【過去の嫌な思い出】〜忘れるために叫ぼう〜

127日本昔名無し2016/05/03(火) 13:34:43.32
嫌な思い出といえば・・・、語らせてくれ(長文)
お年玉とか小遣いの残りをためていた通帳から親が勝手に金を引き出していた

ずっと親に任せていたけど大学に入ったときに自分で管理しようと思って親に言った。
渡したらすぐに無駄遣いするからとかいって渡してくれない。どこの銀行かということも教えてくれない。
はじめて何か怪しいといういう気がして調べてみようと思った。
家に自分一人の日に通帳を探してみたが、どこにしまってあるのか見つからなかった。
そこで高3春休みのバイトの給料、服とか遊びに使った残り2万円ほど、「あの口座に入れてほしい」と母親に渡した。
出かけたふりして、駅前のスタバで向かいの銀行をうかがって母親が来るのを待っていた。
銀行はいくつかあったが、たまに家に電話がかかってくるのがM銀行しかなかったので、そこをマーク。
予想通り1時間くらいして母親がやってきた。カードは作ってなかったようで、窓口のある方に入っていった。
自分も中に入っていったら、俺に気付いた母親の顔が、明らかに硬直するのがわかった。
窓口から俺の名前が呼ばれたので、急いで取りに行こうとした母親を制止し「あっ、お母さん俺が行くよ!」と飛び出した。
渡された通帳を見ると、俺が小学校1年の頃から、正月の少しあととか、親戚に小遣いをもらったときとか、
確かに入金はされてたが、10万くらいたまると、まとまって引き出されてて、ほとんど残高はなかった。
渡した2万いくらと合わせても3万くらいした残高がなかった。
さすがに銀行の中で声を荒げるようなことはしなかったが、家に帰りながら母親を説教。
自分のほしいものを買うのに使ってたと白状。父親には言わないでほしいと懇願された。
合計すると40万くらいネコババされていたことになるが、すぐに返せないと言われた。
結局、それから母親とは20年間ずっとぎくしゃくしたままである。
嫁には言ってないが、実家にいくと母親に対する態度が冷たいのはこういう理由である。

新着レスの表示
レスを投稿する