武藤家年賀状

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1ひよこ名無しさん2018/01/02(火) 15:15:05.30ID:FDo+9Zxl
たった?

2ひよこ名無しさん2018/01/02(火) 15:15:41.38ID:FDo+9Zxl
誰か写真のあげ方教えてくれれば

3ひよこ名無しさん2018/01/02(火) 15:33:22.97ID:FDo+9Zxl
わか

4ひよこ名無しさん2018/01/02(火) 15:34:13.32ID:FDo+9Zxl
わからないのでTwitter垢作りました。
武藤匿名希望

5ひよこ名無しさん2018/01/02(火) 22:23:09.09ID:f5MQXVcu
犬の保育園、利用拡大=「トイトレ」や社会性学ぶ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010200167
 愛犬を預かり、食事や散歩の世話、基礎的なしつけ、問題行動の改善に取り組む−。通称「犬の保育園」は、飼い主を幅広くサポートしてくれる施設だ。
共働き世帯の強い味方という点も、まさに保育園。単身者も含め、近年利用者が増えてきている。

 朝の登園風景は、人の保育園と似通っている。「知人の家にお泊まりするとき、お漏らししないか心配」と相談する飼い主。
職員は連絡帳を受け取りながら「念のためマナーバンド(犬用おむつ)を着けて」とアドバイスする。犬たちは仲間と顔を合わせると、職員の先導で広い河川敷などに散歩に出かける。
東京・調布市の「リトル・チカ」代表の藤塚あかねさんは「犬は本来群れで生活する生き物。群れの中で犬同士のコミュニケーションやルールを学ぶことで社会性が身につく」と話す。
 食事、休憩後はトイレトレーニングや「お座り」「待て」など、個々の課題に取り組む。その合間の遊び時間は、仲間とじゃれ合い気ままに過ごす。
こうした犬同士の触れ合いが「犬本来の姿に近づけ、ストレスを緩和し、結果的に無駄ぼえなどの問題行動の抑制につながる」という。

 「PLAYBOW中目黒店」には、社会化期と言われる生後4カ月くらいの子犬が多い。「犬の性質を飼い主が理解すれば、関係がもっと良くなる」と語るのは、マネジャーの野口裕太さん。帰宅後に飼い主でもできるしつけ方の引き継ぎに、心を配っているという。
 動物看護師の資格を持つ藤塚さんは「犬の習性を知らずに飼っている人もいる。一つの命を育むという覚悟をもっと持ってほしい。悩みがあれば、すぐプロに相談して」と訴えた。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています