ホロヴィッツってと゜うよ

1ギコ踏んじゃった2006/04/07(金) 20:03:39ID:9+Tey2Tl
巧い?

303ギコ踏んじゃった2013/03/29(金) 22:11:52.90ID:CRFuyWHW
似た演奏っていうけど具体的にどういうところを指して言ってるんだろ
単純にメカニカルだけなら今の時代のほうが進んでるしプロレベルなら普通にいるよ
そういう話じゃないよね?

304ギコ踏んじゃった2013/03/29(金) 22:33:13.47ID:9dyF1VeL
テクニックでは現代のほうが進んでいるけど、あの音色を出す人はいるかなあ?
あの音色って、低い椅子に座って指の筋力で弾かないと出ない音だと思うんだけど。

305ギコ踏んじゃった2013/03/29(金) 23:17:39.04ID:CRFuyWHW
同じ姿勢、同じ奏法で同じ音色ってのを求めてるんだったら
ホロヴィッツに限らず同じピアニストはいないんじゃね?

そもそも同じことをしてたらプロのピアニストとして成り立たないぞ

306ギコ踏んじゃった2013/03/29(金) 23:24:01.96ID:9dyF1VeL
いや別に違う姿勢でもいいんだけど、重力奏法って音色的には均一的じゃん。
ホロヴィッツのサウンドはお世辞にも合理的といえないあの姿勢と密接な関係がありそうなんだけど。

307ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 00:32:03.88ID:v4Nek0ji
もしかしてホロヴィッツとか以外は均一の音色に聴こえてるのかね・・

308ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 03:16:55.86ID:R/1ekY9E
>>307
ホロヴィッツに似た音色を出す人って誰だと思いますか?
聴いてみたいので紹介して下さい。

309ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 03:42:32.59ID:v4Nek0ji
同じ音色に固執するならホロヴィッツだけ聴いてればいいじゃん

今50前後のピアニストは多かれ少なかれホロヴィツの影響を受けてる世代だけど
そういう人たちからホロヴィッツの匂いを探すくらいのほうが
前向きで楽しいと思うけどな

>ホロヴィッツに似た演奏をする(できる)ピアニストって居るの?
ホロヴィッツの凄さを確認するための理由づけに見えるよ
いないよって言ってほしいんだろ?

310ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 04:36:15.74ID:R/1ekY9E
>>309

> ホロヴィッツの凄さを確認するための理由づけに見えるよ
> いないよって言ってほしいんだろ?

んなこたーないよ。ただ単に聴いてみたいだけ。

311ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 04:44:26.57ID:v4Nek0ji
手間をおしまず自分で探せ
ホロヴィッツのどういう音どう聴いてるか、
それがわかるのは>>310自身だろ

312ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 04:58:22.53ID:R/1ekY9E
>>311
ハイハイ

313ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 05:56:29.63ID:/GSqngAp
2ch名物、突っ込まれたら「自分で探せ」レスw

314ギコ踏んじゃった2013/03/30(土) 15:50:15.21ID:rnyz+9eM
>>309
>>302は俺のレスなのに一人歩きしてるみたいだけど・・・

昔は確かにホロに比肩するピアニストなんて居ないんだから、という前提で訊いていたんだよね
今は、あの独特のピアニズムを僅かでも継承している人が居るのなら聴いてみたいという純粋な興味
何年か前にエドゥアルド・ハリムの演奏を紹介してくれた人が居たけど、何処が似ているのかわからなかった

315ギコ踏んじゃった2013/03/31(日) 02:15:38.38ID:Mr+pRuGv
あんな姿勢で普通に弾けるのは手がデカイからだよ。
掌の重みが十分だから前腕を使わずに指だけで強い音が出せる。
指だけで弾けるから強弱の細かな表現に富む。
平均的な日本人が真似しようとしたら上半身を鋼のように鍛えた上で
上腕前腕のしなやかさが求められる。

よく手がデカイ=広い音域を楽におさえられるって言われるけど、
まあそれもあるけど単純な掌の重さのほうが俺は重要だと思う。

316ギコ踏んじゃった2013/03/31(日) 02:17:36.09ID:Mr+pRuGv
まあ勿論そのデカい掌を支える為にはデカい体かそれに相当する筋力が要るわけだが…

317ギコ踏んじゃった2013/04/05(金) 01:44:34.00ID:HfDSQUYh
>>315
でも、映像を見ても、あの不思議な音色の場合には、
鍵盤の底まで押していないじゃない。
重力があったら逆にマイナスになるはず。
だから、椅子をあそこまで低くして重力がかからないようにしているんじゃないかな。

318ギコ踏んじゃった2013/04/05(金) 02:23:12.14ID:HfDSQUYh
椅子が低いホロビッツと、椅子が高いピアニストの比較

ホロビッツ
http://www.youtube.com/watch?v=XgA6m53-KH4

他のピアニスト
http://www.youtube.com/watch?v=zvKa7UFL5dg

ホロビッツは圧倒的な音色の変化。
椅子が高い重力系ピアニストはモノトーン

319ギコ踏んじゃった2013/04/05(金) 04:23:59.40ID:0mevZIG/
低い椅子に座ってピアノを鳴らし切るのって絵にもなるしカッコいいよなあ。憧れるわ。

ニワトリと卵じゃないけれども、
指先で繊細のコントロールをしたいがために椅子を低くしていると思う。
グールドはその繊細なコントロールを得る代償としてダイナミクスが小さくなってしまった。
ホロヴィッツは類まれな筋力のおかげで繊細なコントロールとダイナミクスの両方を獲得できた。

ホロヴィッツは 「東洋人と女にはピアノは弾けない」 と発言したそうだけど、
ああいう弾き方をやってのけたらそう言うのは分かるような気がする。。。

320ギコ踏んじゃった2013/04/05(金) 04:43:08.71ID:0mevZIG/
>>318
椅子の高い低いが音色に影響を与えるという考え方には同意するけど、
両者が弾くピアノの整音の違いも一応考慮したほうがいいような気がする。

ホロヴィッツの録音で聴くスタインウェイの多くは独特の木質感があって、
一方この動画のバセルガのスタインウェイは金属的な響きを特徴にしている。
どちらが音色の変化を出しやすいかというと木質感があるほうで、
これは調律師フランツ・モアの仕事によるところが大きい。

個人的にはスタインウェイをヤマハみたいにキラキラと整音するのは
もったいないと思うんだけど、現代の録音ではキラキラが好まれるのだろうか。。。

321ギコ踏んじゃった2013/04/06(土) 00:42:29.48ID:bBPeT5vV
>>320
「木質感」って、ぴったりの表現。
フランツ・モアが、「鼻が詰まった音」と呼んでいた音。
NYスタインウェイの特徴的な音だと思う。

もう一人のピアニスト(バセルガっていうの?)のスタインウェイは、いまある一般的なスタインウェイの音。

確かに、ピアノ自体は、まるで違う。
でも、バセルガがホロビッツのピアノを弾いても、あの弾き方ではホロビッツのような不思議な音色は出ないと思う。

322ギコ踏んじゃった2013/04/06(土) 01:54:19.62ID:H5PBdDKt
>>317
強い音を出せるって書いたのが悪かったかな?
まあでも捉えているイメージは同じだね。
俺も、ホロヴィッツはいわゆる重力奏法とは真逆だと思ってるよ。

掌の重さ云々は、例えるとするなら貴方の前にスイッチが地面から生えてるとします。
スイッチは真上から見ると直径は20cmくらいで、高さは腰の辺りくらい。押すと膝上くらいまで下がります。
これを直立したまま片手で押し下げてもらいます。
仮に、貴方は腕にやや力を加えるだけで膝上の高さまで押し下げられるとします。
さてここで貴方の体重が10キロ軽くなりました。もちろん腕力は変わりません。
さっきよりも少しだけ押し下げられ難くなった気がします。
また10キロ体重が落ちました。体を硬くしてふんばらないと片足が浮きそうな気がします。
更に10キロ減りました。そしてスイッチが二つになりました。
両手で押し下げようとしたら一瞬両足が地面から浮いてしまいました。
更に10キロ減りました。ついに直立体勢を維持できず、前傾姿勢にならないと押せなくなりました。
はいここでいきなり最初の体重プラス30キロくらいになりました。
腕の力はさっきまでと変わりませんが余裕でスイッチを押すことができます。
それでもまだ二つ同時に押そうとすると少しだけ体が硬くなってしまいます。
更に体重が30キロ増えました。ここまで来ると余裕で二つのスイッチを押せます。
交互に押し下げても同時に押し下げても余裕です。

なんか凄くウザい例えになってしまったが、俺的にはこういうイメージ。
腕の重みを利用する場合でも同じじゃね?と言われそうだが、それは上の例で言うと
体を硬くしてふんばったり前傾姿勢になっちゃってる状態だと思う。
ただ垂直に押し下げるという単純作業においては、元々の体重が多いことが何より有利。

323ギコ踏んじゃった2013/04/06(土) 02:27:22.64ID:lrvkuIix
フランツ・モア著
ピアニストの巨匠たちとともに

発売前のご本人のサイン入り
宝物です。

324ギコ踏んじゃった2013/04/06(土) 07:06:30.06ID:DM49XgiQ
>>322
パンチ力と体重の関係も同じようなものだな。
それゆえボクシングでは階級制度を導入している。

ただ、ホロヴィッツの弾くピアノはキータッチがとても軽かったらしく、
普通60gのところを45gぐらいに調整していたことも無視できない。
こんなに鍵盤が軽いと大きい音は出しやすくなるけど今度は小さい音は出しにくくなる。

ところがホロヴィッツは伸筋がとても強かったらしく、その強い伸筋のおかげで
打鍵速度にブレーキをかけることができたんじゃないかと思う。
重力奏法では腕を持ち上げて音量を下げるところを、ホロヴィッツは指一本一本単位で
音量を下げることができたんじゃないかな。

現代のピアノ奏法、特にロシアンスタイルでは鍛えにくい伸筋には無理をかけないことになっているけど、
ホロヴィッツはその伸筋を駆使して繊細なコントロールが出来たと思う。

325ギコ踏んじゃった2013/04/06(土) 23:20:28.33ID:H5PBdDKt
ショパンの練習曲op25-10の録音を残しておいて欲しかったな。
特に、個人的に一番好きな70年代後半頃。
妄想しただけで軽くトリップできそう。

326ギコ踏んじゃった2013/04/07(日) 00:40:18.44ID:Pz6yfyfY
一般的に言う筋力が強い、もしくは鍛えられているとすると、
腕や手はもっと図太くなるはず。
ホロビッツの腕や手は、筋肉が全くないのではないかと思えるほど華奢。
最近のピアニスト(例えばアルゲリッチ)みたいな、丸太棒のような腕とか手ではないよね。

327ギコ踏んじゃった2013/04/07(日) 00:59:23.30ID:rjWCH5xB
楽器を演奏する筋肉ってインナーマッスルだからムキムキにはならないよ。
押し下げるのに100gも必要ない鍵盤を繰り返し繰り返し長い年月弾き続けてやっと鍛えられる。

328ギコ踏んじゃった2013/04/07(日) 02:04:28.11ID:Pz6yfyfY
鍵盤は構造からすると、強く押しても大きな音は出ないわけで、
打鍵の強さではなくて速度に依存する。
となると、ホロビッツのマジックは、打鍵の瞬発力。

特に軽い鍵盤の調整になっていたわけだから、一般的に言う「強い筋肉」は必要ないはず。

329ギコ踏んじゃった2013/04/07(日) 10:13:46.33ID:Z4sEFf55
ピアノを弾く人以外は語ってはいけないわけではないと思うけど、
理解するのにある程度の限界があるんじゃないかな?

330ギコ踏んじゃった2013/04/07(日) 12:20:59.82ID:Pz6yfyfY
>>320
ホロビッツのピアノ 木琴
バセルガのピアノ  鉄琴
  みたいな、根本的な音色の違いがあるよね

331ギコ踏んじゃった2013/04/16(火) 00:40:54.75ID:irYlGdER
若い頃は重い鍵盤(70g代)で、晩年は軽い鍵盤(50g代)だったってね
年齢とともに少しずつ軽いものになってったって話

332ギコ踏んじゃった2013/04/19(金) 01:04:56.14ID:zPiKDDma
ヨーゼフ・ホフマンが使っていたNYスタインウェイの鍵盤方が、
ホロビッツのよりもっと軽かったんだってね

アンダンテアピアナート
http://www.youtube.com/watch?v=crG_sRwDsu0

どうやって、こんな演奏ができるんだろう

333ギコ踏んじゃった2013/09/01(日) 12:50:19.57ID:xHFyMoE3
>>324
ホロヴィッツのピアノのキーについては、「すごく軽い」という説がある一方で、
逆に「実際はすごく重かった」という話が「ホロヴィッツの夕べ」の361ページにのっています。

ホロヴィッツ家でリストの「悲しみのゴンドラ」を演奏した
マーク・サーマンというジュリアードの学生の記述:

彼のピアノのキーはとても軽くて息を吹きかけても音がする、と話に聞いていた。
ところが驚いたことに、ホロヴィッツが新しいスタインウェイだと私に言った
このピアノは、想像できるかぎり最も重かった。私は、どうして老人がこんな
ピアノを弾くことができるのだろうか、と思った。

334ギコ踏んじゃった2013/09/20(金) 18:12:20.12ID:N3/cSNCY
ホロヴィッツのピアノは初来日の大失敗の後に
アクション部を交換したので

コロンビア、RCA時代と
ドイツ・グラモフォン移籍後のピアノは
事実上別のピアノだと思う。

335ギコ踏んじゃった2013/09/22(日) 18:04:17.78ID:zCk02BNC
『スタインウェイとニュースタインウェイ』という本の第二章に
『演奏家を助けるピアノ』という節があります。ピアノ技術者である
著者の方がホロヴィッツの2回の来日時の演奏をいずれも生で聴いて、
その演奏と、持参したピアノについての感想を書いていますが、

- 会場で聴いた演奏は、2回ともすばらしかった
- 1回目(1983年)の演奏をテレビでみたところ、自分の目と耳を疑うほどよくないものだった
- 『今回(1986年)のピアノよりは前回のピアノのほうが素晴らしい大器であったというのが、技術者である私の率直な意見だ』

とありました。

1回目の来日の演奏を生で聴いた方々の感想は、否定的なものもある一方で、
プロの演奏家や技術者の方々が肯定的な感想を述べていたりして興味深いです。

336ギコ踏んじゃった2013/11/30(土) 11:13:18.54ID:dgHkYO/e
ホロビッツのウィーンの演奏会で弾いた子供の領分を最後まで聞いていると
なぜか涙が止まらなくなる

337ギコ踏んじゃった2013/11/30(土) 11:15:44.88ID:dgHkYO/e
URL貼り忘れた
シューマン 子供の領分
http://www.youtube.com/watch?v=dxz2UfCYtQk

338ギコ踏んじゃった2013/11/30(土) 23:47:04.74ID:dgHkYO/e
ごめん、子供の情景だった。

339ギコ踏んじゃった2013/12/01(日) 00:25:59.56ID:UWrKh9fO
ウイーンでの演奏会は83歳位かな。
すごいな、83歳でこの演奏。

それから6-7年前の76歳の時のズービンメータとのラフマニノフ3番の演奏会
の様子をみると、やはり全然若い。舞台を歩くときの速さが違うし、
目の表情が鋭い。
演奏後に舞台裏に戻ってカーテンコールに出るまでの一瞬の間に見せる「実務的」な顔つきを見ると
頭がいい人だったんだろうなと思う

340ギコ踏んじゃった2013/12/01(日) 00:27:07.30ID:UWrKh9fO
http://www.youtube.com/watch?v=lusMu2LGIUM
 ホロビッツ メトロポリタンオペラハウス ラフマニノフ3番
   指揮 ズービンメータ

341ギコ踏んじゃった2013/12/03(火) 16:59:02.65ID:C/UzPX6V
 オーケストラは、ズービンメータよりもオーマンディーの方がずっといいけど、
映像が見当たらない

342ギコ踏んじゃった2013/12/03(火) 20:38:54.21ID:shILzEN1
ズービン・メータな

343ギコ踏んじゃった2014/05/14(水) 11:24:49.52ID:F067hAIX
Zubin Mehtaな カタカナ表記わざわざ訂正ってかっこわる

344ギコ踏んじゃった2014/05/15(木) 01:09:46.29ID:v9b88ZCu

345ギコ踏んじゃった2014/05/15(木) 01:18:12.88ID:v9b88ZCu
>>332
ホフマンのショパン演奏なら、P協2番が一番凄いと思うわ
ポロネーズも勿論良いけどね

346ギコ踏んじゃった2014/08/10(日) 11:15:17.52ID:c/8PVb90
アピアナートは訂正しないのな

347ギコ踏んじゃった2014/08/13(水) 03:17:23.30ID:ns7w3s9C
滅ぶ

滅ぶとき

滅びれば

滅びつつ

348ギコ踏んじゃった2016/02/11(木) 10:43:38.46ID:IIpLRULI
.

349ギコ踏んじゃった2016/04/25(月) 20:59:48.10ID:evrMOAei
☆ 日本の核武装は早急に必須です。☆
総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。
日本国民の皆様方、2016年7月の『第24回 参議院選挙』で、日本人の悲願である
改憲の成就が決まります。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。お願い致します。

350ギコ踏んじゃった2017/06/01(木) 05:49:47.84ID:8k3skOZM
.

351ギコ踏んじゃった2017/08/12(土) 05:44:03.87ID:mlTyEvK5
.

352ギコ踏んじゃった2018/02/09(金) 18:44:33.66ID:vPwOJuBq
星条旗よ永遠なれの編曲を一音ずつ再生してみると
物凄くドラマチックな和音で構成されていることに気付かされる

353ギコ踏んじゃった2018/02/10(土) 17:25:24.55ID:Fa894cOM
youtubeに落ちてたカルメン編曲楽譜をなぞってるんだけど
所々、採譜が曖昧な所がある
楽譜は2種類確認できるので、しっくりくる方をmixしながら弾いてる
ホロビッツも毎回アレンジ変えてたみたいね

新着レスの表示
レスを投稿する