戦国時代の鬼○●を語ろう

1人間七七四年2018/04/11(水) 20:14:43.71ID:3+v70s8x
鬼島津とか
鬼玄蕃とか
鬼柴田とか
鬼イカセとか
語りましょ!

2人間七七四年2018/04/11(水) 20:48:57.36ID:X8osbfOn
鬼ベルガー
鬼沼
鬼ねぁ

3人間七七四年2018/04/12(木) 20:07:04.65ID:xkMY6hyI
やっぱり鬼小島

4人間七七四年2018/04/28(土) 09:34:09.23ID:gblB/qRL
鬼義重
不死身の鬼美濃
鬼武蔵

川柳みたいになった

5人間七七四年2018/04/30(月) 22:19:54.02ID:TD9ik29x

6人間七七四年2018/05/01(火) 00:48:04.47ID:8AQ4QET4
マルチとは平成に入っても屑玄蕃だな

7人間七七四年2018/05/01(火) 22:42:54.09ID:EoXe3P2b
「鬼の佐久間」で思い出したんだが、
その後に加賀に入封した前田さん、次代に徳川と緊張状態になった際、金沢城の西側が手薄と言う事で高山右近の差配で惣構え堀を強化する工事を行った
奉行は冨永勘解由左衛門が任命される
後北条の遺臣といわれ、武勇絶倫とされていた彼は、この工事も良くこなしたという
その堀が鞍月用水である
「鬼の冨永」が手掛けた事から「鬼川」とも呼ぱれている

8人間七七四年2018/05/01(火) 22:52:38.18ID:EoXe3P2b
ゴメン、鞍月用水じゃなくて大野庄用水だった

鞍月用水は冨永が住んでた辺りな
金沢大火の折り、冨永の屋敷にも火の手が迫ったが、鬼のような異形の者が現れて類焼を防いだと言う
また、冨永が手掛けた大野庄用水付近は中級武士の屋敷町だったが、大火に見舞われる事はなかったという

9人間七七四年2018/05/01(火) 23:02:18.26ID:EoXe3P2b
さて、鬼形の者は何者なのか?
冨永の先祖は武勇を磨くため、修行の旅に出ていたが、役小角を守護する鬼神と出会い、その元で鍛練を重ね、ついには鬼神を凌ぐ武勇を身に付けたと言う
以後、代々「鬼の冨永」と称されるようになった由

冨永家では正月に当主が鬼に酒を捧げ、節分には「鬼も内、福も内」と唱えるようになった

10人間七七四年2018/05/18(金) 05:45:22.79ID:kCFeiito
鬼が付く奴で誰が一番強いんだ?

11人間七七四年2018/05/21(月) 18:22:38.93ID:ZBApTNPw
身長的には和仁人鬼が強そう

12人間七七四年2018/05/26(土) 05:51:25.08ID:a5kmb+x6
山本道鬼

新着レスの表示
レスを投稿する