【コラボTシャツ】ワールドトリガー ◆504【7月発売】


『賢い犬リリエンタール』の奇才・葦原大介が満を持して連載復活!! 始動する最新SFアクション!!
単行本1〜18巻+公式データブック発売中!
リリエンタールも重版済み
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

強化レーダーはQ&Aで回答されてなかったっけ
標準装備でトリオンに余裕がある人が使うって

強化レーダーじゃないや佐鳥のレーダーに限る

佐鳥レーダーについてはBBF Q140だな
尼倉の強化レーダーについては未だ詳細不明
本人も登場してないし 他に使ってる人もいないから当然か

玉狛の特殊戦術ステが低いと思ったらそういやbbfって5戦目に入る直前のステータスだっけ
データ更新したら玉狛もっと上がるよな

>>135
30話の佐鳥のやつは基本装備のレーダー
部隊の中でレーダー係になるのは1人でもいいらしくトリオンに余裕のある隊員がその任を負うとのこと
1人がレーダーで取得した索敵情報はオペが加工して部隊内で使い回すというナイス連携仕様

双月も全武装もガイストも現状やってること単騎での火力ゴリ押しだし
特殊な挙動や緻密な連携でないと特殊戦術パラは上がらない気もする

>>141
実は天羽も特殊戦術4あったりする。ゴリ押しも戦術の一つなのかね。って言っても玉狛はその辺てことになるだろうけど。

何を意味の分からない事を言ってるのかと思ったら玉狛違いか
パラメータはトリオン以外の項目は見方によっていくらでも変化しそうだからあまり当てにしない

>>139
パラメーターは4戦目時点の物なのに
トリガーセットはスパイダーと鉛弾の導入後の物だから
チグハグになっちゃってるな

>>144
4戦目と5戦目の間ってことじゃないの

ボーダートップクラスの高いレベルで唯一無二の先読み戦闘する迅が特殊3
互いに連携し合うスタイルで装備も同じなのに嵐山が4で時枝が2
空中移動しながら戦えるランバが2

菊地原のSEに頼って消えるだけの風間隊が8
スナイパーチーム組んでるだけの荒船隊が5
低レベルにハウンドぶっ放すだけの間宮隊や一斉攻撃するだけの甲田隊が3

特殊戦術って「独自の戦法のレベル、使用頻度」だから
時枝と嵐山で違うのは嵐山の方がテレポート移動よく使うってことなんじゃないの
後のやつは全部妥当

何をやっても特殊性しかない黒トリ全員が最高クラスの特殊パラメータでない時点で矛盾を孕んでる

風間隊とかまさに独自戦術使うから皆上がってますだから他の第二ない独特の戦術使うと上がると思ってた
双葉みたいな一点物トリガー装備してたり、影浦のマンティスでもあがるようだが

対応力は必要だが数値高い=強いって訳でもないしな
そこで特筆すべきは単体で間宮甲田両部隊に張り合える迅さんと嵐山な
迅さんの未来予知って見たい人のを好きな時に観れるんだっけ?
4くらいはあっても良さそうだけどな

強化レーダーは1人しかつかってないし使いにくそうでワクワクする

強化レーダーってバッグワームには意味ないし普通の戦闘には使わないから相手の動向を正確に確かめるときくらいしか使うことなさそう

153名無しさんの次レスにご期待下さい (ワッチョイ 6945-KHlt)2018/05/20(日) 14:49:30.74ID:Eru8Rbfp0
バグワ貫通するかどうかはまだわからないだろ

バクワ貫通できるんならもっと人気ありそう
範囲広いとか高低差がわかるとかトリオン量わかって相手の名前を推測できるとかかな

佐鳥が当真さんはバッグワームつけてるからわからないってはっきり言ってるが

すまん勘違いした
流してくれ

分かった堤防に穴開けるから待ってろ

そういえばアニメのそのシーンって円盤だとちゃんと映ってるのかな

写ってるってどっかで聞いた

そっかー

試作でもないのに使用者が極端に少ないトリガーとか何故試作の段階でお蔵入りにしないのか

実際に万人が使えるようになってランク戦なりなんなりやってみないとそのトリガーが使えるかどうかわからんやろ…

何の為の試作使用だよw
トリガーひとつ作るのにどんだけ金や時間や資源が要ると思ってるby鬼怒田

試作の段階でめっちゃ使えそう!ってなってもいざ投入したら使い勝手が悪かったり
逆に使いにくそうなトリガーでも使用者によってはそれこそリアタイバイパーやら生駒旋空みたく使いこなす人が現れる可能性や
後に開発されて流行したトリガーにメタれる可能性
枝刃やレイガスト投げみたいな思わぬ戦法が取れる可能性がある時点で採用しないのはボーダーにとって不利益じゃないか

そういう「今は使えないけどやがて使える人が現れるかも」なんて思考でモノ作るのがどんだけ危ないのかはモノ作りに関して素人の俺にも分かる
玉狛みたいに個人に合わせて作った方がマシ

風間や木虎に自分の成長なんてアヤフヤなものに頼るなとか実現性の低い可能性に期待して現実逃避すんなとか叱られてた三雲を思い出した

>>158
映ってる
あととてもどうでも良い事だと思うがくまちゃんのおっぱいが増量されていたり(購入者サービスとかそういうんじゃなくて放送時極端に左右のサイズが違ってたので正しい比率に直しただけだと思われる)
背景のアングルを直してキャラが向いてる方向をきちんと戦闘進行に合わせたりなどの細かい修正も第3ラウンドは多い

>>165
いや、いつか使いこなしてくれる人が来ることを夢見て作るんじゃなく
作ってるときは使えると思ってたけど実際出来たら思いの外人気がなかった
が、いつか日の目を見るかもしれないから廃盤にはしないでおこう。
ってな流れでしょ

>>161
開発室の市場調査能力が不足している説

そもそもA級隊員が個人に合わせて改造させてるやつばっかりだし
強化レーダーも名前からしてそれと似たもんじゃないの

腐るものでもなく一般流通させるわけでもないなら
とりあえず使ってみて改良を検討するとかニッチな層向けの開発を細々と続けて後日ヒットみたいなのって結構ありがちだと思うけどな
あとヒットはしないだろうけどとりあえず研究目的で開発するとかも自分の会社では結構やる
業界にもよるのか

@実は誰も使わないようなトリガーもバンバン作っていて未だに陽の目を見ないトリガーが数多くある(鬼怒田の台詞はギャグだった)
A実は個人の希望に合わせたワンオフトリガーも作るようになった(レプリカが林藤から聞いた話は過去の事)
B本採用してみたら見込みと違った(開発室の市場調査能力の不足)
C試作型の評判は芳しくないが一部の隊員から明確なニーズがあるトリガーは量産数を抑えた上で本採用される事もある(特に低コストで作れて開発側のリスクが少ないトリガーなど)
D以前は多くの隊員に愛用されていたが他のトリガーの性能向上に取り残され使用者が減った
Eポテンシャルは高いが修練に時間がかかるタイプのトリガーで使用者が少ない(これから増える)
Fスパイダーの罠に関する認識のように優れた使い方が知れ渡っておらず使用者も少ない(これから増える)

A級特典の独自のトリガー作れるってのは大きいよなあ
加古隊とかまさにその強みを生かしてるチームっぽいし

(試作)かそうでないかは
(訓練室等での仮装的なものも含めて)誰でもセットが可能かどうかという意味だと考えてる

試作のものは限られた隊員に支給してデータを取ってる段階で
本採用のものは誰でも自由に使って試せる状態みたいな

174名無しさんの次レスにご期待下さい (JP 0H3e-OiUo)2018/05/21(月) 10:45:36.24ID:uw5+mOm5H
C級の人数にくらべたら不人気トリガーの製造開発費なんて微々たるものじゃないか、たぶん

175名無しさんの次レスにご期待下さい (ワッチョイ 6945-KHlt)2018/05/21(月) 12:01:31.68ID:ireTbiU70
A級でもスナイパーは誰一人改造トリガー使わないのが面白いね
性格的なものかもしれない

試作装備がどの段階でB級以下に卸されるかはわからないけれど
実際のトリガー(チップ部分)を作るのに金がかかるだけで没になった設計図や仕様は残してるし仮想訓練で試してみるぐらいはできそうなイメージ
宇佐美さんも自分でモールモッド改作ってたり構想段階では金は関係なさそうな気がする

>>170
玉狛がそう言う立ち位置だと思う
あそこは支部のくせに開発部まで持ってるし

>>175
狙撃銃がそもそも東さん用のカスタムトリガーから派生したようなもんだと思ってる

179名無しさんの次レスにご期待下さい (ワッチョイ cdf8-UfOO)2018/05/21(月) 14:10:55.99ID:nHuqp9hK0
>>37
風間「じゃあ勝手に突っ込んで死ね」
迅「小南とか逃げろって言っても逃げないでしょ」
他にそれっぽい台詞あったかな

いだてんは双葉ちゃん以外にも使ってる人いたっけ?
個人用に作られてても同じの使いたいって言えばいけるよね

格ゲーとか試行錯誤を重ねて作ってあるだろうけどそれでも圧倒的な強キャラや産廃レベルの弱キャラが出てくるしそんなもんじゃね

使うのが少ないのは要らないってのは、トラッパーは要らないって事ですか?

レイガストとかいう不人気トリガーも使用者少ないしいらないよな!

頭のいい筋肉さんが使ってるから…

>>180
A級でも個人用にトリガー作ってもらう権利は持ってないから試作の韋駄天を使ってるのがたまたま黒江しかいないだけ
試作の数が今は1個しかないのかも

開発に掛ける時間と脂肪とは反比例する

新着レスの表示
レスを投稿する