【比叡山】戦国時代の宗教勢力【高野山】

1人間七七四年2012/01/14(土) 14:54:53.30ID:/sVoGeGc
戦国時代の宗教勢力といえば浄土真宗の本願寺や切支丹の天草一揆がまず思い浮かぶけど
(後者を宗教勢力と言っていい物かどうかという話は置いといて)
法華一揆を起こした日蓮宗
数万と言われる僧兵を擁した真義真言宗の根来衆
その他高野山、比叡山、諏訪大社を始めとする比較的大きな勢力から
紀州粉河寺の様な小さな勢力まで、戦国時代の寺社勢力は武装していたと言われる
戦国時代を時に戦い時に滅ぼされた宗教勢力
本願寺の様に歴史に大きく介入した訳ではないが確かにそこにあった宗教諸勢力を語ろうじゃないか

36人間七七四年2012/02/28(火) 23:38:09.23ID:eo0Xsdv4
粉河寺では鈴木佐太夫が藤堂高虎に腹を切らされたそうだ。
高虎はしばらく粉河3万石だかを領していたから、城砦的なものがあったのだろう。
いまも和歌山県民が正月にテレビをつけると、必ず目にする名刹でもある。

37人間七七四年2012/02/29(水) 23:39:10.49ID:bQK+Ao4R
ふと思ったが寺に僧兵がいたのは皆知ってる。
なら神社はどうだったの?
伊勢神社のような大きいところはいなきゃヤバかっただろうし。
北面の武士や公家侍が守っていたのだろうか?
それとも神仏習合だったから神社を守る存在も僧兵と呼んでいたのかな

38人間七七四年2012/03/01(木) 02:23:03.26ID:/mdaut5l
神社の場合は地下人、神役人、神人、神木。呼ぶ立場によって呼称が異なる。
伊勢の場合は山田三方って自治組織があった。ちなみに伊勢商工会議所の前身。

39人間七七四年2012/03/01(木) 03:15:15.69ID:NgYO6Ax3
そもそも「僧兵」なんて存在が『発見』されたのは江戸時代だ

40人間七七四年2012/03/01(木) 13:36:19.58ID:sn7rrolD
もったいぶらずにその詳細を教えれ

41人間七七四年2012/03/04(日) 02:48:37.18ID:TgM+g6dj
【和歌山】高野山で数珠を盗んだ25歳無職男を逮捕 480万円相当
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1330710062/
54:名無しさん@12周年 :2012/03/03(土) 16:40:36.36 ID:6YuF7u5V0
宿坊の宿泊料金も高かろが、デリヘルのあねやん呼んだらえっだいタクシー代かかるしよー
夜中にひとりれナニいろてたんやいて!
ほたらえっだい視線感じんねやオイ!だえろのどいちゃーんのかえ?と思て見渡いたらビックリひと!
アルソックのあねやんやいて!部屋のすびっこへへっばりついて目ぇからビームでちゃーら!

42人間七七四年2012/03/04(日) 17:03:12.95ID:p5UwQuWt
いや
牛若丸と弁慶の、弁慶は僧兵やでw

43人間七七四年2012/03/08(木) 21:38:27.00ID:vK9//Qjm
だから寺社の武力を「僧兵」と名付けたのは江戸時代。
弁慶を「僧兵」と言い出したのも江戸時代以降。

44人間七七四年2012/03/08(木) 22:54:31.60ID:jMaOTgOq
>>39の言い方は適切じゃないってこったな

45人間七七四年2012/03/11(日) 16:09:13.39ID:H362vKAD
『だから』じゃないだろ
明らかに言葉不足なレスだったよ

46人間七七四年2012/03/11(日) 16:17:54.36ID:FsIV0GJn
格好つけようとして失敗した例

47人間七七四年2012/03/29(木) 10:55:45.57ID:c/uzP+DV
比叡山、高野山、社家、一向衆、法華衆、イエズス会、日本人キリシタン
皆強い

48人間七七四年2012/03/29(木) 13:25:30.00ID:1qnjxYhx
三井寺→寺法師
おもに延暦寺→山法師
東大寺とか興福寺→奈良法師 とかだな

49人間七七四年2012/03/29(木) 20:54:22.70ID:topCPzXD
園城寺ってやっぱり大津や水運に影響力あったの?

50人間七七四年2012/03/31(土) 09:17:58.21ID:/BGKpUzg
まあ寺社はたいてい何らかの形で流通、商業に関わっている

51人間七七四年2012/04/25(水) 19:26:50.64ID:Q3JQoHVv
三井寺っすね

52人間七七四年2012/04/30(月) 23:06:59.73ID:oLJDnlgA
>>14
物凄く基本的な質問でゴメン。
興福寺は信長の時代はどうだったの?
源平時代は最強の武装寺院だったのに
戦国では影が薄いね。

53人間七七四年2012/04/30(月) 23:15:30.40ID:aH3j7qPl
>>52
興福寺由来の筒井とか古市とか越智とかが戦国大名化して大暴れだったわけだが

54人間七七四年2013/01/07(月) 02:15:41.25ID:/uFUr8sX
寺社勢力 僧兵

55人間七七四年2013/01/07(月) 06:12:09.53ID:eUhicQen
僧兵なんて言葉は江戸時代になって作られた造語。
同時代的には「悪僧」とかだが、基本武士と同一のものと考えていい

56人間七七四年2013/01/09(水) 18:57:33.62ID:gOSMSFdv
叡山の「大衆(ダイシュ)」って表現をよく目にするな。

57人間七七四年2014/06/08(日) 17:22:18.14ID:brUFiJ0h
神社の大宮司家も宗教勢力になるのか?

58人間七七四年2014/06/08(日) 17:38:51.95ID:7JkYs6Kl
神社系の勢力って阿蘇とか?

59人間七七四年2014/06/08(日) 18:33:02.38ID:MJlJaLqR
この時代の神社は寺と一体のところが多いんじゃないのか?

60人間七七四年2014/06/08(日) 23:51:58.65ID:7WmhUYbh
あんまり語られないけど
戦国時代に一番武家的色合いの強かった寺社勢力って
越前・平泉寺なのかな?
義景や信長なんかとの色々なエピソードもあるし

61人間七七四年2014/06/18(水) 19:40:15.59ID:kPLsOjer
保守

62人間七七四年2014/08/02(土) 02:52:04.72ID:YDVrAcGE
奈多八幡大宮司の姫を継室に迎えたのにその侍女に手を出してしまい
その侍女と一緒にキリシタンに改宗しました大友宗麟

63南無八幡大菩薩2014/08/09(土) 23:03:35.03ID:aGXN6TPT
八幡大菩薩の光明は一つ一つ遍く十方世界を照らす。
その光明は八幡大菩薩を念ずる人を照らしてけして見捨てず御護りくださる

法然上人

64人間七七四年2015/07/12(日) 00:23:28.27ID:zY0aSbdj
保全

65人間七七四年2016/01/28(木) 15:18:29.09ID:lwv7q0Q+
出羽の大宝寺武藤家は羽黒山の修験者を味方にして勢力を拡大した

66人間七七四年2016/02/11(木) 06:15:18.01ID:Tc1v0+kH
https://www.youtube.com/watch?v=O1HRbHpBK9k(マイナスSTAP胞細)(沖縄神田政典制圧)
https://www.youtube.com/watch?v=UpW3OnvM8RY

入浴厨森永喫茶大敗タイラーリーマンゲンジシャチョウシュッチョウクルマセンター
ニューヨーク飲会廃線自社買いボーナスワーナー映画(シネマレビュー低所得評論家)
川崎50代厨房教育違反アシスタント

67人間七七四年2016/05/21(土) 16:22:08.74ID:2bUmVAc3
仁和寺の法師は、日常的に刀で武装していたようだね

  徒然草 現代語訳つき朗読|第二百十八段 狐は人に食ひつくものなり
http://roudokus.com/tsurezure/218.html

≫ 狐は人に食ひつくものなり。堀川殿にて、舎人(とねり)が寝たる足を狐に食はる。
≫ 仁和寺にて、夜、本寺(ほんじ)の前を通る下法師(しもほうし)に、
≫ 狐三つ飛びかかりて食ひつきければ、刀を抜きてこれをふせぐ間、狐二疋(ひき)を突く。

≫ 一つは尽き殺しぬ。二つは逃げぬ。法師はあまた所食はれながら、ことゆゑなかりけり。

68人間七七四年2016/05/22(日) 15:02:39.34ID:i2oCTMCQ
家で寝てるところにキツネが侵入して襲ってくる
僧侶も自衛の刀が必要

69人間七七四年2016/05/25(水) 11:53:27.29ID:2NOwRMiL
興味はあるんだけどよくわからないんだよね

70人間七七四年2016/05/25(水) 15:05:29.99ID:37LJy+Id
日光とか

71人間七七四年2016/11/13(日) 18:34:19.61ID:AtXx7aYo
仁和寺の法師は、キツネに襲われて刀を抜いて応戦したのか

72人間七七四年2017/09/15(金) 21:09:43.21ID:6j2TuJ3+
保守

73人間七七四年2017/10/15(日) 07:04:33.07ID:66wHZBd5
比叡山延暦寺で1000日間の荒行を成し遂げた僧侶が京都御所で国と皇室の安泰を祈る儀式、「土足参内」が8年ぶりに行われました。
「土足参内」は平安時代に比叡山で修行をしていた僧侶がわらじを履いたまま京都御所に入り、天皇のきさきの病を治したという言い伝えにちなんで行われています。

ネットで天皇に呪いの言葉を
吐き続けている輩は比叡山大阿闍羅の
祈祷に歯向かっているという現実の
恐ろしさを認識すべきであろう

74人間七七四年2017/10/15(日) 17:42:42.61ID:q7929W4I
叡山って朝廷に強訴して脅しまくってきた存在でもあるやん

75人間七七四年2017/10/16(月) 20:36:46.20ID:r2vwXI/c
石山本願寺が信玄が西上してきた時に京都にぶっこまなかっはたのはやはり京都の寺社勢力と対立したくなかったからなのだろうか?

76人間七七四年2017/10/16(月) 23:11:21.37ID:oV1OhF6O
一向宗の多い所じゃないと力出せない勢力だから。まぁよく大名扱いされてるけどそういうところは違う

77人間七七四年2017/10/19(木) 10:50:37.52ID:E5chVn35
戦国時代発祥の新宗教とかないのかな?

78人間七七四年2017/10/20(金) 16:13:02.84ID:4Q4k89H4
発祥とは違うが戦国時代からといえばキリスト教だわな

79藤壮司2017/11/07(火) 07:53:02.63ID:dzMgMfoR
キリスト教禁止は、どの戦国大名も、宗向一揆に
悩まされたからや

80人間七七四年2017/11/07(火) 08:08:40.66ID:evlPa6fT
キリスト教を広めにきたのは、日本侵略と
井沢元彦が言っていた

81藤壮司2017/11/07(火) 08:11:24.15ID:E1zaPVHk
まだ、証拠には至ってないやん

82人間七七四年2017/11/07(火) 08:13:51.95ID:0LlIytil
キリスト教を広めにきたのと、朝鮮出兵は、絡んでいる

83藤壮司2017/11/07(火) 08:15:50.78ID:T2aWPUr6
信長が、宛てた手紙があるらしいが、これも、また
はっきりとした証拠はない

84人間七七四年2017/11/07(火) 08:17:18.05ID:9q3m2Kjr
まあ、朝鮮出兵は、秀吉の発作ではなかったってことだな

85藤壮司2017/11/07(火) 08:18:18.55ID:EPvN2RKo
信長の発作でも、なかったのかもしれない

86人間七七四年2018/05/26(土) 10:12:14.31ID:MuSp4COc
信玄は権僧正に叙されると身延山に延暦寺を移転させる構想を披露した

新着レスの表示
レスを投稿する