天文・気象板 初心者質問すれ。PART XLVII

1名無しSUN2018/04/28(土) 08:23:01.73ID:+pWisuWo
天文・気象の疑問質問を受け付けるスレです。
単発スレを立てずにここに書きましょう。
質問内容は、高度なものから初心者レベルまでご遠慮なくどうぞ。

前スレ
天文・気象板 初心者質問すれ。PART XLVI
リンク不明

24名無しSUN2018/08/13(月) 18:52:03.72ID:5zohjqPf
>>21
月から見て全天に占める地球の割合はわずか0.01%にすぎない。
隕石除けとしての影響はほとんどない

25名無しSUN2018/08/15(水) 01:13:53.59ID:DYsyYMWV
適切なスレが無く、ここで質問させていただきます。
もし、東京の今くらいの最低気温(通常は深夜の気温)が、東京の1月の最高気温(通常は真っ昼間の気温)並になった場合、全体としてはどう変化しそうでしょうか。
単純に温度が変わるだけでなく、風や地形にも影響は出ますから。

26名無しSUN2018/08/29(水) 21:56:13.41ID:SYwSGLGl
明日の天気図は、秋雨前線が東北と関東の太平洋側で途中で途切れていますが、これはどういう状況なんでしょうか

27名無しSUN2018/09/02(日) 17:49:50.36ID:c9r50Iyi
よろしくお願いします。
黄道傾斜角は23.4度で一定であるのと、北半球で夕方の黄道が最も立って見えるのが3月でその逆が9月、と言う事実がどうしても結びつきません。
黄道と地面の傾きは常に23.4度ではないのでしょうか?

28名無しSUN2018/09/02(日) 23:19:44.20ID:Oq17Zon0
今回の台風21号は、進路、気圧が伊勢湾台風に似ていると言われていますが、大きさ(直径)に関しては、それと比較してかなり小さい気がします。

そこで思ったのですが、台風の大きさはどのように決まるのでしょうか?なんとなく気圧と相関性があるような気がしていたのですが、同じ気圧でも、大小あるようなので、気になっています。

29名無しSUN2018/09/04(火) 18:08:12.57ID:Lqe93Ubv
俺が子供の頃、まあ昭和の頃は
数時間の夕立ちのあとはほぼ晴れてた。
台風も通過しちゃえば台風一過といって晴天になってた。
なのに最近は夕立ちというかゲリラ豪雨の後も雨だったり、
台風が過ぎたのに雨続きだったりするよね?
これは昔と何が変わったからなのでしょうか?
教えて先生

30名無しSUN2018/09/04(火) 18:09:17.24ID:Lqe93Ubv
age

31名無しSUN2018/09/04(火) 18:19:14.94ID:ihCIPbq/
現役慶大生の荒し捕縛事件覚えてる人居る?

32名無しSUN2018/09/04(火) 19:45:43.01ID:M+btQPQg
なんで台風は毎回新潟県を夜間に通過するのですか?

33名無しSUN2018/09/05(水) 01:54:35.10ID:I/hrob2z
場所を間違えて書いてたので改めてレスします

台風について質問なんですが
ここ数年で「進行方向の右側が雨風が強い」とよく言うようになってますが
更に詳しく見ると進行方向のどの角度の辺りが一番強くなるんでしょうか
進行方向に対して台風中心から見て斜め前方向だとか、真横だとか
少し過ぎてからが強くなるとか、そういうのは分かってますか?
それともこれについてはいろいろな環境が関わるから一定ではない?
この質問はあくまでも台風本体についてで
他から別の前線影響で雨が続くとかそういうものは除外です

34名無しSUN2018/09/05(水) 21:30:49.18ID:3gNJbxoD
宇宙板ができて天文の需要は下がったけど気象はまだ需要あるんかな。
5chは過疎化が進みTWやFBを代替にするわけにもいかず痛し痒し。

35名無しSUN2018/09/06(木) 11:17:27.72ID:yzONRY3l
>>27
黄道と赤道の角度が常に23.4度なだけであって、
黄道と地面の角度は変化する。

36名無しSUN2018/09/07(金) 08:32:59.94ID:7+gFyxGf
>>35
レスありがとうございます。シミュレーターで確認してわかりました。
小学生の時の天球図で、一日の太陽の移動線の平面を
黄道と勘違いしていたことに気付きました。あれは季節によって傾きが変わらないので。

37名無しSUN2018/09/07(金) 18:56:34.18ID:1raM1uMk
台風の新潟県深夜通過は誰も答えられないw
永遠の謎w

38名無しSUN2018/09/14(金) 19:55:35.12ID:PNJq0UhQ
夕焼け予報ってなんでないの?難しいの?

39名無しSUN2018/09/18(火) 19:00:07.88ID:LbuhzTb+
お願いします。太陽質量の3.8倍のブラックホールが発見されたそうですが、
そのブラックホールの成因を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

40名無しSUN2018/09/20(木) 11:20:54.23ID:B5W2jMuc
高層天気図予報図がネットで視れるように成ったのは何時どうやってでしょうか?予報士試験を控えています。

41名無しSUN2018/09/20(木) 19:23:10.80ID:fLKjbC8m
http://www.jma.go.jp/jp/week/310.html
宮古の土曜の天気は「雨時々止む」となっていますが、
「止む」という表現を今まで見た記憶がありません。
以下の用語索引にも「止む」についての記述がないのですが、
気象庁の予報では珍しい表現なのでしょうか?
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/sakuin.html

42名無しSUN2018/09/26(水) 17:34:32.09ID:KEHp1aai
M型星のスペクトルに、暗線が他の型より沢山観察されるのは何故ですか?

43名無しSUN2018/09/27(木) 20:42:36.61ID:PCcfr5hK
>>42
O、B型星などは高温で原子がみんな電離してしまって、吸収線を示す原子の種類そのものが少ない。

逆にM型星だと低温すぎて原子のみならず分子までも分解されずにあるので、多種多様な吸収線がある。

44名無しSUN2018/09/28(金) 05:22:48.75ID:V1x5T124
>>43
ありがとうございました。

45名無しSUN2018/09/28(金) 11:45:56.42ID:Di4VL/xQ
>>39
普通に超新星爆発じゃないの?

46名無しSUN2018/09/30(日) 07:49:01.37ID:YnuEkAMg
>>45
回答ありがとうございます。超新星爆発でブラックホールを形成するのに必要な質量は、
最低でも太陽の20倍と考えられていますが、この小さいブラックホールは失われた質量が膨大ですね。
その辺の経過は研究中でしょうね。

47名無しSUN2018/09/30(日) 09:53:54.50ID:Q6T+/MTI
台風中継に映りこむ謎のオカマは何が目的なんですか?

48名無しSUN2018/09/30(日) 11:45:39.17ID:316U+xDW
>>46
母天体の大部分は超新星爆発で外に吹き飛んでしまい、
中心に残るブラックホールや中性子星は母天体の質量のごく一部なだけ。
それが普通

49名無しSUN2018/09/30(日) 12:05:15.58ID:316U+xDW
超新星爆発時に重力崩壊を起こす領域は半径数千kmくらいの領域。ざっくり地球くらいの大きさ。
一方、母天体は赤色超巨星でその大きさは太陽の数百倍オーダー。
人間に例えるなら、重力崩壊で潰れるのは細胞1個分くらいの狭い領域でしかない。
もちろん密度が違うので単純に質量換算はできないけど、母天体の全質量が
ブラックホールになるわけではないことがわかるでしょう。

50名無しSUN2018/09/30(日) 18:40:19.39ID:6q+HUNFp
http://www.jma.go.jp/jp/gms150jp/imgs/0/infrared/0/20180930183000-00.png

この上のギザギザは なんでこうなるのでしょうか

51名無しSUN2018/09/30(日) 22:34:34.56ID:YnuEkAMg
>>49
太陽質量のBHがもしあるとすれば、直径3kmほどになるそうです。今回見つかったBHが特別なものではなく、
観測技術の進歩により発見されたものであり、小さなBHが一般的な物であるならば、想像以上に多くのBHが
銀河系にあるのかもしれませんね。観測できない褐色矮星がたくさん見つかり始めているのと同じように。
ダークマターの候補になりえるでしょうか。

52名無しSUN2018/10/01(月) 10:11:58.29ID:aYNjgS95
なりえるどころか、恒星質量ブラックホールはダークマターの存在が明らかになった当初から候補であり続けてます。
それだけでは足りない、ということもほぼ確実な状況ですが

53名無しSUN2018/10/05(金) 17:58:45.57ID:NZWzp5gy
質問です。球状星団のフラウンホーファー線を調べれば、球状星団を取り囲む星間物質に
含まれる元素の吸収線が出ていると思うのですが、球状星団がまだ若かった頃にたくさん
起こったと考えられる超新星爆発で生じた重元素の暗線を見出す事は出来ますか?
星そのものには見出す言葉できなくとも、星団の重力に捕らえられている物質はあるのでは?と思いました。

54名無しSUN2018/10/15(月) 22:57:58.23ID:rBdq2B4f
とりあえず、球状星団では超新星爆発がよく起きていたという前提は間違っているな。
球状星団の星の寿命は一般に長い。
https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/nebula/nebula03.html

55名無しSUN2018/11/07(水) 19:08:19.00ID:rdOug6Lq
対物レンズを固定してるネジリング?を単体で買える都内のお店、もしくは通販サイトご存知ないですか?

56名無しSUN2018/11/08(木) 08:23:08.72ID:W5f19UWN
>>55
そういう広告はあまり見た事が無いので、メーカーや小売りに直接メールしてみた方が良いと思う。

57名無しSUN2018/11/08(木) 11:35:48.80ID:V4TbgVcU
>>55
タカハシなら在庫があるある限り純正品が買えると思う。

58名無しSUN2018/11/08(木) 11:47:19.03ID:jPsYV/Pe
ありがとうございます!確認してみます。

59名無しSUN2018/11/08(木) 11:50:47.05ID:V4TbgVcU
>>58
東京のスターベースにメールで聞くべし。
言っとくけどタカハシの望遠鏡のパーツしかないからね。
機種と仔細な内容を伝えれば在庫を埼玉の工場に聞いてくれます。

60名無しSUN2018/11/08(木) 14:49:40.98ID:jPsYV/Pe
使うのは別のメーカーの物なんですが、ネジピッチはどこも同じで直径さえ合えばハマるだろうと楽観的に考えております。
天文板で聞いておりますが、実はサバゲーで使うライフルスコープの対物レンズの前にBB弾避けのアクリル板を挟み込む為にネジリングを探しておりました。

61名無しSUN2018/11/08(木) 15:51:26.61ID:fcnpb9sc
>>60
そんなに甘くないと思うけどねえ。
例えば対物レンズの表示が50mmでも実際は52mmとか53mmとかいうのがあるし1mm違えば使えない。
ネジピッチも径が同じでも旧JISと新JISで違う。
やるならハードオフのジャンクのレンズにノギス当てて探すのがいい気がする。
径が同じのを望遠鏡メーカーに頼んで買っても恐らくハズレる気がします。

62名無しSUN2018/11/08(木) 16:14:53.81ID:jPsYV/Pe
正直、直径については通販なら1個目はバクチのつもりです。
しかしネジピッチについてはJIS規格と聞いてちょっと考えが甘かったかなぁと感じてきました。
そもそも私の使いたいスコープは海外製でしたので、、、
まぁそこまで高い部品でも無いと思うので、一つ買ってみて失敗したら別の方法を考えます。
最悪、アクリル板の縁にゴムチューブ被せて押し込むだけで充分ですので。

63名無しSUN2018/11/13(火) 21:36:18.33ID:maY+KEnj
東海地方で、昨日の夕方、東側の空に出てた雲です
なんか不思議な航跡みたいな跡を引いているのは、なんでしょうか?
https://i.imgur.com/AzdZt7o.jpg

64名無しSUN2018/11/14(水) 19:31:33.82ID:Ntvakv1i
惑星ニビルって何?プラネットナインと違うの?
https://www.youtube.com/watch?v=AkDKIvigY2Q

太陽活動が低下して、銀河放射線が増加すると、
大地震や巨大噴火が起き易くなるとは、どういうことですか?

65名無しSUN2018/11/23(金) 06:43:02.66ID:EzvMYBbD
最近、明け方東の空にとても明るく輝いているのは、金星で合っていますか?

66名無しSUN2018/11/23(金) 16:55:19.97ID:IPWRtrQZ
>>65
そだねー

67名無しSUN2018/11/24(土) 07:58:59.50ID:ncrCopry
あまりにも初歩的な質問かもしれませんが、お願いします。
月が毎年数センチメートルずつ遠ざかってるのは、地球の潮汐による
エネルギーの喪失が原因と知りましたが、もしエネルギーが消失していってるとしたら、
逆に、エネルギーの低い低軌道に遷移するのではないでしょうか?
なぜ系全体としてのエネルギーが減っているのに、高エネルギー状態の高軌道に
移動して行ってるのですか?

68名無しSUN2018/11/27(火) 09:39:24.75ID:g8WRhuFN
>>67
減っているのは地球の自転エネルギー。
月の公転エネルギーは逆に増えている。
地球ー月系全体としては潮汐摩擦による散逸分減っている。

69名無しSUN2018/11/27(火) 13:08:32.76ID:6B4wzYHM
>>68
ありがとうございました。
(月の公転エネルギーの上昇分)=(地球の自転の減速で減るエネルギー)+(潮汐で失われるエネルギー)
という事ですか。

70名無しSUN2018/12/01(土) 01:44:18.77ID:LV3OLdrn
いまさらだけど、地球の自転エネルギーが10失われたうちの9が月の公転エネルギー上昇に使われ、
残り1が潮汐で失われる(数字は適当)という関係だから

(月の公転エネルギーの上昇分)+(潮汐で失われるエネルギー) =(地球の自転の減速で減るエネルギー)

ですな。

71名無しSUN2018/12/01(土) 07:30:47.63ID:4j2u3f0T
>>70
ご指摘ありがとうございました。理解出来ました。

72名無しSUN2018/12/22(土) 17:03:21.31ID:s99omNBX
>>63
尾流雲。
多分、写真の雲は過冷却の水滴出来た高積雲で、
何かのきっかけで発生した氷晶の粒子が雲から下に「落下」してる
(途中で蒸発して地上には届かない)

氷晶が落下するのは、飽和水蒸気圧の関係で、氷晶が
周囲の過冷却の水滴から水分を奪って大きく成長するから

あとは適当に検索してみて。

73名無しSUN2018/12/23(日) 07:31:47.33ID:Az9bwxBY
過疎スレなのでage推奨しときます

74名無しSUN2018/12/28(金) 14:29:45.90ID:qlQlxbza
冬至を過ぎてから寒さが厳しくなるのは、どういうわけでしょうか?

冬至点を過ぎると、黄道も徐々に高くなって日射が強まってゆくはずだし、
日照時間も徐々に長くなってゆく。
それなのに、なぜ一層寒くなるのでしょうか。

新着レスの表示
レスを投稿する