戦国時代で一番悲運の武将といえば?

1人間七七四年2018/02/21(水) 23:02:15.97ID:TsVW7KCg
柿崎景家

2人間七七四年2018/02/22(木) 10:52:49.09ID:jipYHyFk
内ヶ島氏理

3人間七七四年2018/02/22(木) 14:51:13.22ID:LGkBtCZS
勝頼は不幸だと思う

4人間七七四年2018/02/22(木) 20:23:47.84ID:65rcvpx3
肥溜めに落ちたやつ

5人間七七四年2018/02/23(金) 00:13:08.37ID:l0ucsUCY
吉弘統幸

6人間七七四年2018/02/24(土) 04:41:23.39ID:SR5iuAg5
城井宇都宮氏

7人間七七四年2018/02/24(土) 07:25:42.39ID:fdWFYPok
各人なにが不幸だったのか解説頼む

8人間七七四年2018/02/25(日) 03:22:19.75ID:BU7dM/2/
>7
2 天変地異
3 大体親父のせい
5 主君がろくでなし
6 時代に取り残された田舎もんの悲哀
ってとこか

9人間七七四年2018/02/25(日) 19:11:55.28ID:NbewojDt
山中鹿介

10人間七七四年2018/02/25(日) 20:10:28.64ID:hGwP6rlp
伊東義祐

11人間七七四年2018/02/26(月) 14:24:33.93ID:EFlaE6/0
豊臣秀次
秀吉に振り回されるだけの人生

12人間七七四年2018/03/06(火) 22:08:29.09ID:FjQdyqYP
>>11
素直に出家すれば悠々自適だった

13人間七七四年2018/03/07(水) 21:34:57.83ID:emglCWz3
和賀忠親

14人間七七四年2018/03/07(水) 22:59:44.75ID:KV6TCv1E
>>7
関ヶ原の時に従弟の立花宗茂の家にいた吉弘統幸は徳川家に大友家の現当主である義乗がいるんで
西軍に付いた立花家を出て義乗のもとで徳川方として働いて大友家を復興させよとするんだけど
その途中で毛利方として挙兵しようとしてた大友吉統と出会ってしまって、徳川にいる義乗の立場が
悪くなるからやめるように説得するんだけど聞き入れられず、見捨てることもできずに吉統の軍に加わって
石垣原の戦いで大活躍するんだけど、旧知の井上之房と出会って戦って統幸の槍が先に井上に当たるんだけど
刺し貫く力が残ってなくて逆に致命傷を負って戦死するという不幸な人

15人間七七四年2018/03/08(木) 22:51:48.89ID:qV9/Z166
>>14
大友吉統は各所で不幸を振り撒いてるな

16人間七七四年2018/03/16(金) 21:36:52.98ID:HIrPeSqo
長宗我部信親でしょう!

17人間七七四年2018/03/17(土) 12:02:11.94ID:MylP+fCr
伊東義祐

18人間七七四年2018/03/21(水) 19:14:23.39ID:88sUvXSn
織田信孝
戦国でも指おりのお坊ちゃん
部下だと思っていた秀吉に
いつの間にか追い詰められた
本能寺の1番の被害者
秀吉を怨み恨んだ辞世を残した
と言われる
創作と疑われているが俺は
実際残したものと思う

19人間七七四年2018/03/28(水) 12:13:08.85ID:mxIJ4A2k
信雄よりも才気あふれるがゆえに、信雄ほど利口に生きることができなかったんだねえ

20人間七七四年2018/04/01(日) 15:16:38.78ID:v74otq1V
第二の小京都と言われた大内家の内乱で信玄の妻の親父含めた公家が何人か打たれてるんだよね
武将じゃ無いけど

21人間七七四年2018/04/06(金) 00:45:55.38ID:hFQ0Wwcu
伊東義祐

22人間七七四年2018/04/12(木) 10:43:28.80ID:nattW7uU
上杉憲政
氏康に関東を追われ、最後は当の氏康の息子と心中

23人間七七四年2018/05/22(火) 03:39:44.16ID:ujqi3ltR
家督相続時点で周りは全て敵という状況から長篠を重症で乗り越えつつ、斜め上の宿敵上杉のお家騒動に巻き込まれた影響で命綱無しで信長と闘う羽目になった勝頼さんは間違いなく戦国一のアンラッキー

新着レスの表示
レスを投稿する