蛍大名・京極高次を語ろう

1人間七七四年2007/07/13(金) 00:09:43ID:hHJEd2W2
妻や姉のおかげでどん底から大名へと這上がった京極高次を語ろう。
姉松の丸、妻お初、弟高知、父高吉、母マリア、息子忠高の話題もOK

251人間七七四年2011/11/23(水) 00:14:25.75ID:RpZ7GVHh
戦国時代の皇室には若狭武田氏の重臣の粟屋氏の血も入っているし
江戸時代の皇室には丹波山家藩谷氏の血も入っている。
近畿の武家と天皇家は意外と姻戚だったりする。

252人間七七四年2011/12/28(水) 19:07:36.81ID:SzPzAwK8
貴族上がりの武将といった冷たさ

253人間七七四年2011/12/28(水) 20:48:41.22ID:KHURJI+F
もう1日粘ってたら、真田昌幸並みの評価だったのにな。

254人間七七四年2011/12/28(水) 21:30:01.98ID:Mws3pA6+
しかも相手は友軍とはいえ、立花宗茂相手だもんなあ
しかし高次らしいといえば、らしいような気がする
そんな京極高次が好きだ

255人間七七四年2012/01/03(火) 22:04:23.45ID:aZBKPYrH
お父さんの京極高吉にも興味あるけど、史料が更に少ないから難しいな
この人の人生もかなり流転してて面白いんだけどなぁ
あと子供は全部、京極マリアさんとの子でいいのかな
マリアさんと結婚する前も妻はいるような気がするんだけど 結構な歳だし

256人間七七四年2012/01/12(木) 18:30:44.54ID:gTIdvHf7

257人間七七四年2012/04/24(火) 09:58:46.21ID:EfDpyVmW
お初。

258人間七七四年2012/05/13(日) 15:42:44.55ID:YR2gc012
竜子って高次の姉なのか妹なのかはっきりしないねえ

259人間七七四年2012/05/22(火) 11:49:32.53ID:GXq2dx/O
最近は妹説の方に傾いてる感じかな
自分は昔の本などみて、姉説の方がしっくりきてるんだよなあ

260人間七七四年2012/05/23(水) 03:29:32.31ID:VfkDFc/8
■■
■■

または

◆◆

261人間七七四年2012/05/27(日) 21:14:06.58ID:qiO9ryYh
蛍大名

262人間七七四年2013/02/05(火) 21:43:24.69ID:+FiT7UtS
あげ

263人間七七四年2013/02/05(火) 21:48:14.98ID:tYJ9Vr6A
>>253
どうだろ?実質5日前後で開城してるからなあ。

264人間七七四年2013/02/09(土) 13:59:40.57ID:INk6kd8k
攻撃側が12日まで水城攻めの準備を整えてただけだしなあ
14日に降伏しなければ、15日の午前中には落とされてたよ

265人間七七四年2013/04/09(火) 20:04:31.44ID:YWxexxZG
この人「蛍大名」って揶揄されてるけど、池田さんもなかなかの蛍だよね

266人間七七四年2013/04/10(水) 01:29:43.22ID:0cNkfT+8
池田さんも蛍って呼ばれてたみたいだけど
高次さんのインパクトがでか過ぎて霞んじゃってるんだよ

267人間七七四年2014/02/08(土) 11:23:43.95ID:2LSTZyaG
丸亀の京極家って江戸時代初期は、出雲 隠岐 二ヶ国領有の大大名だったんだね。

もし、幕末まで転封がなければ室町の守護大名の生き残りとして有名だったろうに。

島津も島津庶流が継承した家だから守護家が近世大名になった訳ではないし、細川も

守護の細川ではないから、京極は唯一の国移動なしの守護の末裔と言えただろうに。

268人間七七四年2014/06/26(木) 19:39:32.50ID:3wRxyN0g
高次が築城した城はないのですか

269人間七七四年2014/06/27(金) 17:58:23.95ID:twgIeVwl
京極軍が生きるか死ぬかの思いで大津城に籠城している最中、京の町衆は弁当と水筒を持参して近くまで現れ、大砲が城郭に命中すると歓声をあげて見物をしているのであった。

270人間七七四年2014/08/06(水) 00:36:05.36ID:xOqNl8hN
毛利立花がいれば必ず西軍が勝ってたという前提でそれを阻止したから凄いというのは嫌い

271人間七七四年2014/08/06(水) 16:20:20.04ID:/teXuhye
正式な渾名は 尻 蛍 だったはず。

これだと衆道で大名になったように見えて悲しい。

272人間七七四年2014/08/06(水) 16:42:49.59ID:872Pml4/
斉藤工の京極高次なら衆道でもおかしくない。
もっともどっちがネコでタチかわからないが

273人間七七四年2014/08/08(金) 22:10:37.72ID:Y+oT2NuN
小浜8万石って微妙な石高が好き

274人間七七四年2014/08/13(水) 13:38:14.23ID:JfGClOec
無知で済まないけど、守護や守護代と破官ってどうちがうの?

275人間七七四年2015/02/27(金) 00:40:53.41ID:TMBwaOvy
京極高知は丹後12万石

276人間七七四年2015/03/27(金) 21:57:09.31ID:nvq1MCXB
但馬の山名氏政

播磨の赤松則房

丹後の一色満信

そして近江の京極高次、四職の末裔って安土桃山時代も残ってたんだね。

山名氏政と赤松は、江戸時代初期まで残った。

大名として残って栄えた京極家には及ばないかもしれないけれど。

277人間七七四年2015/04/21(火) 14:14:47.73ID:N4EODVJA
但馬の山名氏は織田政権下でも健在だったみたいだね。
織田期では、京極よりぜんぜん大きい勢力を保持できていたようだ。
山名氏政より兄の山名義親とすべきじゃないの、名前。

278人間七七四年2015/05/14(木) 09:21:48.91ID:hPM41SvM
ここってまだ機能してるの?ちょっと知りたい事があって検索して出て来たんだけど、上げさせてね。

にっかり青江って言う脇差が、どのサイト見ても
秀頼から高次ヘってなってるんだけど、
丸亀市のHPだけ大河ソースで大阪冬の陣の功績で息子の忠高へになってる。

高次は1609年に死んでるから、冬の陣なら忠高で間違い無いんだろうけど、
なら何故他の殆どのサイトでは高次宛てなんだ?
忠高は初の実子じゃないから、忠高でも高和でも無く
初への功績で、死んだ高次の名にしたのか?
それとも本当はもっと前に、叔母さんの旦那にやったのか?

スレ違いとは思うんだけど、「にっかり」「にっかり青江」で検索しても
刀資料的なスレが出て来なくて、良かったら教えて欲しいです。お願いします。

2792782015/05/14(木) 13:47:34.46ID:hPM41SvM
自己解決出来ました〜失礼いたしました。

280人間七七四年2015/06/10(水) 10:48:06.55ID:BSeKigjP
京極高次よりも京極晴広のほうが京極家嫡流なんじゃないだろうか
高次は守護になっていないが
晴広は足利将軍家から正式に守護に任じられている

281人間七七四年2015/06/12(金) 08:14:13.87ID:HLFXkYfx
高次時代の京極氏って小勢力だったん?浅井亮政に湖北から駆逐されたけど、近江って浅井や六角、朽木 日野とかいたやん

282人間七七四年2015/06/13(土) 07:39:14.16ID:X13vJz/I
>>281
駆逐されていない

283人間七七四年2015/08/21(金) 09:00:06.15ID:IV1/TZ8Q
京極あげ

284人間七七四年2015/08/21(金) 19:55:15.30ID:4D0gDjpU
京極竜子は秀吉の側室では一番の美人で有名
京極家は名家だけど大大名でもない 
竜子は美人なので家康利家もこのことだけは秀吉が羨ましかったみたい
竜子は秀吉の寵愛も深く 自慢の側室の一人

285人間七七四年2015/09/27(日) 00:12:31.12ID:/g80rrgU
姉ちゃん最高!

286人間七七四年2015/12/21(月) 00:09:05.18ID:LeBmEomh
保守

287人間七七四年2016/01/16(土) 20:41:03.43ID:0oOyeUTo
あげついでに質問
京極高次と熊本の関連って何かある?調べたけど分からなくて…

288人間七七四年2016/01/18(月) 19:53:55.03ID:BlBkzzvE
京極家って婆娑羅大名って呼ばれてたっけ?

289人間七七四年2016/12/30(金) 04:09:31.57ID:mGD3tP7A
保守

290人間七七四年2017/01/09(月) 18:30:23.12ID:GpDk/p/9
>>288
六角京極に別れる前の佐々木道誉時代のはなしか?

291人間七七四年2017/01/10(火) 11:58:33.67ID:kD1csP6M
>>290
六角京極分裂は鎌倉時代
佐々木道誉は南北朝時代やで
佐々木道誉は京極高氏

292人間七七四年2017/01/27(金) 20:14:12.03ID:3c6kXlM1
出雲、伯耆、隠岐、近江、飛騨を統べる大大名京極

293人間七七四年2017/01/28(土) 13:52:48.50ID:Q4M8lXLk
伯耆は違う

294人間七七四年2017/05/18(木) 02:33:50.43ID:c9qBscyK
負けて勝つっていうのはこういう奴のことを言うんだろうな
蛍大名と侮られながらも大津城で意地を見せ、負けはしたが関ヶ原に大きな影響を与えた

なんつー格好良い人生だよ

295人間七七四年2017/06/13(火) 22:37:28.08ID:inmcA18I
結果オーライとはまさにコイツのことよな

296人間七七四年2017/09/21(木) 01:32:48.70ID:KV/iWxhY
生き残った者勝ちだね。六角は滅びた

297人間七七四年2017/12/31(日) 04:32:45.67ID:IgUHJD7H
本能寺の変で義兄の武田元明と組んで明智光秀の味方して近江を秀吉から一瞬取り返してるけど、事前に明智の計画知ってたの?明智も先祖は名門だからそれつながりで。

298人間七七四年2017/12/31(日) 10:56:01.25ID:5FxVhNsK
事後の勧誘だろ。乗ってしまった。

299人間七七四年2017/12/31(日) 16:18:07.36ID:6pGhvxLi
細川は乗らなかったのにか

300人間七七四年2018/05/24(木) 23:43:02.65ID:ejo9KS9n
旧浅井、旧若狭武田で構成しているのかな
大名に復帰した京極家というのは

301人間七七四年2018/05/25(金) 01:04:29.11ID:TdFxAdoc
アートディンクの関ヶ原を西軍でプレイすると高次の重要さが分かる。
彼を放置しておくと毛利だの鍋島だの立花だの南近江に展開してた西軍の諸部隊が勝手に大津城攻めを始めてしまい
関ヶ原にも間に合わないかたどり着いてもボロボロになってる。

開始時に6500人いた鍋島軍が関ヶ原にたどり着いたとき300人しかいなかった時は
こいつに殺意を覚えちゃったぜw

新着レスの表示
レスを投稿する