日本刀はなぜ厨二武器になったのか

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1既にその名前は使われています2018/10/09(火) 11:04:37.18ID:U83+1AXZ
居合カッコイイ

404既にその名前は使われています2018/10/23(火) 23:47:17.63ID:sOltIZAq
>>400
ブーメラン持ってる方が勝つ

405既にその名前は使われています2018/10/24(水) 05:21:56.23ID:ccdzBX/K
>>401
量産品の数打ちを知らんのか
寺院や教会に奉納されるのは海外も同じだし
製造過程云々も海外のパクリ

406既にその名前は使われています2018/10/25(木) 11:21:18.95ID:kcZJx2p9
よく知らない外人がニンジャ!ニンジャ!ってよろこんでるのと一緒な気がする
よく知らないと神秘性あいまって強そうに見えるじゃん
日本人もファンタジーだのエクスカリバーだの女体アーサーだって喜んでるじゃんw

中二の人が詳しい知識持ったらこんなに強いわけないとか否定はじめて高二病になってそう
そう僕らのようにね

407既にその名前は使われています2018/10/25(木) 11:34:01.24ID:Cgv+nMnN
日本刀は冬だと持ち歩くのさえ困難なほど寒さに弱いからな

408既にその名前は使われています2018/10/25(木) 12:09:08.63ID:atuFZImT
朝鮮王朝実録によると日本刀は下級であっても重要兵器扱いだから量産品でも質がよかったんだろうな

「朝鮮王朝実録」 1487年 5月 15日
“軍器寺藏倭刀雖下品, 甚鋭利, 實軍國重器, 輕易和賣未便。
” 「軍器寺(武器庫)に保管してある倭刀はどんなに下級品でもとても鋭利だから、真に軍国の重器なのに、簡単に売ってしまうのは不都合です」

409既にその名前は使われています2018/10/25(木) 12:44:19.97ID:F3s3//YQ
それ実は韓国刀では?

410既にその名前は使われています2018/10/25(木) 12:54:51.10ID:EX3o5YM4
韓国刀ってのがなんだか知らんが朝鮮の刀剣はたいして役立たない武器で、
日本刀を持った日本の武士たち相手に足を翼のようにして遁走してしまってる

ルイス・フロイス『日本史』
・(朝鮮人の)その他の武器には威力がなく、特に刀剣は短く、たいして役立たない。

・双方とも大いに奮戦したが、朝鮮人は頭上に振り翳される日本人の太刀の威力に対抗できず、
ついに征服された。

・だが日本軍はきわめて計画的に進出し、鉄砲に加え、太刀の威力をもって散々に襲撃したので、
朝鮮軍は戦場を放棄し、足を翼(のよう)にして先を争って遁走した。

411既にその名前は使われています2018/10/25(木) 13:15:11.93ID:KBG9G0T/
唐入りまでの李氏は短弓と貧相な槍に接近用のナイフサイズの剣しかないな
対馬2500で攻めて600の島民に全滅させられたの隠してたから武装遅れてたし
それ以降武器がいるってなってやっとまともに鉱山開発しだす

412既にその名前は使われています2018/10/25(木) 13:18:55.19ID:EX3o5YM4
朝鮮だけならともかく明軍も倭式長刀(日本刀)の威力には苦しめられているからねえ

柳成竜(朝鮮の領義政=総理)・著 『懲録』
・日が暮れ、賊(日本軍)は、(白)光彦らの緊張がやや緩んだのを見て、白刃をきらめかせて
大声をあげて突進して来た。光彦らは、あわてて馬を探して逃げようとしたが、間に合わず、
みな賊に殺されてしまった。諸軍はこれを聞いて恐れおののいた。

・翌日、賊はわが軍が怯えきっているのを察知し、数人が刃を揮って勇を誇示しながら
突進して来た。三道の軍はこれを見て総潰れになり、その声は山崩れのようであった。
打ち棄てられた無数の軍事資材や器械が路を塞いで、人が歩行できぬほどであった。

・まだ川に身を投じていなかった者には、賊が後ろから長刀を奮って切りかかったが、
みな這いつくばって刃を受け、敢えて抵抗する者もなかった。
 (金)命元と(韓)応寅とは、川の北から遥かにこれを眺め、気力を喪失してしまった。

・わが軍は、賊がまだ山の下にいると思っていたのに、突然一発の砲声が響き、
四方面から大声で呼ばわりながらとび出してくるのがみな賊兵であったので、
仰天して総崩れとなった。将士たちは、賊のいない処に向けて奔走したところ、
ことごとく泥沢の中に落ち込んでしまった。賊が追いついて、まるで草を刈るように
斬り倒し、死者は数しれなかった。

・このとき(李如松)提督が率いていたのは、みな北方の騎兵で、火器を持たず、
ただ切れ味の鈍い短剣を持っているだけであった。(一方)賊は、歩兵であって、
その刀剣は、みな三、四尺の、切れ味無比のものであったから、これと
衝突激闘しても、(長刀)を左右に振り回して切りつけられ、人も馬もみな倒れ、
敢えてその鋒先に立ち向かう者もいなかった。

・倭兵は、城外にあって二重、三重にとり囲み、それぞれ要路を守り、長刀を奮って、
やたらと切りつけた。明国軍は、首を垂れて刃を受けるのみであった。たまたま月が
明るく、脱出できた者は何人もいなかった。

413既にその名前は使われています2018/10/25(木) 13:22:56.63ID:EX3o5YM4
で、明は明で後期倭寇のときに日本刀の威力に苦しんだので将軍たちからは
自分達も日本刀を装備するべきだなんて意見が出てたくらい

戚継光『紀効新書・長刀解』
武士には遠くからの鳥銃が有効である。 だが武士は全く臆せず攻めたり刺したりできる至近まで突っ込んでくる
兼ねてよりこの銃手が弾を込める間に時間を取られて接近を許すことが多い。その勢いを止められない。
武士の刀捌きは軽くて長く接近を許した後の我が軍の銃手の動きは鈍重すぎる。
われわれの剣は銃を捨てて即座に対応するための有効な武器ではないのだ。 それゆえ我々も日本式の長い刀を
備えるべきだ。

414既にその名前は使われています2018/10/25(木) 13:31:35.39ID:EX3o5YM4
>>407
で、この将軍は自軍の兵士に倭刀を持たせて北の蒙古と戦うのに大いに活用したんだけど
そんな寒さに弱い武器が北方で活躍するんだから史実って面白いよな

http://www.h5.dion.ne.jp/~rekidai/minda/5shyou.htm
隆慶五年(1571)に、彼のもう一部の軍事名著『練兵実紀』が出来た時、その本から見えるが、
長刀及び長刀法は、もう北方の蒙古人を防ぐ戚家軍の主な装備の一つになった。この時戚継光の
用心した計略で、まず、廃兵も長刀を配布されて、もっとも基本的な「隊」の建制に、二人の鳥銃手が
正、副隊長だったが、そのふたりが「やはり両手刀を短兵として習得させる」を要求された。歩兵も
そうだったが、鳥銃手であれば、「長倭刀一本を配る」そのほか、歩兵に長刀或は短刀を配った。
毎回演習する時、もし的が騎兵とすれば、長刀を持つ人が、「元の習った倭刀でやる」、下は馬の足を
斬って、上は馬の頭を斬る。もし敵が歩兵とすれば、「倭刀が二人で一列にして、振る道も多いし、
素早くて、上等である」。或は「刀で斬り継いで、挙げ下げは素早くて、人に隙間を開けて犯させないのが上等である」(75)。
日本刀を中国軍隊に吸収したことは、戚継光が他人の長所を習って自分で使うという貴重な考え方を表わした(76)。

415既にその名前は使われています2018/10/25(木) 13:59:19.06ID:RtpEyGRg
(´・ω・`)今日20時BSプレミアで刀の番組やるみたいよ

416既にその名前は使われています2018/10/25(木) 14:13:50.55ID:EX3o5YM4
>>406
明軍が日本式の刀を主要な装備にしたとかそれが明代のトレンドだったとか言ってる中国の研究者に
その正しい知識とやらを教えてあげたらどうかな?

もちろん根拠があれば、だけど

http://www.h5.dion.ne.jp/~rekidai/ronbun1/1shou.htm  
嘉靖年間、倭寇の被害が激しさをきわめ、戚継光、兪大猷らの提唱推薦で、
日本式の長刀、腰刀が中国軍の主要装備の一つになった。  
このような大量の使用に日本からの輸入だけで足りるはずがなく、
主体は中国自身の製造に頼らねばならない。兵器史家の周緯は、  
中国兵器史上、明代の武器は日本刀の使用と模造で一大特色をなすと述べている(23)
この論断は歴史的事実と確かに一致している。  

417既にその名前は使われています2018/10/25(木) 14:18:48.43ID:IHLFI487
日本刀が強いってのもあるけど>413とか見ると日本の武士も大概やばいように見える

418既にその名前は使われています2018/10/25(木) 14:25:36.09ID:kcZJx2p9
>>416
日本の海賊が使ってて強かったから欲しくなったんじゃないのw
船上じゃ曲刀の方が向いてるし
それから中国じゃ両手で扱う剣はむしろ秘伝の方に入る分野だし
日本の剣術と相性悪くて無双できたんじゃないの

相手や使用場所でも優劣変わっちゃうし軍採用の武器なんかだと利権も絡んでくるし

やっぱ高二病っぽいw

419既にその名前は使われています2018/10/25(木) 15:27:26.41ID:RZlShT6i
>>418
倭寇との戦いは基本的には陸上戦やぞ

倭寇は神出鬼没なので倭寇上陸→市民からの通報→軍隊出動という流れ

420既にその名前は使われています2018/10/25(木) 15:42:49.79ID:F3s3//YQ
海賊つーと商船襲って積み荷を奪うってイメージ盛ってる奴なんだろうな。
実際は上陸して海岸地方の集落を襲うのがメインって海賊も多いんだけど。

421既にその名前は使われています2018/10/25(木) 17:40:09.75ID:+0D2EhR4
何故か港町は襲わないイメージ
バーで出禁くらうからか

422既にその名前は使われています2018/10/25(木) 17:42:06.76ID:ounC30Sk
軍隊とか警察のいる可能性が高いから

423既にその名前は使われています2018/10/25(木) 17:54:47.56ID:Kh3iO/dG
明らかに神道のせい
寺の坊主が刀大事にしてたらおかしいだろ
僧兵は槍でもなぎなたでも戦う
ってぇこたぁ神道一派が刀のブランドを作りあげた

424既にその名前は使われています2018/10/25(木) 18:38:23.29ID:RZlShT6i
>>407
反乱軍の抜刀切り込みに悩まされた田原坂の戦いも、
桜田門外の変も雪や霙が降る真冬なんだけど
そんなことは問題になってないよ

満州と勘違いしてない?

425既にその名前は使われています2018/10/25(木) 19:18:19.42ID:EX3o5YM4
>>418
倭寇の有名な胡蝶陣も長蛇陣も陸上じゃなきゃできないよ
陸上で強いから戚継光も蒙古との戦いに生かせた

426既にその名前は使われています2018/10/25(木) 19:40:39.79ID:XW51RDdo
>>423
ぶっちゃけ関係ないと思う
日本最初とされる鎌倉時代の刀狩りも仏教の僧侶に対するものだし、
どちらかといえば国の法や警察組織があてにならないような治安の悪い時期が長かったからだろう

427既にその名前は使われています2018/10/25(木) 19:42:59.92ID:yclaIWnX
ユキシロエニシが使ってるワトウ

428既にその名前は使われています2018/10/25(木) 20:08:07.03ID:EX3o5YM4
>>423
別におかしくない

橋合戦の筒井浄妙坊のように平家物語では弓も薙刀も太刀も使う悪僧が出てくるし
宝蔵院だって上泉伊勢守から新陰流の剣術も習っている
そちらが僧の武器を勝手に決め付けすぎているだけじゃないかな

鎌倉時代後期の春日権現験記絵では馬上で弓を持つ法師武者の姿だって描かれているし
僧兵って一般の武士と遜色なく様々な戦術や武器を使いこなしたことが史料から確認できるよ
誰かから植え付けられたイメージで物を言うんじゃなくて史料から確認したほうがいい

429既にその名前は使われています2018/10/25(木) 21:51:36.48ID:ZvXpC1+8
浄妙明秀は薙刀で五人、太刀は八人切って破損してるが太刀のほうが薙刀よりもつものと
考えられていたのかな?

430既にその名前は使われています2018/10/25(木) 21:58:53.41ID:ic9EZfDb
長物は間合い以内に複数取り付かれたらどうしようもないからでないかね?
柄は斬られちゃうし

431既にその名前は使われています2018/10/25(木) 23:34:57.91ID:kKZFHFzH
仏教は薙刀神道は刀とかなんでそんな妄想が出てくるんだか
示現流なんか元々は香取神道流系の剣術を寺の坊さんが会得してて
それを習った東郷重位が薩摩に持ち込んでるというように
別に宗教関係ない

剣術には念阿弥慈恩とか念大和尚とか呼ばれる僧が始めたという古流の中でもかなり古い
念流という流派もある

432既にその名前は使われています2018/10/25(木) 23:49:53.86ID:+0D2EhR4
両手棍を切られたら片手棍二刀流にせざるを得ない

433既にその名前は使われています2018/10/25(木) 23:57:09.92ID:uoKT6W4O
大体薙刀なんて、平安から戦国時代以前までのメインウェポンやし、
僧兵だけじゃなく、そこらの武士も普通に使ってたわ

434既にその名前は使われています2018/10/26(金) 01:37:06.03ID:r+l0W4zB
ぶっちゃけ弱いからですよね?

435既にその名前は使われています2018/10/26(金) 03:46:10.90ID:q96lvdOh
>>434
スレタイの厨二武器の話か?

単純に忍者や居合の備品として使われたからだろう

闇に紛れるスパイ、もう一方は弱「そう」な状態から相手を倒す必殺技…というイメージが
厨二病の琴線に触れたんだと思うよ

436既にその名前は使われています2018/10/26(金) 06:44:50.26ID:R+XID1Dl
これは全部、忍者って奴のせいなんだ

437既にその名前は使われています2018/10/26(金) 08:51:33.18ID:QQ0iP+GJ
>>434
浄妙明秀の薙刀が太刀より戦果上げてない理由?
よくわからないけどそうなのかな?

438既にその名前は使われています2018/10/26(金) 10:09:37.19ID:q96lvdOh
>>437
単純にその手の話は数の誇張があるから
なんともいえない
あるとすれば偶然の重なりでそうなったか
誤記くらいじゃないの

439既にその名前は使われています2018/10/26(金) 10:58:07.97ID:h7vAWXym
>>438
歯切れが悪いッスね
なんかよくわからないけどとにかく反論したいという気持ちだけは伝わってくるけど

440既にその名前は使われています2018/10/26(金) 12:52:46.66ID:54SG6gEh
>>439
まあ、浄妙明秀の話は平家物語からだけど
軍記物は史料批判で信頼性のある史料になり得るけども

そのまんま字面通りに真に受けるものじゃない
浄妙明秀の逸話は当時の武器の地位を表したものと考える。

浄妙明秀は薙刀を使う前に弓矢で12人射殺し11人を負傷させてるが
実際(武士から見て)弓矢の地位は高かったし
太刀は当時主要戦力だった弓騎兵にとっては白兵戦を行う際の武器と言えば太刀だった。
(薙刀と弓の同時携帯は困難。)

薙刀はどちらかといえば脇役だった歩兵の武器だし

441既にその名前は使われています2018/10/26(金) 14:32:15.40ID:dA6ZD75/
>>436
にんじゃきたない

442既にその名前は使われています2018/10/26(金) 17:43:31.23ID:Cqvval9x
薙刀はあまり実戦では人気がなかったみたいだな理由はわからないが
逆に現代ではあまり聞かない長巻は優秀で好んで使われてたらしい
刀はサブ的扱いだけど携帯性がよいから使われる頻度は割とあったのかもね

443既にその名前は使われています2018/10/26(金) 18:20:56.62ID:tFxm2Vsr
地形とか足場とか相手との位置取りとか人数とか条件変われば有利な武器や武術も変わってくるじゃん
どこでもどの時代でも全部刀が強い〜槍が強い〜とか頭悪そう
馬乗って戦車や機械化歩兵に突っ込みそうw

444既にその名前は使われています2018/10/26(金) 18:25:07.95ID:/IBsAk2l
ポーランドの悪口はやめるんだ

445既にその名前は使われています2018/10/26(金) 18:28:22.37ID:mKKW8+hX
骨相手に槍とか聞いたことないし不安なんで抜けますね

446既にその名前は使われています2018/10/27(土) 12:14:29.99ID:mQLgbe3L
どこぞの日本企業に変な読み方されたDiablo2のHoneSundanさんディスってんのか!

447既にその名前は使われています2018/10/27(土) 12:56:00.82ID:k8mFLmT1
悲しみの棒に比べたらまだまし

448既にその名前は使われています2018/10/27(土) 14:18:56.86ID:2LPHCQCN
今宵の虎徹は血に植えておるわ

449既にその名前は使われています2018/10/27(土) 14:26:40.00ID:WIR/Z16Y
単純に近代でのカタナ人気は実戦で余り使われずに象徴だった時代が長いからでしょ
海外での人気は時代劇やアニメの影響だし

結局鎧が発達してくるにつれて戦争の武器って刺突できるものか重量で衝撃を与えるられるものに収斂していくよな
銃なんかもピンポイントで貫通するという意味では刺突に近い(初期のは弾もでかいし衝撃のほうだろうけど)

450既にその名前は使われています2018/10/27(土) 17:48:27.22ID:T6S+dEN9
近現代におけるカタナ人気は
日本が19世紀末から21世紀最初期まで
東アジアといえばこの国だったからスポットが当たりやすかった。

ぶっちゃけシンボルだろうが実用だろうが
余所様には関係ないから

451既にその名前は使われています2018/10/27(土) 18:17:14.24ID:WIR/Z16Y
>>450
いや、海外における日本刀の扱いは、まず日本の時代劇とかが下敷きだろ
直接日本刀を参照してるわけじゃなく、間に日本における創作が挟まってる

452既にその名前は使われています2018/10/27(土) 18:20:41.93ID:IJTHn4if
時代劇なんか始まる前から輸出品だったでしょうに

453既にその名前は使われています2018/10/27(土) 18:27:58.19ID:WIR/Z16Y
>>452
それは厨二とかじゃなくて東洋のエキゾチックな武器・美術品という扱いじゃん
アフリカの部族のトーテムが描かれた盾とか槍とか飾るのと同じ扱い

454既にその名前は使われています2018/10/27(土) 19:19:02.29ID:6jPPwEOx
>>451
だからその創作の話をしてるんじゃないの

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています