竹中半兵衛

1名無しさん@お腹いっぱい。2006/06/11(日) 02:51:45ID:7HiWpTJy
軍師スレ・・・か?

372人間七七四年2011/12/15(木) 18:51:30.82ID:ETHcnGTH
豊鏡あたりだと面白いんだが

373人間七七四年2011/12/30(金) 23:50:51.92ID:J/NVlEea
だめやね

374人間七七四年2012/04/06(金) 16:08:28.08ID:7e/WGf2U
光秀に謀反起こさせたのも半兵衛だろう

375人間七七四年2012/04/07(土) 09:43:53.62ID:mQ2ps9EO
如水に謀殺された可能性はない?竹たん消えれば得する人物は黒田しか思いつかない。

376人間七七四年2012/04/07(土) 11:35:38.37ID:TlhYxk1q
一応定説では
労咳で亡くなったらしいから
いくらクロカンでも
病原菌しかけるのは無理じゃね

しかも自分はその辺りで
荒木村重に監禁されてたはず

377人間七七四年2012/04/09(月) 01:56:47.96ID:vkBQJzvu
なんかだんだん半兵衛が過大評価に思えてきた そんなに大活躍したか?

378人間七七四年2012/04/12(木) 08:41:25.75ID:8R8lT276
絵本太閤記では大活躍
一次史料ではそれほどでも

379人間七七四年2012/04/15(日) 00:44:54.12ID:Ry75Hyb/
少数で稲葉山城取ったってだけで十二分だろう

380人間七七四年2012/05/09(水) 07:38:58.98ID:H7FI8CyN
>>379
それも俗説だから

381人間七七四年2012/05/29(火) 00:58:51.63ID:TwedIGzX
近年では弟・重矩と同様に信長の直臣として登用に応じたものという見方がされている

382人間七七四年2012/05/29(火) 01:06:19.63ID:U/o4nMVX
竹中家の通字は代々「重」なのん?

383人間七七四年2012/05/29(火) 01:19:24.06ID:TwedIGzX
たぶん通字

384人間七七四年2012/05/29(火) 03:59:50.35ID:TwedIGzX
重氏、重元、重光、重行、重治、重矩、重門

385人間七七四年2012/05/29(火) 04:22:50.70ID:He7hYtUo
幕末に編成された幕府の近代化部隊(何と呼ばれてたか忘れたが)の偉いさんに竹中姓の人がいたが半兵衛かその一族の子孫だったのか?

386人間七七四年2012/05/29(火) 04:32:42.83ID:TwedIGzX

387人間七七四年2012/07/01(日) 08:11:12.91ID:SVlSyARz
竹中半兵衛の子、重門は関が原直前に、岐阜城が落城するのを見て、
西軍から東軍へ鞍替えし、関が原の合戦に参加、後片付けなどをしています。
その子孫は、代々寄合旗本として幕府に仕え、養子などを交えて、14代重固の時維新を向えます。
重固は陸軍奉行として鳥羽伏見の戦いで戦い敗戦、その後、会津などで
戦った後、榎本武揚とともに蝦夷に渡り、函館戦争で降伏しています。
その後は静岡藩にお預けになったそうです。
重固の子孫の詳しい事は分かりませんが、雛人形作者「鶴屋半兵衛」さん
が、竹中家17代らしいです。

388人間七七四年2012/07/03(火) 20:31:12.74ID:dgF/S4Es
竹中半兵衛という人はとにかく資料が少ないから実態がよくわからないよね……
逸話とか見る限りは自身の経験に基づいた武辺に並々ならぬ誇りがあるように思う。

稲葉山乗っ取りも西美濃の諸将の協力に基づいて行われたのだろうし、その後も姉川合戦で安藤守就と行動してる。
秀吉の与力に付けられたのも、樋口、堀の調略も地理的な要因だろうし、世間一般に膾炙してる評価は過大と言わざるを得ないね……

389人間七七四年2012/07/10(火) 23:30:05.75ID:zq4R/w1N
実はあの有名な上月城落城秘話における
数百人にも上る女子衆の磔串刺し晒し刑
を命じたのが何を隠そう半兵衛なのだ。

390人間七七四年2012/07/17(火) 22:49:12.82ID:BJDZhdpE
あれも、史料によって本当にあったのか、誰が進言したのか
てんでばらばらなんだよ
漫画の「センゴク」では、なぜかクロカンが進言して磔にしてたけど、
当の黒田家の記録では、城主・上月十郎以外、城内の全員を秀吉が
助命したとあるわけで

391人間七七四年2012/10/20(土) 22:45:06.88ID:Tn+3fa/l
再来年?の大河が黒田カンベイなら、秀吉の手紙をバラバラして燃やすシーンありそうだな。

392人間七七四年2013/01/27(日) 17:18:45.45ID:Ov76GGY4
重門くんは、7歳で父ちゃん亡くして父ちゃんの弟のおじさんに託されて
そのおじさんも10歳の時土一揆で亡くして
竹中家臣団は解散
その後、秀吉家臣として登場してくるまで、どうしていたんだろう。

393人間七七四年2013/09/16(月) 10:41:12.49ID:G49k+G9S
行ってきた岐阜垂井市
史実どうこうは置いておいて現代になっても愛されている武将のひとりだと言い切れるよ>半兵衛

394人間七七四年2013/09/16(月) 21:03:03.45ID:ow4RNPvp
黒田の嫁に比べると空気な半兵衛嫁
何の話も残ってないよね

395人間七七四年2013/09/17(火) 08:33:11.85ID:ZRobTGGP
>>394
別居生活が長かったからなぁ
史実に残ることも少ないのだろう

396人間七七四年2013/09/17(火) 13:08:32.51ID:rn9DGqe6
重門出来たのも結婚して10年後くらいだっけか

397人間七七四年2013/09/17(火) 20:37:57.73ID:POLuSa9B
短い夫婦生活の中で子孫をきちんと残したのだから役目は果たしたと言える

398人間七七四年2014/01/05(日) 22:13:05.79ID:fJNOYWq2
秀吉軍の連日に及ぶ城攻めに落城寸前だった上月城内であっては
ならない事が起こった。家老を中心とした反乱分子が城主を謀殺
したのだ。奥方と二人の姫君も捕らえられそうになるが、逃げ出
して黒田勘兵衛の元に救いを求めた。勘兵衛の妻女がこの奥方の
実の姉であったからだ。いつもは無益な人殺しを嫌う竹中半兵衛
もこの時ばかりは違った。信長の命令では無く謀反に加わった者
どもは元よりその妻子達までもが恐ろしい極刑に処せられたのだ。
女子供二百人ばかりと言うから、当時の家族構成を考えて裏切っ
たのは五十名ほどの武士だったようだ。

399人間七七四年2014/01/07(火) 00:45:17.17ID:vKy0G8q4
重治

400人間七七四年2014/06/03(火) 11:14:20.70ID:hBXI+d3d
谷原半兵衛はピッタリの役だね。
もう少しツンデレでも良かった気がする

401人間七七四年2014/06/03(火) 11:21:07.69ID:uRUhQP3l
禿同

402人間七七四年2014/06/09(月) 17:57:08.23ID:XkFFADv7
山本半兵衛も良かった

403人間七七四年2014/06/18(水) 20:59:43.48ID:eky6ACPN
保守

404人間七七四年2014/08/02(土) 21:24:55.27ID:1SLKuT6F
半兵衛があと30年長生きしてれば、みすみす家康に天下を奪われる事は無かったかもしれない。
黒田は日和見で家康について豊臣を見限ったが、半兵衛は家康の腹の内を見て、豊臣家を守っただろうと思いたい。

405人間七七四年2014/08/02(土) 21:27:57.13ID:1SLKuT6F
付け加え。
もし羽柴秀長も長生きしてれば、半兵衛と共に豊臣家を守っただろうと思いたい。

406人間七七四年2014/08/03(日) 09:35:41.41ID:FtyLzzpx
半兵衛は豊臣というより乱世を収めるには秀吉が良いと見込んだ印象がある
だから秀吉が亡くなったとき重臣がいなくなった豊臣を支えるかというとどうだろうなーとは思うな
まあ少なくとも子飼いの仲割れは阻止しそうだが
関ヶ原まで生きて半兵衛vs大谷とか想像すると胸が熱くなる

407人間七七四年2014/08/05(火) 00:03:23.58ID:LceGAQnW
秀吉が天下獲った時点で出家しちゃってそう

408人間七七四年2014/08/06(水) 01:33:51.80ID:G9N9Vesv
暴れ牛に乗って尿掛けおねだりの行脚してるだろうな。

おしっこ、ちょーだいっハート

409人間七七四年2014/08/13(水) 15:58:53.84ID:XDzeyixQ
★2ch勢いランキングサイトリスト★

☆ +ニュース板
・ 2NN
・ 2chTimes
☆ +ニュース板新着
・ 2NN新着
・ Headline BBY
・ Unker
☆ +ニュース板他
・ Desktop2ch
・ 記者別一覧
☆ 全板
・ 全板縦断勢いランキング
・ スレッドランキング総合ランキング
☆ 実況板
・ 2勢
・ READ2CH
・ i-ikioi

※ 要サイト名検索

410人間七七四年2015/07/12(日) 00:18:25.08ID:rfSAHVH2
保守

411人間七七四年2016/02/10(水) 06:37:15.28ID:ijhC9ro3
https://www.youtube.com/watch?v=IDLUKFTeOp0(パトカーサービス不足ウソ製作費定義)

https://www.youtube.com/watch?v=IDLUKFTe0p0 メジャールールブック総務京都米予算me-ka-
https://www.youtube.com/watch?v=fDO_QMfIvSc
ニューヨークネックス従業員英産プルトニウム任天プロチャイニーズオージービーフステーキ(キッペイ武田ファンド

412人間七七四年2016/03/17(木) 01:49:41.18ID:xqzZHfq8
私の3代以前は播州の竹中半兵衛の墓あたりが田舎で、播州に帰って先祖の墓参りとか幼少時やっていた。
祖父、父とも女顔の男前。戦の途中でも女遊びとかしてたんだろうか。
その集落のあたりは、竹中、武中、武仲姓が多く、武仲などは、日本中でも珍しい。
直系でないから因んでつけたんだろうけど、私もその中の一つ。

413人間七七四年2016/04/04(月) 21:12:57.65ID:2UQqNWzo
スカトロ軍師

414人間七七四年2016/04/19(火) 18:37:25.78ID:r57zUOMS
聞いたこともない

415クリスチャノ水戸2016/04/28(木) 17:57:17.05ID:9TYBaVr1
!!注意換気!!
※常識的に事実でなければこの様な内容は書けません!
極悪人、押川定和の被害にご注意下さい。

我々は水戸のサポーターや関係者で押川定和の悪事の被害者を中心に集った団体だ。8割ぐらいはメインスタンドで観戦している。
押川定和は
『ゴール裏で戦う会』
のリーダーで元鹿島サポーター。
SNSで数千もの架空アカウントを作り水戸の関係者の情報を盗み出し個人のSNSを炎上させるなど攻撃を仕掛ける。
SNSで限界になると人を利用して情報を盗み出す。その人がその後どうなろうがお構い無しの使い捨て。押川に誰が騙されて巻き込まれるか分かりません。
皆さん注意して下さい。
Twitter、Facebook、mixi、超水戸、ニコニコ動画など可能な範囲で全てで悪行を行っている。
『悪行の事実を突き付けると全てを自演や同一扱いで煙に巻こうとする。』
悪行が事実の為、表舞台には出れないが2ちゃんねるで反応はする。
水戸の関係者になりすまして未だに水戸スレに書き込み続けている。
現在は悪事が公に広まり鹿島には行けなくなる。しかしながな水戸への悪行は続行中。
押川定和の悪事は犯罪の領域に達している。

押川は現在、悪事が公に広まり鹿島には行けなくなる。しかしながな水戸への悪行は続行中。
勤め先・株式会社WEIC(ウェイク)104-0053
東京都中央区3-1
http://www.ntt.com/bizhosting-basic/data/case2_1.html

416人間七七四年2016/08/06(土) 22:35:33.84ID:EftCppW2
星組公演 『燃ゆる風 −軍師・竹中半兵衛−』
宝塚バウホール
公演期間 2017年1月12日(木)〜 1月23日(月)
ttp://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/moyurukaze/index.html

とうとう宝塚w

417人間七七四年2016/10/27(木) 11:15:57.83ID:Y7zHxZ9u
ウィキペでさあ、信長の美濃進行妨害に多大な貢献があって
たびたに織田軍を追い返した、みたいな記述があるんだけど(十面埋伏の計を駆使して・・・とか)
ほとんど美濃時代に貢献するような戦功も立場もなかったよね?
せいぜい対浅井戦の調略で少々動いたくらいで、あとはほんど実績ないと思うんだが
稲葉山乗っ取りの件だけで天才軍師のイメージ盛りすぎじゃね?

418人間七七四年2016/10/27(木) 21:49:39.23ID:2vdFy7O5
なにを今更

419人間七七四年2017/04/10(月) 02:53:20.42ID:LyZG3rHE
十面埋伏がうんぬんってのはなんか竹中家の軍記とかに記述があるの?
よくみかけるけど何が出展なのかしら

420人間七七四年2018/01/26(金) 00:26:55.55ID:obgGjmaS
大好きです

421人間七七四年2018/03/22(木) 00:50:15.48ID:Bnc4KIzK
まえがき――鍵を握るもうひとりの人物

【序】領主は領民の安全を保障する

第一部 武将たちの関ケ原……三池純正

第一章 新たな現地調査と菩提山城の謎
第二章 関ヶ原前夜
第三章 岐阜城総攻撃
第四章 関ケ原の領主・竹中重門
第五章 石田三成の構想
第六章 九月十四日の長い一日

第二部 百姓たちの関ケ原……中田正光

第一章 戦禍の中で生きる人々
第二章 戦場から避難する人々
第三章 安全保障証を求める人々
第四章 自力救済のために結束する人々
第五章 戦う人々

おわりに――戦場に残る一石五輪塔
http://www.yosensha.co.jp/book/b341642.html

422人間七七四年2018/03/22(木) 00:51:03.97ID:Bnc4KIzK
竹中重門と百姓の関ヶ原合戦 新刊
地元領主・領民から見た「天下分け目の戦い」

著者
三池 純正 著
中田 正光 著

新着レスの表示
レスを投稿する