初カキコ、腐った家庭内環境。

1ゴゴゴ2017/12/18(月) 00:44:47.85ID:f44UGoL+
タイトル通り、初心者で見苦しいかもしれないが見てくれる人がいたら書き込むよ

2ひよこ名無しさん2017/12/18(月) 01:10:24.36ID:Sb2PA7MT
おう、応援してるぞ!

3ゴゴゴ2017/12/18(月) 01:11:46.89ID:f44UGoL+
>>2
ありがとう、書き込んでいくね

4ゴゴゴ2017/12/18(月) 01:26:21.28ID:f44UGoL+
まずは家族紹介から

俺氏:学生
父:準公務員(現在)
母:会社勤め
弟A(小5)
弟B(小3)
祖父
祖母の7人構成。


話は俺が小5の時までさかのぼる。
当時、東北地方の某県に家族みんなで住んでいたが、俺が小5に上がると同時に祖父母以外の5人で九州地方のある県(以降O)に引っ越した。


理由は、旅行でO県に行ったら父がとても気に入ってしまったため。仕事の関係とかではなく、ほんとにただそれだけ。

5相荷優週験& ◆EWOGBK3Mkn0. 2017/12/18(月) 01:30:10.87ID:Sb2PA7MT
うん

6ゴゴゴ2017/12/18(月) 01:42:31.72ID:f44UGoL+
父は正直天才の部類に入ると思う。
今は準公務員だが、当時の仕事は車関係で月に100~200は稼いでいたらしい。

性格も普通の人とは少し違うというか、説明しづらいけど、変わった考えの持ち主だと思う。


そんな感じで急に引っ越すことになり、まだ小4だった俺は漠然と、引越し=楽しいというイメージがあったように思う。
実際、O県での生活に不自由はなく、俺も新しい学校での生活は充実していたように思う。

O県に移ると、父は過去に経験のあったバスの運転士として働き、母は専業主婦となって弟の面倒を見るという構成になった。
弟はまだ幼稚園にも保育所にも入っていなかった。

7ひよこ名無しさん2017/12/18(月) 01:44:15.02ID:Sb2PA7MT
見てるぞ!

8ゴゴゴ2017/12/18(月) 02:02:33.23ID:f44UGoL+
そんなこんなで引っ越してから半年くらいは何事もなく、穏やかな生活が続いてた。
今思えば、この時から両親の仮面夫婦ははじまっていたのかもしれないが。


ある日、俺が学校から帰ると父から突然、母と弟2人は元いた東北の実家に帰ることになったと話をされた。
俺は驚いた、男ふたりでどうやってご飯を食べていくのかと。頭の中は他にも疑問でいっぱいだったが、何故帰るのかと理由はきかなかった。
なんとなく理由は分かっていたから。

その当時の母は、引っ越してから少しずつ様子がおかしい時が増えていた。意味もなく幼い弟に八つ当たりしてみたり、怒鳴ってみたり。暴力はなかったと思うけど、そういう時は普段と明らかに顔つきが違くて、ヒステリーを起こしてるみたいな時もあった。
そういうことがあって、父と喧嘩も増えていたし、仲が悪くなっていたのをなんとなく感じとっていたから理由はきかなかった。

9ゴゴゴ2017/12/18(月) 02:03:18.41ID:f44UGoL+
>>7
ありがとう!
拙い文章と書き込み遅いけど頑張るよ

10ゴゴゴ2017/12/18(月) 02:23:17.65ID:f44UGoL+
続き
その話をされてから、3日くらいで母と弟たちは実家へと帰っていった。

それから俺と父の男ふたりでの生活がはじまったわけだが、当然父は家事なんてろくにしたことないから料理はできない。
できるとすれば掃除機をかけることくらい。
最初は弁当を買って食べたりしていたけど、毎日それだと体に悪いということで、父が料理を作る練習をはじめたけど全く上達しなかった。

小さい時から祖母や母の料理の手伝いをしていた俺は、小5ながらに多少のおかずなら作れた。
そんな俺からすれば、父が作るより自分で作った方が美味しくて早くできると思ってたから、料理は自分が作ると父に伝えて、俺が朝と夜のご飯を作るようになった。

ご飯といっても、父は朝食べないので作るのは自分の朝ごはんと、ふたり分の夜ご飯。
俺は朝かるく目玉焼きとかそういうものを食べて、夜は豚の生姜焼きとか作ってた。
今でもマーボー豆腐を作った際、父がおいしいといいおかわりをして食べてくれたのは忘れない。


ほかにも家事はあったけど、まぁ何とかなるもので、ある程度その生活にも慣れてきた頃だよ。父が女の人を連れてきたのは。

11ゴゴゴ2017/12/18(月) 02:46:04.78ID:f44UGoL+
たぶん弟たちが実家に帰って、2ヶ月くらいしたころかな?
父からあってほしい人がいると言われて、父の会社の女の人を紹介された(以降M)。年齢は父の8つくらい下だったように思う。
小学生でもある程度の予想はできてて、父とこの人は出来てるんだなと思ってた。


まぁ結果的にその通りで、それからMはちょくちょく家に来るようになって、夜ご飯を作ってくれたり、掃除をしてくれたりするようになった。
当然、実家にいる家族はそんなことになってるなんて知らなかった。

俺の感覚もおかしいのかもしれないが、父は浮気をしているんだなと思いつつも、俺はMに懐いていたのだと思う。

Mはとても美人というわけでもなくブスでもなかった。まぁ、中の上といった見た目だったが、母にはない若々しさと、ジョークなどをいって笑わせてくれる一面があって一緒にいて楽しかった。

12ゴゴゴ2017/12/18(月) 03:05:17.16ID:f44UGoL+
父とMが仕事の休みの日は、家に泊まっていったりする日もあったし、洗面台にはMのコンタクトを洗浄するやつ?も置いてあるようになった。

俺にとってMはよきお姉さんだった。だから電話して母に報告しようとも思わなかったし、そもそも、たまにおかしくなって怒鳴り散らす母への印象は良くなかったから、Mの方が好きになってた気もする。


そんな生活がまた2、3ヶ月続いた頃かな?東北での大震災が起きたのは。

今気付いたけど、これ言うと俺の年齢ある程度バレるね笑

続き

実家はもろ震災の被害を被った。地震で家は崩れなかったみたいだけど、津波によって跡形もなく流されてしまった。
幸いなことに、その時実家にいた母と弟2人に祖父母はすぐ、近くの高台へと避難してみんな無事だった。
父が回線が混雑してなかなか繋がらない中、なんとか母に連絡をとって、すぐ避難しろと伝えたらしい。

13ゴゴゴ2017/12/18(月) 03:26:59.79ID:f44UGoL+
俺はちょうど学校の持久走大会のアンカーで走り終わった後で、かなり疲れてたのを覚えてる。
先生から急に職員室に呼ばれて、テレビを見せられた。俺は絶句したよ。

そこには陸へと押し寄せる真っ黒な津波が映ってて、その場所は俺も知ってるような場所だった。正直、現実のものとは思えなかった。

すぐに電話をかりて実家と母、祖父に連絡したけど全く繋がらなかった。
(この時、既に父と母は連絡を取り合い、父の指示で避難してたらしい)


それからしばらくして父が学校に迎えにやってきて、家に帰された。
帰りの車の中で父から、みんなは避難して無事だと聞かされたが、実家で飼ってた犬と猫はダメだろうと言われてかなり泣いたのを覚えてる。


家に着くとやはりといってはなんだが、Mがいて話をきいてもらったり、慰めてもらったりした。テレビではどのチャンネルも同じ内容の放送だった。
たぶんその夜、父とMはいろいろ話したんだと思うけど、俺は疲れてぐっすり寝てしまったよ。

その後のことはほんとに曖昧な記憶で、どれくらいの時間だったのかはっきり分からないけど、割とすぐ、母や弟、祖父母を俺たちのいるO県に呼んだ。

14ゴゴゴ2017/12/18(月) 03:51:47.87ID:f44UGoL+
その際、父と俺が住んでいた場所から引っ越して、O県内のべつの町に暮らすことになった。当時俺は小5の終わりくらいか。
その時はなんでまた引っ越すのかとか考える余裕がなかったけど、今思えばMがいたからだよな。

引越しの時Mは泣いていた。Mがほんとに父を愛し、俺のことを可愛がってくれていたのだと感じたよ。
俺にとってよきお姉さんだったMとの別れは、やはり寂しかった。

俺達が別の街に引っ越してからはまったく会うことはなかった。
それはそうだ。今は家族が揃ったわけで、母もいる。


ここまで書くと、俺の感覚もおかしいと思えてくる。俺は父の浮気相手を知っていて、かなり親しくなり、まるでほんとの姉のようにしたっていた。

普通の小学生はこんなことするのか??
普通は母とかに話したりするんじゃないのか??


だが俺は、みんなと住むようになってから1度も、Mのことを口にすることはなかった。
俺が口を滑らせば、家族がどうなるか俺にも分かっていたから。

15ゴゴゴ2017/12/18(月) 04:13:18.34ID:f44UGoL+
続き

震災での不運とはいえ、久しぶりに家族全員で過ごすことになって、俺は楽しかった。最初のうちは。


母はなぜか、ときどきおかしくなるようになったと言ったけど、この頃にはそれが本気でやばくなる時があった。
越してきてから母も仕事をはじめたけど、疲れが溜まったり、仕事で嫌なことがあると、家に帰ってから、顔つきが明らかに変化して大きな声で叫んだり、わけのわからないことを言ったりと、父との喧嘩は前にも増してひどくなってた。

顔つきが変わるっていうのは説明のしようがないんだけど、ほんとに目つきとか全てが変なんだよ。声もワントーン低くなって、金切り声のようなものもあげたりする。
最近で言えば、豊田真由子を思い出してくれればいいかな。


そんな母は、精神的におかしいとしか思えなかった。
今でもはっきりとこれが原因ってのは俺は分からないけど、だんだんとおかしくなっていたのは分かってた。

俺は母と接するのは、この頃から基本的に避けるようになった。ちょうど小6あたりで、俺も年頃を迎えようとしてる多感な時期だったんだ。

16ゴゴゴ2017/12/18(月) 04:14:41.57ID:f44UGoL+
ごめん、さすがに寝るね。
もし、起きた時見てくれてる人いれば続投するよ。
結構長文になりそうなんだ笑

17ひよこ名無しさん2017/12/18(月) 16:08:43.47ID:Sb2PA7MT
大変だな…

18ひよこ名無しさん2017/12/18(月) 16:12:12.80ID:Sb2PA7MT
俺の家も犬いるけど置いてくのはつらいな…

19ひよこ名無しさん2017/12/18(月) 16:14:25.84ID:MYcfFHCw
みてるよ、良かったらまたかいてね

20ゴゴゴ2017/12/18(月) 18:37:44.96ID:f44UGoL+
ありがとう!
少しずつ書いていくね

21ゴゴゴ2017/12/18(月) 19:14:54.96ID:f44UGoL+
みんなが越してきて1年ほどでおれは小学校を卒業し、中学へと進学した。相変わらず母とは関わりたくはなかった。

その頃になると震災後少し落ち着いてきて、保険金もある程度おりたらしく、新しく家を建てようかという話が出るようになった。
当然、祖父母は実家のあったM県がいいと言っていた。父はというと、その性格からか日本中を視野に入れて、いろんな所を見て回り、良さそうな土地を探し回っていた。
(父は職業手当を貰ってて時間はあった)


そんな生活が続き、中1の夏休み。俺は日本中を探し回る父に連れられ、博多へ同行した。住む所を探しているのは知っていたけど、俺としては旅行気分だった。
これといった目的地を知らされていなく、博多についた俺は、思っていたより都会だったことに驚いていた。

博多には夕方について、夜ご飯を駅地下のラーメン屋さんで食べた。そこはたまたま、某料理マンガで紹介された店で、博多ラーメンは癖のある匂いがするなぁと思った。

22ゴゴゴ2017/12/18(月) 19:29:16.93ID:f44UGoL+
最初は博多のどこを見に行くんだろうと思っていたけど、夜になると夜行バスに乗り込み、どこかへ向かうことになった。

早朝に着いたのは高知県。記憶が曖昧だけど、駅前に坂本龍馬の像があった気がする。
高知はもちろん、四国自体初めてだったからほんとに楽しかった。路面電車というものをその時初めて見た。

父のほんとの目的地は高知県のV市だった。その時は目的地なんてとくに意識せずに、ただ旅行気分を味わっていたよ。
V市までは、電車を使って結構走った。その街は日本でもある食べ物が有名な場所で、駅前にもいくつもその店が並んでいた。


遅めのお昼を食べると、父は誰かを待っているみたいだった。
俺は薄々感づいていたけど、そこへ車に乗って現れたのはなんとMだった。1年以上会っていなくとも、一目見てすぐに分かった。

23ゴゴゴ2017/12/18(月) 19:45:03.34ID:f44UGoL+
とりあえずリアクションは取ったけど、内心やっぱりなという思いもあって、そこまで驚きはしなかった。

なぜO県にいたはずのMが高知県にいるのかというと、俺と父が引っ越したあとMは仕事をやめ、高知県のV市にきて一人暮らしをしていたらしいんだ。
Mは高知ではホテルのスタッフをやっていた。

それからMのアパートに父と3人でお世話になることになった。父とMはずっと連絡をとりあっていたんだろうと思う。
先に言うと、この3人での生活は夏休みの2週間程だったけど、この間に俺はとんでもない体験をすることになる。

そこでの生活は、日中Mは仕事でいないため、基本的に父とふたりでいることになった。
父は車でMを仕事場まで送って、自分たちが日中でも車を使えるようにしていた。その期間はほんとに色々な所へと連れていってもらったと思う。

Mが休みの日には、みんなで少しずつ遠出をしたり、ご飯を食べに行ったりととても楽しかった。

24ゴゴゴ2017/12/18(月) 19:46:36.19ID:f44UGoL+
ご飯たべたりしたら、また夜投稿します

25ゴゴゴ2017/12/18(月) 21:34:16.09ID:f44UGoL+
それがいつ頃なのかは覚えてないけど、父はMと浮気をしているんだなと、改めて感じさせられる出来事があったんだ。

それはいままで誰にも言ったことがないし、これからも話すことはないと思う。墓場まで持っていこうと決めたこと。
ただ、どうしてもこの感情をどこかに印しておきたくてこの板へと辿り着いた。

中1の俺は俗に言う思春期ってやつで、性について少し知識をつけてた。大人がそういう行為をするってこともこのころ知ったんだ。
ここまでいったら予想もつくと思う。

一人暮らしのアパートだからそれぞれ寝室があったわけじゃなく、ひとつの部屋に3人で寝てた。ベッドではなくて布団でね。
いつもすぐに眠りにつく俺は、だいたい10時間頃には毎日眠っていた。しかも、1度寝てしまうと全然起きないんだ。

でも、なぜかその日は眠りにつけなかった。部屋には当然父とMがいたけど、なんとなく寝たふりをして頑張って寝付こうとしてた。
でも、そうやって頑張るとよけいに眠れなくなるもので、時間は過ぎる。たぶん11時半くらいだと思うんだ。


ごめん、ちょっと待って。書くのが気持ち悪くなってくる。少し落ち着いたらまた投下するね。

26ひよこ名無しさん2017/12/18(月) 22:20:04.84ID:Sb2PA7MT
おつ!見てるよ

27ゴゴゴ2017/12/18(月) 22:45:08.19ID:f44UGoL+
>>26
ありがとう、また書いていくね

28ゴゴゴ2017/12/18(月) 22:56:49.90ID:f44UGoL+
続き

そうこうしているうちにまぁ、あれだよ。二人はコトをはじめたんだ。
もう音で分かったよ。あぁ、やってんなぁって。見ようとなんて思わなかったし、なによりほんとに気持ち悪かった。

俺は童貞を卒業するよりも早くに、ナマの現場に遭遇したってわけだよ。

29ひよこ名無しさん2017/12/28(木) 16:29:38.24ID:MMluUGJX
ゴゴゴッ

30ひよこ名無しさん2018/01/07(日) 16:49:42.70ID:daGU3ant
ゴゴゴ

31ひよこ名無しさん2018/01/14(日) 18:40:02.54ID:SFqshNap
つまんねー創作だな

新着レスの表示
レスを投稿する