キシュワード領なら余裕のはずなんだよな
まさか一兵も残してないということもないだろうし一番怪しげな人材しか残ってないとは言え16翼将の大体1/5が揃っているんだし生き残りが集まってくるだろJK

>>669
・旗印がない
・領地や部下などの使えるコマがない
一旦パルスタンに行くのはだからおかしくないけど
そのままそこに50年いついてしまうのはなあ

>>668
アルスラーンの年齢勘違いしてた・・・(1部開始時点で15歳と思ってた)

まあお話の都合と言われればそれまでなんだろうけどパルスの至宝と言えるルクナバートを大した護衛もつけず戦場に持って来ちゃってるのもどうなんだろう
で今更思いついたようにアイヤール息子に戦場で抜かせる
ああもう間違いないね
後世の箔付創作だねw

>>657
中国南北朝ものでさえ仏教の影響とかガン無視だからね。単に流行ってましたってだけ。

どうせロスタムの後はイスラムに侵略されて
のちのち今の中東みたいになるんや
あそこは呪われた土地やで

しかし大人の家長がいなくなった女子供はすげーなめられそう
奴隷解放のせいで以前ほど領民が領主に服従しなくなってるだろうし
生き残り組みは民をまとめられるような奴皆無だし
せめてアルスラーンがとりあえずアイヤールかエラムを後継者として指定しておくか
万騎長の一人でも残ってたらなあ…

677イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6712-YglX)2017/12/30(土) 13:32:07.68ID:TpBAACgu0
>>669
グラーゼ生きてたらギラン行きだった

>650
先祖が蛇王の靴舐めてない奴に限るけどな

>>675
あの世界、アラビア半島ないからイスラム教は生まれないよ。

キリスト教は生まれてるのに

>>659
国を捨てたやつらの子孫を国王と崇めるほどお花畑な奴らばかりとは思えないしね。

まぁどっかで似たようなのが出てくるってことでw

>>676
戦場に出てないルーシャン殺されたのも痛かったな
大体ヘボ王相手にやあやあ我こそはで一人ずつ挑むから・・・
何度も言われてるけどせめてダリューンとアルスラーンは二人でかかれよ

とりあえず、みんなの感想を読んで第2部は9巻までで封印することに決めた。
10巻から一気買いしようと思ってたけど。
荒川版も第1部で終われー。そっちのほうが少年漫画的な終わり方だ。
なろう作家のほうがまともな幕引きできたんじゃね?
画集にあった挽歌の時点で覚悟はしてたけどさぁ。20年待ってこれかぁ。
ガイエの政治思想色が色濃く出てきた創竜伝あたりから違和感を感じながらも読んできたけど、もうダメだ。ポッポ元総理を見てるみたいだ。小学校の頃のマドンナが地元で落ちぶれた様を見てしまったかのようだ。自分でも意味わかんなくなってきた位にがっかりだ。

>>632
ザッハークを完全に滅ぼすための条件が、ルクナバートを持つ者の命なんだろうと想像していた。
(カイ・ホスローは生き残ったので、ザッハークが復活した)
だから、自らの命と引き換えにザッハークと相打ちになるっていうアルスラーンの決意を想像していたんだけど、なんだかなぁ。

>>683
劣化してなくてもリアタイで一部から読んでた世代ならどんな物話でも昔と同じ目線で読むのは無理でしょ。
最終巻は強引な巻きだったが後日譚以外は悪く無かった印象だから最後の記念に読んどくのもいいよ。

と言うかちょうど乱戦でも使える弓の達人も2人生き残ってその場にいるのに戦わない
イミフ理解不能

まぁ戦い方自体はともかく強敵に挑んで敗れて死ぬってのは
善意が裏切られたりどうしようもなく間が悪かったりで死ぬよりは
まだマシだったなw

文句が出てるのは伏線ちゃぶ台返しとか幽霊の正体とか
宝剣の設定とか長年読んできた読者に対してあまり誠実じゃない部分

結末自体は田中芳樹の筆が衰える前に決まっていた事だからな。

ダリューンとルクナバード装備のアルスラーンwithギーヴとファランギースの援護射撃

を相手に互角に斬り結ぶ蛇王様マジ魔王

これじゃダメだったの?

>>684
同じく。
もう少しアルスラーンに主体性というか自主性がある展開だと思ってた。
まさかダリューン死んでヤケになって相打ちからの無茶ぶり遺言エンドとはねぇ

>>686
カシュー「流れ矢って事にしとけば名誉も傷つかんし、第一モンスター相手に一騎打ちとかアホすぎ。勝てば良かろうなのだ。」

>>679-680
そもそもユダヤ教に該当する宗教があるかどうかも怪しいから、キリスト教だけあっても無問題。

>>683
その境地に達したのならまことに良い事です。犠牲者が増えるのは悲しいわ。
(あらすじの確認だけなら、ネットみれば十分だし)

>>662
つーても、シンドゥラへの移住は
最悪の事態に対する備えとして必要な処置だと思うな。
両者相打ちで全滅、というのは想定して中途半端すぎる。
パルス全土が蛇王に支配された時の再起の目は、国外に残さざるを得ない。

らいとすたっふって十常侍みたい

>>686
あれ結局ナシェルとカシューのどっちなんだ

>>693
蛇王を倒した後で女たちを呼び戻して、
キシュワード領あたりで頑張りっていくのがちょうどよかったろうな
ゴラスから追放されたときより状況悪いとは言え、
エラムギーヴファランギースがいて、
旗印がわりにルクナバードもあるからやってけたんじゃない?

全員で斬りかかって

「おやおや、肝心のルクナバードの後継者が真っ先に死んでしまったか。これでは余の体に傷をつけられる者は一人もおらんな」

って展開にしたら蛇王の格も落ちなかったのによー

ラジェンドラも10年くらい経ったあたりで
『君ら、そろそろ帰ったら?』くらい言わんかったんだろうか

>>667
アイヤールが独身で順調にパルスで勢力を拡大したら
バレーリイから縁談話は持ち込まれるかもな。

というか80歳で崩御したラジェンドラ大王陛下の子供・孫・ひ孫は総勢何人いるんだろ?

パルスタンの規模が説明後そんなに変わってないとしたらラジェンドラとしては支払いに比べて利益多すぎて現状維持で無問題なんじゃ
むしろなぜ今更帰ったらなのかまである

でも約束反故にして切り捨てようか迷って嫁さんに釘さされてたし

ギーヴとエラムをある程度自由に使えるのは価値が高すぎて手放す気にならんやろ

>>636
ワイもそんな感じだわ銀英伝は文字が細かくてアル戦は読めたけど読めなかった

10年後くらいならギーヴは死んでていないし
エラム一人それほどの価値もないと思うけどな
増え続けるパルスタン人の人口も気になるだろう
シンドゥラ人口のが圧倒的に多いとはいえ気分のいいものではなかろうし

>>683
まあ、そう決めたのなら止めはしない。俺はとりあえず最終巻までは読み終えてからげんなりした気分になって、
後日資源ゴミの日に全巻まとめて捨ててきたクチだが、>>685みたいにある程度の満足は得られる人もいるし
一か八か読んでみてもいいとは思う

ラジェンドラ大王ご夫妻は征服地には寛大で公正な統治をおこなっているよ。
パルスタンもその路線で対応していたんだろ。

冬将軍がいるチュルクと密林が広がっている東南アジアは
ゲリラ活動で抵抗されたら、大国でも手を引かざるを得ない条件がそろっている。

パルスタンに対して寛容な態度をとるのは、チュルクや東南アジアの被征服民の信用を得られるメリットがある。

パルスタンはパキスタンみたいであまり
いいイメージの名前じゃないな

つーかこういう時代、国内の土地を異国人に売買できるのは知らんかった
しかも85箇所の農園
パルスの小さい飛地領みたいな感じになるんやろか?

パルスタンは別に被征服民ではないから(お世話にはなっているが)
チュルク等の信用得られるとかは関係ないような

弱者や敗者との約束を守るメリットはあるぞ。

ルシタニアの外交が各国から信用されなくなるデメリットを考慮した
ギスカールはボダンが降伏したマルヤム王夫妻を焼殺した時、激怒しただろ。

政治的なメリットを自覚して約束を守る聡明さを
ラジェンドラ大王を補佐した賢妃サリーマは持っている。

チュルクとはなんか約束してたっけ

まあともかくラジェンドラの頃は数百人〜だったパルスタン人も
バレーリイの時代には二万人になっていたので
ぼちぼち目障りで出てってもらうことにしたんやないかと思っている

50年経ってもシンドゥラに同化しなかったわけだし異物よな

そうそう、エラムは公式の場でパルス語しかしゃべらなかったとか
ああいうのも心象悪かっただろうし

>>711
弱者との約束も守ってくれるという安心感があるシンドゥラと
降伏しても突然一方的に約束を反故にされる不安感がある
ボダンがいたルシタニアでは征服地の統治どちらがうまくいくと思う?

アルスラーン死後三十年後くらいには
国際社会での公用語はパルス語からシンドゥラ語に代わっているだろうな。
それなのにエラムにあんな態度をとらせるのが、美談になると信じているガイエのセンス…。

>>707
カザフスタンとかキルギスタンとか、
「〜スタン」って言葉自体にペルシャ語で「国」って意味があるからそれはしゃーない。

>>713
現実にもそういう国があるのですよ。
3代前の大統領まで全員日本語喋れるのに
公式の場では絶対に喋らなかった国が。

エラムやアイヤールがルクナバードを抜けなかったのは、彼らが服従する主君を必要とする性格だったからだろう
自分が先頭に立つのなんてとんでもないんだろうな
もしラジェンドラに抜かせれば、案外すぽっと抜いちまったかもしれない

>>713
言葉だけじゃなくって食生活とか文化全般パルス人同士で固まって頑なに守ってたし
解放王アルスラーンを神格化してシンドゥラ王より崇拝してたみたいだしね
パルス視点でみたら美談だけどシンドゥラからすれば面白くはないだろうね

>>712
まるで在日みたいだぁ・・・

一国の統治者を決めるのに幽霊におんぶにだっこってダッセェ結末だよ。

ルクナバードはカイ・ホスローの魂が宿っていない状態で
パルス統一を成し遂げたロスタムが手に入れるなら納得できる。

ルクナバードは錦の御旗ではなく、勝者のトロフィーとして扱う方がふさわしいアイテムだ。

エラムは幸せな夢を見て終了をしたかったせいで他のあらゆる要素が台無しになってるからな
せめて20年後ぐらいにアルスラーンが名づけ親(だったよね?)のアイヤールに首都奪還させればまだ締りがあったのに

@カイ・ホスローが宝剣を用いて蛇王ザッハークを倒す
A復活阻止のため、蛇王の魂を何らかの魔術で泥人形に移す
B蛇王入りの泥人形を宝剣と同じ材質の鎖で縛りつける
Cデマヴァント山の地下深くに泥人形を封じ込め、20枚の岩板でふさぐ
Dカイ・ホスロー本人の死後、宝剣とともに蛇王の上に置いて復活を防止する

カイ・ホスローがここまで念入りに蛇王が蘇らないように手配しているのと比べると
芸香をふりかけて埋めただけで済ませた翼将の生き残りたちの処置は雑すぎるな

>>719
欧米諸国におけるイスラム系、中華系移民のコミュニティやその在り方を思い起こせば、ガイエの思想的には
非常に納得のいく描写ではあるよな

>>723
この設定のどこいら辺に片八百真相のフラグを感じ取ればいいんだろう?
ガチで負けたへぼが、勝者の英雄王に念入りに封印されている描写設定にしか見えんぞ。

>>714
パルスシンドゥラは一応友好国みたいなもんだし元々契約してたものを守ってくれたという話だけど
チュルクシンドゥラはそういうのではないから
自分達もパルスの弱者達と同じように扱ってくれるとは単純には思わないんじゃないかなとね
ボダンのルシタニアも友好国からの避難民となら約束事を守ったかもしれんしw
でもまあ確かにそこそこの扱い(パルス人に対してほどではなくても)はしてくれそうとは思うかもな

>>724
興味があるのでもっと詳しく解説してください。

>>725
片八百で自分がやられたら、カイ・ホスローの肉体に魂を移して復活させるよう尊師に命じていたが
まさかあそこまで念入りに封印されるとは予想していなかったので300年以上も復活に
時間がかかってしまったというところかな

ラジェンドラ晩年のシンドゥラは、チュルクを手始めにあっちこっち併合しているだろうから
既に多民族国家と化してる。
強引に被征服地の文化を破壊して反感を買うような真似を、サリーマが許すとも思えないし
パルスタンがパルスの風習守ってたからって、問題視されることは無いんじゃないかね。

>>728
片八百はガイエのうるさい読者に対する後付けの意趣返し兼
長年完結を待っていた読者にそれまでの設定描写と矛盾が生じようが
アッと驚く真相を公表したい要求が産んだ後付け設定だと思うぞ。

わざと負けてもOKなくらい力の差があるなら
カイ・ホスローの本格的封印も余裕で解けるだろう。

>>72
封印に用いた呪法に関してはそれらもまとめて魔道扱いされて結果誰も使える人間がいなくなってましたとかいうのが三百年後のパルスなのかもしれん
記録が残っていたかもしれないが焚書もあったし

いろいろと酷かったな
ネット物書きがよくアップしてる妄想予想か、ファンブックかと思った

※722
割と普通に最終巻は土壇場で色々変えたんじゃないの?
ギスカールが王朝の祖という描写も生き残りを示唆してたんやろ
でもギスカールが生き残っててパルスが群雄割拠状態になってたらパルスはかなり切り取られてた
逆説的にギスカールは死ぬしかなかった。フィトナは雑に扱わないとまとまり切らなかったんやろな

まあそうだろうね
色々投げっぱなししたと思う
あの片八百長は理屈になってないし長々とページ割いた三娘もヒルメス放浪も魔軍絡みに全く絡んでこないからね

>>732
むしろ田中の文体真似できるドジン作家にでも書かせた方がマシじゃないかと思うレベル
本職小説家の仕事とは思えん

>>683です。
ちょっと本屋に行って来た。
風呂敷を畳んだという感じではなくて、クシャクシャに丸めて適当にタンスに入れたかんじだな。
片付けた。という事には変わりない、ということか。
レスくれた人ありがと。8巻から実家に置いてくるわ。6巻と7巻は天野さんのイラスト表紙が擦り切れる程読んでて、今でも修理しながら読んでる。でも8巻と9巻は明らかにくたびれてないんだよな。
皆殺しでも良いんだよ。ハッピーエンドにはしないって言ってたし。
しかし某大河ドラマの「ナレ死」祭を思い出したわ。未完の方がマシだった。

私見だがそれでも終わらないよりはマシと思ってはいる
10年早く終わらせとけとの思いはより激しいけどな

創竜伝を次巻で完結してみせたら逆に感心できる

まあ皆殺しENDでいいんじゃね

>>736
ほんこれ
風呂敷畳んだんじゃなくてタンスに放り込んだ的な
まあ終わらなかったら終わらなかったで文句言うだろうけど今となっては一部で得た感動台無しにされて二部は封印したいよ

他作家のシリーズ作品でも個人的には釈然としない終わり方したものはいくつもあるけれど未完のままのほうが良かったと思ったことないな
グチグチいえるのも完結したからこそだし

完結したことで少なくとも心の「部屋」にあるゴミ(※)が片付いたのは間違いない。

※作者の衰えで内容に期待できなくなった時点で「心残り」が腐って「ゴミ」になってた。

終わらない限り小言だからな
まあアルスラーン完結させようがもはや俺の中では小言作家評価揺るがんけど

>>738
創竜伝は出版社とのトラブルらしいから

>>740
水滸伝の70回本みたいなもんだと思え。

水滸伝は最後の方は船が壊れて溺れて死んだとかで
退場しちゃうキャラとか出て来るしなあ、あれよかマシか

>>746
16世紀の小説と比較してどうするんだよ・・・

16世紀から現代まで残るって相当だよ?

>696
群小の一つとしてやっていけたとしても、ギランからパルスタンに連れてきてた
避難民の受け入れまではキシュワード領に戻っていては無理だったんじゃないかね。

>>713
現実でイスラムに征服されたペルシャだけど
そのイスラム圏内での貴族や外向的公用語は
それからもずっとペルシャ語だったしなあ…

キシュワード領ってどこにあんの?
何巻に出てきた?

>>750
出てこない
キシュワードの家は名家だから多分あるんじゃないかという推測からこうなってる
ルーシャンやザラーヴァントは領地あることが言明されてるけど

>>751
じゃあないよ
武門の名家って言っても騎士階級でしょ
ルーシャンは元レイの領主だし、ザラーヴァントはオクサス領主の息子でどちらも貴族階級じゃん

仮にキシュワード家に領土があったとしても、本人がミスルからペシャワールに転属されたりしてるから
実際に経営しているのは別人だろうね

あの国で武の名門って貴族より有力そうじゃね
それを差し置いてもベルシャール城拠点にするとかでもよくね

ペシャワールといえぱ蛇王が拠点としていた時に使っていた人間家具は誰が作ったのだろう
化け物たちにそんな芸当は出来ないだろうからグルガーンだろうか

>>746
金聖譚「アルスラーンは王都奪還までが至高でそれ以降は出版社に無理矢理書かされた駄作」

アルスラーン即位後ダイラム領はどうなったんだろうな
もしナルサスに戻したんならダイラムを拠点にしてもよかったんじゃ
戻してなくても直轄領だったんだろうし

>>735
その方が作品に対する敬意は高かったろうね…

二部もチュルクやミスルと小競り合いしてた時は面白かったよ
魔軍が本格的に出てきて以降一気につまらなくなる
結局戦記ものは敵の存在が重要ってことだな

>>759
要するに角川からブランクあいてカッパに移ってから面白くなくなったんだよ
その間に作者に何が起きたか知らないが(すっとぼけ)

>>760
やっぱり編集者の存在が重要なんやね

>>736
某大河のナレ死は直前に穏やかだったり印象に残ったりするようなシーンがあって
ちゃんとそれぞれの役に愛情はあったから
愛情も惜別もない在庫処分市のアル戦とは一緒にはできない

>>723
これだけのことをやれたんだから初期設定では
カイ・ホスローは依り代家系の生まれで、
へぼの秘密や魔道にも詳しい設定だったんだろうな。

主人公(カイ・ホスローは設定上の存在にすぎんがな)が
悪の組織の最強クラス戦士、
主人公が使うチート武器のルーツが敵というのは王道設定だしな。

元々依り代家系でへぼに背いた設定の方が
片八百でわざと負けたへぼが依り代家系にするつもりだった設定より
整合性が取れる。

へぼも当初の設定では少なくともカイ・ホスローが
生きていた時代では肉体を持たない悪霊のような存在だったろう。

指輪物語のサウロン肉体を持っていたが、相次ぐ戦いで肉体を失っているしな。
そういえば指輪物語の滅びの山も、サウロンの意志で噴火しその力が衰えると休火山状態になっている。

>>757
暗黒時代時に、ゾット族がヒャッハーしに来ていたら超笑えるな。

766イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2017/12/31(日) 09:33:54.86ID:3cF4cBUv0
ヒルメスにも救いがあるようにってインタビューで言ってたけど、何が救いだったかわかる人いるか!?

>766
オルフールやイスファーン見ればどれだけ救われてるか解る

まあナルサス殺してスカっとした分救われたんじゃないか

>>752-753
同じく武門の名門(諸侯ではない)のカーラーンも城と領地持ちだったがな
家長不在の自領の取り仕切りは当然親族や家令臣下たちがやっとるんだろ

そもそも代々王の廷臣で国内最高の武門の名家
これまで六人だかの万騎長と一人のエーラーンを輩出
こんな戦功あげまくってそうな家の人間がこれまで領地を賜って無いわけないと思うが

>>766
ヒルメスの出生の秘密が本人存命時には、世間に発覚しなかったことなんじゃねえの。
死後数十年目にパリザードがポロっとエラムにばらしてしまったようだがな。

ガイエ的にはカイ・ホスロー朝の王族に最悪の不幸を与えないことが救いになるんだよ。

ガイエに言わせると、最期の願いさえ叶えられなかった
タハミーネが実子の真相()を知らずに殺されたのも救いがあるんだろうな。

へぼにビビって逃走し、尊師に一矢も報いず
ギスカールを殺してイリーナの無念を晴らし、贖罪することができなくても
ダリューン相手に善戦し、立ち往生すれば救いがあるんだよ!

まーあそこまで落ちぶれたら後はないし
因縁の強騎士とやりあって気が済んで笑って死ねたようだから
ろくでもない人生の終わりとしては上々なのでは
他のゴミのように退場させられた翼将や脇役たちにくらべれば…

と言うかイリーナがお迎えにくる描写程度で救いと言ってる可能性高くね

>>771
生涯を駄目兄貴の尻ぬぐいと貧乏神ヒルメスに取り憑かれるだけだったギスカールには救いはないのだろうか

厄神ヒルメス

ヒルメスの救いっていったらホスロー朝が蛇王の箱庭ゲームの駒でしかなかった事を知らずに死ねた事だよ

全滅EDて決まってるのにナルサス殺すのが遅すぎ

>>776
ナルサスはかなり早い段階から死亡フラグ立ってたのになかなか殺さなかったよね

778イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 1b9e-muA5)2017/12/31(日) 11:09:34.20ID:nyRFPJJ70
吉本の漫才作家だっけか、「非劇作家はいいよな、飽きられそうになったら人殺しておけばとりあえずは売れるんだから。
漫才は面白くないと売れないからキツイ」って言ってたの思い出した。
まさにこれだわ。

>>776
もっと早く退場させていればその後のエラムの成長を描写する余地もあっただろうにな

>>775
そう豪語したにも関わらず、片八百()をさせた
カイ・ホスローの子孫であるアンドラにみみっく成りすまし、
片八百をやらせたはずのカイ・ホスローの霊が
アルスラーンにレンタルしているルクナバードで倒された結末には( ゚д゚)ポカーンですわ。

片八百設定は、15巻までのへぼと尊師及び弟子たちの発言と行動描写とは完全に矛盾している。
あいつらは15巻までは、ガチ対決でカイ・ホスローと戦って負けた者として描写されている。

どう見ても、風呂敷たたみ放棄兼ウルサイ読者への意趣返しと
過去の設定との整合性が取れないにもかかわらず
ちゃぶ台返しをしたくなったガイエの後付け設定だぞ。

片八百をやらせたと豪語している幽霊が中の人をやっているルクナバードで倒されたへぼ。

数百年後に復活したら、今度はアルスラーンに片八百をやらせたとほざきそうだな。

片八百設定が当初の構想通りなら、ガイエはへぼを殺す気満々の
アンドラ級勇者様の手にルクナバードがあったのか、最終巻で説明できていないのが不思議だなぁ。

正直読者へのちゃぶ台返しとかそう言うのはないと思うよ
単に力尽きて投げ出しただけ
そんな体力的にどうしようもないとこまで引っ張ったのは作者の自業自得でしかないので同情もフォローもできんけど

エラム達が担ぐ旗印ないって件だけど、よく考えたらパリザードがいたやん

あいつを適当に説得して、フィトナがパルスの正当王位を主張した手順をそのまま使って旧王家最後の一人ってことにすれば少なくてもエクバターナ周辺ぐらいは掌握できる。
後はシンドゥラの援護を上手く借りて(政略結婚やペシャワール譲渡とかして)全土統一すればいい
もちろん蛇王の戯言はデマってことにして

まあ、作者が「パルスタン」にこだわったのがね・・
史実ではササン朝の亡命政権だっけ?

786イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2017/12/31(日) 12:50:36.92ID:3cF4cBUv0
>>773
美女数人と混浴出来たし…

>>785
史実元にしてるなら絹の国(唐王朝)まで出向かんと

塔まで逃げた王子って聖火持ってたんだっけ?宝剣はそれの踏襲か?

>>766
死ぬ事かな、蛇王にすら死んだ方が幸せと言われるくらいだし
イリーナに会えたらそれも救いだろうけど
イリーナの方は死んだ時点でヒルメスヘの記憶無くした方が幸せだろうと思った
ヒルメスのした事知った所で何の得にもならんし
忘却は神が与えた慈悲とか何かの巻であったし

尊師ってミスルに3年もかけて暗躍してたのがよく解らないな
最後まで読んでもミスルで重要な何かがある訳でも無かった感じだし
他の国同様パルスに向けてミスル軍突撃させたいだけの為に3年もってのが

尊師は1000年以上生きてたのにパルスでやれたことといえば
偽予言でゴダルセスを惑わしたのとアトロパテネに霧を起こすくらいしかできなかった人だから…

792イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6be8-qSkH)2017/12/31(日) 15:12:08.81ID:I0dgFFHM0
1000年も生きてると普通では考えられないくらい気が長くなって
直接手を下すよりもバタフライエフェクト的な方法で物事を成す方が
楽しくなってくるんじゃないかな

過去スレで読んだ「尊師の正体」だと、
何とか言う荒野でカイ・ホスローと一騎打ちした王子のナントカという説がよかった。

パルス王家への恨みでザッハークに帰依したという点で矛盾ないし。

どうせパルスタンは後のパキスタンでシンドゥラと分離独立戦争して
犬猿の仲になるんだろ
分かってんだよ

>>791
確かに…

それにしても他国との負け戦と国引っかき回した内の一人のフィトナが
何時の間にか女王になって今度はパルス王女だからパルス攻めっぞー!な時点で
何の不満も疑惑も挙げない無能しかいない国なんてすぐ攻略出来そうなのに
平和な3年+終了までの2年の約5年と尊師仕事遅すぎ
ギスカールに殴り込みかけて短期間でその気にさせたヒルメスのが有能だなw

>>792
15巻序盤で5年なんて短い言ってたから良い方に考えればそうかもしれないな

796イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 03e4-ug5Q)2017/12/31(日) 15:49:18.10ID:lJ6PX/Xs0
なんでこのスレって作者でもない個人の妄想を元に
叩きが進んでんの?

止める方法がないから

>>784
逃げ恥の海野つなみが「小煌女」でその展開を使っていたな。
本物の王女の代わりに主役の女の子が即位して国を立て直した。

後継者は本物の王女の息子で
王統乗っ取りはせずにつじつまを合わせてハッピーエンド

>>796
ツッコミ所が多すぎる内容だからなのでは

>>536
アルスラーンは実父の葬儀を行いたいようなことを回想していたから
自分が誰の子供であるかは調べたでしょうね
アルスラーンの父親は百騎長くらいに昇進して死んだのではなかったかな?
直接、手にかけたのは、命令を受けた彼の部下ではないかと思う
戦場で背後から殺す事が出来るのは身近にいる人間でしょうから
その時には、すでにヴァフリーズが大将軍になっていたのだから
アンドラゴラスの命令を受けて、直接、配下に命令を下したのはヴァフリーズかも知れないな

しかし226事件に関与した兵士は上官の命令を受けただけとして処罰されなかったように
命令を受ける立場には罪はないのだが
まあ、当時はそんなことは言えなかったでしょうね
漢の武帝の命令を受けて皇太子を誅殺した兵士は、最初は手柄として厚遇されたが
皇太子が無実であると武帝が考えなおしたとたん、皆殺しにされたってのだから

まるで影技の如きラスト二巻

802イラストに騙された名無しさん (JP 0H73-NFHh)2017/12/31(日) 17:38:02.65ID:WyUggHybH
タイタニアよりワンランク上の品質です

タイタニアはアルスラーンが1人生き残ったのに無気力になりニートになるエンド

カッパに移った巻から店仕舞いに向けた展開と14巻完結とかで良かったと思う
残り1冊で多数生きてる敵味方や謎をどう纏めるんとよく言われてたし

>>796
自分の妄想こそが公式だと信じる人間が連投しまくった結果
普通の感想言ってた人間がいなくなった

805イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-Ct3C)2017/12/31(日) 18:12:20.90ID:YQofmhKY0
>>804
最終巻のつじつまが合わない点を指摘しただけで
妄想を公式扱いしていることにされるのかwww

片八百設定とカイ・ホスローがルクナバードを持っていた設定に矛盾がないとでも思うのかwww

どう見ても風呂敷たたみを放棄したガイエがひりだした糞の後付け設定だろうwww

オッサン同士仲良くしなよ

名指しでアンカ付けられた訳でもないのに反応してるって事は自覚あるんだなw

808イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 0717-vbrq)2017/12/31(日) 18:32:32.82ID:2yTqbPfw0
他は批判や疑問を話してるだけって感じだが
毎日軽く10数レス以上連投してる奴はガチっぽいな、熱心な事だ

一人だけIDが赤いからすぐ分かるなw
一体何が彼をここまで駆り立てるのか

俺も読後時は赤かったがとてもここまでの情熱は続かんな
って言うかこの人前から同じような内容の長文続けてる人だよ
ガイエに身内を殺されたのかね

孔雀姫はもう少し活躍すると思っていたけどね
あの手のキャラは嫌いではない
まさに女傑って感じで
しかし案外、あっけない最後でした

なんとなくゼノビアっぽい

腕輪の連中は逆に要らんor引っ張り過ぎと思った(あの真相で余計に)
あとトゥースの嫁がわざわざ戻って来たのは、
戦後アルフリード提案の女だけの軍団結成して
国でも守る役割でもあるのかと思いきやまさかの国自体が滅亡するとは

814イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2017/12/31(日) 20:00:34.41ID:3cF4cBUv0
>>811
出だしは良かったけど後半完全に使いあぐねてたよね
シャガードに水ぶっかけた辺りがピークだった

後はひたすらヒルメスにとってのイリーナとの比較対象で、権力欲に呑まれて暴走するキャラになってしまった…
タイタニアでいきなりフランシアにキレだしたテオドーラ思い出したわ

野心家女って大体碌でもない末路でこいつもだろなとは思ってた
でも最終巻でフィトナよりレイラの突然の哀れな虐殺ショーに全部もってかれた

まぁ瞬殺だが額に角生やし戦車ごと谷底転落で死体的には女で一番凄惨だろうけど

作者明らかにペース配分間違ってるわ
連載打ち切り漫画並みに最終巻あちこち雑に端折るぐらいなら
サイドストーリーのヒルメス国盗り物語(未遂)にあんなにページ割くべきじゃなかった
作者の劣化以外にも編集仕事しろ的なミスも散見したしさんざん待った末にこれかよ、だ

銀英伝書いていた頃の担当者に言われていた欠点は直せなかったってことなんだろうね
その書き方は止めなさいと注意されていたことはイベントでも度々出ていたし

もうお爺ちゃんだし死ぬまで治らんよ

前巻のヒキからまとめるなら400ページくらいはあるのかと思ってたから
手に取った瞬間に嫌な予感はしてた

無理に一冊におさめなくてもなぁ
「皆殺し」「次巻で完結」などなど、自分の前の発言に頑迷に固執した結果、この出来栄え
読者としてあまり認めたくないけど、衰えってことなんかねー

>>815
ガイエは中国史得意なんだから野心家の女傑とか知らんはずないのになぁ。
有能な女将軍は出しても女の政治家とか女の君主とかたいていカス扱いなのはどうかと

なお銀英伝の外伝全6巻は…

>>817
その辺がガイエがラノベから卒業できなかった原因なんだろうなぁ。
所謂一般書籍の編集者なんてもっと要求厳しいし純文学に至っては編集者がペン入れするとかデフォの世界なのに。

>>811
女傑と言うのには小物過ぎる気が
女版ヒルメスな印象

>>816
凄く同感
ヒルメス以外でもチュルク、ミスルも
一部のトゥラーン&シンドゥラの話配分尺で充分かと
寧ろ勢いある内に8巻から畳んでも良かった

>>820
あえて擁護するなら王都奪還で「最高の俺たちの戦いはこれからだEND」をやっちゃったからそれから話を広げられなくなったってのはあると思う。

(類似例に北方謙三御大の「楊令伝」など)

前にも書いたがミスル編は要らんかったのよ
それこそ外伝でやるような内容

カイ・ホスローの子孫で裏主人公な位置の筈のヒルメスが
最終巻終盤まで蛇王の件で完全に蚊帳の外なのが何だかなぁ
国盗りや放浪してる場合じゃないよと

西の大陸公路周辺国が軒並み崩壊してるのに、
あのラジェンドラが大陸公路の利権に手を出さずに指くわえて見てただけとか違和感しかない

>>823
自分の書いてる事にケチつけられるのとか絶対許容出来ないだろうしね
にしても無能な貴族を文章で殺したりけなしたりで金手に入れてきた奴が、それと同種になるとか
笑うに笑えないよな。

担当「その書き方していると連載の仕事できないよ」
→後年竜騎兵で連載は無理と途中でギブアップ。それからは書きおろしのみ(このことは最近の秘書twiterにも書いてあった)

>>828
パルス以外も崩壊してるから交易路としての旨味がどれほどあるかわかったもんじゃないし
パルス以外の地域も世紀末の状態だから倒しても倒しても賊は湧いて出るだろうという状況になってると思う
シンドゥラが旨味を得られる状況ではなかったんじゃないか

16巻買ったけど読む気になれん 
誰か背中をおしてくれ

>>824
第2部は最初から対蛇王メインにすればよかったのにな

諸外国連合軍がパルスに攻めてくる、大ピンチ!てのをやりたかったのか
でも第2部ってダリューンとナルサスがいるからどうせパルス無双だろハイハイ
なノリだったもんな
しかし魔軍対人間にようやく移っても、人間対人間じゃないとどうにも面白くなかった

>>829
人柄はよさそうなのにな
そういう編集者からの指摘を受け入れるより好きなことを優先しちゃったんだ
狭き門より入れって言葉が思い浮かぶ

そういえばずっと前、90年代だったと思う、酒見賢一さんとの対談で
酒見さんが後書きで、田中先生はとても良い方だった、でも小説家なんて
ろくでもない人間がなる職業なので実は田中先生にもそういう面があるはず
いつかそういうところを見てみたい、とかいう酒見さんらしい表現でほめてた

その後自作の他作者丸投げ、長期中断、そしてタイタニアやアルスラーンは
重い腰を上げて完結させたけど文章劣化おそらく思い入れ低下した内容に
いろいろな意味で読者を泣かせて、酒見さんの予言は正しかったんだと思う今日このごろ

第二部は全滅エンドは決めてたけどそこに至るまでのシナリオが中々考えつかんから、周りの国を描写するという名目でヒルメス戦記に逃げてた印象。

善意のみの行動ばかりしてたアルスラーンやエステルが
あんな死に方する一方で他人を利用ばかりのラジェンドラは勝ち組
結局歴史ってのはそういうものだよってのを書きたかったのかね
エステルなんか長く苦しんだ挙句にあの死に方って最悪やん

エステルは自業自得ってか
中途半端な善意で最悪の結果を招く、ああいうついてない人いるよねって感じだった

こまかいの、、、

839イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2017/12/31(日) 23:03:51.58ID:3cF4cBUv0
ラストでジムサもアルスラーン達とあっちこっち行ってるみたいだけど、死に際的にトゥラーン帰ってるかオフルールと一緒に居そうなイメージだったんだけどな
あと白鬼は翼将面子よりパリザードとの方がしっくりくる

現世とあの世じゃ時間の流れは違うんだろうけど
エラムが来るまで50年あの放浪見ると
あの連中ずっとあの調子で転生しないのかなと気になった

>>832
213ページから読め

「プロージット!」
「プロージット!あらたなる年に──」
「プロージット!もたらさるべき新刊に──」

「プロージット!○○シリーズ最後の年に──!」

>>842
??「プロージット!作家生活最後の年に」

アルスラーン戦記第二部書き直しの年に

エステルの作中の役目って結局何だったんだろうな
今となってはアルスラーンがはしかをこじらせて結婚しない宣言して後継者いなくなり結果滅亡したきっかけにしかならんのだが

>>845
運び屋?
メルレイン→ギラン、パラフーダ→ルシタニア→マルヤム→パルス

>>845
まさにそれじゃない?全滅エンドに持っていくための布石

848イラストに騙された名無しさん (JP 0H73-NFHh)2018/01/01(月) 01:02:34.99ID:3UaXSdJ0H
底辺家族がに5人で馬車乗り込んでパルスに帰省しててワロタwガキが「ヤシャシーン!パパの馬車は世界いちぃ!」だってよw

>>845
アルスラーンの独身主義にエステルは関係ないっての

まぁあの結末ならあんな中途半端な所で退場させなくても最終巻のどこかで出番作れたよな。

あいつホモなのでは?

>>845
アルスラーンに後継者作らせない役目だろうな
エステル自身はアルスラーンに立派なパルス国王になって欲しかっただろうなと思うと悲劇だわ

>>849
エステルが死んだ後ナルサスが「この先陛下は女性を見る度にエステルを思い出すから〜」みたいに言ってただろ

そういえばアルスラーン童貞確定か
哀れな

いっそ史実のサーサーン朝みたく絹の国(唐王朝)に亡命させてテングリ=カガン(天可汗)に援兵を乞うオチにすりゃよかったのに。

>>844
水滸伝の百二十回本みたい

>>853
アルスラーンが元々独身主義なのは変わらないし
ナルサスが言ったのも繊細なうちの陛下に死に際のタイミングで
変なトラウマ植え付けやがった迷惑な女という意味だろ

アルスラーンはもともと「私は一生結婚もしないし血も残さない」とか言ってたっけ?

>>858
それエステルが死んだ後言ってた
少なくとも二部の冒頭ではダリューンとナルサスがそれぞれ結婚したら考えるとか冗談めかして言ってた

こういう迷惑なロマンス妄想は今年も治らないんだろうな
ツイッターでアルスラーンがダリューンと共に葬られたのに
激おこのカプ厨見かけたけどもう病的だよな
「なんでダリューンなの!なんでエステルと一緒のお墓じゃないのー!」って
アルスラーンに思い出されもしてないのになんでああもこじらせるのかね

何でエステルの話題振っただけでカプ厨扱いされにゃならんのだ

ワイはアルエラ派ですけど?

二人が結婚したら自分も考えるってのは
ナルサスはアルフリードがいるからともかく
ダリューンは結婚しそうにないからこそ言えた冗談だよ

アルスラーンが情緒不安や深刻な言葉を口にするようになったのは
近しい者にも死者が出るようになりリアルな不穏を感じ始めたからで原因は別にエステルじゃないな

864イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/01(月) 04:04:25.61ID:QtPfVuuU0
アルスラーン×エステルが好きというよりは、
エステルが好きなのでその死に意味があって欲しいんじゃないかな
本編への影響力というか
あれじゃほんとにただ殺す為だけに再登場させたようにしか見えないし…

でも最終巻での惨状見る限り、
影響力なくてもかなり尺とって死に際に逢いたかった人に逢えて手握ってもらえただけ、
彼女は優遇されてたのかも…と思う

865イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/01(月) 04:12:56.84ID:QtPfVuuU0
ただ「何となく結婚が億劫だからしない」よりは、
「特定の人の死がトドメになった」の方が悲劇性高まって良かったんじゃないかと思う

…無さそうだけどww

>>864
そうそれ
一部の最後で別れた時はすごいよかったのに再登場したと思ったら唐突に死んだんでなんぞこれと思って…
まあ最期の言葉すらなかったイスファーンや無駄死にしたナルサスよりマシだけど

867イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/01(月) 04:26:09.92ID:QtPfVuuU0
>>866
ナルサスはパルス崩壊に一役買ってるので無駄死にではないよ(不名誉すぎる)
イスファーンはまぁ、アルスラーンキレて尊師倒すきっかけにはなったけど、
そのポジションは誰でもよかった感ある

>>834
酒見さんは副業作家ぽいけどちゃんとそれぞれ完結させてくれんのになあ…
いっぱい書いてると疲れてくるのかなあ

本屋だった時にアル戦新装版並んでるけど新しいの出たのかな?って嬉しそうに書いにきたお客さんが忘れられない… 最終巻どんな気持ちで読んでんだろう

ナルサスが一向に死なずにパルス滅亡への物語が全く進まないところに魔軍にまで手を出して収拾つかなくなった感じだな
昔の筆力ならうまくまとめたんだろうが

>>861
ホモ好きのオバサンはほっとくとええよ

871イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/01(月) 08:25:34.23ID:QtPfVuuU0
>>860
ダリューン×ナルサス腐もビキビキしてたぞww

>>861
いつもエステルの話題で発狂してるから気にする必要ない

見も蓋もないが、意味がほしい人は荒川版やアニメ見てるのが精神衛生上いいんじゃねとしか
あれエステルをヒロインにするために描いてるような代物だしな

そういえばジェシカもなんだかよく分からんキャラだった
エステルとジェシカは宗教集団の異常さの犠牲者の演出だったんかね

>>834
性格ではなく外面がとても良い方なんだろうよ。

好人物なら担当の立場や読者の気持ちにもっと配慮した作家活動をするぞ。

875イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/01(月) 10:05:10.96ID:QtPfVuuU0
>>873
ジェシカは婚約者を失ってヤケになってた印象ある
人を救うならまず自分自身を大事にしなければならなかったのに、
安全圏で戦争煽ってるヨブさんを否定するにはああいうやり方しかできなかったのかもしれない

前レスだったか、ヒルメスは精神崩壊状態でダリューンと実質相撃ちだったから
凄いって意見があったけど、より正確に言えばダリューンの乗馬はパルス随一の
名馬「黒影号」、一方のヒルメスの乗馬は「凡馬ではない」と形容されているに
すぎないし、しかも「このところ、ろくに餌も食べていないのだ」と描写されている
これだけ条件に差があっての相撃ちなら実質ヒルメスの勝ちといっても過言ではない

などと意味不明な事を供述しており

878イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/01(月) 11:26:06.45ID:QtPfVuuU0
>>876
ダリューン生きてるから相討ちでは無いのではww

>>878
鎧や兜がなければ、両者はほぼ同時に死んでいた
つまり、技量面で互角だった
しかし、精神面と馬に差があり過ぎた

ロードス島の住人「当地では装備も本人の強さにカウントされるので、
             『乗馬の差で負けた』などと寝言をいう人はいません。」

>>879
精神面でいえばヒルメスには炎という大弱点があってしばしば苦しめられることでキャラづけ十分にできてるのに
蛇王にも弱いなんていうのまで付け足すことなかったよな

既出かもだがナルサスの死は銀英伝でのキルヒアイスの死と似た面と真逆な点があったと思う
戦力的に強すぎるんで退場は必至だった所は同じ
だがタイミングとしては早く逝きすぎたキルヒアイスに比べてナルサスは遅すぎた
まずナルサスを消してから徐々に十六翼将崩壊の方が劇的だし尺の配分においても収まりよかった気がする

鎧の防御力を無力化する不思議ソードを装備して、一騎討ちに弓兵を仕込んでおくおっさんが最強だからな

>>883
?「かすり傷一つで戦闘能力大幅ダウンな魔剣持ちとまともに戦えとか無茶だ。」

鷹は寿命的にアズライールはまだまだ若いらしいが黒影号は普通に老馬なんじゃ?と読んでました

ダリューン相手にいくら善戦しても、一部の頃のような互角の敵手という感じが無いんだよな
格付けが既に済んでて、百合余撃ち合ったとか鎧に傷をつけたとかの描写が上滑りしてる

シミュレーションゲームの戦闘シーンoff機能を思い出したw

>>873
ジェシカ犠牲になったのって宗教関係なくない?

今月行われるイベントでは、ツィツターやここの考察を
パクりながら設定破綻の言い訳をガイエはしそうで鬱だ。

らいとすたっふがネット元に原稿作ってガイエはそれ読むだけだろ

ワッチョイ 071a-1KVFみたいな、ロマンス絶対否定派ってなんだろうな
よほどエステルが嫌いなんだろうな
アルスラーンとエステルがセットで話題になるとことあるごとに噛みついてくる
…とか書くとカプ厨とかエステル厨とか言い返してくるから始末に悪い
黒じゃなければ白しかないみたいな、頭の悪い二元論者丸出し

ちなみにこいつはホモ好きババアじゃなくて、
14歳の時のアルスラーン大好きなショタ好きジジイだろ

>>891
エステルをヒロイン格にしたい奴に共通した特徴だが
ただの願望や個人的解釈と言う名の妄想を
あたかも原作に沿った話かのように垂れ流すな
混同してないでちゃんと原作とは切り離せと言ってるんだよ

>>884
MPが削れるだけだからへーきへーき

>>889
ガイエはネットやってないんじゃなかったっけ?
ってもこの年齢なら割とPCもネットもやってる人多いのに何でだろ

>>893
MP=精神力だから戦闘不能だよ

896イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/01(月) 17:00:01.94ID:QtPfVuuU0
>>892
でも、「アルスラーンの独身主義にエステルは関係無い」は極端すぎでしょ
それだとトラウマ植え付けた迷惑な女なんて評価にならないよ
漠然とした結婚に対する抵抗感が、自分の正体を知ってるぞって言ってくれた女の子の死で更に加速したって思うのは、
エステルヒロイン主義とか関係無いと思う

自分はヒロインはファランギース派だし、好きな女キャラはイリーナだよ

>>876
少なくとも蛇王がガチ勝負したダリューンと互角なら片八百で済ませたホスロー何ぞよりかは武では上だな

>>892
@エステルをNG登録する
Aここ読まない
Bネットやらない

このどれかをオススメする

>>894
ワイはガイエ本人はネットをやっていなくても
ライトスタッフ経由でネットの反応をある程度知らされていると見積もっている。

女児を三人、買い取ったって言っていたからな
フィトナもレイナも結局のところ
奴隷の娘か何かだったわけだ
三人の娘の誰かが本当にアンゴラの子だとしたら
彼は我が娘を捨て子にしたのだから、それはもっともと思わなくはない
単に娘であったことを隠すだけなら、妻にいつまでも合わせないより
折を見て、対面できるように取り計らった方が妻の好意も得られるし
実の子は死産か何かですでにいなかったってのはそれなりに納得はいく話ではあるね

王は何れ、側女にでも子供を産ませることを考えて
アルスラーンを廃嫡して、それを王太子として立太子させる予定だったと思うが
それにしては彼に庶子ってのがいないな
案外、庶子はいても、どういうわけかみんな女だったとか、そんな感じかな

このスレは片八百の設定の整合性のなさを理解できないド低能が多すぎるなw

片八百設定が執筆時からガイエが決めていた根本設定なら
なぜルクナバードがカイ・ホスローの元にあったのか最終巻で説明されていないのはおかしいよなぁ。

一部で尊師がへぼの封印を解こうと奔走しているのも不自然だし、グルガーンがカイ・ホスローの霊力が一時の勝利を収めることも
尊師は想定していたという発言や、15巻でのへぼの予を三百年も地下に閉じ込めていたカイ・ホスローってセリフと
片八百の設定が両立するとでも思っているのかよwww

しかもへぼは、片八百をやらせたはずのカイ・ホスローの霊が宿っているルクナバードで切られて
良くて数百年後、悪ければ二度と復活できないんだぞwww

まぁ、ワイに対する反感で片八百設定の矛盾に目をつぶり、真相認定しているんだろうがなw

>>898
地の文出しただけで噛み付いてくるから
C原作も読まない
追加で

片八百はガイエの風呂敷たたみ放棄の後付け設定だと断言できる。
あと実子死産も後付け設定だろうよ。

タハミーネの好意を得たいなら、三人娘の誰かと密かに合わせてあげればいいのに
それをアンドラがしなかったのは不自然だし、7巻の尊師との会話とも矛盾が生じる。

当初はジャライルとレイラをくっつけて、タハミーネ共々パルスを去らせるエンドを想定していたんじゃないかな。
だが、このネタはタイタニアでやってしまったから没にしてあの無残な最期をあの二人に押し付けやがった。

独身主義はアンドラとタハミーネが普通の夫婦じゃなかったってのも一因なのかな
でも乳母夫婦は多分夫婦円満だっただろうし、それをみて自分も乳母夫婦のように…とならなかったのか、
それとも子供時代と違って王になったらそういうのは望めないと思ったのか

パリザード  癒し
フィトナ    ビッチ
レイラ     脳筋


フィトナだけ浮いてるな悪党だし

>>900
アンドラも父親が兄の妻寝取ってまで自分の子供作ろうとして我が子に弑されるわ
兄が十年以上実子として慈しんでた子の暗殺を自分に頼むわで
色々嫌なもの過ぎてトラウマ気味だったとか?
愛するタハミーネとの間の子だったら欲しかったけど
そうでないならそんなに欲しくもないって程度に
子供が欲しい、血を残して王位を受け継がせたい気持ちが薄くなってて

>>903
レイラは脳筋だから当初はアンドラの実子だったと思うぞ
女で背が高くて強いって設定もミスリードだったとは思えない
最後で思いつきで変えたんだろうな

>>900
アンドラはタハミーネ以外興味なかったんじゃないか
んでもって死なない自信もあるもんだから後継者についてはあまり考えてなかったんだろ

>>896
ファランギースはヒロインかなあ
ギーヴの漫才の相方で、ツッコミ役だが時々ボケにも回る立ち位置でしょ
この話の真のヒロインはアルスラーンだと思う

いない気しかしない

思いつきで変えたとかじゃなくてラストバトルに絡ませるの煩雑だから設定変えた、だと思う

ホスローが片八百以外で勝つ方法が見えないのが何とも

>>912
そんなのある程度実力のあるプロならちゃんと話を考えられるわ。
最終回が巻頭カラーで終わったほど好評だった少年漫画「ラブシンクロイド」は
主人公はスタート時4人メンバーで、惑星を一つ支配している独裁政権を打倒している。

アル戦一部でも、アルスラーンは追放後三か月で
パルス王に即位しているのに、カイ・ホスローにそれと同じことができないとでも?

片八百の設定と15巻までのへぼ陣営の整合性のなさは何度指摘してもスルーするのはどうしてなのかなぁ?
あとへぼが、片八百をやらせたと豪語しているカイ・ホスローの幽霊が宿っているルクナバードで倒されたのも変だよなぁ。

三百年前同様アルスラーンにもわざと負けてやったのかなぁwww

>>912
一部からショボいと定評があった魔導士たちと
それに輪をかけたへぼとその眷属のショボさはスルーですか?

魔力さえ封じれるなら、パルス一国を支配していようが
スタート時は弱小勢力だが能力はチート設定の勇者様に倒されるのも納得の知能を誇っているだろw

>>912
それより、へぼをガチで倒せるルクナバードが
片八百をやらせたはずのカイ・ホスローの手元にあったのが
納得できる描写を原作のどこにあるのか教えてくれよ。

あと、15巻までのガチで戦って負けたとしか思えないへぼ陣営の行動とまでのへぼ陣営発言が
片八百と矛盾しない、土壇場でガイエが片八百設定を思いついたのではない、
だから15巻の描写と矛盾はないと判断した根拠を教えてちょ。

ラブシンクロイドは極論壮大な夢オチ変形だったのがなぁ、、、
アレやるにしても綺麗に別れ告げるべきだったんじゃと思いました

>>912
カイ・ホスローがへぼを封印していた手段を見れば
カイ・ホスロー陣営には、アルスラーンの時代には失われた
魔道の知識と技術をもった人材がいるのはわかるよな。

へぼも認めたチート能力の指導者とルクナバードに失われた魔道の技術
これだけの条件があれば7年がかりでへぼを倒せるだろうよ。

>>916
昏睡状態の本体もオーパでのボディが損傷すると
ダメージを受けるのに夢落ちはないだろ。

9巻で、バウフェークが地下ではオーパ女性と融合できない理由が
謎のままだったこと以外の伏線と謎を回収して終わったんだから偉いわ。

こっちのラスボスも人口生命体なのにへぼとは月とスッポンだよな…。
ラストで明かされる驚愕の真相も整合性が取れている。

「英雄王カイ・ホスローは蛇王ザッハークを撃つため挙兵したときに
どんな心情(気持ち)だったんだろう。と、勇気と使命感、
それに加えて倒すべき敵と同等の力を欲したのではないのかなあ。」

この地の文を初めて読んだときは、カイ・ホスローが何らかの犠牲を払って
ルクナバードを手に入れたのを示唆しているとしか思えなかった。

だからへぼや尊師の回想で、ルクナバードをカイ・ホスローがどうやって手に入れたかが
説明されると思ったら、片八百設定が披露された。

この地の文のどこに片八百フラグを感じ取ればいいのかいまだにわからん。
ガイエは、土壇場でルクナバードやカイ・ホスローに関する風呂敷たたみも放棄したとしか思えない。

蛇王様は嘘つきだから片八百ってのも嘘なのかもしれんね

まあそれはさておき

あけましておめでとう
取りあえず杯にワインいれて、3分の1は地面に吸わせて、3分の1はそれに向かって飛ばして
残り3分の1を飲みほしてきたよ
パルスに栄光あれ

パラフーダの16翼将入り、誇大妄想狂の自称ミスル女王の女奴隷に従うミスル軍。
ルクナバードで倒されたのに復活できない尊師。

設定の説得力のなさにイラっとさせられるが
へぼの方八百宣言はこれら以上に頭にくる。

ガイエのカイ・ホスロー朝ヘイト創作は、魔道で悪事三昧を行っていたへぼを倒した
伝説の勇者様すらsage対象にするんだな。

本来ガイエ好みの行動を行っても、ガイエが大嫌いな世襲王朝の開祖になると、
ありとあらゆる不幸を与えられ、
功績を大幅に減少させられ、死後の安らぎも与えられないんだな。

>>920
メットに入れて飲まないといけないんだぞ
絶対にやりたくないなあの儀式

整合性のとれた驚きの真相を考える能力が無いくせに
風呂敷を広げ、それを畳むのを放棄したガイエのせいでストレス貯まりまくりだよ!!!

これだけ破綻した最終巻を出版することが犯罪にならないのが悔しい!
食品関連でアル戦最終巻並みの商品を客に売りつけたら有罪になるのにな!!!

ライオンとタイマンといいパルスは奇習が多い

水で割るんじゃなかったっけ

飲むときに使う器が兜

兜もヘルメットも家になかったよ…麦わら帽子なら出てきたけど
南アルプスの天然水で割ったけどワイン入れすぎてちょっとしか入れてなかった

928イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6790-ug5Q)2018/01/01(月) 20:45:48.69ID:StOFMF380
最後に蛇王が真相ベラベラしゃべってくれるから、ナルサスの書き物は全く無意味だったなw

929 【小吉】 【183円】 (ワッチョイ 6712-RYVm)2018/01/01(月) 20:46:10.34ID:QIrqHFTt0
アイヤールはいつか生まれるアルスラーンの息子の
忠実な家臣でありよき兄貴分になるんだろうと思ってた時期がありました

最終巻のクバードのオリジナル酒、後世に名付けられると思っていたのだがそんなことはなかった。

自転地球儀シリーズ
レッドホットドラグーンシリーズ
クランシリーズとか
田中さんが途中で放り出して、他の作家が続きを書いたが
正直、あまり面白くなかったな
最初のが面白かったから余計にそう感じるのかも知れないが
どうにもな

クランはガイエに書かせたらダメだろうとは思う

まあ銀英だけの一発屋でしたね

ヒルメスは、多分にアルスラーンと対象的な存在として必要だったキャラだったのだろう
王家の嫡流として生まれ、不遇の人生を歩んだ人物
有能だが苛烈で無慈悲な野心家
何もかも対照的だったからな
私としては内親王の遺児と共にマルヤマのためにギスカールと戦って欲しかったな
最後にはまっとうな王道を人生を歩んで欲しかったと思える

>>929
エステルが死んだのはがっくり来たな
せめてべただがアルスラーンは死んでもエステルの腹にアルスラーンの子がいるとか
そんな感じにして欲しかった気もするが
血による継承を再三否定している田中さんの作品らしい決着のつけ方ではないとは思いますけど

竜騎兵は田中版ダグラムみたいで結構面白かったけど
戦闘に関しては劣化アル戦みたいだったな
主人公側より権力者側のドロドロ権謀術数が良かった

>>934
明らかにわざとだと思うけどそういう気持ち悪い書き込みするから駄目なんだよ

>>936
あ、まだNGしてなかったの

>>935
最初に読んだ田中作品だったので、これの再開を一番期待したんだが、無理だよなあ(哀)
権力者側のドロドロ権謀術数が良かったというのは同感。個人的にはギイ・リビエール押し。
最初はいけ好かないエリート陰謀家で2巻で嵌められた時は「ざまあ」と思ったけど、
3巻で復活して太々しくなった時は「おおっ!」と思ったわ。
田中作品には珍しいタイプだったので、その後どうなるか楽しみだったのに・・・

おれはあいつの弟がどうなるのか続きが知りたかったな

>>935
船で焚火をして赤外線探知機をごまかす何て
ベトナム戦争の時代の発想は止めて欲しいと思ったけどね
あんな手法は、現代の軍隊でもすでに通用しないわ

あの弟はノラリクラリと最後まで生き残りそうなイメージだったけれどどうなったんだろうね

色々不満はあるけど、一番気に入らないのは蛇王が普通に会話したり明日朝に決着つけようぜとかやけに人間思考なとこだなあ。意志疎通出来ない不条理な存在だと思ってたから違和感ありありだった。

何か次スレ立ってるけど早くない?

>>939
確か後世では「どんな状況でも生き残る」とか言われるそうだけど、言われてみれば
「どういう風に生き残るか」(権力者側にいるのか、主観的に幸せか)は気になりますな。

>>943
このスレも前スレが似たようなレス番の時期に立ってなかったっけ?

>>945
そうだっけ
でも次スレワッチョイないみたい

ワッチョイはあった方が色々と良いような気がするんだけどな…
新しくワッチョイ付きの次スレ立てた方が

>>900
>>903
さんざ既出だけど、タハミーネに実子を与えたらタハミーネの好意が
アンドラに向くはず説は自分は納得いかんなあ

現実でも、我が子は可愛いが我が子がなついていても父親=元夫なんざ
顔も見たくないという女性はたくさんいるし、子供が生まれたら妻の愛情が
子供に向いたせいで子供、我が子であっても嫉妬する夫もたくさんいる

もしかしたらタハミーネも丸くなってアンドラに少しは感謝の類の好意ゲージが
少しはアップしたかもしれない、そこは全否定まではしない
ただアンドラ脱獄後の夫婦の会話から、あのおっさんはタハミーネの愛情を
誰かとシェアすることすら我慢できない、もしくは理解できないと解釈してる

一途な純愛なんだけど相手の気持ちを全然考えてないところは完全にストーカー

949イラストに騙された名無しさん (JP 0H73-NFHh)2018/01/02(火) 01:49:40.68ID:Gv3A/UonH
ブルゾンちえみ「女のイヤはイヤじゃない」


タハミーネ「イヤ」

もう田中の本を金出して買うことはない
後書きで本人がアルスラーンの4文字副題で自虐してた「才能枯渇」が現実となったな
寄り道しないで若い頃に完結させてたらまだマシだったか、それでも同じだったかなあ

・カイ・ホスローにわざと負けてやった蛇王がルクナバードで完全に消されなかった理由が意味不明。カイ・ホスローにできなくて
アルスラーンにできた理由はなんだよw
・地上の3分の1の人間を犠牲にした蛇王がなぜか他国では無名な理由が不明なまま。
・「蛇王作った奴らがビビってルクナバードを作りますた・・・」って、なんで選ばれた人間にしか抜けねえんだよ。「遊び半分で命をもてあそんで
蛇王作った人間はカス」みたいなこと言ってるわけだが、そんなカスどもが作った剣に選ばれる人間が王でいいのかよw
・ナルサスが死ぬ寸前に気づいた謎をヒントにして眷属作りを封じて蛇王倒すのかとかと思いきや、真相はすべて蛇王がしゃべって判明。ナルサス犬死。
・アルスラーンが「私は人の心を変えられなかった」と挫折感を表明して死んだことから、国民のために頑張ったアルスラーンが国民に裏切られて
死んだ・・・みたいなラストは想定してたんだろうけど、そんな努力をしてるシーンも裏切られてるシーンもほぼ皆無だから説得力ゼロ。
・普通にダリューンにやられるヒルメス。最後は少しは改心して蛇王に一矢報いるとか、なんかなかったのかよ。
最後の方まで引っ張って生かしといた意味なし。蛇王相手にへたれて逃げるのを描きたかっただけなのか?w

せめてアルスラーンに解放された元奴隷たちがアルスラーンのために戦うとか、なんかそういうのがあれば「解放王」にも意味があったのに
この結末じゃ単に国滅亡させただけだから何でアルスラーンが後世で伝説になったかが意味不明なんだよな…

・ギスカールもフィトナも数本の矢で終了。そんなことが何度もできるなら、戦争いらねえから最初から矢で暗殺しとけよw

>>952
それこそ五胡十六国の石勒ばりに解放奴隷上がりの君主が「解放王アルスラーン陛下の意思は我が受け継ぐ!」とかあったりとかな。

ガイエは身分制度に否定的な癖に最底辺からの逆襲とかは何故かあまり触れたがらないのがなぁ。

>>951
そもそもあれの恐怖治世が1000年てのが長すぎなんだよ
平安時代に始まって今ようやくカイホスローが倒して終わったって
どんだけの長さやねん
100年かそこらで充分だった

・蛇王「カイ・ホスローにわざと負けてやることにした。復活するときはカイ・ホスローの子孫を依代にして報復することにしたのぢゃ」「男子が死産で
血統が耐えて復活できなくなるところだった」って、何言ってるかよくわからない。
蛇王はカイ・ホスローの血統に自分で勝手に縛られて危うく復活できなくなる寸前だったアホってことか。

ガイエはキャラクター造りや風呂敷の広げ方は無駄に上手いけど、結局持て余してポイ捨てしてる感がある
蛇王の正体とか、ヒルメスやギスカールみたいな敵キャラの扱いとか
引っ張るだけ引っ張ってこれかよと思わざるを得ない

>>955
他国に全く知られないようにするには、100年どころか、1,2年かそこらで倒されたくらいじゃないとムリだろうね。

>>カイ・ホスローにわざと負けてやることにした。
復活するときはカイ・ホスローの子孫を依代にして
報復することにしたのぢゃ


これが一番よくわからない
ただの負け惜しみで言ってるんじゃないなら何の意味があったのかと

960イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ dbde-DZyY)2018/01/02(火) 07:56:28.74ID:Z1S+92ey0
>>909
アルスラーン戦記の代表的女性って言えばファランギースだし…
男はヒロインとは呼ばない派

ファランギースとアルフリードのダブルヒロインっしょ

>>951
パルスの三分の一の人口がへぼとその眷属に殺されたというのは、カイ・ホスローの子孫たちが盛った話だと思う。
そうでないと死亡率に出生率が追い付かず、国が滅びてしまう。

へぼ統治下のパルスは、へぼ周辺は伝承通りの恐怖と地獄の日々でも
それ以外の場所は、ボダンがでかい面をしていたルシタニアと同レベルの理不尽な殺人・処刑があった程度だろう。

>>959
そこで分霊箱ですよ。

>>889
言い訳できる物ならやってみろ

>>883
相手がただ年を取らないのかそれ以上の何かがあるのか解らないし。

作家の才能が黄金期を迎え最後は無惨に意味のわからない駄文を連ねるまで墜ちる物語
もしくは恋人気分で接してくれた風俗嬢がどうせ最後は射精でしょとビジネスライクにいかせようとする現実

結局へぼが人造人間だった事でよくある文明の進んだ
古代王国オチになってしまった感があるな
得体の知れない化け物が敵だから良かったのに

魔道も古代王国の技術?
他国が魔道の存在を全く知らなかったのも最後まで分からなかったね。

>>955
元のペルシャ神話でザッハークの治世が千年とあったからでは?

いや他国にも魔道の資料はあるでしょ
14巻でナルサスが他国の資料も調べた結果をアルフリードに話していた
かつては一粒で10万人を焼き殺す丸薬を作ったり肉片からの生物の再生が出来たと

>>958
蛇王が統治していた頃のパルスが山奥の小さな国で他国との交流が全くない設定だったなら
周辺諸国にザッハークの名が知られていなくても不思議ではないが、実際は大陸公路の上にある国だし、
カイ・ホスローが蛇王を討つために十万の兵を集めることが可能なほど人口が多いのだから、
どうしても矛盾が生じてしまう

>>968
いや、今を生きる人たちが全然知らないのが不思議だったってこと。
資料があったのならなおさら。


エラム主役のラストシーンは良かった…

未読でネットで見た設定しか知らんのだが、
「進撃の巨人」には人類の大半に通用する記憶操作の技術だか超能力があるんだよな。

アル戦世界にも、これと同系統の魔道が世界規模で千年以上継続して発動していたなら
へぼの外国での知名度がゼロなことは説明できるが、なぜそんなことをしたのか目的は妄想のしようがない。

>>968
10万ぽっちで良く勝てたなと

あのラストシーンが描きたくて途中の皆殺しが適当になった感は否めない

当時は、タハミーネの実子はアルフリードで、結婚してナルサスは不本意ながら王族の一員になり、ダリューンにそれを弄られる…
なんてエピソードを期待していたなぁ…

古代にそんな超文明があったのなら
もう少し、その文明の痕跡も出して欲しかったような気がするが
田中氏はあくまで古代ペルシャに似た異世界の国を作っていたような

>>976
タハミーネの娘はアルスラーンと同じ年のはずだが
アルフリードとアルスラーンは年齢が二つほど違うから
私は彼女が王女とは思わなかった
何かの理由で年齢を誤魔化していた可能性も、もちろん考えたが
それなら兄であるメルが気づくはずだしな

魔道の影響が小さく、普通の人間が歴史を作ると言いながら
ジャムシードやへぼが大国パルスに君臨統治している設定を考え出す。

王侯貴族や世襲王朝が嫌いなのに、
それらがまだ世の中に必要で重要な役目を果たす世界で、主人公に最高権力の世襲を否定させる。

ガイエが銀英伝執筆時の才能をキープしていても、アル戦は多少破綻して完結しただろうな。
それでも、ワイですら一応納得でき
好きな所も天涯無限よりある最終巻が、発売されただろう。

yahooでインタビューの転載をみたが、「キャラが犬死にしないように」と心がけて書いた結果が最終巻だったみたいだなw
田中炎上、才能枯渇、設定崩壊、推敲不足・・・。最終巻の副題はこの辺でいいわ。

知らない間に埋められても困るので
新スレ行ってくる

田中芳樹総合114
ttp://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1514867003/

dat落ちしてるアニメ2のアルスラーンスレ、二次創作スレの重複分はリンク外したので
必要があれば付け加えておいてください

>>982
乙乙

>>973
記憶操作が有効なのは主人公たちの属する民族限定。
主人公たちは自分達が人類の最後の生き残りと信じていたがそれも記憶操作と情報隠蔽によるねつ造で実は少数民族。

エクバターナを抱え、大陸公路の要衝たるパルスで出来ることではない。

クバードが一番好きで絵付きの死亡シーンに凄くショックだったけど
そのあとのイスファーンの雑で適当すぎる死亡シーンが更にショックだったわ
その日は続きを読むの止めるレベルだった

>>982
乙都市物語

>>978
ヒルメスに
「アルフリードなどと名前ばかりは王侯貴族のようだ…」
と言われていたのが絶対に伏線だと期待したんだけどねぇ…

988 【モナー】 【265円】 (ワッチョイ caf8-wRDU)2018/01/02(火) 14:42:28.26ID:TfaGjVBY0
>>987
それは子供に「皇帝(かいざー)」「聖姫(まりあ)」とかの
おこがましい系キラキラネーム付けてるDQNをpgrするようなものかと思ってたw

>>987
2歳差を無視してこれをアルフリード娘説の根拠にする人多いけど
昔から不思議だなと思ってる
娘可愛さに不相応な名前とか普通のエピソードに聞こえるわ

まあ腕輪セットなんじゃね
ガイエ的には元からちょっとした回収する気もないフェイントくらいの気がするが

へぼと個々人で戦って歯が立たずにやられた連中と
犬死に以外の何物でもないエステル、髭、夫婦、黒犬、宰相、狼あたり
どっちがマシなんだろう

強敵相手に相打ちなクバードとジムサと陛下が一番マシか?

アルフリード母の出産時には山賊のお仲間が周囲に付いていただろうから
誤魔化しよう無かろ
どこかから誘拐してきた子供とか、王侯の女攫ってきて無理やり生ませた子でもないだろうし

>>988
同じく。で、実際そうだったわけだ

>>982
うわあ…わかってて重複かよドン引くわ

こまいの、までなぜ蛇足で殺したし

ガイエが皆殺しの田中のあだ名に引きずられたんだろ

あのオチではアルスラーンを知るエラム以上に長生きする人間がいてはまずいので殺されました

.>>989
同じく伏線って言ってる人がいるのが不思議だった
アルフリードという人物の描写の一環というか父ちゃんがそういう人なのか〜って感じにしか思わなかった
息子より娘贔屓なのも生まれた時から娘を溺愛してたせいだろうなとか

父親は娘を贔屓する傾向がある

蛇王ならぬ、蛇足が凄すぎた急ぎ足完結…

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 9日 2時間 7分 22秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。