1番最初の筋トレとして体幹トレーニングやるやつはバカだから辞めとけw

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無し募集中。。。2018/10/11(木) 23:34:47.130
体幹ってのは上半身と下半身の連動をよくする筋肉
激しいスポーツしない上半身にも下半身にも筋肉がない素人がやっても意味ないからw

182名無し募集中。。。2018/10/12(金) 13:46:25.440
ここで体幹について熱心に語ってるヤツの内容がバラバラで微笑ましい

183名無し募集中。。。2018/10/12(金) 13:51:01.790
>>169 >>176
最近のマラソン選手は大半がウエイトトレーニングやってるよ
長い距離走り込みしてると走るのに必要な筋肉まで削げ落ちるので維持の為にやるようになってる

184名無し募集中。。。2018/10/12(金) 14:02:43.350
よく巷で流行るカタカナの医学用語面してる言葉って大半が一般人の造語で医学用語では無いんだよね
東大医学部出たような人間が知らないって言うし

185名無し募集中。。。2018/10/12(金) 15:18:06.920
>>184
このスレで具体的に

186名無し募集中。。。2018/10/12(金) 15:19:23.000
>>182
アウターの話してる人とインナーの話してる人がいるね
まあどっちも大事なんだけど

187名無し募集中。。。2018/10/12(金) 20:06:43.800
昔100m10秒台で走ってたけど体幹もインナーマッスルも全くやってなかったよ
当時伊東浩司と体幹トレが注目されてけっこう流行ってたけど

188名無し募集中。。。2018/10/12(金) 21:58:25.200
>>27
スクワット

189名無し募集中。。。2018/10/12(金) 22:51:09.860
「遅筋=インナーマッスル」なの?
誰も異を唱えてないってことはマジなのかこの定義

190名無し募集中。。。2018/10/13(土) 09:34:10.600
>>189
骨盤周辺にある、直接は触れないタイプの筋肉はどれも速筋:遅筋=50:50で
同じくらいだね

191名無し募集中。。。2018/10/13(土) 09:46:07.600
中距離〜長距離を走るには遅筋が必要だ、という事になっているが
実際には3000mくらいまでならまだ速筋が使えなくもないんだよな

それより、体幹ランニングなどと言って胴体の筋肉を上手く使いましょうって話になっている
その本の最初に掛かれている説明

「こんにゃくやゴムで出来た直方体の棒を用意しましょう
これを、長軸を地面と垂直より少しだけ斜めに傾けて地面に落とすと
横向きに跳ねる力が働きます」

「このような力を、着地時に胴体に蓄えてうまく胴体を動かしながら走ると
足や股関節だけでなく、胴体の力も使って走ることが出来ます」

なかなか面白い
では、10p×10p×50pくらいの弾性体で出来た物体をイメージして、10p×10pの部分の、1辺が地面にぶつかるように落として
どんな力が加わるか考えてみよう

192fusianasan2018/10/13(土) 09:54:52.660
より根本の方にパワーがついてる方が身体は容易に動くんだから体幹トレは必須と言っていい

193名無し募集中。。。2018/10/13(土) 09:55:04.800
>>191
聞きたいのは「type1が〇〇%以上ならインナーマッスルである」という明確な定義が存在するのかということ
様々な面から考えにくいように思うんだけど

194名無し募集中。。。2018/10/13(土) 10:06:30.300
10p×10p×50pくらいの弾性体で出来た物体をイメージして、10p×10pの部分の、1辺が地面にぶつかるように落として
どんな力が加わるか考えてみよう

まず、10p×10pの面が全体的に地面にドシンと落ちるようにする
着地する正方形の各頂点をa,b,c,dとする

辺ab、がx軸に乗り、aは原点、bはx=10、y=0
cはx=y=10、dはx=0、y=10

こんな形にして、それからcdのみが地面に接する、斜めにぶつかるような状況を考える

この直方体をこれまた長軸方向と平行に10個のセクションがあると考えるか
abに近い方からab[0]、ab[1]、ab[2]、・・・ 、辺cdを含む部分がab[9]
数列じゃなくて配列の書き方になっちゃうなw

これでcdを含む部分が地面にぶつかると、図形が曲がるけど一番伸びるのはab[9]の部分で
一番伸びないのはab[0]の部分だな

そして伸びた分だけ、フックの法則により大きな力が加わる
その分だけ筋肉で耐えて、縮めないといけない

つまり、走って前進しながら体をほんの僅か前傾させて着地させ、その衝撃を活かして走るためには
腹直筋や腹斜筋が着地の度に伸ばされるので、その度に胴体をほんの少し丸める方向の力を働かせる
(というか、前傾軸から相対的に後ろに反り返った胴体を戻す)
ような力を出しながら走りなさい、という事になる

今回はゴムの直方体を僅かに斜めにして落とすモデルで考えた
そして筋肉は要らない柔らかい体スポーツしましょうという主張の人は「これがコンクリの直方体だったらあまり跳ねませんね〜」なんて説明するが
同じように柔らかくても、弾性が少ない豆腐だったら落としたら崩れてしまうだけだ

つまり、伸びてからそこで力を発揮して戻さないとダメなのだ

ウエートトレーニングをやっている人は様々な理由があって、十分ストレッチした角度からは力を発揮できないような腹筋を作っている
これを後ろに反らせてからもある程度の力を出せる腹筋にすることが、全身の筋力をスポーツに生かすために必要となる

この反らせた状態から戻す動きを、腹直筋と腹斜筋にやらせるか?それともインナーマッスル派の大好きな腸腰筋にやらせるか?
で、また意見が割れているのが現状である

195名無し募集中。。。2018/10/13(土) 10:14:36.740
インナーマッスルの代表と言われていた腸腰筋について
「自分は足を広げると腸腰筋の大腿骨への付着部くらいなら触って分かるんですがねえ」
という話になり、まあ中にある筋肉というのもインチキやなと言われるようになってしまった

>>194
そういうよりモデル化した説明についてインナーマッスル系の体幹ランニングの指導団体が
「モデル化して説明したのは失敗だった。余計な筋肉ヲタ連中が意見する余地を作ることになってしまった」
なんて言ってたぞw
連中は囲い込みの集金が目当てで、真実を求めている訳ではないのだ

196名無し募集中。。。2018/10/13(土) 13:58:08.410
胴体を使った走り方を行う筋肉を大腰筋であるとすると
走る度に背骨を直接大腰筋で引っ張る事になる
只でさえ着地の衝撃の一部を背骨のカーブで受けたところで更に引っ張るから
腰椎への負担が大きい
それゆえ、あまり太った状態でこの走り方は出来ないし筋肉もあまり付けられない

一方で腹直筋や腹斜筋で胴体を使った走り方をすると
とにかく腹直筋や腹斜筋で引っ張り込めばいいんだから体重が重くても良い
ただし、地面に足を付き、上半身を起こす時に反作用で大腿骨から骨盤が
後ろに倒れる力が働くから
それを別の筋肉で支えないといけない

その別の筋肉が股関節屈曲筋群で、そこで大腰筋を使うか、あるいは大腿直筋を使うか?
というのがまた問題になる
最初から全部大腰筋を使うのとは違い、この場合は大腿直筋を使う事になる

清原はNPB入団発表の頃に足が横から見て異様に太いがあれは何だろうと言われた事がある
ハムストリングではと言われたが、ボディービルダーでハムストリングを極めた人に比べると
そんなにハムストリングが大きい訳でもない

それで前から見ると、競輪選手やスピードスケート選手に比べて腿が横に出ているかどうかという意味では
明らかに細いのだが、腿の前が前方に向かって張り出している、という事になり、
これは長年の走り込みや、昭和後期に行われた足を抑えてのシットアップなどで
大腿直筋が鍛えられていたのでは?と考えるべきとなった

後に清原が肉体改造をした時、スクワットで大腿四頭筋を鍛えたため競輪選手と同じように
外側広筋が発達してしまい、野球にはあまり貢献しない体になった要因の1つとされている
その後もハムストリングや内転筋などを痛め続け、膝関節も悪化してしまった

バレンティンは大腿直筋を断裂したことがある
この場合は逆にハムストリングに大腿直筋が勝てなかった

197名無し募集中。。。2018/10/13(土) 14:01:35.080
何このオナニースレ保全は?

198名無し募集中。。。2018/10/13(土) 14:07:24.430
立った姿勢からアブローラーをやってみると
体幹トレーニングで何が必要なのかが分かる

って言われたんだが、そもそも立った姿勢からのアブローラーそのものがかなり高難易度だよなw

199名無し募集中。。。2018/10/13(土) 14:29:00.240
>>196
長いけどネットで聞き齧ったウエイト未経験者の文章だな
特に清原のくだり

200名無し募集中。。。2018/10/13(土) 17:12:07.910
清原は腹筋周りの鍛え方を最後まで纏められなかった

201名無し募集中。。。2018/10/13(土) 17:35:04.880
動的プランク
ttps://www.youtube.com/watch?v=_rdfjFSFKMY
鍛えたい部位を動かして負荷を掛ける方が良い
だがこれをサイドではない普通のプランクでやるとジムでは変態にしか見えない

202名無し募集中。。。2018/10/13(土) 17:44:09.260
ttps://www.youtube.com/watch?v=crKHY9FU2vQ
腰へっこへっこの動的プランク
ジムではみっともなくて出来ない運動とされる

体幹のトレーニングなんて腹直筋だけでなくそれが付着する肋骨まで引っ張られるから
ついでに肋間筋まで鍛えられるのも承知の上でやる事になる
当然、胴体の筋肉付着部をギリギリまで引き延ばしてから戻すから
翌日からの筋肉痛が生活に支障が出るレベルできつい
息をするだけで痛い、熱が出るなども少なくない

203名無し募集中。。。2018/10/13(土) 18:50:13.490
清原はウエイトのやりすぎとか言う素人さんがよく居るけど逆だよむしろ筋力弱かった
ケビン()のジムで扱ってた重量は他のスピードやパワー系スポーツ選手なら体重70kg台どころか60kg台でも扱える重量だった
対して清原は体重100kg以上
言ってみりゃ筋トレのせいじゃなくて相撲取りと同じで自重で下半身中心にケガしただけ

204名無し募集中。。。2018/10/13(土) 19:07:25.520
>>193
インナーマッスルは姿勢保持筋が多いから結果的に遅筋の割合が高いというだけで定義ではない
むしろ筋肉の数なんて丸暗記できるほどしかないんだからどれがインナーマッスルか覚えればよい

205名無し募集中。。。2018/10/13(土) 19:07:36.210
カッコだけかw

206名無し募集中。。。2018/10/13(土) 19:29:44.920
筋肉は鍛えられても関節が耐えられないはあるから
体重制限は大事

207名無し募集中。。。2018/10/13(土) 21:03:17.690
清原が読売移籍後に一番良い成績だった年は
ケビンの所で、特によく怪我する場所は20〜30回出来る重量で
鍛えていたって書いてあったかな

208名無し募集中。。。2018/10/14(日) 04:04:12.910
>筋肉の数なんて丸暗記できるほどしかないんだから

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E7%AD%8B%E8%82%89%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
600個暗記か
かなり掛かるな

209名無し募集中。。。2018/10/14(日) 05:55:46.130
若い人は清原なんて知りません

210名無し募集中。。。2018/10/14(日) 10:22:50.550
先輩が回数カウントを下鯖読みして強要する腕立てと膝を伸ばして足を抑えたシットアップで
昭和中〜後期のスポーツ選手の体幹は維持されていた

しかし1980年代から「足を抑える腹筋運動は腰に悪い」
というようになって足を抑えず行うようになり、更に全て起こさず
体を丸めるだけのクランチが流行るようになった

更に腕立ても100回は無駄で、それより同じ動作ならベンチプレス10回でいいだろという話も増えた

その結果、股関節屈曲筋群や腹筋各種のトレーニングが疎かになって胴体を保持する能力の弱い選手が増えてしまい、
しかしシットアップや腕立てを復活させる訳にも行かずに
プランクが薦められるようになった、という事情がある

211名無し募集中。。。2018/10/14(日) 10:31:22.550
ttps://www.youtube.com/watch?v=_RKZVM5nKuU
これ100kg加重プランクって書いてあるけど、プレートはどう見ても20kgの奴に見えるなあ

ttps://www.youtube.com/watch?v=LXDpf7hHpQ8
女性でも100kgプランクをこなす人がいる

ttps://www.youtube.com/watch?v=XW83fBY4t_o
タイヤを使って人まで載せて150kgプランク

プランクも自重でやってちゃダメって事だな

212名無し募集中。。。2018/10/14(日) 12:50:05.940
こんな何の役に立たないトレーニングなんかまんこくらいしかやらんだろw

213名無し募集中。。。2018/10/14(日) 13:02:38.590
ボールを投げたりテニスのサーブを強化するのに役立つ

214名無し募集中。。。2018/10/14(日) 16:17:13.050
腕を振り回すとその反作用で胴体を動かす力が作用する
足でも同じ

クリロナは脇腹の筋肉も発達している

215名無し募集中。。。2018/10/14(日) 16:24:33.770
全ての部位、全ての筋肉を鍛えるってビルダーが大昔からやってるよな

216名無し募集中。。。2018/10/14(日) 16:35:17.400
>>215
幾つか盲点があったのは事実
筋紡錘レベルで目立つところは全部やってたが
筋頭レベルだとやってない所もある

217名無し募集中。。。2018/10/14(日) 16:37:29.570
オタオタしい言葉の羅列はうんざりなのれす!

218名無し募集中。。。2018/10/14(日) 16:47:39.190
下腿〜足裏なんてビルダーのトレーニングの盲点の宝庫だった

219名無し募集中。。。2018/10/14(日) 20:13:19.690
ビルダーは「下腿三頭筋をとりあえず鍛えれば良いんでしょ」と
カーフレイズのみを4秒掛けて下ろして1秒止めて2秒で挙げるトレーニングをしていたが

それだとどうも実際に地面を走る衝撃に耐えられず、もっとビョンビョンと跳ねるような動きにして
最終的に体重の少なくとも倍くらいを細かく動かす方が走ったり跳んだりする動きで使いやすいというのが
分かり、これは何でだろうと思ったら

腓腹筋が可動域が大きいが中のヒラメ筋の可動域が小さく、しかし筋断面積はヒラメ筋の方が倍以上も大きかったりして
フルレンジでのカーフレイズだと跳ぶ、走るなどの運動の実情には即していなかったという結論になってしまった

最大筋力と可動域端での筋力の差は、筋トレを実スポーツで生かす上で常に付きまとう難問であった

220名無し募集中。。。2018/10/14(日) 20:37:50.460
でもフルレンジで動かすメニューも加えないとふくらはぎが攣る場合が増える

一方で一流スプリンターの足の底屈力を最大収縮時で計測した所
一見ヒョロヒョロのふくらはぎの黒人スプリンターは日本人スプリンターの70%も強い力を発揮することが分かった

221名無し募集中。。。2018/10/14(日) 21:38:25.180
スキーやスケートのエッジング

1935年の吉岡隆徳が100m走で世界一を出した時のスタートのハの字3歩

後にスケートの清水がスタートでそれを強調しているのが100mスプリンターのスタートに
再度取り入れられたという逸話がある

いずれも足の内側を使うが、そのためには足首の外側を走る長腓骨筋を使う必要がある
しかしそのトレーニングはボディービルダーの側から、全く提示されなかったのである

222名無し募集中。。。2018/10/14(日) 22:10:12.610
山の斜面をハの字で登ると滑らないから
山を登って鍛えろ!って人もいるが
それだけだと急激な加速やサイドステップに必要な負荷を得られない

だから、斜面に横向きになってサイドエッジで踏ん張って踵を上げ下げする
カーフレイズならぬ腓骨筋レイズというべき種目が誕生した
バランスが取りにくいので片手は壁に付いてよい

更にこの負荷に慣れると、錘を背負って行ってもいい
それで自分の体重位背負えるようになったら
斜面を直接片足でエッジを利かせて横向きで小さくジャンプして登る
これでプライオメトリックスとして完成した

このトレーニングで分かったのは
・腓骨筋だけでなく、足裏の土踏まずの方が更に筋肉痛になる
いきなり強い負荷を掛けると足底筋膜炎になる恐れもある

・土踏まずの筋肉である母趾内転筋も鍛えられるが
http://www.musculature.biz/40/44/post_208/
場合によっては腓骨筋よりも母趾内転筋の強さが足りない事が
サイドエッジで踏ん張れないボトルネックになる場合が多い

・母趾内転筋は足の縦アーチにも横アーチにも関わっているが、腓骨筋レイズでは
その両方に張力が掛かるので、足を横に引き裂くような力も加わる
そこで無理をせず、これは母趾内転筋2方向の筋トレでもあると割り切ってその疲労度合いを観察しながら
回数や負荷を増やさないといけない

これらは疲れにくい筋肉なので、まあ30〜100回くらいを軽く振動させるように行う方が効果がある

筋トレだけでは真の足の強さが得られない!なんて喚いていた人が物凄くたくさんいたが、
腓骨筋レイズだけでその70%くらいまでが解決してしまったw

223名無し募集中。。。2018/10/14(日) 22:35:52.600
腓骨筋は3つある
長腓骨筋、短腓骨筋、第三腓骨筋

このうち長腓骨筋、短腓骨筋は踵を上げつつ内エッジを利かせる
第三腓骨筋は爪先を上げつつ、踵の内側を利かせるのでこれだけ前についている

だが爪先を上げつつ、踵の内側を利かせるのは長趾伸筋という足の甲の中指や薬指に付着する
筋肉の方が遥かに強いのでそっちを鍛えた方が早い

これらを鍛えるのは仰向けになって、床に置いた硬くないウェイトを足の甲に乗せて
足の中指薬指の付け根辺りに重さが加わるようにして持ち上げればいい
支点にするのは踵の内側とする

踵の内側で動きましょうという古武術系の一派があって、この動きは筋トレでは作れないと言っていたが
長趾伸筋レイズにより解決した

224名無し募集中。。。2018/10/14(日) 22:39:14.540
普通はトウレイズという爪先を上げる運動で前脛骨筋を鍛えましょうと習う

225名無し募集中。。。2018/10/14(日) 22:56:26.390
長腓骨筋、短腓骨筋は足首の横に飛び出た骨の突起(外果)の後ろを腱が通る

足首の内側に飛び出ているのが内果で、その後ろを腱が通るのが後脛骨筋
これは小指側のエッジを立てる作用がある
後脛骨筋レイズというのをやってもいいが、スキーだと内エッジに乗るのは禁忌なんだよなあ

だがサッカーではその場でちょっとホップして足を後ろに振り上げ軸足の爪先小指側からすっと着地して
さっと蹴る、みたいな動きが要求される
また最近流行っている長距離走のフォアフット着地も小指側からの着地、親指側からの離陸が薦められているので
やっぱり鍛えた方が良い

長拇趾伸筋というのもある、足の親指側を上に反らせ、小指側の踵で踏ん張る
ここが十分に強くないとサッカーボールに速い横回転を掛けた強いキックを十分なコントロールで出来ない

長拇趾屈筋は足親指を曲げる作用がある。短距離で究極まで地面への圧力を一点で極めるにはこの筋力が不可欠となる

下腿三頭筋、前脛骨筋、後脛骨筋、長&短腓骨筋、長趾伸筋、長母指伸筋の6つの動きで
下腿三頭筋の片足カーフレイズで体重の2.5倍、長&短腓骨筋の腓骨筋レイズで体重の倍、前脛骨筋のトウレイズと後脛骨筋レイズで体重の1.5倍
長趾伸筋レイズと長母指伸筋とで体重程度、を持ち上げるくらい鍛えました、

というのが理想なんだが、そういう鍛え方をしている奴がまだいないので、筋トレがスポーツに有用であるという問題には
正否の出しようがないというのが実情だな

226名無し募集中。。。2018/10/14(日) 23:24:03.700
かつては「人間の上半身の筋肉で一番大きいのは広背筋!だからパンチも広背筋で打て!」って
教え方がされたが、

色々調べたらパンチに使うべきなのは三角筋じゃねえかwwwってなったんだよな
そして肩の三角筋こそが筋断面積では上半身最大だった
広背筋なんて三角筋よりも大胸筋よりも薄く、見た目の面積は大きいが力はあまり無いとされている

227名無し募集中。。。2018/10/15(月) 00:11:23.290
広背筋は肩甲骨に付着する部分、肋骨に付着する部分、腰椎に付着する部分
そして腸骨に付着する部分の4つがあって
上腕骨では1か所に付着している

懸垂およびラットプルダウンで顎より下げるまで動かして鍛えた場合、腰椎に付着する筋繊維がメインに鍛えられ
広背筋の最大出力を鍛えられない
これの逆が、ボルダリングのプロが片腕で体重をパーシャルで軽々と動かす出力を発揮できる理由である

228名無し募集中。。。2018/10/15(月) 00:24:39.810
腕立て伏せとベンチプレスは肩関節の動きとしては同じだし
大胸筋と上腕三頭筋だけで動かしてもいいのだが
腕立ての場合、肩甲骨を前に動かしてそこで広背筋の肩甲骨付着部を使うようにすると
広背筋が縮んだ時にそこまで腕を動かすことが出来る

腕を思い切り引いた状態で肩甲骨を前にずらし、広背筋の肩甲骨付着部を収縮させると、
腕をむしろ前に引き出す事になる

そこまで腕を動かしてから、腰をちょっとくねらせてw 上半身を起こしてから戻せば
腕を伸ばし切ることが出来る

これが、体幹腕立て伏せと呼ぶ人もいるインチキ腕立ての正体である
これは広背筋と腹直筋と股関節屈曲筋群を使うので、実スポーツの上では
むしろふさわしい動きである、という評価になってしまう

空手の正拳突きも、同じように腕を引き切った時に肩甲骨を前に出して広背筋を収縮させて
ある程度まで前に勢いよく突き出し、そこで広背筋を脱力させてそのまま前に出す
そして腕が伸び切ったらこぶしを捻って握り込んで気合が入ってる風な掛け声を上げれば
正拳突きの素振りの完成だw
引く動作の方はそのまま広背筋で行えばいい
これなら、大胸筋と三角筋に100%頼るよりずっと楽になる

筋トレ的な思想からはこれらの腕立てや正拳突きはインチキだが、昭和の運動部や空手道場の思想からすると
これが正しいのだ
回数も稼げるし

229名無し募集中。。。2018/10/15(月) 00:41:46.390
しかし古武術・空手派が「ボクシングのストレートパンチも広背筋で打つのだ!」と言っていたが
これは肩甲骨の出し入れによる腕の振り子運動とは違っていた
これはむしろ腰を回転させ、体の前に置いた腕を相対的に後ろに振る、事で結果的に
一番リーチが長くなる方向に手を伸ばすというもので、その時に部分的に広背筋も使っていたが、
それよりは三角筋の方をずっと使っていた、という

また正拳突きもストレートパンチも、腕が勢いで抜けないように広背筋で最後にブレーキを掛けているのが実情であり
筋電図からもそのような結果が出ていた

広背筋と脊柱起立筋は背筋とはいっても前者は腕を引く筋肉だよ後者は腰を起こす筋肉だよ
全然違うものだよー、と習うが、
実際には広背筋は腸骨に付着しており、その部分を収縮させると腰を起こす作用もある
デッドリフトで高重量を上げるためにはここを上手に使うのが不可欠で、それゆえ脛にバーをぶつけてしまう事もある

230名無し募集中。。。2018/10/15(月) 01:09:57.600
一時期肩廻りのインナーマッスルが注目され、これだけ鍛えれば大きな筋肉は要らないなんて論調も多かったが
所詮は安定させるだけだと言われた

だが、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋を全て同時に収縮させるとこれも腕を後ろに引く作用がある

逆上がりでは手をヘソに引き付ける必要がある
これは腕のモーメントで言えば普通の懸垂の更に倍近いの力が必要なので、片手懸垂なんて限られた人しか出来ないのに
何でそこらの子供が逆上がりをどんどん出来るんだ?というのが時々問題になる

上腕三頭筋の長頭が肩甲骨に付着していて肩関節伸展に寄与したり、三角筋後部も肩関節を伸展させる
(解剖学的な意味での肩関節伸展はいわゆる腕を後ろに引く動作)

他に大円筋なども肩関節伸展に使える

これらと広背筋の力を全て合わせて、上腕が体幹よりちょっと前、くらいまで伸展方向に動かす力が
普通の懸垂の更に倍近いだけである
決して、体重と同じ重さを背負って顎までしっかりと引き上げる懸垂をしないと逆上がりは出来ない、という訳ではない

どうしても引く動作でこのような筋力を得たい人には、懸垂またはラットプルダウンマシンでワイドで持って
上腕が左右一直線になるくらいまで下げれば良いので、どんどん負荷を増やせばよい
あるいは、マシンプルオーバーで肘が胴体に付くまでの可動域で鍛えても良い
ただしマシンプルオーバーでは前鋸筋にも負担が掛かる。ここが鍛えられるまでかなり時間が掛かる人もいる

かつてから竹刀の面撃ちの素振りが体幹に重要じゃ!と言っていたが、その理屈の1つがマシンプルオーバーの使用により
明らかになるわけだ
ただし、振り上げ振り下ろしの反動による腹直筋や脊柱起立筋その他への作用まではシミュレートできない
(マシンプルオーバーでもかなり腹筋を使うが)

体育系の権威を維持したい団体が、定期的に「アゴまで上がらない懸垂は認めない!」と喧伝している
なお、最後まで引くと広背筋の肋骨に付着する筋繊維や三頭筋長頭などは使えなくなり、出力が激減するのは周知のとおりである

231名無し募集中。。。2018/10/15(月) 01:26:58.220
インナーマッスルだけで肩内旋を起こせる?という論は
実は肩関節周りの筋肉、また上腕の二関節筋まで含めて全て力を入れる方が
強い力を発揮できる、という束-ingに集約された

しかし腕が太くなった人がそんな動きを超高速で行うと体に反作用が加わるので
それを受け止める筋肉も必要になった
それで腹筋各種が重要になり、特に腹直筋と内腹斜筋が重要であると分かった

内腹斜筋は、バッグにウェイトを入れて体に斜めに掛けて、斜め後ろに反り返ってから戻す
リアサイドベンドを行えば簡単に鍛えられる
ただしこれも慣れるまでは肋骨、腹直筋、内腹斜筋、腸骨に至る部分の筋肉痛が非常に強く
数日は生活に支障が出る事もある

またバーベルウェイトを使う場合、穴の部分にベルトを通してそれを結んで肩から掛ける事になる
あるいは旅行用のスーツケース固定ベルトでもいいのがあるが、穴を通らないものの方が多いので注意を要する

内腹斜筋を十分に鍛えると、骨盤から上を全て腕のようにしならせて使う!という動きも可能になる
ただし強い負荷を掛けて背骨を横に動かすのは基本的にはグッドモーニング同様に脊椎の負担が大きいので
腰の悪い人には薦められない
それで、下にぶら下げるより水平に引くケーブルの方が良いのではという人もいる

逆にフロントサイドベンドというのを行い、腰方形筋を鍛えると腰痛予防になかなか良かったりする
人によっては片足の斜め前に斜め前にバーベルを置いて斜め向きにデッドリフトをやったりする

ところで、大腿直筋による股関節屈曲、腹直筋をへそ下まで鍛えての連動、マシンプルオーバーによる
広背筋外側と三頭筋長頭のトレーニング、これを全て鍛えると
アブローラーを立った姿勢から行えるようになる訳だな

232名無し募集中。。。2018/10/15(月) 12:56:43.290
長まで読んだ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています