【バカ殿】織田信雄 Part2【茶筅丸】 [転載禁止]©2ch.net

1人間七七四年2015/07/09(木) 21:36:33.46ID:BhjrFYla
織田信雄は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。
大和宇陀松山藩の初代藩主。
永禄元年(1558年)、尾張国丹羽郡小折(現在の愛知県江南市)の生駒屋敷で織田信長の次男として生まれる。
生母は生駒家宗の娘・吉乃。
時代劇では馬鹿殿扱いされることが多い。
安土城を焼いた。

過去スレ
織田信雄を語る
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1149993954/

450人間七七四年2017/03/14(火) 14:10:03.48ID:Kba7lMeJ
信孝は、北陸方面平定の仕事を柴田勝家と共に行ない、勝家に大器と認められる
信雄は、伊勢方面平定の仕事を織田信包と共に行ない、信勝の失敗をいつも信包にフォローしてもらう

清州会議
勝家は、信孝を強力に推した
信包は、信雄を無視し、会議に介入しなかった

何故だ!?
信包にとって信雄は、さんざん手を焼かされた可愛い甥だろ

451人間七七四年2017/03/15(水) 03:19:59.67ID:tnQO3OJw
清洲会議の模様のほとんどが架空なんで
勝家が信孝推したって資料は存在しない

452人間七七四年2017/03/15(水) 12:20:45.44ID:+QNpjkpu
でも次男なのに誰もが信雄様をと言わなかったのがあれだよねw
嫡男が死んで、健康な次男がいたら普通は第一候補だろ
そもそもどうしても次男には継がせられないから会議になったんだろうけど

453人間七七四年2017/03/15(水) 13:34:55.55ID:tnQO3OJw
次男に継がせると三男(信孝派)と内紛になるかもしれない
家督を譲った信忠の嫡男なら神輿に担ぎやすいし
異論を出す余地もない
だから秀吉も勝家も三法師で決めた、が事実やん

454人間七七四年2017/03/15(水) 18:20:07.98ID:uVvLuddu
織田信雄と今川氏真は対面したことあるんかね?
信長とはあるみたいだけど

455人間七七四年2017/03/16(木) 00:21:11.13ID:RzNbYxod
バカ殿同士の対面は見てみたい

456人間七七四年2017/03/17(金) 11:47:14.23ID:ZXA2aU7l
バカ殿同士の対面なら、信雄と秀吉の対面で実現しているが

457人間七七四年2017/03/19(日) 11:45:41.78ID:eqL98ZIT
秀吉をバカ殿いうのはさすがに…

458人間七七四年2017/03/19(日) 12:12:38.41ID:equzw89W
バカ殿というより、暴君だもの

459人間七七四年2017/03/21(火) 10:19:57.23ID:dViGRheJ
ノブオちゃんをいぢめる暴君かw

460人間七七四年2017/03/23(木) 07:41:07.98ID:0iNOUvWI
小田原征伐までは家康より上座に座ってたんだよなあ

461人間七七四年2017/04/15(土) 08:22:30.79ID:mV7Xre26
浅井三姉妹を保護したのは秀吉ではなく、信雄

462人間七七四年2017/04/15(土) 12:18:59.14ID:NlON9Hlq
信雄偉い

463人間七七四年2017/05/09(火) 19:02:58.28ID:eVirFfWO
織田信雄は今川氏真に通じるものがある。
共に愚鈍な二代目といわれているけど戦国時代をしぶとく生き残った。

464人間七七四年2017/05/09(火) 19:03:56.85ID:9fEhzG3S
で?っていう

465人間七七四年2017/07/09(日) 12:13:38.96ID:u9fKqd4H
こいつの生き様を見ると「頼まれなくたって生きてやる」という某アニメのキャッチコピーを思い出す

466人間七七四年2017/07/09(日) 17:21:02.91ID:f+qiuL9H
映画『忍びの国』のヒットで信雄もブレイクするかも
http://www.shinobinokuni.jp/index.html

467人間七七四年2017/07/09(日) 23:07:35.85ID:2VY1cRSN
小牧長久手の講和の時に秀吉が信雄以外に人質を求めたのは
長益、滝川雄利、中川定成、佐久間正勝、土方雄良、雑賀松庵の6人
松庵以外は当時の信雄の支城主層
この6人が信雄の政策決定に影響力があるとみなされていた

468人間七七四年2017/07/09(日) 23:28:53.25ID:fgtnFiUr
ほう

469人間七七四年2017/07/10(月) 00:51:43.76ID:r+qzD/R2
信長が少しでもこいつにも期待してちゃんと教育してたら瓦解せずに済んだのにな

470人間七七四年2017/07/25(火) 16:05:27.22ID:5CD/w/pV
>>467
後の五人がそれぞれ織田家ゆかりの歴々の中で雑賀松庵って何者?

471人間七七四年2017/07/25(火) 18:07:40.11ID:fdEuWqVn
>>470
ググってみたら「織田信雄奉行人雑賀松庵について」って本が出てるみたいだよ

なんか実務官僚のトップみたいだね
2750貫、貰っていたそうだ

472人間七七四年2017/07/26(水) 09:12:58.60ID:MWP9JVVQ
小牧・長久手の戦いの構造 藤田達生 編 岩田書院 2006.4
「天下分け目の戦い」の時代へ 藤田 達生
ブロック形屋敷地群の成立と展開 伊藤裕偉
乱世から静謐へ 立花京子
史料論
外交論
実態論
小牧・長久手の戦いから見た大規模戦争の創出 谷口 央
小牧・長久手の戦いと在地社会の動向 山本 浩樹
小牧・長久手の戦いと長宗我部氏 津野 倫明
小牧・長久手の戦いに関する時系列データベース 白峰旬
尾張武士と伊勢 下村信博
戦場の目撃証言 西島太郎
秀吉の人質策 跡部信
秀吉文書と戦争 播磨良紀
織田信雄奉行人雑賀松庵について 加藤 益幹
羽柴・徳川「冷戦」期における西国の政治状況 中野 等
陣立書からみた秀吉家臣団の構成 三鬼 清一郎

473人間七七四年2017/09/21(木) 22:02:32.67ID:r0Yw7whc
三介殿のなさる事よ

474人間七七四年2017/09/28(木) 21:13:33.37ID:cqqns3jY
三介殿は残念ぶりが自分とよく似てて武将の中ではつい感情移入してしまう人

475人間七七四年2017/09/30(土) 18:54:39.23ID:kgYzcyOE
安土城炎上事故は、信雄から亡父信長への送り火だった説

476人間七七四年2017/10/01(日) 10:28:55.51ID:cEXASiTi
あれって単に、世間から信雄が濡れ衣着せられただけな気がする
犯人身内にしておけば、一番丸く収まるね〜っていう当時の人の知恵w

477人間七七四年2017/10/02(月) 00:04:30.06ID:396njLYq
>>476
しかも仕方ないねで済まされそうな人物w

478人間七七四年2017/10/02(月) 07:11:27.34ID:2SzSDe9n
三介殿がやった事なら仕方ない

479人間七七四年2017/10/03(火) 22:43:06.58ID:1cit8JZw
誰か信雄の株が上がりそうなエピソードない?

480人間七七四年2017/10/04(水) 00:34:15.55ID:ZamQI5Qi
楽山園はなかなかきれい

481人間七七四年2017/10/04(水) 03:53:52.40ID:O+PkQ/w5
大坂の陣で家康討つために単騎城を出て徳川方へ向かったのって通説なん?

482人間七七四年2017/10/04(水) 07:52:20.08ID:VLNa1lLK
能の腕前はプロ級だったらしいよ

483人間七七四年2017/10/05(木) 06:26:57.89ID:f5WujH3o
見事な舞を披露する信雄の横に
背の低いデブデブ太って不格好な家康がしゃしゃり出て
下手くそな舞をして笑いを誘ったエピソードもある
家康はアホのふりをして太閤殿下の警戒を解こうとしたのだろうと周囲からは評されている

484人間七七四年2017/10/14(土) 11:23:33.97ID:zHFqZzmT
大坂陣で信雄総大将と宇喜多秀家泳いで参るとだと、信雄がリーダーになった方が大坂方の勝率あがる

485人間七七四年2017/10/27(金) 16:15:13.15ID:LmRi5tvy
大坂の陣で泥舟に乗らなかった事は評価してもいいような気がする。

486人間七七四年2017/10/27(金) 16:22:58.29ID:LmRi5tvy
そういや大名に復帰した晩年の迷エピソードって何かあったっけ?
(小大名にしかなれなかったってのはナシでw)

487人間七七四年2017/10/28(土) 02:55:42.67ID:fZ78dGv4
信雄って元は親父の家来だった豊臣をバカにしてた? 

488人間七七四年2017/10/29(日) 02:08:06.51ID:YpErrUno
小大名であっても取り潰されなかっただけマシ 

489まこと2017/10/29(日) 17:27:46.65ID:nEk7366W
誰かとバカ話でもして、思いっきり笑いたい

490人間七七四年2017/10/29(日) 17:29:30.27ID:nEk7366W
>>489

大嫌いな父親に死なれて、漸くら自分が
恵まれた環境にいたことがわかったか?
ん?
56歳ニート

491人間七七四年2017/10/29(日) 20:56:58.02ID:8SRObQrZ
>>489
信雄は秀吉のバカ話の相手(御伽衆)してお金もらってた訳だが

492人間七七四年2017/10/29(日) 22:56:49.71ID:4NJVk8ok
>>485
片桐暗殺をやろうとしたのは信雄という説もあるけどなw

493人間七七四年2017/10/30(月) 00:10:03.65ID:IlTPzUR2
大友宗麟のバカ息子(信雄と同い年)「もう少し長生きできてればなあ・・」

494人間七七四年2017/10/31(火) 01:00:12.58ID:IMJ+RvhT
>>493
その息子「大坂の陣で豊臣側についたのでしょうな」

495人間七七四年2017/11/05(日) 20:10:17.02ID:UAW3MoFa
『忍びの国』見たけど
バカ殿っていうか単なる弱々しいお坊っちゃんじゃん

殿様が部下に張り倒されてメソメソ泣くって
とても知名度&イメージアップにはなりようがない

しかも荒武者がそのけなげな様子に心打たれて忠誠誓うって、アッーにしか見えんかった

496人間七七四年2017/11/07(火) 21:53:02.26ID:yibqLn3/
安土城を燃やしたのって秀吉側の人間じゃないのかな
あの時点で織田の象徴みたいなものだったけど
あれがなくなって秀信が安土城に入って織田家をまとめることもできなかったし
城のせいだけではないが

豊臣秀頼も大阪城が燃えて別の小規模な城に移ってたら豊臣の権威は落ちてたかも
信長が死んで一年以内に安土城を超える大阪城を造った秀吉にとっては
安土城なんて邪魔で燃やして信雄のせいにしたとか

497人間七七四年2017/11/10(金) 07:02:56.20ID:2J2pRFGz
天守閣は焼け落ちたが清須会議の結果織田家の嫡孫の秀信が安土城二の丸に入居した
秀吉が3年後に安土城を廃城にしたのは将来天守閣が再建されるのを憂いたからだろう

498人間七七四年2018/04/21(土) 10:10:26.40ID:oR1ttmP5
信雄研究というと

U 織田信雄―豊臣期の織田氏
藤田 達生「豊臣期の織田氏―信雄像の再検討―」
  (安土城考古博物館特別展『残照―本能寺の変からの織田一族』1994年)
加藤 益幹「織田信雄の尾張・伊勢支配」
  (有光友学編『戦国期権力と地域社会』、1986年)
岡田 正人「織田信雄の改易について」
  (『歴史手帖』3-12、1975年)
本多 隆成「小田原攻め後の家康と信雄」
  (『愛知県史のしおり』資料編12織豊2、2007年)
渡辺江美子「甘棠院殿桂林少夫人―豊臣秀吉養女小姫君―」
  (米原正義先生古稀記念論文集『戦国織豊期の政治と文化』、1993年)
http://www.iwata-shoin.co.jp/bookdata/ISBN978-4-86602-966-5.htm

「織田信雄家臣団について」 『郷土文化』 山口茂

こんなところなんだろうか
あとは最前線シリーズとか天正壬午の本であったかなあ

>>472
http://www.yomiuri.co.jp/chubu/feature/CO022951/20160926-OYTAT50037.html

499人間七七四年2018/05/04(金) 19:15:09.97ID:I6NYIrCZ
秀信(三法師)が早死にせず大坂の陣の頃に生きてたら,
豊臣側についてたのか、はたまた大名・旗本として迎えられ
徳川側についてたのか

500人間七七四年2018/06/05(火) 23:05:32.17ID:p78dGtSq
年齢的に頼長と同心して最終的に領地なしになりそう

新着レスの表示
レスを投稿する