【篠原健太】彼方のアストラ part24

!extend:on:vvvvv:1000:512
!extend:on:vvvvv:1000:512
!extend:on:vvvvv:1000:512

<隔週土曜更新!最新話は4週間限定配信>
『SKET DANCE』篠原健太先生の最新SF物語がジャンプ+に降臨!!
惑星へのキャンプへと出発した高校生達に起こる異変!!

次スレは>>980くらい

【関連外部サイト】
ジャンプ公式サイト内の連載ページ
https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550210

ジャンプ公式サイト内のコミックスページ
http://plus.shonenjump.com/item/SHSA_ST01C88084300101_57.html

彼方のアストラ公式 (@kanatanoastra) Twitter
https://twitter.com/kanatanoastra

篠原健太(@kentashinohara_) Twitter
https://twitter.com/kentashinohara_


※前スレ
【篠原健太】彼方のアストラ part23
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1515167603/
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

調べてみたが
「今月のプラチナ本」ってやつか
編集部絶賛レビューつきで2ページ特集ってなかなか

web記事だから自分で読め

遅レスだった
すまない

いやweb版は知らんかったわサンクス
ttps://ddnavi.com/review/455019/a/
読みたい人は頭にhつけて

作者紹介のスケット全25巻の間違いは気になったけど概ね好評みたいだな

最近まとめ読みで読破した
語弊のある言い方かも知れないけど子供の頃描いた妄想を全部詰め込んだようなwktk感でいっぱいだった
無論褒めてます
もしもサバイバルするなら何を持って行きたいだろう
未開の惑星探査に夢馳せて居合わせた美少女と恋仲になって
しかも王様やら貴族なんかも出て来て…
なんて子供の頃よく妄想してたなあなんて想いながら読んでた
今でもたまにそんな妄想するかな
ご都合主義的なところも多々見受けられるけど
良くぞこんなに妄想いっぱい詰め込んだ作品を描ききってくれたなと感服しました

テンプレって言うかキャラ造型含めて既視感のある設定だらけで
パッチワーク的な作品なんだけど組み合わせが絶妙というか
ぶっちゃけ全部盛りなのに素材が殺し合うどころか引き立て合ってる
要はセンスがいいってことなんだろう

test

3セット目発送完了

フニシアが入所した当日の夜に、児童養護施設の職員とキトリー母の使いらしき人間が会談してその場でわざわざB5に入れて一斉殺処分なんて話をすること自体が不自然で、ストーリー上の必然性が無い
普通なら、知人の子供が入所したと知らせを受けたので引き取りに来ましたってだけの状況なのに、職員との間で殺人計画の話をして引き渡すってどんな組織規模の暗殺計画なんだ?
児童養護施設の職員も暗殺計画を知ってて協力体制にあったって事だけど、クローン抹殺計画ってどれだけの人間が関わってるんだろうな
フニシアの育て親を事故に見せかけて殺したのもそういう組織規模で暗躍する人員いる大がかりなプロジェクトだったって?

殺人計画自体が適当すぎるいい加減で子供の思いつきな行き当たりばったりで
頭の悪い犯人像が浮かび上がる
推理要素としては事件概要や犯行経緯が手抜きだらけ

ずっと気になってたので尼で全巻買って今読み終わりました
めちゃくちゃ面白かったです
点数付けるなら80点くらいかな
最後の方の設定でONE PIECEと進撃の巨人思い出したのは俺だけじゃない筈
こういう短い巻数で上手く纏まってる良作知ってる人いたら教えてください
最後に篠原先生に感謝を
有難う御座いました

>>537
岩明均(寄生獣の作者)の「七夕の国」
通常単行本で全4巻、分厚い完全版では上下巻
ぶっちゃけアストラ読んでたら度々この漫画を思い出したぐらい

>>538
ごめんもう読んだ事ある
でもあれ凄い面白いよね

ここでオマージュ元なんじゃないかと想像されてる「11人いる!」(萩尾望都)とか「宇宙船製造法」(藤子・F・不二雄)とか。
けっこう昔の作品だけどな。

大長編ドラえもんの初期のやつはどれも奇跡的に綺麗にまとまってるな
全く関係ないコッテコテ時代劇だけど最近スゲーと思ったのは柳生連也武芸帖全5巻
短編、中編も上手い藤田和日郎の「ゴースト&レディ」とか「邪眼は月輪に飛ぶ」も良かったけど
画の相性はあるだろね

個人的に凄い綺麗に纏まったなって漫画は佐々木淳子のダークグリーンだな
少女漫画だけど絵柄も男でも充分読める
古い作品だから実本は厳しいけど電子書籍は出てる
全10巻だからちょっと長いけど
後は手塚治虫の初期から中期辺りの作品も綺麗に纏まっててお勧めなのが多い

>>537
「地球へ…」(竹宮恵子)[原版全5巻・新装版全3巻]
11人いる!と同時期の少女マンガSF+超能力モノ。
今でも十分楽しめる傑作SFだと思います。

「スピリットサークル 」(水上悟志)[全6巻]
転生輪廻モノで火の鳥を彷彿とさせる。
少し謎は残るけど、結構な伏線回収で面白いです。
作者が気にいったら「惑星のさみだれ」[全10巻]もオススメ。

「G戦場ヘヴンズドア」(日本橋ヨヲコ)[全3巻]
SFモノではないけど、全3巻で読みやすいのでオススメに。
ドロドロした人間関係が結構出てくるけど、漫画の熱量は相当なもの。
全3巻で楽しめる熱い物語をどうぞ。

知らん名作結構あるもんだね
他にも未出紹介頼むわ

短編SFってなると小説になっちゃうんだよなぁ

SFではなくて世界名作劇場とか童話みたいな感じで相当古い作品(1968)だけど
水野英子のハニーハニーのすてきな冒険
なんてのもお勧め
全2巻で少し前に文庫版で再販されたし電子書籍もある
ちょっとした冒険物で終盤の展開も王道で面白い
古き良き少女漫画がそこにある

547名無しさんの次レスにご期待下さい (ワッチョイ 2d4a-6nOW)2018/05/15(火) 23:43:13.67ID:jkDRCHc00
>543
水上悟志は好きだけど、その2点は合わなかったな。SFってよりファンタジーだった。
面白いところもあったけどね。水車小屋の歌とかさ。

水上悟志なら、サイコスタッフと放浪世界だな。
後者は短編集だけど、長めの読み切りも入ってて読み応えある。

ちょいと毛色が違うが、(昔の)SF好きなら、竹本泉のノンノンジーやトランジスタにビーナスもいけると思う。

水上悟志なら、散人左道が一番いい……最近の作品は風呂敷広げすぎ感が強い
SF縛りなら、映画でよければ「メッセージ」、アニメでよければ最近なら「正解するカド」が面白かった
小説でよければ「EGコンバット」とか

スケット文庫化おめ
中途半端に出たコンビニ版とは何だったのか

100年前の宇宙船で何週間も過ごしてるのに
コンピュータの性能が古すぎてまるで100年前のだと気づかなかったのか?
倉庫を調べたりして何も見つけられなかったのか?
地球の本の一冊もアストラ号には残されてなかったのか?
アストラ号のコンピュータ記録やデータを調べればいろいろ分かったんじゃないの?
登場人物の行動とかおかしすぎないか?
とか後からの設定を知って見返すと疑問だらけなんだが

西暦を100年巻き戻すとともにアストラでの文明レベルも100年戻したので、100経ってちょうど同じ技術を使ってるわけだ

「100年前のコンピューターは古すぎる」という前提がそもそもの間違い

現代のパソコンでも10年前(windows7の頃)程度なら充分現役で動いてるのはたくさんあるし、インターフェイス面も殆ど同じだが、更に10年前(windows98の頃)となればwin7ユーザは古すぎて使い物にならないと感じただろう

同じ10年という年月でも進歩の度合いっで変わるということさ

そりゃ後から設定を知ればおかしいのは当たり前なのに何を言ってるのか

554名無しさんの次レスにご期待下さい (ワッチョイ b14a-tXoI)2018/05/18(金) 07:59:00.31ID:U8jVUJIg0
「コンピュータやら船のインタフェースで問題が起こらないから、アストラ号は地球製で無く、アストラ製」
なんて考察をしてたよなぁ。
今考えると、浦島太郎をSF的解釈をしてただけなんだよな。

連載時に謎解きできなかった読者が後付であーだこーだ言っても負け犬の遠吠え

文明が停滞して発達してないんだろ
移住で大勢死んでるし規模が減ったら発明も少なくなって採算が取れる事業も減る

文明はむしろ発展しすぎないように統制してたのかと
それにしてもクラストスーツのように年号に対して発展しすぎてる技術もあるけど、それが無ければ読者も推理できなかったわけだしな。

あと、何度か話してるけど、アストラの政治経済システムについては作中では全くといって触れられていない。
議会があるので(おそらく)民主主義ではある、
貧富の差があるので資本主義の可能性は高いようにも見えるが、あくまで作中では個人単位の財産の有無についてしか語られていない。
FALKEN等の企業も私企業なのか公営企業や三セク的な物なのか別に「明言はされていない」。

おそらく居住権や土地所有権は制限されているだろうし、
社会主義・共産主義的な側面が強い社会システムだとは想像してる。

スケットは文庫のオマケでキチンとヒメと結ばれるエピ追加してくれるのであれば買ってやっても良いのだが

https://mobile.twitter.com/kentashinohara_/status/996354643859943424
【速報】SKET DANCEの文庫版が発売されます&#127881;
ということで予告動画を作ってみました&#128538;

https://mobile.twitter.com/comicBUNKO/status/996286173424140288
《スケット団が文庫に初登場!!》
ジャンプで人気を博した学園コメディ
「スケット・ダンス」が
ついにコミック文庫化決定!!!
カバー描き下ろしから特製ポストカード、
大ボリュームのおまけページまで、
篠原先生の描き下ろし特典が盛りだくさん!
6月18日(金)1、2巻同時発売です!

>>558
オマケ描きおろし満載といっても、その手の「その後エピソード」とかはないだろうな
篠原は基本「最終回を迎えたキャラのその後は読者のご想像にお任せします」スタンスだから

今日漫画喫茶で何気無く読んだら面白かった
ので一気読みした足で全巻買ってしまった

インターステラー見て着想したのかな
ベースは11人いるだろうけど、歴史封殺は
天冥の標ネタかな?ジャンプつながりで
ワンピかもしれないが

細菌とか大気組成とか5000光年離れた
星との時間経過とか、展開の邪魔に
なりそうな部分をバッサリ捨ててる
(と思われる)のが良いね

足すのは簡単だけど、引くのは難しいんだよね

>>540
今日知ったアンテナ低い民なんであんま
過去ログ見てないけど、直接のインスパイア元
は映画のインターステラーだと思うね
クローン関連はアイランドとかも入ってそう

個人的にはSFモノにありがちなAI関連や
ウラシマ効果、パラレルワールドを
入れなかったのが逆に好印象

作者の好みに合わないだけかもしれないが
オマージュ元の作品を想像するに
知ってるけど抜いたと思われるから

要素の取捨選択がうまかったと思う
書こうと思えば細かいところまでこだわれたたころ、結構大胆に削ぎ落としてる印象

>>561
7年後エピで読者の期待をある程度ケアしてくれたアストラと違って
一番向き合わなきゃいかん人を放置して修行の旅ってのがね…
一コマでもいいから何かあれば良いんだけどな

旅はともかくヒメコの気持ちは伝わって
ほしかったなあ

磯光雄監督の新作、地球外少年少女が発表されたな
コンセプトはアストラと近いがはたして

>>567
アストラで何故か無かったAIに言及されてるね

AIがあるとトリックを仕掛けにくかったのかもしれないが、逆にAIが嘘ついてたなら皆騙されても仕方無いって説得力にもなった可能性

「電脳コイル」の磯光雄、11年ぶり新作アニメで宇宙に取り残された少年少女描く
https://amp.natalie.mu/comic/news/282813

>>565
アストラで数年後のエピローグを描いたのはスケットでキャラのその後を描かなかったからかもしれんな
まあ文庫版では何かしらの描き下ろしはほしい
あれば全巻購入するわ

単なる読後の余韻を残す演出の違い

スケットは団は引き継いでそれぞれの面子が別々の道を行くという青春が終わりを告げると言うもの
学園もの青春ものとしてはよくあるパターン
アストラは船を買い戻して今度は自分の意思で新たな冒険を始めると言うもの
こっちも冒険ものとしてはよくあるパターン
それぞれ作品のテーマを考えてのエンディング

>>571
なるほど
考え抜く作者だからそこまでちゃんと考えてるだろうね

>>571
いやまぁ確かにその通りなんだが
元々のお題はスイッチと百香が最後に良い感じの描写貰ってるんだから
ヒメの純情も報われてほしいなぁっていう程度の話なのさ
ボッスンがアレでずっと宙ぶらりんな気分なのでね

ボッスンのモノ作りの才能を活かすなら進学してそういう方面へ就職して
教師になったヒメコと結婚というのが無難ルートなんだろうけど
親父の言葉を重く受け止めて海外ボランティアの道へ行っちまったからな
それに本気で取り組めば取り込むほど恋愛や結婚は遠のくし
こういう問題は後日談でサラッと語れるほど軽い話でもないからな

文庫の最終巻の最後のページに大人になったボッスンとヒメコ
二人の間には男女の双子の赤ちゃん
こんな一枚絵一ページあるだけでも全然ちがうわな

>>575
万が一そんなイラストあったら泣くやろ

just kiddingだけじゃ寂しいよな

新着レスの表示
レスを投稿する