戦国ちょっといい話45 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1人間七七四年2017/06/08(木) 07:42:51.12ID:BB46T000
戦国のホロリとくるエピソードを挙げていこう
戦国ちょっといい話・悪い話まとめブログ
http://iiwarui.blog90.fc2.com/
書き込む際にネタがかぶっていないかなどの、参考にしてください

前スレ
戦国ちょっといい話44
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1469664777/
姉妹スレ
戦国ちょっと悪い話44
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1470783230/

952人間七七四年2018/05/25(金) 20:21:58.17ID:Lm1qhWqo
充分に兵力を入れていなかったのを、いい抜けた話か。

953人間七七四年2018/05/25(金) 23:54:44.12ID:cMVWVWaf
片桐の兵共々鉄砲で追い払えば良かったのに

954人間七七四年2018/05/26(土) 18:48:06.81ID:HOWgnCDb
そんなことできるのは伊達さんだけ

955人間七七四年2018/05/27(日) 21:10:54.20ID:DN4fvMPd
小田氏治がNHKの歴史番組で取り上げられます
NHK総合の番組「歴史秘話ヒストリア」で、小田氏治が取り上げられます。
小田氏治の肖像画(法雲寺所蔵、当館寄託、茨城県指定文化財)などが、番組内で紹介されます。
当館では、この放映に合わせて、「小田氏治像」「小田治久像」「小田天庵公一百五十年忌祭録」を7月15日(日曜日)まで展示します。この機会に、ぜひご覧ください。

【放映日時】6月13日(水曜日)午後10時25分から11時10分まで
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page011080.html

マジか、ついに天庵様が

956人間七七四年2018/05/27(日) 21:53:13.74ID:2DMcxkmq
ネタ枠がついにここまで来たかw

957人間七七四年2018/05/27(日) 21:58:25.37ID:hrR0WwC7
前にも立花宗茂と今川氏真とセットで取り上げられてはいたようだ
それにしても「知恵泉」のサイトのURLが
http://www4.nhk.or.jp/chieizu/2/
でまるで信綱のような

439 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/26(金) 22:07:23.92 ID:JvE4goeo
天庵様が明日の番組でNHKデビュー

先人たちの底力 知恵泉 年末SP「負けたのによく生き残った!戦国武将特集」

958人間七七四年2018/05/28(月) 09:59:11.73ID:G3/hr0Wa
本能寺の後、信州より居城兼山に帰ってきた森長可は言った
「弟である乱丸、坊丸、力丸は討ち死にしたという事だ。信長公も御生害なされ、
この上は京に上っても意味がない。
岐阜の城にいる、残る弟の仙千代(森忠政)を奪い取ろう。
しかし人数多くては無理であろうから、井戸宇右衛門一人供をしろ。」

宇右衛門畏まり、加えて下人少々召し連れ、主従6人にて岐阜城に忍び入った。
日暮れまで静かに待ち、人質を置かれている家に、長可一人忍び入った。
傅役として付けられた各務長助13歳、仙千代14歳、二人共に手を取り家より引き出し、
城の下十丈ばかり(約30メートル)の谷底に大きな布団が用意してあり、
井戸宇右衛門その他が待っていた。

長可は二人をその布団の上に飛び降ろさせ、下に落ちると馬に乗せ、豆渡りの渡に向かい、
浅瀬に馬を入れて難なく川を越え尾張の地に入った所で夜が明けた。
そこから馬を早め、その日の内に兼山へ入った。

兼山で待っていた御母公は、「七世の孫に逢ったような心地です」と、喜ぶこと限りなかった。

(兼山記)

959人間七七四年2018/05/28(月) 12:07:42.11ID:kUWGZNYS
30mと言うとマンションの10階位の高さか...
こわっ!!

960人間七七四年2018/05/28(月) 12:38:40.87ID:DVaPyOBu
布団でなんとかなる高さなのか・・・
かなり、高さは盛ってある感が。でも、岐阜城だと、山の上だしなあ。

961人間七七四年2018/05/28(月) 18:46:24.88ID:homQuwcC
布団にまいて落としてなかったっか?

962人間七七四年2018/05/29(火) 01:42:58.86ID:0tvEr/AT
小田家関連がNHKで放映されると聞いて飛んできました
やったぜ天庵さま

963人間七七四年2018/05/30(水) 19:38:44.80ID:m3QtbrAB
上様日和という事
同時九鬼大隅守嘉隆日本丸といふ大船を乗廻し南の海上を取巻けり、此所は荒海にて、東
風吹く時は波浪山岳を倒しかくるが如し、船をかけ並ぶる事思いも寄らぬ所なるに、秀吉
城を囲まれし間五十余日風静に波穏かなり。是よりして小田原海辺風無き日を上様日和と
言慣しけり。
                            (常山紀談)

 秀吉が小田原城を包囲する間、天気がよかった話。
 北条氏は、天運にも見離されていたのか。まあ、海が荒れて、海上からの包囲に穴があ
いても、味方してくれる勢力が一つもない状況だったわけだが。豊臣方の海上輸送も阻害
されただろうから、包囲が続けられなかったかな。

964人間七七四年2018/05/30(水) 22:48:48.01ID:8830ayA8
>>960
すまんけど、ちょっと布団持って行ってやって来てくれよ
報告よろ

965人間七七四年2018/05/30(水) 23:47:37.61ID:2DJug1SZ
上様日和って吉宗が屋敷に来て慌てる悪代官を想像してしまう

966人間七七四年2018/05/31(木) 11:53:15.30ID:1OLpxP+u
そういえば富岳三十六景の神奈川沖浪裏もこのへんの海域か
あれも「波浪山岳を倒しかくるが如」くだもんな

967人間七七四年2018/06/01(金) 21:04:39.75ID:OgMQNIEj
 文禄2(1593)年12月、奉行の浅野長吉と木下吉隆が秀吉の意向を受けて、在陣武将た
ちに虎狩りを命じた文書が残っている。

 秀吉様の御養生のために虎を捕獲して塩漬けにして送れ。必要なのは頭と肉と腸で、皮
は自由にしていい

 この文書を読むと、当時虎は不老長寿の薬として重用されており、朝鮮での虎狩りは秀
吉の滋養強壮の薬を調達するために行われていたようだ。秀吉が文禄3年4月12日付で加藤
清正に宛てた朱印状では、清正が秀吉の命令に従って実際に虎を狩って秀吉に送っていた
ことがわかる。熊本日日新聞社編『加藤清正の生涯』p74

 虎の利用法。秀吉の仙薬調合の材料確保のために組織的に行われていた。加藤清正以外の部将も、虎狩りに従事していた。
 皮は好きにしていいというのは、実際に虎狩りに従事した大名たちへの反対給付の意味もあったのかも。

968人間七七四年2018/06/02(土) 18:13:50.45ID:gKbDChEG
朝鮮役での虎狩りの話題が出てるので毛利元就の四男、穂井田元清の虎狩りの話を…
>>967のように秀吉は朝鮮へ渡海する諸将に虎を狩る様命じ、朝鮮へ渡った穂井田元清も二頭の虎を生け捕りにして日本へ送った。
日本へ送られたこの虎は後に後陽成天皇の御前にも召し出されるほど人気であったと言う。
そんな人気が出る虎なんてひょっとしてでっかい猫みたいなものだったのではなかろうか?

https://i.imgur.com/9DhS1j7.jpg
https://i.imgur.com/k8x2b3o.jpg

969人間七七四年2018/06/02(土) 20:23:34.74ID:f/1CtrpU
下の子、ちょっと腹が出すぎww

970人間七七四年2018/06/02(土) 20:55:52.36ID:BXsv5Oxs
孕んでんじゃね?

971人間七七四年2018/06/02(土) 21:05:04.03ID:FbZbFDG+
虎狩りと言えば立花家臣・米多比三左衛門の大虎・小虎のエピソードが有名だよな
それにしても立花家は墨縄といい有名な逸話が残る火縄銃が現存してるのは凄いなあ

972人間七七四年2018/06/03(日) 21:36:20.96ID:RYlmtq2o
永禄2年8月、織田信長による伊勢北畠攻めにおいて、北畠方の徳山城も、織田掃部助(忠寛か)、
蒲生賢秀、その他約1万余騎にて攻め寄せ、揉みに揉んで攻め落とした。

この時、蒲生賢秀の嫡男である忠三郎(氏郷)も14歳にて軍始であったため、賢秀は殊に
気を使い、彼に結城十郎兵衛、種村伝左衛門という、家中の剛の者を付けた。

さて、賢秀が士卒を下知して駆け回っていると、「忠三郎様の姿が見えない!」という
声を聞いた。賢秀は驚愕して、結城、種村を呼びつけ
「汝等を付けたのは何のためか!?討たれてしまったのかも知れない、どうすれば…。」
そう悩み悶て居た所、そこにひょっこり、忠三郎は敵の頸を取って帰ってきた。
賢秀あその姿を見るや、感涙し鎧の袖を濡らした。

忠三郎の取った頸はやがて信長の見参に備えられ、信長は感じ入り、自ら打アワビを
取って与えたという。

(氏ク記)

初陣のときから一騎駆け大好きなレオン様であった

973人間七七四年2018/06/03(日) 22:57:26.59ID:PvhrymRI
一騎駆けで、生き延びる人間と死ぬ人間の格差が・・・

974人間七七四年2018/06/06(水) 22:59:53.83ID:+taDBLgq
本能寺の変のあと、明智光秀が近江国安土城を接収すると、同国の住人たちは我も我もと
光秀に降参し、その幕下に属さない者一人もなしという有様であった。
その中で、蒲生賢秀・氏郷父子は「故信長公からの御恩を何れの世にか報い奉るべきか、
ただ一合戦して腹を掻っ切り御供せずにはしかず。」と、居城である日野城に立てこもり
要害を普請し軍勢を集めた。その数1500余騎という。

これを知った光秀は、蒲生に使いを出し『今度光秀に同心すれば近江半国を与える』と
伝えたが、蒲生父子は全く同心しなかった。

近江の住人である多賀豊前守、布施忠兵衛たちも既に明智方となっていたが、
何れも蒲生と疎意の無い人々であったので、彼らからも「罷り向かって異見を申そう」と、
自ら日野を訪れ出し再三に渡り諫言を行った。

しかし賢秀・氏郷父子は彼らと対面すらせず、ただ『武士たらん者は恩を知って以て人であると
申す。御辺たちは降参を能きと思ってそように申されるのか。」と返答した。

嘲られた両人は口惜しく感じ、馳せ帰ると光秀に申し上げた
「蒲生親子は以ての外に奇怪なる者にて候。急ぎ御退治有るべし」
特に布施忠兵衛は進み出て
「現在日野城は未だ普請中であり、堀、櫓は生壁の状態ですので、破壊も容易いでしょう。
1日も早く攻め寄せられるべきです」と積極的に提言した。
これを聞いて光秀も、尤もであると考え、すぐに蒲生攻めの準備を始めようとした。

ところがここで、信長の三男である神戸信孝が大阪より引き返し、光秀の婿であった
織田信澄を討ったという情報が入り、光秀は近江のことを明智弥平次に任せて
自らは信孝に対処するため攻め上がった。

(氏ク記)

本能寺の変の後の近江情勢の事など

975人間七七四年2018/06/07(木) 09:35:25.55ID:PBC4CLeq
意外と、信孝の動きって重要だったということなのかな。
四国遠征軍は瓦解して、たいした働きはできなかったと言う話だが。

976人間七七四年2018/06/07(木) 11:06:11.75ID:GbR2xIHX
味方になるかはわからないけど婿だし
これに対応しないと味方を見殺しにするってイメージを降った者に持たれて士気が下がる要因になるし最悪離反される恐れがあるからね
あと大溝城の接収にも関係してくる

977人間七七四年2018/06/07(木) 17:53:15.18ID:XENet+TR
>>971
前に柳川の御花で大虎・小虎の実物と親子の虎の歯が展示されてたな
小虎の方がちょっと短い銃だった

978人間七七四年2018/06/08(金) 17:47:16.27ID:K7zh36zA
清須会議の後、織田信雄と織田信孝の対立が顕れ、諸大名は信雄・羽柴秀吉方と
信孝・柴田勝家方へと分かれた。

そのような中、蒲生氏郷は妻が信長次女であり(相応院)、信雄も信孝も自身の
小舅であることから、どちらに付くとも態度を表明しなかった。
そのため柴田勝家からも羽柴秀吉からも、平に頼み申すとの遣いが送られた。

蒲生家に対して世間ではこう考えていた
「蒲生父子は柴田勝家の寄騎として、勝家出陣の時は先手を任され毎回手柄を成された。
勝家が越前を拝領された後は柴田とは離れたが、最前よりの好であるから、きっと柴田に
同心するだろう。」

しかし氏郷はどう考えたのか、勝家に対して切れ目(断交)の返事をした。
蒲生家では安井孫右衛門という者を越前に付け置いていたのだが、彼を一旦帰国させ、
その上で使いとして勝家の元へ向かわした。

安井が蒲生の返答の内容を申すと、勝家は「思いもかけないことだ、蒲生は必ず味方となると
思っていたのに。」と、力を落とした様子であった。その上で、勝家はこの安井孫右衛門に
別して目をかけていたので

「今度の合戦に討ち勝てば、近江国にて存分の知行を宛てがおう」と、折り紙を渡して
帰させたという。

(氏ク記)

勝家はいい人だな

979人間七七四年2018/06/08(金) 19:13:33.87ID:A67A5fmZ
>>978
>勝家はいい人だな
まあ裏を返せば悪い人には勝てないな…

980人間七七四年2018/06/09(土) 12:23:47.26ID:eZTiEHQh
蒲生氏郷が豊臣秀吉により伊勢国松島十二万石を拝領した頃、彼への奉公を望んで来た
者たちの中に、松田金七という者があった。彼は元は大和国の侍で、生来武勇の者であったが、
ある年、南砺(奈良)に牢人して居た時、仔細のことあって町人たちと口論に及び、
大勢の中に取り籠められ、その内の一人が持っていた棒に当たった。

これは武士にとって非常に屈辱的なことであり、「是非とも死なねば!」と叫んで
自ら死のうとしたのを、周りの人々が無理に押し止めたため諦めて恥を忍んだ。
しかし以降、松田は自分の具足を威して、背中に金箔で『天下一の比気者(卑怯者)』と
書きつけた。

そしてこの度、蒲生氏郷の元に参り、河井金左衛門を頼んで奉公を望んだが、
「私は天下一の比気者ですが、御用に立つことも有ると思います。お目利き次第にて、
御扶持を申し請けたく思います。」
そう申し上げた。

氏郷は彼の正直に感服し、「只者ではない」と、彼に過分の知行を与え、鉄砲隊を預けた。

(氏ク記)

就活中の方、ご参考に

981人間七七四年2018/06/09(土) 13:04:21.16ID:IgtKlBFt
工場長だから雇ってくれたような

982人間七七四年2018/06/09(土) 18:22:18.75ID:yyO2B7IA
出典はないけどまとめの671工場長の名前が広がった
蒲生氏郷の、蒲生再生工場!・いい話
の蒲生再生工場(二)で既出

まとめの8518人さらいを推奨する困った仏様の話
ではこの松田金七はなぜか通古賀(福岡県太宰府市)の村出身になっている模様

983人間七七四年2018/06/10(日) 11:43:06.50ID:+lBkktIw
天正13年7月、豊臣秀吉は摂政関白の両職を占められた。目出度いことである。
その御治世の賢きことを考えてみると、織田信長は義と剛のみを用いられたため、
敵対する者は不義であると、御身剛なるままにその根を絶ちその葉を枯らした。
また敵の方から降参する者をも、不義をして来た者であるからと、後になって害した。
そのようであったので降参するものも無く、故に天下も静まらなかった。

一方の関白秀吉は、柔と剛を兼ねて用いられ、敵対する者へは、或いは先に扱いを入れて
それを聞かなければ攻められ、或いは先に攻撃してその後扱いを入れた。そして降参する者には
過分の領地を与えた。故に天下は早々に治まったのである。

(氏ク記)

氏郷記による、信長と秀吉の違い

984人間七七四年2018/06/10(日) 14:15:52.84ID:TtJ2yHhY
秀吉は、そうやって外様にいい顔したから、子飼いの武将があまり大身にならなかった側面があるような。

985人間七七四年2018/06/10(日) 14:24:34.85ID:08xhiQlf
譜代の石高が低いのは徳川も一緒じゃないかな

986人間七七四年2018/06/10(日) 15:12:43.50ID:KDd0fsGl
譜代に大身を与えたら反乱祭りになった足利幕府という例があるからな

987人間七七四年2018/06/10(日) 19:41:46.61ID:Lmu5ih2J
秀吉の場合理不尽に奪うケースも多かったと思うがなぁ( 奥州仕置とかが判りやすい )

988人間七七四年2018/06/11(月) 00:42:38.28ID:Vq/uASs5
恩賞の土地が無くなってきたとか?

989人間七七四年2018/06/11(月) 01:08:18.93ID:r7KW5omB
理不尽っつーか、奥州とか九州とか、よくわからない土地は自分の功臣にどかっと領地を与えるのに使っちゃった、ってことだろ。
奥州とか九州とか、先祖代々の入り組んだ関係を理解して公平にさばくなんて誰にもできない。

990人間七七四年2018/06/11(月) 10:18:37.36ID:1BvVKhuE
信長の場合、問題は、最初友好的だった戦国大名と、領土が近づくとことごとく敵対関係になっていること。

991人間七七四年2018/06/11(月) 13:11:49.75ID:Vq/uASs5
友好的な戦国大名って誰のことだろう
分かる人いる?

992人間七七四年2018/06/11(月) 14:17:55.69ID:sVJD/xBa
上杉や毛利でしょうね
ただし領地が接した途端に戦い始めるのは戦国大名としてはお約束の展開。
秀吉なんかも征伐、征伐だし

993人間七七四年2018/06/11(月) 18:36:07.89ID:3S+RqTvu
種村大蔵入道慮斎は元は織田信長に仕えた御咄の衆で、信長死後は蒲生氏郷に、
同じく御咄の衆として仕えた。

さて、氏郷が豊臣秀吉より伊勢松坂を拝領すると、蒲生家中の面々は屋敷を取り立て、
美々しく家を建てた。
この慮斎も屋敷を造り、その庭には富士山を築いたと評判であった。
そこで氏郷もある時、「そういう事ならば御辺の庭を見たい」と、わざわざ彼の屋敷へと
参った。

所が、慮斎の築いた山を見ると、頂上が丸い。
氏郷は去る年、織田信長による武田征伐の時東国へ赴き、富士山を見たことがあったので
思わず笑いだした

「これはどういう事だ、こんな富士山は聞いたこともない!」

そして興に乗り、硯と紙を持ってこさせ、短冊に一首を詠んでこの築山に立てて帰った。
その短冊には

『富士見ぬか 富士には似ぬぞ松坂の 慮斎が庭の擂粉木ヶ嶽』

(氏ク記)

994人間七七四年2018/06/11(月) 19:55:02.89ID:6u0nRO91
すりこぎヶ岳って、どんだけ丸かったんだ。ハワイの火山みたいなものか。

995人間七七四年2018/06/11(月) 21:32:38.97ID:VdMRi/wo
>秀吉の場合理不尽に奪うケースも多かったと思うがなぁ

まるで家康が理不尽に奪ったことがないかのような語りっぷり

996人間七七四年2018/06/11(月) 22:35:30.19ID:gXCXqSHq
家康いったいどこから出て来たんだろう?

997人間七七四年2018/06/11(月) 22:40:47.58ID:x90bEq2Z
新スレ立ててみる

998人間七七四年2018/06/11(月) 22:49:34.52ID:x90bEq2Z
できた。こちら埋まったら移動してください

戦国ちょっといい話46
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/sengoku/1528724750/

999人間七七四年2018/06/11(月) 23:40:15.02ID:YRcX9Cs9
>>998

1000人間七七四年2018/06/11(月) 23:41:37.43ID:6u0nRO91
乙〜

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 368日 15時間 58分 46秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。