角川スニーカー文庫総合スレッド64

1イラストに騙された名無しさん (アークセー Sx77-F5uH)2018/02/19(月) 00:33:26.92ID:rvBHiHI+x
!extend:checked:vvvvv:1000:512  
次スレを立てる人は上記コマンドをコピペして3行同じ内容にしてください。

角川スニーカー文庫、ザ・スニーカーWEBについての総合的な話題、
専用スレッドのない作家さんの話題はこちらでどうぞ。

荒らし煽りはさっくり無視で、マターリ語りましょう。

次スレは>>980を踏んだ人が立てて下さい。
立てられないときはスレ立て人を指定して下さい。
>>980の反応がない場合はそれ以降の人が重複に気をつけて立てて下さい。

■関連サイト
角川書店公式サイト ライトノベルページ
http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/
[スニーカー文庫公式サイト]ザ・スニーカーWEB
http://www.sneakerbunko.jp/

■前スレ
角川スニーカー文庫総合スレッド63
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/magazin/1499357011/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

久しぶりに見たわ

ひげ剃りを現実でやった挙げ句、逮捕される輩が現れるとは……

今回の件で、最近割と増えてる「おっさん×JK」のラノベが、一気にアニメ化難しくなった
ような気がするな。ただでさえマンさんの声が厳しかっただろうに、テレビ関係者にこういう不祥事が起きちゃうとな

このジャンルは昔からあるから、アニメ化の障害にはならないんじゃないの?
ただ、ジャンル的にブーム過ぎてるから@10年はアニメ化が厳しいかもしれない

今年の差は漫画でもラノベでもブームやで
水挿したけど

異世界でもおっさん増えてきたよね

リオランド面白い
前作より好きだわ

>>221
まず源氏物語を忠実にアニメ化すればワンチャン

靴はパクリ作家のより同じくなろうから引っ張ってきた邪竜認定の方を押した方がいいんじゃないかな?
こっちの方が受け良いと思うんだが

はっきりと数字が出てるんだから仕方ないだろ

229イラストに騙された名無しさん (UA 0H86-7kmj)2018/09/10(月) 23:55:02.55ID:m9LZUGEuH
逃げ続けた男が最後の最後に向き合おうとしたものは……?東北の小さな町を舞台に人の弱さ・温かさを描き切った良作。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RCCPUIIWQ0LJ3/

230イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 5a21-ZW6n)2018/09/10(月) 23:55:41.28ID:I0cKpTbz0
作者であ るあまさきみりと氏の作品はこれが初めてなのだけ ど、タイトルやあらすじから
最近鋭い作品を連発しているスニーカー文庫がまたしても何か凄い物を用意したのでは、という予感が働き拝 読する事に。

231イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 2338-jg34)2018/09/10(月) 23:56:24.04ID:3YpBe2h20
物語は主人公であ る松本修が医者から余命5年を宣告されて母親の運転する軽トラで帰り道につく場面から始まる。
根治は不可能で手術しなければ一年も危ういという状況を前に手術を受けるかどうかを母親と話す修だったが、
元より進学した大学を中退し、他人の目を逃れるかの様に家に引きこもってゲームやアニメで暇を潰す身であった。
職にも就かずただ無為に過ごすだけの修は「別に死んだって構いはしない、どうせ青春から逃げた身だ」と
自棄な態度を崩そうともしない中、ある日テレビで女性シンガーソングライター・SAYANEの活動休止を知る事に。
SAYANE―東北の人口が減り続ける町・旅名川でともに生まれ育った幼馴染・桐山鞘音の現在を突き付けられ
苦り切る修だったが、ある日近所に住む兄貴分の豊臣正清から「ドライブさ行くべし!」と無理やり連れ出される。
19で結婚し、地元では有名な自動車部品工場で働いて妻子を養って28でマイホームまで買ったという正清に
「この人は自分とは違う」とますます自分のダメさ加減を突き付けられ落ち込む修。
ハンドルを握る正臣から「たまには旅中へ行くべ」と卒業した中学に向かう事になった修だったが、
その中学も今年度で廃校になるという事実を知らされ、故郷の衰退を改めて思い知らされる羽目に。
教頭の杉浦に挨拶した修は杉浦が自分を覚えていた事に驚きを覚えるが「5年前は君たちも有名だったから」と言われ
修がかつて曲を奏でていた階段に案内される。
そこには活動を休止した鞘音が昔と同じ場所でアコースティックギターを鳴らしつつ歌声を響かせていた。
久しぶりに再開した鞘音は目標を見出せないまま修が大学を中退した事を知ると、
「逃げ続けているゴミクズ男が大好きなの、わたしは」と辛辣極まり無い言葉を浴びせてくるが……

232イラストに騙された名無しさん (SG 0H4f-qxK6)2018/09/10(月) 23:57:01.61ID:w/Wu0AoWH
いわゆる「難聴系」をはじめヒロインの想いに気付きながら逃げ回る主人公は多いが
肝心の場面で向き合わなきゃならない大切な事から逃げる、いわゆる「逃げ癖」のある人間が
向き合わなければならないものに向き合うのがどれだけ大変なのか、という事を
「ここまでしなきゃダメ」と正面から描き切った作品。
とにかく主人公の5年にわたるヒロインからの見苦しい「逃げ」をこれでもか と描いている。
そしてその逃げ癖の酷さ、最初に逃げた顛末の醜さを徹底的に描いたからこそラストシーンが輝く、そんな作品。

とはいえ全290頁程度の本編の内、170頁ぐらいは人口が減り続け、地元の中学も統廃合に伴って廃校が決まった
東北の田舎(たぶん秋田か山形あたり?)を舞台に主人公であ る修とヒロインの鞘音が互いに見知った顔ばかりの
地元住民、修の母親の依夜莉や兄貴分の正清、正清の嫁でイギリス人の音楽教室教師・エミ姉、
正清とエミ姉の娘で中二病な小学生・リーゼをはじめとした面々に囲まれながら、
ただ只管に無為な時間を過ごす姿がメインとなっている。

233イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ ffe7-ulUP)2018/09/10(月) 23:57:36.88ID:Po9ke3+00
何しろニートであ る修はもちろん、鞘音も活動休止で故郷に帰っている最中なので無駄に時間だけはある。
遊びに行く場所もロクに無い田舎町でこの二人が何をして過ごすのか と言えば、小さな池でアブラハヤを釣ったり
空き地でキックベースをしたりとまさに田舎のガキに戻った様な日々が描かれる。
(ヒロインであ る鞘音なんか着ているのが中学時代の芋ジャージだったりと、それはも徹底している)

そんな無為な生活の中、ある日兄貴分であ る正清の「地元の祭を盛り上げたいから協力しろ」という
半ば強制参加のような形で旅奈川祭のステージにバンドを組んで上がるあたりからようやく話が動き始め、
主人公であ る修が何から逃げているのかが少しずつ見え始める趣向になっている。
ただ、肝心なのはこの旅奈川祭のステージに上がるまでの展開においても基本的に修の逃げ癖は治らないし、
肝心な「結局、修と鞘音の間に転がっているのは何か?」という部分は伏せられたままなのであ る。

234イラストに騙された名無しさん (US 0H33-cNGy)2018/09/10(月) 23:58:00.88ID:0XpYr6QhH
それじゃ退屈なだけだろ、と言われる方もおられるかもしれないが、この田舎町の日常こそが重要なのであ る。
逃げ癖を拗らせた結果、大学も中退して地元に戻ってきた修、商業主義の中で歌いたいように歌わせて貰えない鞘音、
二人の若者が負った「傷」が癒えるのを何も言わず、説教臭い事も言わずただ見守り続ける人々の温かさ、
この噂話はあっという間に広まる様な狭いコミュニティだからこそ持つ「癒しの力」こそが
二人の若者が立ち直るのには必要だったのだ、という事が後から分かる様な仕掛けになっている。

それに、であ る。この暖かい空間を先をたっぷりと味わせたからこそ読者もその後描かれる
修と鞘音の間に何が起きたのか、が明かされる回想編にも耐えられるのだと言いたい。

235イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ ff07-Xr4i)2018/09/10(月) 23:58:24.17ID:4ojniZgx0
生まれた年や病院が一緒だったというだけでなく、早くに父親を亡くし、母親が悲嘆にくれるのを目にした修を
「ずっといっしょにいる」と言ってくれた鞘音と並んで歩み続け、
通い始めたエミ姉の音楽教室でその限りない才能を開花させ始めた鞘音を一番近くで見つめる幸福な時間。
そして「あなたがいるから自分は気持ちよく歌える、だから一緒に曲を作って」という鞘音と交わした約束が
互いの才能の決定的な差を前に重荷と化し、次第に二人の間に距離を生んでいくまでが赤裸々に描かれている。
そして才能の差なんて関係ないと言ってくれる鞘音の存在こそが自らの劣等意識を抉る様になった修の中に
次第に鞘音を遠ざけ、かつて交わした約束すらも「自分には最初から無理だった」と無かった事にしようとする
「逃げ癖」に蝕まれた修の姿がこれでもか と描かれ続けるのであ る。

正直、この回想を早いタイミングで入れられたらちょっと読むに堪えないぐらい辛い話になっただろうな、と思う。
前半から中盤にかけて徹底的に「癒しの時間」をヌクヌクと体験させて貰ったからこそ、
15歳の誕生日の夜に鞘音を決定的な形で「ひとりぼっち」にしてしまった修の醜さにも耐えられたのだろうと。

236イラストに騙された名無しさん (US 0H77-M4nN)2018/09/10(月) 23:59:33.23ID:gEsURB5mH
「癒しの時間」で読者を「フワー」と舞い上がらせ、回想シーンで一気に突き落とす。
この「落差」があったからこそ、最終章の修が5年越しの約束を果たして鞘音に向き合う場面が活きるし、映える。
15歳の時の約束から、自分自身の劣等意識から、本当は誰よりも大切な幼馴染から逃げ続けた男が
大学も中退して自堕落そのもののニートと化し、余命5年を宣告され、そして何より何も言わず温かく見守ってくれる
地元の大切な人々が背中を押してくれたからこそ地べたに根が張ったか と思うほどに重い腰を上げる、
その「ふんぎり」が途轍もなく映えるシーンとなっているのであ る。

単純に言えば「逃げ続けたダメ男が周りの助けを受けまくって、ようやく立ち上がる話」で終わるかもしれない。
だが、見せ方の上手さが決定的に凡百の作品とは違う。
「逃げ癖」が染みついた男が立ち上がるにはこれだけの「時間」と「癒し」が必要なのだと描き切っている。
ご都合主義も、安っぽいヒロイズムも無しにダメ男は無償の愛を借りまくってようやく立ち上がれるという
その事実をこれ以上なく見事に描ききっている。

237イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 6f1f-cSNY)2018/09/10(月) 23:59:57.91ID:x2BrW+Ne0
人間向き合わなきゃならない事なんて人生で幾つも生じるのだけ ど、「逃げ」を打たずに向き合うのは難しい。
「逃げちゃダメな事」ほど逃げたくなる。
そんな人間の「弱さ」を描き、そのうえでそんな「弱さ」をも温かく受容し向き合えるようになるまで見守る
そんな「人の温かみ」を「癒しの力」を描いてみせた素晴らしい作品であ る。

この所鋭い作品を連発しているスニーカー文庫であ るが、更にその鋭さを増し続けている事を証明した様な一冊。
あとがきによれば「これで終わりではない」という事であ るが、ここで終わっても十分に満足できるし、
むしろ彼ら二人の今後、を彼ら二人を立ち直らせた小さな町の未来を想像するだけでも大いに楽しい作品であった。

238イラストに騙された名無しさん (US 0H73-rtPU)2018/09/11(火) 00:01:18.38ID:ipfN/APhH
5つ星のうち5.0逃げ続けた男が最後の最後に向き合おうとしたものは……?東北の小さな町を舞台に人の弱さ・温かさを描き切った良作。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RCCPUIIWQ0LJ3/

ヤボ夫くんの素晴らしいのは、これだけの長文の結果として、数十文字のタイトルだけで感想として成り立っていることに気づかない愚かさにあると私は思うのである。

ひたすら本の内容をそのまま説明し続ける小学生の読書感想文テクニック

新妹魔王の作者が秋からアニメ化を前提にした新ラノベやるらしいね
http://cloud.akibablog.net/2018/apr/01/sinmaimaou/200t.jpg

その前に絶賛ほったらかし中のはぐれ勇者の続き書けよ

もうコミカライズまでは決まってるしね

流石に講談社のスレでやれよ

>>241
結構ヒットしたのに講談社に取られてるじゃん

魔弾とられたMFよりは…

そもそもスニーカーもHJから取ってきたんだし

なぜGAは結束が固いのか

GAは富士見に織田信奈の野望を取られてるな。

あれは編集ごとだから仕方ない

もともとGAのものじゃなかったからな
他の部門の編集が持ってきたもの

新書で歴史やってた編集がネタ出しもしてたらしいからな
その割にその後も歴史モノ続けてるがw

講談社ラノベ文庫、今の看板が異世界魔王で、次のアニメ化前提企画が新妹作者の作品じゃ
完全にエロレーベルのイメージつきそうだな
スニーカーも今エロレーベル状態だし、果たしてどちらがエロ文庫としての地位を確立するのか

スニーカーは青春モノで押したいんじゃないかな

そちらはなかなか結果が出ないな
まぁ今の流行はファンタジーよりだしな

カブ路線に先はあるのかねぇ

真のスローライフは新作歴代1位の記録を更新中か
回復術死の添加は短かったですね……

ファミ通文庫よりはマシなんでは

>>257
んなわけねえだろ、ハルヒ超えたのか?
と思ったら、電子限定の売り上げか

回復術死とかゴミだし

261イラストに騙された名無しさん (ワッチョイ 9fef-EdnF)2018/09/15(土) 16:45:59.05ID:NIjBE9se0
なますにのアクア様のコーナー
あれ2回目以降の支払いがうやむやにされている模様

内部精査しないとだめなのか角川部署

というかカドカワが大きくなりすぎて
雑魚編集とか買いすぎたんだろ

スニーカー文庫は昔から角川内で使えない編集が回される場所だから
でかい会社ゆえに構造的にまともな人材が集まらない
他のレーベルで実績のある編集と契約したほうが数段マシ

使えない編集が回されるどころか、靴に限らず今の角川のラノベレーベルなんて大半が契約社員でしょ
編集長と福編を除くと正社員がほとんどいないんだから、経験やノウハウ自体が蓄積されていかない
デスクでさえ契約がゴロゴロいるくらい
作家も編集も使い捨て

MFが今のところ堅実なんやな。。。

転職サイトで角川って常時契約社員募集しまくってるもんなぁ
使い捨てブラックさ半端ないわ

>>261
あれは動画作成者の方にも問題があったみたいだな
請求書出すの遅れたとかちゃんとしたものを出せて無かったとか言ってたがツイートごと消したみたい

動画作成者平謝りで、カドカワは無罪っぽいな
自分とこの社長と自分とですら、情報共有できてなかったとか、そんなレベルの話らしい
なんにせよ、誰にも問い合わせも確認もしないまま、名指しでツイッターでディスるのはいろいろアホ過ぎる
そして仮に100歩譲って相手が悪かったとしても、末端としてしかやりとりしてないのに、カドカワ全部をディスるのは頭おかしい
GA文庫で不当な扱い受けたからって、孫正義をディスるぐらいのアホ行動

>>268
ソース

新着レスの表示
レスを投稿する